気を感じながら暮らす

からだや自然について思うことなどを気ままに

筋肉痛・だるい時にキチンと「立つ」

2017-07-22 08:56:25 | 「立つ」健康法
 昨日は朝から筋肉痛でだるかった。一昨日、今季初の鮎釣で、長時間竿を構えていたことと、オトリ鮎を買ってから現場まで結構歩いたからである。下手な釣り人だから、鮎や仕掛けを取り替える手際も悪いし、余分な力が入っていたのだろう。
 そこで「キチンと立つ」ことをしてみると、だるさが取れて楽になって来た。しかし階段を下りたり坐ると以前ほどではないが、また筋肉痛やだるさが出る。今度は「キチンと立った」後、その「立って」いるイメージのまま歩いたり、階段を下りたりしてみると、先の筋肉痛がかなり減った。
 今朝は昨日と比べて、筋肉痛は四分の一程度になり、だるさはなくなった。

 釣りの当日、降車駅で会社員風の男性に声を掛けられ、「下流よりも上流の方が釣れると思います」とアドバイスを頂いた。お陰で7匹釣れたのだが、下流でやった人に訊いてみたら全く釣れなかったと。釣りは川に行く前にすでに始まっていた。

この記事をはてなブックマークに追加

動作を考えない

2017-07-16 09:23:54 | 太極拳
 太極拳をするときに動作を考えてしまうのは、詩を読むときに言語の表層の意味にとらわれてしまうことと同じである。どちらも大事なところにたどりつかない。からだを忘れると上手く「立てる」ように、太極拳は動作を考えないと上手くできる。
 ではなぜ考えるとうまくできないのか。考えることは特定の場処(筋肉)を緊張させて、バランスを失うからである。
 では考えない方がいいのか。
 そうではない。物事を相対的ではなく、一つのものとして考えるようにすればいい。たとえば、教室で太極拳をするときには、目に観える物をすべて意識していく。壁・床・黒板・窓・コンセント・避難路のマーク・・・目には見えないが空気も意識する。そうすると、バランスの良い立ち方になり、太極拳も良くなる。
 この意識(イメージ)が一番ではない。本人のレベルが上れば、今までのイメージは効果が薄くなってくるから、新しいイメージをした方が良い。その切り替えのタイミングは自分で分かる。

この記事をはてなブックマークに追加

刺激を受ける人

2017-07-08 11:11:58 | 「立つ」健康法
 昨晩は東京駅近くの居酒屋で、友人と一年ぶりに飲んだ(七夕とは特に関係はないが)。北京に最初に留学した時からの付き合いだから、もう27年にもなる。
 彼はからだのことを本当に良く研究している人で、会えばいつも私は大きな刺激を受け、大事なことを学ぶ。彼の技術は、自分のからだを通して得たものだから、独創的で説得力がある(紀伊国屋の武術コーナーを探しても、彼と同じ発想のものはない)。私が最近考えていることについても、真剣に意見をくれる。全てが一致するわけではないが、およそ考え方が似ているので、理解し合えるのだ。
 「からだをキチンと使うことができれば、そのまま健康法になる」という彼の言葉を、私は「キチンと立つことができれば~」と言い替えて使わせてもらっている。
 遅れて参加したもう一人は、自分で会社を立ち上げて10年になるという。私とは仕事も性格も全くタイプが違うが、こうして楽しく飲めるのは北京で一緒に寮生活をした仲間だからかも知れない。

この記事をはてなブックマークに追加

人は似ている

2017-07-02 08:12:01 | 「立つ」健康法
 人はそれぞれ性格やからだが違うのは当然である。日常生活では、各々別な考えを持ち、自分の癖を出した仕草や「立ち方」をしている。それが「キチンと立つ」練習をしていると、「立ち方」が似て来るのだ。余分な力が抜けて、バランスが整い、人が本来持つ共通した姿(形)になる。
 動物をはじめ自然のものは何でも、同種のものはよく似ている。カマキリもロバもヒマワリも。人が似ていないのは、癖によってバランスが崩れているからだ。癖が、物事の観方・考え方に起因するということは、意識を変えることで癖が取れることから分かる。こうして癖を取ってしまえば、よく似ていることに気がつく。
 

この記事をはてなブックマークに追加

初参加の人

2017-06-24 08:41:06 | 「立つ」健康法
 太極拳の教室は毎週あるので、およそ決まった生徒たちが通ってきてくれるのだが、月に1回の「立つ会」は、参加者は未定である。続けて参加してくれる人もいるが、1回きりの人もいる。時々新しい人が参加してくれるが、嬉しいことである。数年前までは、「気気」という野口整体の愉気法に近いことをしていたから、それを求めて来ている人が多かった。現在は私の創った「立ち方を身に付ける会」に興味を持っている人だけが参加してくれるので、尚更嬉しいのである。
 初めて参加する人は、勇気がいると思う。無名の人間がやっている、初めての内容のものを試すわけなのだから。世間の基準にとらわれず、キチンと自分の判断で行動できる人なのだろう。私もそれに応えたい。

この記事をはてなブックマークに追加