たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



紅葉の谷川岳 【群馬県】 2012年10月21日(日)

2012-10-28 | 北関東の山

 

この日は山友のも~りさんと、前夜泊で巻機山のヌクビ沢を予定していたのですが、
色々調べてみると私の力量では厳し過ぎると判断し、急遽、日帰りでの谷川岳に変更してもらいました。
これは大正解!!紅葉も最高潮で爽やかな秋山を満喫できました。



【コースタイム】
土合駐車場07:20 → 巌剛新道入口07:40 →  西黒尾根ガレ沢の頭09:50/55 → ザンゲ岩10:55 →
谷川岳トマの耳11:25  → オキの耳11:40/12:10 → 西黒尾根ガレ沢の頭13:20/35 → 西黒尾根入口15:10 

 


国分寺駅4:33の始発電車に乗り、待ち合わせ場所の東飯能に向かう。

早朝の関越道はやや車が多かったものの約二時間で土合駐車場に到着、まずは順調な滑り出し。
谷川岳登山指導センターに登山届けを提出し、巌剛新道へ向けて林道を歩きます。

昨年10月20日に一ノ倉沢に紅葉狩りに来た時、林道の木々は赤や黄色に色づいていたけれど今年は緑色です。、
やはり噂どおり今年の紅葉は遅れているようですね!


20分ほどで登山口に到着、ここら本格的な登山道となります。



“文句なしの晴天”との予報を信じてやってきたのすが、今のところ怪しい空模様です。グスン

間もなく明るいが顔を出してくれるはず…うん、きっと。

そして、少しずつ標高を上げていくと期待通りの美しい紅葉が出迎えてくれました。
でも日射しが欲しいところです。

  



 


マチガ沢

 

 始めは緩やかな登りだけれど徐々に傾斜がきつくなり、鎖場が出てくると西黒尾根の合流も近い。

朝よりだいぶ明るくなり、目にも鮮やかな色とりどりの紅葉が素晴らしい!!

やった~~ 待ちに待ったお日様登場!!


スポットライトを浴びるダケカンバ?

 西黒尾根と合流する頃には天気予報どおりの青空が広がり、
明るい尾根は秋山とは思えないほど気温も高く、汗が吹き出します。

本当に暑いです。


振り返ると、ど~~と聳える白毛門と笠ヶ岳

 



蛇紋岩の滑りやすい岩場は緊張しますね!


谷川岳の山頂付近を見上げると、人がアリの行列のように見えます。


◆谷川岳肩の小屋と万太郎山

山頂周辺は、強風が吹いておりシャツ一枚の私は思わずブルルッ…慌ててダウンを重ねました。

トマの耳を後にし、早々にオキの耳へと向かうも大混雑で思うように進めず。


◆谷川岳山頂(オキの耳) 



若者で大賑わいのオキの耳。
最近はカラフルな衣装の山ガールや山ボーイが目立ちますね!活気が出てきて嬉しい限りです^^

 


◆トマの耳を振り返る


オキの耳付近でのんびり景色を楽しみながらランチタイム

その間も人波は途切れることはありません。
寒くなってきたので、そろそろ下山することにします。


秋の谷川岳は本当に人気なのですね~この日は離合するのも一苦労、なかなか先に進めません。


◆秋色に染まる

 



実はこの日、山仲間のOさんとTさんが天神尾根から登ってくることになっているので、
どこかで会えるかもしれないと期待しています。

携帯の電波の状態も途切れ途切れでうまく連絡が取れずにいた時、
二人は、あまりの渋滞にオキの耳は諦めて巌剛新道へと下山を開始していたのでした。
30分ほど前のことなのでイチかバチかで追っかけ開始!!

そして、分岐付近にいるそれらしき人影を発見!


◆西黒尾根ガレ沢の頭とラクダの背付近



分岐付近で私たちを待っていてくれました。

 
めでたくご対面と相成りました!!

巌剛新道を下るというOさんとTさんに、下での再合流を約束して私たちは予定どおり西黒尾を下りました。


リンドウ

 巌剛新道とは違う別の景色を楽しみながら急坂を下ります。 



西黒尾根は彩りも豊かで日様に照らされた木々は一段と鮮やかさを増していました。
二人が下る巌剛新道も今頃、歓声が上がっていることでしょう!!

 秋の谷川岳が人気なのも理解できます。


ブナの黄葉はオレンジと黄色が入り混じった深い色合いです。

 


黄葉のトンネルの下で暫し休憩!このまま下るのがもったいないです。

辺りが緑色に変わっていくと登山口も近くなります。

私たちが西黒の登山口に出たその時、巌剛新道の登山口に到着したと二人からメールが届きました。
ほぼ同着です。

少し下って登山指導センターで二人を待つことにしました。


ノコンギク


二人を水上駅で降ろし、渋滞の関越道をトロトロ走ります。
行きは2時間弱でしたが、帰りは3時間30分、この時期の休日は仕方がないですよね!


これまで、何度か谷川岳に登っているのですが、下りはロープウェイを使うことが当たり前となっていました。
今回、初めて上り下りを自分の脚で歩き、紅葉も二倍楽しむことができました。
久々に大滿足の山歩きとなりました。




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳳凰山 【南アルプス】 2012... | トップ | 白毛門 【群馬県】  2012... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすがですね! (t-yam1)
2012-10-29 02:05:58
fu-coさん
久しぶりの更新、アクティブな山行を拝見し、ほっとしました。
さすがですね。
ロープウェーを使わずに、巌剛新道-(急登で知られた)西黒尾根を使うとは・・・・・
ロープウェーを使って登ってきた方々を見たときは、驚いたことでしょう。

本日九州の花観察を終え、今年の花観察は多分終了です。
えびの高原も紅葉していました。
t-yam1さん (fu-co)
2012-10-29 20:38:56
t-yam1さん、お久しぶりです。
大変大変ご無沙汰しております^^;
久々の更新だったのでやり方を忘れてました~~

谷川岳は、いつも花の時期ばかりを狙っていたのですが、紅葉の季節も素敵でした!

この夏は、憧れのタニマスミレに出逢うことができたそうでおめでとうございます。
秋は九州でしたか!?
t-yam1さんこそアクティブそのものですね~
これから、膨大な枚数の写真整理が待ち受けていますね!
楽しみにしています。

Unknown (やまそだち)
2012-11-05 07:15:01
谷川の紅葉,見事ですね。
この時期には行った事がありませんが、結構人も出ていますね。
やまそだちさん (fu-co)
2012-11-05 21:26:28
やまそだちさん、こんばんは。

紅葉の谷川岳はすごい人でしたよ!

ロープウェイを利用し天神尾根を登るが圧倒的に多いですが、紅葉狙いならば、やはり西黒尾根と巌剛新道が美しいようです。
…というのは、天神尾根を登ってきた友人の話です^^
谷川の紅葉は一見の価値ありです。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む