本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『子どもたちが地球を救う50の方法』アース・ワークスグループ編

2007年02月06日 | 児童文学・ライトノベル・子供向け


子どもたちが地球を救う50の方法.jpg



今日の東京の気温も予想では16度!確かに暖かかった。2月ですよ、まだ。寒くなくていいなぁ~と喜ぶ以上に、やっぱり地球の温暖化だろうと不安になりますね。

ただ、そうは言いながら、私も恥ずかしながら、使っていない部屋の電気を消したり、ゴミの分別に気を遣ったりはしますが、生活の利便性を犠牲にしてまで環境に配慮しているとは言えません。


昨日、ご紹介したゴア氏の本『不都合な真実』にも、最後に我々ができる温暖化防止策がいくつかまとめられています。それらは何も目新しい指摘ではなく、やはり簡単に言えば、個人の節電や節水などの行動が中心です。


つまり、大人も子どもも、専門知識はなくとも、ある程度は知っている内容で、あとは実際に行動に移すかどうかということがポイントになっているわけです。


そこで本書です。こちらは子ども用に書かれた一冊で、さまざまな環境問題をわかりやすい例をいくつも挙げて解説するだけでなく、環境を守る行動を起こすように強くうながします。

子どもたちが、利便性を犠牲にせずとも、あるいは少しのがまんでできることがこんなにあるのかということに感銘を受けました。

環境問題や生活のムダをまず、“知っているかな” という形で問いかけ、“きみにできること” さらに “たしかめよう” と導いてくれます。


例えばトイレの水を一回流すと20リットルから27リットルの水が流れるそうです。ご存知でした? 確かにトイレを清潔に保ちたいので、ふんだんに水を流したいのですが、それでも20リットルというのは多すぎるように思います。

そこでトイレのタンクの中にビンを沈めておくと、一回あたり、少なくとも4・5リットルは節約できる…。一日に何回トイレに行き、家族が何人で…、というふうに計算するとすぐにお風呂一杯分くらい節約できそうです。なるほど…、すぐにできます。


最後には環境実験もいくつか付いていて、再生紙の作り方などを教えてくれます。小学生以上全員に配ってもらいたいような一冊でした。


ただ、私はおそらく一昨年に読んだと思うのですが、今検索してみますと、ネットではこの黄色の本は入手しにくく、続編でしょうか、下の赤と青が出ています。それぞれ書名の頭に “日本の” “21世紀の” と付いています。

 

21世紀 赤.jpg        21世紀 青.jpg       



私は未読ですが、ご参考までに…。




■■■ あとちょっとで 4冠 ■■■

いつも、ありがとうございます。

もう一押しで…、よろしくお願いします。


↓                 ↓

人気blogランキングへ 1位  にほんブログ村 本ブログ 1位 

ブログランキング 1位   これが  2位  こいつが… 

 


 



P.S.今日は柳澤伯夫大臣の、発言問題を取り上げようと思っておりましたが、相互リンクの ysbee さんの環境問題に対する熱意に打たれ、予定変更。


ゴア氏に関するすばらしい記事です。どうぞご覧下さい。


   特集「地球温暖化とアル・ゴア」 (英語も勉強できますよ!)


 公式サイトでは映画の模様なども紹介されています。

   『不都合な真実


21世紀の子どもたちが地球を救う50の方法

ブロンズ新社

詳  細





http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)





『子どもたちが地球を救う50の方法』アース・ワークスグループ編
ブロンズ新社:164P:1223円


 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『不都合な真実~切迫する地... | トップ | 『戦後政治家暴言録』 保阪正康 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三つ子の魂 (ysbee)
2007-02-06 17:39:07
変な切り出しから始めます。
私が小学生の頃は、数ヶ月にいっぺんほど文部省推薦映画というものに、学年をあげて授業時間に見に行ったものでした。
「バンビ」とか「ピーターパン」といったディズニーのアニメ (当時は「動画」と言った) はもちろん、東宝映画の「ゴジラ」まで、先生の引率のもとに観にいく、それはそれは楽しい日でした。

しかし毎回映画の始まる前にパラマウント映画のニュースがあり、独特のジングルが鳴り響くと、何となく「大人の時間」をお付き合いで見なければならぬ、といった雰囲気で静まり返ったものです。

半世紀近くも立った現在思い出してみると、なぜか本番の映画は忘却の彼方なのですが、今でもありありと思い出してしまうのが「ビキニの灰」なのです。第五福竜丸という日本の漁船がビキニ環礁で実験された原爆の灰を浴び、乗組員がケロイド状になったという痛々しいニュース。その映像が先ず頭に浮かんでしまうのです。
小学生にとっては余りにもショッキングな映像だったからでしょう。

多分それからずっと後になって、大学の最終学年でベトナム反戦の平和運動に参加したのも、もしかしたらその時の恐ろしさを二度と繰り返したくない、という生理的恐怖からだったのかもしれません。

話が長くなりましたので結論を言いますと、子供の頃に植わった倫理はその人の価値観・モラルとして一生底流で流れて行くだろう、ということであります。

余りにも当たり前な事ですが、当たり前が少なくなってきているように思えるので、今日のような子供さんのための環境問題の書は、お父さん、お母さんがたの身銭を切っても買い与えるべき本だと思います。
その子の将来の肩にかかっているのは、ご父兄の老後ばかりではありません。この地球の将来も彼らの判断にゆだねられるのですから。
長くなりましてすみません。
環境問題 (あーりー)
2007-02-06 17:47:36
利便性をあまり犠牲にしないで行動できるというところがいいですね。

とっかかりさえあれば、あとは興味の持ち方次第でどんどん間口は広がっていきますから。
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-07 09:43:11
私もそう思います、小さい頃の倫理観は自分のどこかに一生流れているのだと。私の場合は本だけでなく、字の書いてあるものはなかなか捨てられないし(笑)…。

第5福竜丸の事件は、テレビなどで見ました。衝撃的な映像が残っていますね。リアルタイムだったら忘れられないでしょう。

私の子供の頃で覚えている環境に関するものだと、オイルショックのトイレットペーパーがなくなるという報道。新聞に載った、空っぽになった商品棚の写真が今でも思い出せます。

ysbeeさん、丁寧なコメントありがとうございました。
あーりーさん (VIVA)
2007-02-07 09:46:05
こんにちは、おっしゃるとおり。本来は何かを犠牲にしてやってこそ価値があるのでしょうが、とっかかりとしては、子どもには、遊び的なものでも何でも良いので行動させるのが重要かと思います。

本書はそういう考える人にうってつけの一冊です。
Unknown (milesta)
2007-02-07 10:54:51
よその国に行くと、それぞれの環境保護アイデアがあり、相互に知恵を出し合えばいいのになぁと思うことがあります。
たとえば、ドイツではペットボトルが全メーカー(たぶん)共通になっていて、昔の牛乳瓶やビール瓶のように洗浄して再利用していました。ペットボトルを何かに作り替えるのだって、エネルギーがいりますから、そのまま使えるのが一番良いですよね。
あと、買い物袋はヨーロッパでは有料が多く、オーストラリアは有料じゃないけど買い物バッグを持ってくる人が多数。日本で有料化するというと「私はゴミ袋に利用していて無駄がないから有料化なんかするな。」という人が必ず出てきますが、無駄に捨ててしまう人もたくさんいるのだし、利用しているとしてもタダにしなくちゃいけない道理はないので、そういう自分本位な考えはやめてほしいです。
milestaさん (VIVA)
2007-02-07 13:05:06
こんにちは。私もドイツのリサイクル活動について、複数の人から直接その取り組みを聞きました。熱心だそうですね。オーストラリアもみんな気にしていて、行動に移しているんですね。

以前、ご紹介した宗教入門のような本で、なんで外国人があんなに自分たちには関係ないはずのクジラに騒ぐのかというと、自分たちが地球を守る使命を神からおっているからだと書いてありました。

リサイクル活動なども、ボランティアのようにどこか宗教的な使命感があるのでしょうかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サンゴ礁が白化する! (須磨寺ものがたり)
サンゴ礁が白化する!