しゃちくんは野良猫ブログ

20年以上前になりますが自分探しのためにバイクで日本一周をしました。

僕を捨てないで!

2017-06-26 00:10:20 | 
夕方、駐車場に家猫たちが付いてきて夕涼みをするのだが

あんちゃんだけはこうして私にしがみ付いてます。





「僕をすてないで!」って訴えているみたいなんです。。。

やがてkちゃんがやってくると彼女にすり寄り

「僕って可愛いでしょ?」って訴えているみたいだし^^


一方で缶詰を食べたばかりのチョコちゃんは





「少し運動したらまた缶詰を食べようかな?」なんて考えていそうだし(-_-;)



地元の猫ボランティアさんよりの情報ですが

新中川の土手でクロスボウ(洋弓)を手にした男性がうろついているそうです。

狙いは野良猫か鳥でしょうか?

調べてみると銃刀法違反にならないみたいです。

悲劇が起こる前に証拠写真を撮影して警察に相談するつもりです。


クロスボウの動画です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビに出てはいけない男

2017-06-25 18:00:00 | 拡散希望
籠池氏「100万円を返す」昭恵夫人経営の居酒屋へ


一度見た動画を探せなかったのでこれを貼り付けたけど

そもそも森友学園の寄付を募るために勝手に振り込み人「安倍晋三」と書いてしまったのに

なぜ返す必要があるのかな?

しかも表と裏が本物の1万円札を使っただけの偽物の札束を用意しているセコイ男だ。

受け取る映像が欲しいだけで100万円を渡す度胸もないのに。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乳がん術後再建(リンク追加しました)

2017-06-25 11:41:00 | 日記
gooブログのアクセスランキングで昨日トップだったのがスピリチュアル系のものだった。

小林麻央さんに関する記事が続いており少し読んでみたのだが

海老蔵が願掛けで禁酒を誓いながらも一度だけそれを破り酒を飲んだ事が

悪い方向へ向かうきっかけとなったとありました。


私が思うに日本中が感傷的になりすぎだと感じてます。

若年性の乳がんは致命的なのでしょうか?

勿論、私は医学の知識はありませんし麻央さんのブログも読んでませんが

このままでは乳がんになった時点で生きる望みを捨ててしまう方が続出してしまうのでは?

ちょっと心配になってしまいました。

若年性の乳がんになったら助からないの?


東日本大震災が発生したのは東北の人が何をしたというのでしょう?

誰のせいでもありません。

残された人々が復興に向かえるように世界中が支援してたじゃないの?

こんな私でさえ力になりたいと東北へ向かいました。

震災以降、あちこちで観念論を唱える悪い連中が目立ちます。

どんなに説明しても原発を認めない人達がそれなんです。


話を戻しましょう。

乳がんが見つかった時に前向きに治療に取り組む女性だっているはずです。

ブログで交流のある方の中にも闘病記がありました。

きれいなおっぱいを傷つける事にどれだけ悩んだのでしょうか?

それでも手術に踏み切った決断は男にはなかなか理解することが難しい。

今回の動画は乳がんの手術で傷ついた乳房を再建するものです。

この患者さんの乳房は比較的綺麗な状態で私には手術の影響が分からないレベルです。

もし彼女に乳がんが見つかったら私はすぐに手術を勧めます。

生きてこそ!と麻央さんが教えてくれたのですから。。。

ちょっと痛々しい4分30秒の動画です。




乳がん術後再建
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猫の仕業

2017-06-25 00:10:20 | 
会社に集まる猫たちがいろいろとやらかしてくれる(-_-;)

床に転がるアゲハチョウの残骸を発見!





食べるところが少ないから単なる玩具にされたのでしょうか?南無阿弥陀仏。


商品の段ボール箱も爪を研がれてしまいました(-_-;)





まぁ、うちのマンションの補修工事で使用してもらいましょう。

これの仕業は現行犯で確認してます。

犯猫はこいつだっ!





「僕、のっちゃんだよ♪」


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

各党党首、みな同じ事を訴えるが

2017-06-24 17:34:40 | 主張
昨年話題になった保育園を巡る待機児童問題だが

箱を作るのではなく待遇改善しないと保育士不足が起こってしまいます。

一度離職した保育士がなぜ復職しないのか?

そこをきちんと説明する党首は皆無なのです。

他所の知事さんは真剣に考えているのに小池知事は細かい目くばせができない人という印象です。

問題提起した以上は具体的にどう実行するのかまで考えていないような公約は???

野党は詰めが甘いなといつも感じてます。



共産党の志位さんも安倍政権批判をしてましたが都政とは関係ないです。

そうです、豊洲移転を決定した小池都政との違いをはっきりと表明したのは評価できます。

何もかもを反対して前に進めない共産党をもっとアピールしてください。

民進党に同調されると中身が分からなくて攻撃しずらいですから~

蓮舫さんは何もしゃべらないほうが良いと思いますけどね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

心配したんだぞ!

2017-06-24 10:35:00 | 
配達の帰りに自宅へ寄り、猫の様子を見た。

玄関ドアを開けると家猫がゾロゾロと出てきたがチョコちゃんの姿が無い?

家の中を探したらトイレの床で寝ていた。

でも様子がおかしい。

死んでるのか???

体が冷たかった。そっと顔を持ち上げて生死を確認してみた。

ハッとしたように起き上がり玄関から外に出ていくので安心した。





やっぱり、みんにゃと一緒が良いね♪

そしていつものようにダラけたチョコちゃんになってました。





慢性的な鼻炎から呼吸が苦しそうですが日曜日の注射は強すぎて苦しい思いをさせたようなので

しばらくは様子を見ることにします。



この数日、ブログを通じて成長を観てきた大好きな猫たちが危篤状態になってしまってる。

近くならお見舞いに行きたいほどに愛情を感じてるシロちゃんと五郎ちゃん

どうか苦しまないでほしいと願うばかりです。

みんにゃ元野良猫という境遇から優しい飼い主さんに出会って

幸せに暮らしてたのになぁ…





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最低入札価格の規制撤廃が招くもの

2017-06-24 00:10:20 | 主張
私たち建設関係者がものすごく心配していることに

小池知事が東京都発注の公共工事に於いて最低入札価格の規制撤廃を決めたことです。

工事代金が安いほうが税金の無駄遣いを防ぐことができますが

バブル期に各地で問題になった1円入札を覚えているでしょうか?

数十万円も費用の掛かる建物の補修工事を1円で請け負う裏側には

他のもっと大きな工事を落札する為の役人との裏約束があるからです。

1円で工事をした分を大きな工事に上積みして請求するだけのこと。

贈収賄にならぬよう現金は受け取らずに歌舞伎町の性風俗店での接待が横行するだろう。


公共工事は力のある建設業者に独占的に落札されて中小の業者は下請けとしての仕事しか

回ってこなくなる古い時代に逆戻りするだろう。

役所側が設定した予定落札価格に一番近い、今までと同じ基準で入札を行うべきなのです。

小池都政は素人考えがあまりにも多くてうんざりしているのは私だけでしょうか?


都政は混乱を避ける為にも自民党に頑張っていただきたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たかがおっぱい、されどおっぱい

2017-06-23 12:45:30 | 日記
元アナウンサーの小林麻央さんが亡くなりましたね。

たしか乳がんから始まったと思います。

女性の象徴であるおっぱいを失うことはかなりの抵抗があると思うけど

女性の死因のトップは今でも乳がんと子宮がんだそうです。

ほかの部位に転移する前に切除する決断はなかなか出来ないと思うけど

女性が苦手とする潔い決断が命を救う分かれ道であることをもっと広めていかなければならない。


女性の象徴である乳房や子宮を失うときに大切なのがパートナーの精神的な支えではないかと思う。

市川海老蔵はどうだったのかな?

連日連夜飲み歩き、傷害事件に巻き込まれて役者生命も危ぶまれた時期もあった。

あの時、妻である麻央さんが支えてくれたから今の海老蔵がある。

それだけに「おっぱいを失っても君は君なんだよ。俺の一生の女房に変わりない」って言ったのだろうか?

浮気性の夫のために乳房の切除に踏み切れなかったと考えると切ない気持ちになる。


今、彼女が子宮筋腫の肥大化で子宮を全摘出する決断をしました。

通院する産婦人科医との関係で手術に向かえず停滞気味です。

このブログにも手術予定の大きな病院2か所のホームページをリンクしてある。

もう少し、文章をきちんと読んでもらいたい。

臨海病院では腹腔鏡手術は月に2回、外部の先生による手術を行っているが

症例によって腹腔鏡手術を選択することがあると書いてある。

腹腔鏡手術は小さな穴を開けて小さな腫瘍を取り出すことは可能だが

子宮全摘出となればどう考えても開腹手術以外に考えられないと思う。

それとも出産時のように膣から排出するのかな?

それよりも臨海病院の目玉は開腹手術時に出血量が少ないのが自慢だそう。

子宮口を縫合するにも私が医者ならお腹を切る開腹手術を選ぶけどね。


今後、私は子宮を失った女性と結婚することになる。

すでに子供を望まないことは伝えてあるし一人の女性として中身に変わりはないので

私はそのまま受け入れるつもりです。

閉経によって辛い生理ともおさらばできるのだから第二の人生が始まると思えばよい。



コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

お寺の下駄箱

2017-06-23 00:10:20 | 仕事のはなし
数年前に造り直したばかりだったお寺の下駄箱も火事で焼失してしまい

今回、またスプルース(アラスカ桧)の無節材で製作した。

この工務店さんも火事で全焼しているのでうちの会社の奥で作業をした。

「現在うちの会社は猫だらけですよ」と事前に断っておいた。


仕入れ元で自動カンナ仕上まで加工してもらい、それを大工さんが手鉋で仕上ます。

砥石で刃物を研ぎながらの仕上作業なんてすっかり見ることも少なくなりました。

会社内を猫の親子が走り回ってます。




2階から撮影してます。



サビママに睨まれてしまいましたよ(笑)


大工さんが電動工具で加工をする側には常に現場監督の目が光ります(=^・^=)



鬼監督ののっちゃん(野良父ちゃん)に仕上り具合を確認してもらってましたよ^^


大工さん宅には5頭ほどの室内犬がいたけど火災の煙を吸い全頭死亡してしまい

動物は2度と飼わないと決めていたそう。

再建した家に野良猫のケムちゃんが通うようになり今ではすっかり猫派に変わったそうです。

笑顔の消えた奥様も毎日、ケムちゃんに振り回される生活を楽しんでいる様子♪


半完成の下駄箱は猫被害を恐れて事務所内で一晩保管しました。





爪を研がれたりおしっこをかけられたら大変ですからねぇ(-_-;)


翌朝一番でお寺へ配達しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

視線の向こう側

2017-06-22 11:48:00 | 
玄関前で家猫たちが日向ぼっこをしてる時





あんちゃんだけがいつも孤独そうに感じる。


側にいるチョコちゃん&メロちゃんへは無関心で





同じ家で暮らす仲間なのに遠い存在なのだろうか?


特に一方をずーっと眺めている時などは





以前暮らしてた家の方角を見ているのかな?と勘ぐってしまうのです。


たとえ引っ越しで置き去りにされたとしても今の生活があるじゃないか?!

そう、怒りたくなってしまうのを我慢している。







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加