本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『不都合な真実~切迫する地球温暖化、そして私たちにできること~』アル・ゴア(著) 枝廣淳子(訳)

2007年02月05日 | 科学



アルゴア 不都合な真タ.jpg



環境問題に関しては、『リサイクル幻想(武田邦彦 著)』 が衝撃的で、周りの人にも薦めていましたが、本書もそれに劣らぬインパクトのある一冊、大型本です。映画にもなっています。


先日ラジオで偶然、本書の翻訳をされた枝廣氏のお話を聞き、関心があったのですぐに読んでみました。またつい先日は、ゴア氏本人がテレビで本書と同じ内容を解説していてびっくり。来日中だったのですね。


地球温暖化が初めて、公に話題になったのは1988年ですから、そろそろ20年になろうとしています。しかしながら、本書で明示されているように、地球の温暖化は改善されるどころか、どうやら悪化の一途です。


ご存知のように、ブッシュ米大統領との選挙にきわどく敗れたゴア氏ですが、環境問題にこれほど熱心に取り組んでいること、全く知りませんでした。本書には、ゴア氏の活動紹介とエッセーなども含まれていますが、温暖化に関して、ものすごい情報量があります。


世界に温暖化の深刻さを訴えるには、うってつけの一冊で、すばらしい本だと思いますが、ちょっと複雑な気分になるのは、温暖化の最大の原因は何といっても…、アメリカ。

ブッシュ政権になり、アメリカは京都議定書を批准しませんでしたが、その同じアメリカの超大物がこのような本を出すとは…。それがアメリカ的という気もしますが(笑)。


実は当教室でも、以下のような記事を2005年の夏にメルマガに載せていました。ぜひお読み下さい。




■■■

 
    “二酸化炭素”買います!


ロシアが批准したことで、今年から京都議定書が発行し、各国に温室効果ガスの削減が義務付けられました。新聞なんかは、“日本が世界をリードする!”なんて大はしゃぎしていますが、これ大丈夫でしょうか?

まずは、世界の二酸化炭素CO2排出量の割合を見てみましょう。(2000年)


第1位:【アメリカ:23.1%】

第2位:【EU:12.7%】

第3位:【中国:11.5%】

第4位:【ロシア:5.9%】

第5位:【日本:4.9%】

第6位:【インド:4.4%】


【アメリカ】 二酸化炭素排出の超大国アメリカは、京都議定書を批准していません。つまり知らん顔です。(あれ?)

【中国・インド】 先進国ではないということで削減義務はありません。(えっ?)

で、残された国に課せられる、1990年からどれだけCO2を減らすかというノルマですが、  


        EU:8%  日本:6%  ロシア:0%


【EU】 確かにEUのノルマは厳しく、取り組みにも熱心なようですが、EUは旧東ドイツはじめ、古い設備を使っていた東欧諸国を合算できるため、省エネするどころか、新しい設備に建て変えるだけで削減したことにできるのです。

つまり数字のトリックで、実際はこれまで以上に燃料を消費しても、効率が良くなったということで、減ったことにカウントできるようです。(うそ?)


【ロシア】 ノルマが甘いだけでなく、91年のソビエト崩壊によって、一時は90年当時の半分しかエネルギーを使わないほど経済状況は最悪になりました。いまだに余裕しゃくしゃくで、それが批准を決断させた一因だとか。(うっ!)


【日本】 もうこれはいけません。2000年時点で、減るどころか90年より、7.6%も増加してしまっていて、ノルマを合わせると14%近くも減らさなければなりません。(ガーン!)

二度のオイルショックを経て、設備や車、電気製品はすでに世界最高の省エネ規格になっていますし、原子力発電も使っています。車やエアコン、がまんするしかないのか…、このままじゃ“京都”をもつ日本だけが…

で、どうするか?削減枠の余っているロシアなどから買わなければならないルールです。ある計算によると、少なくとも買う量は1.3億トン、1トン当たり1000円としても、1300億円という高額です。増税?(く~っ!)


◎京都議定書に関しては、まだまだ細かいお話がたくさんあるのですが、スペースの都合でかなり簡略化した説明になっています。まだ自由研究のテーマが決まっていない生徒諸君、ぜひぜひ、環境問題を取り上げてみて下さい。


■■■



ゴアさん、ブッシュをまず…、お願いします(笑)。




さて、「ゆでがえる現象」 というのをご存知でしょうか。

カエルを熱いお湯に入れますと、ビックリして飛び出しますが、水の状態からゆっくり、徐々に加熱していくと、カエルはその変化に気付けず、やがてゆで卵のように、ゆであがって死んでしまうという話です。


本当かどうか知りませんが、実にうまく、カエルではなく、人間の行動一般を表わしていると思いませんか。特に地球温暖化に関しては、ぴったりの比喩でしょう。


本書はものすごい量のデータと、また映画化されただけあって、写真なども数多く使われています。美しいと同時にショッキングなものばかりで、温暖化に関する限り、まるで百科事典のようです。


私は専門家ではありませんので、学術的に本書がどの程度の評価に値するかを判断できませんが、我々に何かをしようと決意させるには充分な重みがあるように感じます。特に今年は記録的な暖冬で、人々の関心も高いですし、日本ではタイムリーな時期に出されました。


ほんの少しでも、何かしてみませんか。

リサイクル幻想

文藝春秋

詳細

不都合な真実

ランダムハウス講談社

詳細





■■ いつも、拙ブログを励まし、コメント下さる ysbee さん。

ブログにすばらしい特集がありますので、ぜひご覧下さい。
 

  特集「地球温暖化とアル・ゴア」 (英語も勉強できますよ!)




 公式サイトで映画の模様が紹介されています。

不都合な真実




■■■ ブログランキング 目指せ!4冠 ■■■

ご面倒なのにもかかわらず、

いつも応援していただきありがとうございます。

もう一押しの激励クリック、よろしくお願いします。


↓                 ↓

人気blogランキングへ 1位  にほんブログ村 本ブログ 1位 

ブログランキング 1位   あとはこれ→   2位     








http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)


『不都合な真実~切迫する地球温暖化、そして私たちにできること~』アル・ゴア(著) 枝廣順子(訳)
ランダムハウス講談社:325P:2940円

 


 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『中学入試出る順漢字3500』 | トップ | 『子どもたちが地球を救う5... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっしゃる通り (ふる)
2007-02-05 20:46:45
>温暖化の最大の原因は何といっても…、アメリカ。

それは私も声を大にして言いたいですね。
コメントを大きな声で言っても聞こえないんですが(笑)

前に京都議定書ではない、別の方法を提示するとかのアメリカの学者の意見を読みましたが、
どこが別なんだかよく分かりませんでした(苦笑)

ゆでがえる現象とは言いえて妙です。

追伸:TB再度送ります。
VIVAさんのブログに嫌われてるのかしら?
ふるさん (VIVA)
2007-02-06 00:39:53
でしょ?でしょ?

アメリカってずるいよね~、という意見もアリですよね。まぁ、でも人のせいにしてばかりもいられないから、なんかしましょう。


で、ですから~、TB早くして下さい、ってお願いしたじゃないですか。嫌う?あり得ません。愛しております。
Thanx, Thanx! (ysbee)
2007-02-06 06:08:11
VIVAさん、よくぞ取り上げてくださいました!
この地球温暖化は今後20年間で一番緊急な問題になるでしょう。

私も昨年5月に、このアル・ゴアの映画に関してのインタビューで4回にわたって特集しました。(英文の紹介で未訳なままですが、VIVAさんならポイント読みしていただけるかと……)

ゴアが2000年に大統領になっていたら、今頃は世界中戦争も無く、中国の環境汚染も国連からの勧告で改善され、大気はクリーンになり、北極グマも死なずに済んだはずなんです。(証明する資料がちゃんとあるんですよ)
地上最大のゴミ、ブッシュはリサイクル施設に回収していただきたい!(核のリサイクルではなく。)

ゴアの記事、TBしてもいいですよね。ね、ね、ね!
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-06 08:13:14
もちろん、すぐにして下さいよ。ysbeeさんところの記事なら、always welcome でございます。

いつもありがとうございます!
隣に積んであった (bucky)
2007-02-06 10:56:19
『耐震偽装』を買ってしまった私でした(だって、ちょっと重そうなんだもん)。だからこの本は読んではいないのですが。
私もゴア氏が熱心にこの問題に取り組んでいることを知りませんでした。
「小さなことからはじめよう」と良く言われますが、戦争にまつわるものほど環境破壊をするものはありません。ある意味誤魔化されないで(もちろん、節電はあいますけど)、判断はしていきたいと思う今日この頃です。
TB用の号外を出しました (ysbee)
2007-02-06 11:00:37
VIVAさん、いつもゴリ押しのお願いを快諾くださってありがとうございます!v(^_^)/

ところが、MacのブログはVIVAさんもご存知のように、Blogであってブログでない!という機能なき(昨日泣き)デザインソフトなので、なんとトラバができません!
(何がどうあればブログと呼べるのかっ!
スティーブ・ジョブズよ初心に帰れ!
初めはコメント機能すらなかったんだから、もう~~)

そこで、現在のエキブロの方に「号外」を出しました。
過去の埋没記事を掘り起こすには、こういう方法もあるんだわと
我ながら妙案。またまた、転んで割り箸つかみました。
どうぞご確認を。m(v_v)m
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-06 12:24:40
すみません、あわてて書いて、さっき見たら呼び捨てになっておりましたので、直しました。大変失礼を致しました。

お詫びのしるしにさらに動く矢印 追加しておきました(笑)。
buckyさん (VIVA)
2007-02-06 12:27:26
耐震偽装はしぶいですねぇ~。普通はゴアを選ぶでしょうが(笑)マンション住人である私には気持ちもわかります。

そうなんです。めっちゃ重いんですよ。百科事典ですから(笑)。また、本の値段を言うのはヤボですが、やはりちょっと、子どものおこづかいでは厳しいかも。

ただ内容からしたらまったく高くないですよ、きっと。ですから各学校の図書館に数冊ずつ置いてくれると良いのですが…。


環境問題のバイブル (ysbee)
2007-02-06 13:32:08
VIVAさん、なんか双方で盛り上げる結果になり、感謝申し上げます。
これを広告業界では「相乗りキャンペーン」と言いますが、
あくまで結果でそうなったので、意図的にヨイショしあったのではないよ、と一応ここでみなさんに明言しておきますね。

昨年5月に封切られたこの映画は、当初無名のドキュメンタリーでしたが、見た人が愕然としたあまり周囲に勧めずにはいられない、という現象で、米国ではかなり長い期間ロングランしていました。

また12月には収益を還元と言う事で、映画のコピー5万本が米国の教師に無料で配布されたそうです。(太っ腹!)
授業で見せてくださいということなのでしょうね。
アカデミー賞の記録映画部門にもノミネートされているので、ぜひ受賞して、また全世界に広がっていってほしいものです。
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-06 16:09:53
ええ、ご丁寧にありがとうございます(笑)。はは、確かにゴアさんの本が売れても、一円の見入りもございません。

次の本も環境にしちゃいました。
本日 (山ちゃん)
2007-02-25 20:21:32
アル・ゴアの「不都合な真実」を六本木ヒルズのTOHOシネマズでみました。シネマ2という二番目に大きい369席の劇場にほぼ満員の観客でした。



久し振りに1,800円の正規料金を支払いましたが、その価値は充分にあります。本来だったらアメリカ合衆国の大統領になれた人間の講演会をライヴ感覚でみれたのですから。(ブッシュのは招待券をもらっても行く気はしません/笑)



ブッシュ・シニアが地球温暖化なんてたいしたことではない、と演説している昔の映像がかなり刺激的です。



まだ手遅れではない。アル・ゴアは最後にそう訴えていました。
山ちゃんさん (VIVA)
2007-02-26 02:12:03
おお~。ご無沙汰です!お帰りなさい(笑)。コメントいただけて感激です。山ちゃんさんも東京なんですね。

そうですか。この映画そんなに人気があって、実際に見て損がないんですね。わかりました。周りの人にもそう宣伝しておきます。

そのうちポールオスターも記事にしますからね。
「不都合な事実」とは (Heidi)
2007-12-15 07:43:01
最近ノーベル平和賞をもらったアル・ゴアが強調しているように、環境の改善には人口を減らすこと(少子化、夫婦あたり子供一人)が必要です。もう一つは、人口を都市にばかり集中させずに、地球全体に均等に分布させることです。今の自民党政府(あるいは日本国民の大半)はそれをちっとも理解していない! 東京の人口の半分が地方に移住したら、日本の人口の半分が海外に移住したら、東京や日本の環境レベルやQOLがずいぶん改善されると思います。

「スモッグ」で汚染した東京で生まれ育った私は、海外(欧米豪)にもう35年近く住み、自家用車を決して運転せず、電車やバスや徒歩をフルに利用して、環
境の浄化、改善に努力してきた「グリーン党」支持者の一人です。日本の都会人の間にも「グリーン党」支持者がもう少し増え、英語などの外国語を積極的に勉
強(マスター)して、どんどん海外に移住し、東京、大阪、横浜、名古屋などの大都市の環境改善に寄与してもらいたいと願っています。これが真の「郷土愛」というものです。狭い「島国」日本にいつまでもかじりつき、日本の都会を汚染し続けるのは「愛国心」とは呼べません。

自家用車にかじりつく「マイカー族」や英語の喋れない人種には「不都合な事実」かもしれませんが、これが来たるべき世代のために「地球温暖化」をストップする最上の「解決方法」(英知)だと、私は思っています。    
        丸田 浩(65) メルボルン永住
Heidiさん (VIVA)
2007-12-17 17:04:37
丸田様、大変ていねいで貴重なコメントありがとうございます。メルボルンも大都市かと思いますが、環境問題に対する関心はやはり高いのでしょうね。

ポスト京都議定書も話題になっていますが、なかなか世界中が合意するのは難しそうな雰囲気ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アメリカ元副大統領アルゴアが温暖化による、地球環境問題に警告を鳴らします!! (須磨寺ものがたり)
昨日2/3(土)午後7:57~8:54日テレで「世界一受けたい授業」があり、アメリカ元副大統領アルゴアが地球環境問題について熱く語った。
特集「地球温暖化とアル・ゴア」 (米流時評)
* ysnews * 緊急INFORMATION 特集「地球温暖化とアル・ゴア」Global Warmimng & Al Gore Redux いつも愛読しているVIVA先生の本のブログでアル・ゴアの「不都合な真実」が紹介されました。今後数十年にわたって地球規模での温暖化と環境汚染に焦点をあてたこの本は...
「不都合な真実」 (りゅうちゃんミストラル)
今さらながら、「不都合な真実」を読んだ。   すでに多くの人がこの本と映画の驚いているだろう。正直私も驚いた。地球温暖化をめぐる環境問題がいかに緊急な課題か。この本は訴えている。地球を冷やすための氷は北極でさえ解けている。そして森林は面積を減らし、ハリ...
微生物が不都合な真実を克服する (微生物が不都合な真実を克服する)
微生物が不都合な真実を救う不都合な真実の映画見てきました。アル・ゴアのセミナーを2時間聞く映画ですが硫黄島からの手紙と同じかそれ以上の映画でした。でも不都合な真実は微生物が地球を救う事に触れなかったアル・ゴアのえいが不都合な真実はアカデミー賞映画になる...
映画「不都合な真実」を観て (Kirkの独白)
 先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレックス「TOHOシネマズ府中」で、元米国副大統領のアル・ゴア氏が制作した映画「不都合な真実」を観て参りました。 当然観たい映画から上映している映画館を探した訳で
不都合な真実に答える (不都合な真実に答える)
不都合な真実と微生物が救う地球不都合な真実映画がアカデミー賞映画になるのは当然でした。そして、具体的な提案は、毎日私たちができることをするそうアル・ゴアは言っています地球温暖化にまず挑戦するには身近なことを実行すること、その実行できることをご提案します...
アル・ゴア「不都合な真実 AN INCONVENIENT TRUTH」読みました (親愛なる人に-読書の薦め)
アル・ゴア, 枝廣 淳子 不都合な真実 2007年1月 325p 枝廣淳子 訳  ランダムハウス講談社 ☆☆☆☆+ 2008年新春を飾る一冊はこれ! アル・ゴア「不都合な真実 AN INCONVENIENT TRUTH」読みました。 元副大統領アル・ゴアが、自分の生い立ちを交...