しゃちくんは野良猫ブログ

20年以上前になりますが自分探しのためにバイクで日本一周をしました。

職人気質という厳しさ

2017-01-19 00:10:20 | 仕事のはなし
仕事の話です。

鉄骨造3階建て住宅の階段材の注文が入った。

鉄骨で造ってある階段の上に集成材を被せるのです。

現場の大工さんからも「メーカーの人間を呼んだ方が良くねぇか?」ということで

一週間後に担当者と現場で打ち合わせをした。

廻り階段部分の採寸が難しくて大工さんに型板を要求するも

「そんな事してる余裕がないからよ」と却下されてしまい

彼なりに細かく採寸して、工場で加工に入ると仕事は進んだ。

打ち合わせから会社に戻ってすぐに叔父さんが亡くなったと連絡を受ける。


翌朝一番にこの採寸をした担当者から電話があり

「やっぱり、型板が無いと作れません」と泣きが入ってしまいました。

職人って基本、意地悪な物言いをするところがあるから怖気づいてしまったのでしょうね(-_-;)

私も加工材を引き取って配達したり、一人での仕事は体が忙しいのです。

ましてや叔父さんの葬儀に関する連絡やらで携帯が鳴りやまずの一日です。

カッターで切れるプラべニアなら私でも型板を作れるだろうから引き受けたものの

この日は作業時間が作れなかった。

翌朝、また担当者から問い合わせの電話が来たので

私が作業するから一緒に立ち合いを求めてみたが忙しいを理由に断ってくる始末。

「採寸の為に現場へ来てもらったのに、出来ませんでは仕事が取れないと思うけどなぁ~」

嫌味の一つを言って私が作りましたよ。



2段廻りと3段廻りの2カ所分です。

私にとっても初めての作業です。

担当者にも見せたかった作業です。

簡単そうに見えて2時間近く要しました。

誰も教えてくれないから自分で考えながらの作業です。

ホワイトカラーの担当者もあまりきつく言うと会社を辞めてしまう可能性があるので手加減したが

職人の世界は与えられた仕事、終わらせるまでは次に進めないし賃金ももらえない。

私も元設計事務所の所員なので絵は描けるけど作れない人間だった。

でもそれでは現場で説得力に欠けてしまう。

実際に作れないものを図面に書いてしまう建築士の多くはそのパターンです。


完成した型板を持って現場を去ろうとしたときに大工さんから

「儲からない材木屋なんて辞めて職人になった方が良いんじゃないか?」

「えへへ」って笑ってごまかしたけど職人は動いた分以上は稼げないからなぁ~

それが本音だったりします。



追記:出来上がった型板を取りに来た担当者、現場に居るってことなので

   私も型板を持って現場に急行した。

   彼ももう一カ所の階段の踊り場をプラべニアで型板作ってすでに打ち合わせを始めてた。

   その行動で現場の職人さんからの印象も好意的に変わりました。

   これによって次の現場でも打ち合わせがスムーズに運びます。

   私が作った型板も使い、細かな寸法を書き込みました。

   完成度がものすごく高くなりますからね。

   やっぱり、現場って人を育ててくれる場所のようですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニジープデラックス

2017-01-18 13:01:10 | 日記
可愛い乗り物です。

ミニカー登録で普通免許が必要ですが大人のおもちゃってところかな?

¥398,000(もちろん中国製)


ミニジープデラックス175cmが試乗!ミニカー登録


ホームページをリンクしときますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏の顔

2017-01-18 00:10:20 | 日記
先日亡くなった叔父の元へ母を車に乗せて行きました。

母も姉として会えるうちに会っておこうとシルバーカーを押し歩き

結構な距離を移動してた。

帰りは従兄妹たちが車で送ってくれていた。

肝臓がんが背骨に転移して寝たきりの生活を強いられて2年が過ぎていた。

入退院を繰り返しながらも自宅での療養生活が続いてました。

家族は大変だったと思います。

姉である母が見舞いに行くとわがままを言ったり気晴らしになったそうです。


山形出身の若くして材木屋を開業した亡き父と結婚した姉を心配して

叔父は材木屋を手伝ってくれてた時期があったそうです。

兄が小さい頃はいつも叔父の運転するトラックの助手席であちこちに出掛けるのが大好きで

言葉が乱暴な叔父の「どこ見て走っているんだ、この馬鹿野郎がっ!」って怒鳴ると

兄も真似して「馬鹿野郎!」って言うから周囲から心配されたそう(笑)

時が流れ私もトラックの助手席に甥や姪を乗せることが多くて

親戚からは懐かしがられてましたね。

父と叔父は衝突することが多くてやがて喧嘩別れをする羽目になった。

その後は不動産屋を開業して羽振りの良い暮らしをするようになった。

雪国育ちで倹約化の父と下町気質の叔父は対照的であったけど

一族の男子に与えた影響力は大きかったはずです。

「悔しかったら這い上がれ!」の精神は両家に受け継がれていると思います。


亡くなった当日の叔父の顔は口を大きく開けて苦しそうな表情はまるで他人のようだった。

妹から「生花」について聞かれすぐ近所の叔父の元を訪ねたら

叔母から「折角だから会っていきなさいよ」と納棺された叔父の顔を拝むと

口は閉じられて死に化粧をされ懐かしい叔父さんの顔に戻っていてホッとした。


親族として 叔父が恥ずかしくない葬儀を営んであげたいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ケネディ大使から日本の皆さんへ御礼のメッセージ

2017-01-17 10:35:00 | 日記
このままずーっと駐日大使でいて欲しかったキャロライン♡


ケネディ大使から日本の皆さんへ御礼のメッセージ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島に向き合った者としての豊洲の解釈

2017-01-17 00:10:20 | 主張


地元のどんど焼きの様子です。

松飾りだけでは燃えないので中心にはうちで用意した薪がくべられてます。

燃えるゴミとして処分するのは偲びないということで町会が実施する恒例行事。

当初は公園で行われてました。

住宅が建て込んで苦情があり現在は小学校の校庭で行われてます。

炎の後ろに見える人たちは無料で配られる餅や豚汁待ちの人の列。

町会費を払わない人も並びますが細かいことは気にしません。

火入れの儀式は神主さんにお祓いをしてもらったけど創価学会のお咎めで町会長がその任をこなします。

和太鼓の演奏とともに火は勢いを増す。

以前は私もくそ寒い中、太鼓の演奏してました。

今年は寝坊して家を出るときに太鼓の音が聞こえてました(-_-;)


豊洲の問題は出口を見失ってしまいましたね。

駄目だ駄目だと言ってたら福島に住めないのと同じです。


ここ江戸川区内にも土壌汚染が酷くて使用禁止の土地がある。

小松川の化学工場の跡地は周辺の再開発に埋もれてどこにあるか分からなくなった。

江戸川にある木材市場跡地は清掃工場の目の前にある広大な空き地だから一目でそれと分かる。

土壌から発がん物質とされる猛毒、六価クロムが検出されたらしい。

勿論、木材市場が汚染したのではありません。

そこの土地を整地するために投入した土に問題があったのでしょう。

目の前にある清掃工場の焼却灰?どこぞの化学工場から排出された産業廃棄物?



子供の頃、学校給食のおかずが入っている容器に芋虫が浮いていた。

給食係が先生に言うと、おたまで救って捨ててしまい何事もなく楽しい給食の時間が終わった。

もし、この事実がクラスメート全員が知ってしまえば誰も食べない廃棄物になってしまいます。

現代では芋虫入りのおかずを食べさせたとして教師が厳しく糾弾されるかも?

まさに国内世論もそれに近い気がする。


10年ほど前まで区内にお得意の工務店さんの作業場があった。

敷地内にある水道は井戸水なので飲めません。(江戸川区の井戸水は飲めないのです)

夏の暑いときには顔を洗うのですが強烈な臭いがします。

刃物を研いだりするのに使うには問題ありませんけどね。

地下水が汚染されていると騒ぐ人は誰もいないのです。


東京ディズニーランドがある場所も私が子供の頃は海でした。

地下水を採取して検査をすればどういう結果が出るだろうか?

深さ50m以上もある杭工事では転落した作業員を救出できずにそのままコンクリートを打ち込んだ

そんな噂もあったけど実際はありえないだろう。


使う予定もない豊洲の地下水が汚染されていたからといって何に問題があるのだろうか?

文句を言うためのあら捜しが得意になっている日本人が増えすぎたと思わない?


まとまりのない文章で申し訳ありません










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待機中です

2017-01-16 12:24:00 | 日記
カッコいい。マリンバで「情熱大陸」演奏。上野公園。


上野公園ってことは芸大生かな?



昨夕、母方の叔父が危篤状態との知らせを受けた。

母と兄、妹に連絡をして、今日は普通に出社しているけど

亡くなったと連絡が入り次第、母を迎えに行き叔父さんとお別れの挨拶をする予定。

午後から現場打ち合わせの予定があるけどどうなることやら…
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アロエの花が咲く頃に

2017-01-16 00:10:20 | 日記
会社の前に植えてあるアロエの花が咲いていた(キモイ?)



水やり以外にほとんど手入れもしない放ったらかしなのによく育ってます。

焼酎に漬け込む為に若い葉を切り取ってた大工さんは昨年、亡くなってしまった。

近所のおばちゃんは便秘薬として以前はよく切り取っていたけど便秘は解消したのかな?(笑)

植えてある鉢が小さくて倒れ掛かったアロエは今も成長しているけどね。


豊洲の地下水の検査結果が出ましたね。

汚染の実態を明るみにした以上、もうあの建物は魚市場としては使えないと思う。

問題提起した以上は落としどころを決めておく必要があるのです。

これまでの検査結果は改ざんしてある噂もあるけど人の上に立つ者としては

最終的に移転させるつもりなら目をつぶるべきだったのではないのか?

以前もここで書いているけど埋め立て地ってゴミや残土で出来ているから

材木の街、新木場も昔は雨が降ると黄色い水が湧き出てくると聞いていた。

豊洲の地下水汚染は想定内だったから盛土や防水シートである程度は防げる程度の認識で

移転を進めていたと思うのです。

それを「食べ物を扱う以上は少しでも汚染物質が検出されたら使用禁止!」って

解釈を変えてしまったのは小池知事の責任ですからね。

建設コストの無駄を省くよりも、魚市場以外にテナント企業が見つかるのでしょうか?

完成済みの建物そのものが無駄になってしまう都知事判断ってどうなんだろう?

私は小池都知事をそう見ております。

彼女に投票しましたけどね(-_-;)



ミモザの咲く頃
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

悪寒

2017-01-15 00:10:20 | 日記
金曜日は朝からものすごく眠い一日でした。

ちょこっと仕事しては事務所に引き籠るを繰り返しながら一日を終える。


先月から一緒に暮らす捨て猫のあんちゃんはデカくて重いから

布団の上で寝てると邪魔ですね。

就寝中に布団を引っ張るもののあんちゃんの重さで毛布だけしか引っ張れないから

寒さで目を覚ます事が多いのです。

足が凍りそうなほどに冷たくて朝から風呂に入って温まったりもする

毎朝・夕方、猫の為に湯たんぽを2つずつ自宅と会社で用意してます。

お湯を沸かしながら猫の缶詰も温めておりますよ。

熱い食べ物が苦手な猫舌のはずも鍛えれば熱くてもがっついて食べるのです(笑)


久しぶりに朝の6時に猫と土手へさんぽに行きました。

土の上を歩くとシャリシャリと氷を踏む音がする。霜柱でしょうか?

薄暗くてよく見えません。

土手の上から降りるときに足元が滑って転んだ(-_-;)

手の平が泥だらけだった。

霜柱の上は滑るのですよねぇ~

すっかり忘れてた。

「帰るぞ、うりずん!」少し八つ当たりもした(笑)


土曜日は体調も良くて午前中は来客も多かったです。

今季一番の寒波襲来ってことで朝から気温が低く、日曜日は氷点下だそう。

お昼頃から空がどんよりして雪でも降りそうな気配です。

土手に居る野良猫は凍えてしまうだろうから緊急避難小屋を用意した。



ホームセンターで特価品のコンテナボックスを2つ買った。

1個¥980です。容量はポリタンクが2つ入る60ℓ

横に18cm角の出入り口を開けてある。

四隅にφ10ミリの穴を開けてジグソーで切りました。

底には55ミリのロックウール断熱材を敷いてあります。

見た目が悪いけど間に合わせですね。

あとはたっぷりとごはんをあげて、寒い冬を乗り切って欲しいですね(=^・^=)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

苦しい時は助け合う

2017-01-14 11:10:00 | 日記
夢母さんのブログで見つけた記事、動画がありました。

猛烈な寒波がやってきたときは野良犬野良猫は命を落とす危険に晒される。

優しい人々の行為に、心が温まるにゃ(=^・^=)


吹雪から動物を守ろう! 記録的な吹雪から、ショッピングモールが暖かい場所を犬猫に開放。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

放射脳

2017-01-14 00:10:20 | 日記
あるブログで知ったのですが放射脳という単語がある。

原発に反対するあまり放射能が人体に及ぼす影響に異常なほど怯えたり

事実とは異なるデマを流したり、福島を悪く言い続けたり

医療現場で行われる放射線治療に対しても拒否反応をみせてしまいます。

2011年の3月11日以降、日本国内で発症したアレルギー症状の事らしい。

処方としては偏見を捨て正しい知識を身につけると治るそうです。


まぁ何というか不安を煽る精神的な疾患だと思います。

先日、福島にあるDASH村の記事を書いたのですが反響の少なさに驚いてしまった。

震災の翌年書いた DASH村は見捨てられちゃうの?では

それからしばらくの間、検索されておりましたからね。

福島だけでなくDASH村も人々の記憶から忘れられてしまうみたいな寂しさを感じる。


対極にあるのかも知れませんが私は日本の技術力は信じていたし

恐怖を煽ってるのは反戦反核を訴える左翼だったのでそちらを疑った。

根本的に警戒区域内に置き去りになった猫を救うためにはそこに入らなければなりません。

「うちのとらまる」の太田さんをはじめ、「にゃんこはうす」で奮闘する方達だってみんな

なんともないじゃないですか!

置き去りになった動物も全て被ばくの影響は確認されなかったし死因の多くが餓死だった。

放射能の恐怖は原発に反対する連中が広めたデマだったと確信しました。

そう信じることが希望に繋がるのでしょうね。

あの時の自分の行動には誇りを感じている。

間接的にでも多くの猫の命を救うことが出来たのですからね☆


皇族の敬宮愛子さまが激ヤセして一部では影武者ならぬ影子だとデマを流してます。

以前の写真と最近の写真から鼻の縦横の比率を比較して別人だと言い切ってますが

横を向いたお顔からは特徴的な鷲鼻がお父君である皇太子殿下と瓜二つの形です。

拒食症と一部整形手術をした程度に噂はとどめておきたいです。

我々日本人にとってはとても大切な皇族の方々に失礼な言動は慎みましょうね。


希望を持てない人は前に進めない人です。

希望に希望を重ね合わせて、福島県の浜通りに住民が戻れる日を願うばかりです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加