goo

日本語 終戦の詔書と日本の憲法前文

『日本語のために』より

終戦の詔書

 ともに歩んでこられた国民のみなさん。これから、わたしは、あなたたちに、つらい事実を告げなければなりません。

 真実を直視しなければならないときがきました。いま、わたしたちの国は滅亡の危機に直面しています。この事態を打開するためには、苦しい決断をしなければなりません。わたしは、政府に、アメリカ・イギリス・中国・ソ連の四カ国の共同宣言を受け入れるよう、命じました。

 天照大神、神武天皇以来、わたしたち天皇家は、国民とともに生きること、そして、世界の人びとともに生きることを、大切にしてきました。わたし自身も、この教えを、深く胸のうちに刻んできました。わたしたちか、アメリカ・イギリス両国に対して宣戦を布告したのも、わたしたちのこの国とアジアの平和を願ったからです。他国の主権を否定し、領土を奪おうとして、行ったものではありません。

 戦争が始まって四年がたちました。陸海軍の兵士たちは勇敢に戦いました。役人や官僚、およそ、公の職についている者たちもみな、力を尽くしました。もちろん、あなたたち国民も、ともに、この難局に臨んできたのです。しかし、わたしたちの力には限界がありました。苦しい戦いかっづき、気がっけば、わたしたちは世界の中で孤立していたのです。それだけではありません。わたしたちが戦ってきたものたちは、あらたに、おそろしくも残虐な新兵器を投入し、無数の、罪なきあなたたちを、数えきれないほど、殺したのです。いまもなお、その被害かどれほどなのかわかっていません。

 もう、これ以上、戦いつづけることはできません。戦いつづけたならば、その先に待っているのは、この国の滅亡だけではありません。人類の文明そのものが破壊されてしまうでしょう。もし、そのような事態を招いたとするなら、わたしは、遥か歴史か始まる以前から、この国を守護することを使命としてきた、天皇家の末裔として、決して許されることのない罪を背負うことになるのです。わたしか、政府に対して、共同宣言を受け入れるよう命じたのは、そのためです。

 その上で、まず、わたしは、わたしたち日本とともに、「アジアの解放」を目指して戦ってくれた、すべての同盟国に対して、心の底より謝罪したいと思います。

 そして、国民のみなさん。あなたたちは、戦場で、職場で、そして、家で、遠い土地で、あるいは、故郷で、たおれてゆきました。おびただしい死者と残された家族、そのことを思うとき、わたしは、心もからだも引き裂かれるような痛みを感じます。いや、それだけではありません。戦争で傷つき、焼かれ、すべてを、家も仕事も失ってしまった人たちに、どうやって手を差し仲べればいいのか。そのことを考えると、わたしはやはり、心をえぐられる思いがするのです。

 国民のみなさん。これから、わたしたちか経験することになる苦しみは想像を絶するものになるでしょう。わたしは、みなさんの心の中の、ことばにならない思いをわかっているつもりです。けれども、ここまで追いこまれてしまったわたしたちがとるべき道はひとつしかありません。未来の子どもたちのためにも、戦争を終わらせるしかないのです。

 この国を滅ぼすわけにはいきません。わたしは、国民のみなさんを信頼しています。そして、これからも、いつもあなただちとともにいたいと望んでいます。だから、みなさんにお願いしたいのです。戦争は終わらせなければならない。それを認めず、一時の激情にかられて行動しないでください。同じ国民同士で争わないでください。世界があなたたちの行動を見ています。

 国民のみなさん。いまこそ、わたしたちは、団結しなければなりません。ひとつの家族のように信頼しあって進まなければなりません。わたしたもの未来を信じなければなりません。わたしたちの使命は重く、これからわたしたちか歩む道には、大きな困難が待ち構えているでしょう。けれども、わたしたちは、わたしたちの未来を作りださなければなりません。そのためにもっとも必要なものは、人間として過たぬ指針を持つことです。かたく信じてください。わたしたちのこの国には、素晴らしいものがたくさんある、と。戦争は終わり、新しい世界が始まります。変わりゆく世界とともに、わたしたちも進んでゆきたいと思います。

 国民のみなさん。わたしがみなさんに伝えたいことはこれですべてです。わたしの思いか、みなさんに伝わりますように。

日本の憲法 前文

 私たち日本人は、国を動かす基本の力は国民みなか持ち寄って生まれるものであることを、まず宣言する。

 私たちはこの考えの上に立ってこの憲法をしっかりと制定した。これは、世界の国々と協力して作ってゆく平和な暮らしや、この国にゆきわたる自由の喜びを私たちが失うことがないように、また政府のふるまいのために恐ろしい戦争が再びこの国を襲うことかないようにと考えた上で、自分たちできちんと選んだ代表が集まる国会を通じて、自分たちと後の世代のために、決めたことである。

 政府は、国民みなが信じて託した二人一人の大事な気持ちによって運営される。政府がいろいろなことをできるのは国民か政府を支えるからである。政府の権力は私たちの代表を通じて行使されるし、その結果得られる幸福はみなか受け取る。

 これは政治というものについての世界の人々の基本的な考えであり、私たちの憲法もこの考えを土台にして作られている。

 この考えとぶっかるような憲法や法律、条例、勅令を私たちは認めないし、前に作られたものが残っていれば棄てる。

 私たち日本人はどんな時でも心から平和を求め、人と人の仲を結ぶ高い理想を決して忘れないと決意した上で、日本という国の永続と安全については、私たち同様に平和を大事に思う世界の人々の正義感と信念に委ねることにした。

 平和のために力を尽くし、暴君や、奴隷制、圧政や、不寛容などをこの地球の上から一掃するための世界の国々の努力については、私たちもまたその一員として尊敬されるだけの働きをしたいと思う。

 世界中のすべての人々は、平和で自由な社会の中で、恐れやものの不足に悩まされることなく生きられるはずだ、と私たちは考える。

 国というものは自分たちのことだけを考えていてはいけない。政治のもととなる道義は世界共通であるはずで、それぞれの国の政治はこの道義に沿って進められなければならない。すべてを自分で決められる独立国が、同じように独立した他国を相手にする時に、この道義を無視することは許されない。

 私たち日本人は、ここに書いたような高い理想と目的を実現するために自分たちの力のかぎり尽くすことを、国の名誉をかけて誓う。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 戦前日本経済... OCR化した11冊 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。