susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

かっぱ寿司の食べ放題

2017-06-28 00:58:57 | 食べ放題
やっぱり、行ってきましたよ、「かっぱ寿司」の食べ放題に。

わざわざ休みを取って行ってきたわけじゃなく、たまたま休日出勤した振休を先週の月曜日と取ってましてね。
そしたら、かっぱ寿司の食べ放題が、話題になっているんで、ならば、行かねばと、新横浜まで行ってきたよ。
そう、今回のかっぱ寿司の食べ放題は、全国でも20店舗しか実施してなくて、東京ではやってないのね。

我が家から北新横浜店は、車で60分弱ということで、店の開店時間11時前に着くように、9時50分に出発。
食べ放題時間は、14時から17時なのだが、大人気ということで、その時間に行ったら、何時間待ちになるか・・
開店の11時に受け付けを済ませれば、待たずに14時から食べられるだろうと思いましてね。
しかし、道が思いのほか、混んでまして、到着したのが、11時5分と、ちょっと開店時間を過ぎてしまった。。
やはり・・既に、食べ放題の受付待ちの行列が・・・と言っても、列は10人弱だったので、すぐに受付は出来たのだが・・
でも、14時からの受付は出来ず、14時45分から15時15分の間の呼び出しになると言われてしまう。。。

開店前に着かなかったので、仕方ない・・・それまで、隣りにあるディスカウントスーパー「エスポット」に。
ここは、駐車場が無料なので、助かりました。
かっぱ寿司北新横浜店の駐車場は、利用者2時間まで無料なので、ずっと止めて待つわけにはいかないのでね。
ということで、「エスポット」でぶらぶら買い物をして、時間を潰すも、2時間半が限界か。。。
14時45分には、まだ時間があったが、14時25分に、かっぱ寿司に戻ると・・
えっ・・既に、自分の番号が呼ばれてました・・・なんでやねん。。。。
慌てて、自分の番号を定員に告げると、カウンターでよければと、すぐに案内されました。

70分間、ガッツリ食べてきましたよ。
普段、回転寿司では、8皿ぐらいしか食べないんですけど、食べ放題の今回は、元取るために頑張りました。
男1,580円(税抜)、女1,380円(税抜)なので、16皿が、最低ノルマとなり、普段の倍食べないと。。
今回は、回っている皿は、無視して、全て、注文して食べることにしました。
店内では、食べ放題対象外の一覧表も渡されるので、間違って注文しないようにと。

食べ放題メニューは、これです。

で、食べた寿司は、「20皿
その他に、サイドメニューの「からあげ」
そして、デザートに「プレミアムプリン」を「5個」、「チーズケーキ」「バニラアイス」「フローズンマンゴー」

寿司      20皿 × 100円 = 2000円
からあげ     1皿 × 200円 =  200円
プレミアムプリン 5個 × 200円 = 1000円
チーズケーキ   1皿 × 100円 =  100円
バニラアイス   1皿 × 100円 =  100円
フローズンマンゴー1皿 × 100円 =  100円
計       29皿        = 3500円(税抜) 元は、しっかり取りましたよ。

この結果を見てわかる通り、何が一番美味しかったって、文句なく「プレミアムプリン」です。
これ200円するプリンですので、普段、100円の回転寿司に来たら、絶対食べない代物。
いやあ、とろける食感、ほどよい甘さ、ほんと美味しかったです。
というわけで、前半がすし食べ放題で、後半はスイーツ食べ放題になりました。
結論としては、プリン好きなら、行く価値のある食べ放題だと思います。

ほんとは、きりよく、30皿行きたかったんですが、腹が限界でした・・・
サイドメニューの「ラーメン」「たこ焼き」「茶碗蒸し」「フライドポテト」も食べたかったが、それも腹一杯で・・

ちなみに周りに座っていたカウンターの客も、食べ放題客だったのですが、1人客も多く、1人女性も結構いたよ。
左右にいた1人男は、1人は「30皿」、もう1人も「25皿」と、1人で来るだけあって、よく食べてましたわ。

一緒に行った我が嫁も、女ながらに寿司「20皿」食べてましたよ。
最初、食べ放題に乗り気じゃなかったのに、よく食べたわ。。


最初の6皿「えび天」「?」(メニュー表にない)「煮穴子」「牛カルビにぎり」2皿「まぐろ」
牛カルビは、他の回転寿司に比べると、しょぼかったなあ。。


次の2皿「生ハム」(これもメニュー表にないぞ)「豪快いか天」


続いてサイドメニューの「からあげ」と「厚焼き玉子」


更に2皿「海鮮うま辛和え」と「いくら」


お次は3皿「まぐろ」2皿と「オニオンサーモン」


お代わりの「煮穴子」と嫁が食べ残したやつを手伝う


写真撮る前に「プレミアムプリン」食べてしまいました。
左「プレミアムホイッププリン」右「プレミアム和風プリン」


更にスイーツ食べ放題で、「フローズンマンゴー」と「バニラアイス」


お代わりの「プレミアムプリン」と「チーズケーキ」


最後の5皿「まぐろ」「牛カルビにぎり」「煮穴子」「まぐろたたき」「山かけまぐろ」


とどめの「プレミアムプリン」で終了。
左が私が食べた皿で、右が嫁が食べた皿
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚記念17((結果))

2017-06-28 00:34:16 | 宝塚記念
キタサンの消し時は、ここでしたかあ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年6月25日(日) / 阪神 2200m 芝・右 内 / 曇・稍重
3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 11  サトノクラウン   牡5 58 デムー 2:11.4 3
2[2] 2  ゴールドアクター  牡6 58 横山典 3/4 5
3[7] 8 ▲ミッキークイーン  牝5 56 浜 中 1.1/2 4
4[6] 6 △シャケトラ     牡4 58 ルメー 1.3/4 2
5[6] 7 ◎レインボーライン  牡4 58 岩 田 1.3/4 7
6[1] 1  ミッキーロケット  牡4 58 和 田 アタマ 8
7[3] 3 △スピリッツミノル  牡5 58  幸  1.3/4 9
8[5] 5  シュヴァルグラン  牡5 58 福 永 ハナ 6
9[8] 10 ○キタサンブラック  牡5 58  武  1/2 1
10[4] 4  クラリティシチー  牡6 58 松 山 1.1/4 11
11[7] 9  ヒットザターゲット 牡9 58 川 田 1.3/4 10

払戻金 単勝 11 900円
複勝 11 480円 / 2 550円 / 8 450円
枠連 2-8 710円
馬連 2-11 5250円 / 馬単 11-2 10330円
3連複 2-8-11 10670円 / 3連単 11-2-8 70420円
ワイド 2-11 1500円 / 8-11 1170円 / 2-8 1060円

昨年まで、ずっと喧嘩を売って痛い目みてきたキタサンブラックを、今年はさすがに素直に買うことにしたのだが・・
まさか、ここが「消し」時だったとは・・・
でも、ローテ的に、ここは、危険な要素はありましたねえ。。
G1を2連勝中からの3戦目という、馬の状態のピーク具合、疲労度合を考えると、ここは、ちょっと危険でした。
しかも、前走が、3200m戦での驚異のレコード勝ちだったので、その疲労は、やはり確実に残っていたか。
また、本格化してから、キタサンの負けたレースは、中山、阪神の直線急坂コースでのもので、コース不安もあり。
そうは簡単に、2億のボーナスはもらえないということね。
あと、武もちょっと消極的というか、慎重に乗った感じかなあ。。
逃げ馬不在のこのメンバーなら、自分が主導権を取るつもりで、最初からハナを主張すればよかったのに。
明らかに、逃げたくない感じで、前に馬を置くレースを選択して、結局、若干、折り合いを欠いた感じだったし。
途中で、ミルコのサトノに突かれたのも、痛かったというか、あれは、ミルコの好騎乗でしたが。

ということで、勝ったのは、昨年ドゥラメンテで2着に泣いたミルコが、同厩のサトノで、見事な勝ちっぷり。
やはり、このレースは、まだ、国内G1を勝ってない馬が、ついに勝つというパターンで、今年はこの馬に。
既に、香港G1を勝って、能力があることは証明済みだったが、力のいる馬場、2200mの距離も合ってました。
道悪になれば、この馬は外せないとは、思ったが、今回、重視した予想ポイントは、「阪神」実績だったので・・
阪神コースで、2戦2敗だったことを受け、最終的には、消すことにして、失敗・・・
更には、このレース、休み明けの馬は、この10年では、海外帰りの馬しか来てないので、ローテ的にも嫌ったが・・
逆に、この馬、昨年、香港で勝っているだけに、その海外帰りの馬と同等の扱いをするべきだったのかも。。

同じく、「阪神」実績がないという理由で、ゴールドアクターも消してしまい、完敗の予想に・・・
ゴールドアクターは、前走の春天は、出遅れて、何もせずに終了して、全く、参考外の1戦だったのでねえ。
そして、今回は、一番得意な、2200mへ距離短縮ということで、普通に巻き返しましたな。
グランプリホースでもあり、この馬は、急坂得意で、初の阪神も、全く問題なかったわけですなあ・・・

本命にしたレインボーラインは、まあ、力負けですなあ・・・
レース展開も向かなかったし、内を突こうとした岩田も、内が開かなかったので、外に持ち出す競馬に。
スローで前が止まらないと判断して、3コーナーから動いていったのは、いい判断だったと思ったが。。
いかんせん、4コーナーでのサトノとの手応えが、あまりにも違いましたからねえ。
こちらは、既にムチが入っていたのに、サトノは馬なりで、上がっていきましたから、あの時点で勝負あり。。

9着に惨敗したキタサンブラックの凱旋門賞挑戦は、取り止めになり、秋は国内専念になったが、それも良しでは。
昨年参戦しなかった、秋天に出走する意向があるようで、その方が国内馬券を買う身としては、楽しみです。
その時は、また喧嘩を売ってみましょうかね。

というわけで、上半期総決算の我がG1予想(馬券)は、大ハズレで終わってしまいました・・
これで、ひとまず、予想は、夏休みに入ることにします。
秋競馬まで、放牧に出ます・・いや、競馬は、POGで楽しみますわ。。お金がかからないからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚記念17(予想)

2017-06-25 00:19:47 | 宝塚記念
ダイヤモンド、マカヒキ、ディーマジェ不参加で、今年は、11頭と寂しい春のグランプリとなってしまったね。
しかし、少頭数でも、それなりに荒れるのが、宝塚記念であり、この頭数でも穴党の出番はありとみた。

日曜の阪神メインレース、宝塚記念の予想
芝 2200M G1 定量 11頭立て

土曜の阪神競馬場には、雨が降らなかったが、現在夜中には、強い雨が降っているようで、日曜は、馬場が悪化しそうですよ。
よって、馬場悪化を前提に予想をしてみる。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎レインボーライン

前走は、高速京都で、出遅れ、最後方ポツンの競馬では、レースに参加出来ず終了も仕方なし。
菊花賞2着馬ですが、折り合いに不安のある馬で、やはり3200mは長かったよね。
札幌記念で、モーリスにクビ差迫った内容からも、ベストは2000m前後の距離であり、ここは、まさに適距離。
阪神コースも、マイル戦とはいえ、重賞勝ちを含む2戦2勝と得意としており、ここで、一発がなきゃ、どこでやる?
ここ3走、凡走が続いているが、日経賞は、内を突いたら、前が開かず、結局、ゴール前では外に出すロスがあり。
ジャパンCも、直線で前が開かず、右に左に進路を変えながらのロスの多い走りで、それでも上りはメンバー最速。
ということで、多頭数だとロスを受けやすい馬であり、今回の11頭立ては、この馬にとっては、大きなプラス材料。
雨による道悪も、やや重だった札幌記念の内容から、プラス材料になりそうだしね。

血統も、グランプリ血統ステイゴールド産駒で、母父フレンチデピュティは、産駒はエイシンデピュティが勝っている。
同じ母父なら、11番人気で3着したショウナンパンドラがおり、そのパンドラとはゴールデンサッシュの血も一緒。

そして、この馬を本命にした最大の点は、鞍上が岩田ということですよ。
今年、重賞を3勝し、ようやく昨年のスランプからは脱出したが、G1勝ちはまだない。
今年のG1成績は、高松宮記念で2着はあるものの、それ以外では馬券になっておらず、そろそろ、一発ほしいところ。
フェブラリー8番人気4着、春天10番人気4着、オークス9番人気4着と、穴まであと一歩まで来ている。
今度こそ、3着内に入って、今年の私の負け分を返してもらいたいぞ。
人気薄の気楽な立場で、頭数も少ないですし、得意のイン突きで、あっと言わせてください!


○キタサンブラック

ここは、凱旋門賞へ向けての単なる通過点になるのか?
不安は、今回が、G1、3連戦の3戦目にあたるというピーク度合、疲労具合。
特に、前走の春天が、驚異のレコード勝ちということで、その疲労が残っていないかの心配はある。
それでも、ここは、相手関係にも恵まれた感じもあり、よほどのことがない限り、馬券圏内を外すことはないよね。


▲ミッキークイーン

近年の傾向から、絶好の穴馬のはずだったが、あまりにも分かりやすく人気になってしまった。
それでも、近年の穴パターン、人気落ちの牝馬のディープ産駒に、まるまる合致ということで、普通に買いの馬。
前走は、スローの展開で、動くに動けず、位置取りの差に泣いたし、直線で不利もあって、惨敗も仕方なし。
本来は中距離でこその馬だし、昨年、左脚を痛めて、左回りに不安があったということで、右回りのここで巻き返す。
ちょっと、分かりやすすぎる穴馬というのが、罠っぽい気もするが、消す要素はなく、勝って不思議のない馬。


△シャケトラ

前走は、出遅れて、挽回したら引っ掛かるというチグハグな競馬で惨敗も仕方なし。
元々、3200mは、この馬には長かったわけで、距離短縮の今回こそが、絶好の狙い目。
阪神コースは3戦3勝と抜群の成績だし、この距離でも勝っている。
道悪になっても、プラスに働きそうだし、乗り替わりのルメールも、既に、この馬で勝っており、人気でも消せない。


△スピリッツミノル

最後に無理やり穴馬を。
春天でも、前で競馬して粘り込みを期待して、無理やり穴馬指名したのだが、まさかの後方からの競馬で出番なし・・
この馬は、とにかく、後ろからの位置取りでは、どうにもならないので、今回も内枠を引き当てたので、出来れば逃げろ。
悪くても、2、3番手からの競馬で、どさくさの粘り込みを期待したい。
このレースは、穴は、牝馬か鳴尾記念組のどちらかなのだが、牝馬ミッキークイーンが人気なら、穴該当は、この馬のみ。
重賞実績のない馬の好走例は、過去にないとはいえ、道悪になれば、重馬場2戦2勝の実績が黙っていない。
さらに、阪神コース2勝のコース適正も加味すれば、3着に残る可能性はあるのではないか。
前走の鳴尾記念は、春天の疲れが残っていた中での0.4秒差5着で、今回の方が状態面も良好で一発狙える。
本田-吉岡コンビは、ネーヌミノルで、桜花賞を勝ってますし、再び、阪神で、あっと言わせてくれるかもよ。

馬券はレインボーラインを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】今週は3頭選んでみました

2017-06-24 00:58:33 | POGその他
金曜は、仕事で、山形の高畠まで日帰りで、行ってきました。
高畠駅は、新幹線は止まるも、まあ、何もない、まさに田舎の駅でした。
温泉がある駅でしたが、時間の関係上、温泉は覗けませんでした。
新幹線の上りと下りが、同じホームに入ってくるという、ちょい不思議な駅でしたね。

その高畠駅周辺で、昼食を取ろうにも、店はほぼなしで、教えてもらったラーメン屋に少し歩いて行くことに。


「山喜」という塩ラーメンが有名なお店ということで、地元では、なかなかの人気店のようです。


人気の塩ラーメン720円を注文。
具材は、ネギ、メンマ、焼き豚と、いたってシンプル。

人気店ということで、休日は並ぶこともあるそうだが、この日は、平日だったので、すんなり入れました。
いつもコッテリ系を食べていますが、こういう暑い日には、あっさり系のラーメンが美味しいです。
評判通り、なかなかのお味でした。

さて、競馬、POGの話に入りますが、今週は、思い切って、シェアポイント部門から3頭もチョイスしてしまいました。

○ブルベアコマツナ
(牡 父ハードスパン 母フローリスピース 美・伊藤) シェアポイント2頭目 指名人数14人

土曜の函館6レース新馬戦(ダート 1000m 8頭立て)に鞍上が坂井でデビュー。
新種牡馬ハードスパン産駒で、母父はコマンダーインチーフということで、サンデーの血を持ってないところが、どうでるか?
近親にリーチザクラウンがいる母系ということで、そこに一縷の望みを持ちます。
ブルベア馬は、ハズレが多いが、昨年はブルベアバブーンが2勝してましたので、そういう馬を探し当てたいね。
ここは、8頭立てという少頭数に期待を込めて、まずは掲示板を目指しましょう。

○アーコサンティ
(牝 父キングヘイロー 母チアズディライト 美・佐藤) シェアポイント3頭目 指名人数9人

日曜の函館5レース新馬戦(芝 1200m 9頭立て)に鞍上が井上でデビュー。
母父サンデーで、近親にチアズメッセージ、チアズブライトリーがいる血統でございます。
勝ち上るまで、ガンガン使う馬主さんみたいなので、とにかく、数使ってもらって、最終的に1勝目指しましょう。
この馬も、まずは、掲示板目標で。

○リアルハニー
(牝 父トーセンホマレボシ 母フレンチトウショウ 美・大竹) シェアポイント4頭目 指名人数14人

日曜の東京5レース新馬戦(芝 1800m 13頭立て)に鞍上が伊藤でデビュー。
母父フレンチデピュティで、近親にスイープトウショウ、トウショウフリーク、トウショウカズンがいる血統。
このレースには、ニシノナースコールの仔や、クリールカイザーの全弟も出走しております。
2年目となるトーセンホマレボシ産駒ですが、今年は、なんとか活躍馬を出してほしいね。

上半期の締めくくりとなる宝塚記念ですが、今年は少頭数なので、あっさり予想は頭の中では出来上がっております。
あとは、1点買いにするか、安全策で3点買いぐらいにするか、1頭、大穴の馬を絡めるかで、悩みたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】今週は目ぼしい馬が見つからず

2017-06-17 00:41:51 | POGその他
今週は、まったくブログ更新してなかったのに、何気に訪問者数は多かったなあ。。
もしかし、かっぱ寿司食べ放題のレポート待ち?!
そんなわけないか・・・行きたいんですけど、なんか、凄い人気みたいで、平日なのに、10時間以上待ちって、ほんまか?

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

このブログは、競馬予想ブログなんですけどね。
さて、宝塚記念の2週前登録が発表されましたが、わずか11頭って・・・寂しい。。
最終的には、一桁頭数のG1レースになる可能性もありで、ほんと、盛り上がらんわ。。。
私の応援馬、リアルスティール、アドマイヤデウス、カレンミロティックあたりがいたら、私的には盛り上がったのだが。。

この10年で、一番、頭数が少なかった宝塚記念は、2013年の11頭立てなわけだが。
この時は、ジェンティル、ゴールドシップ、フェノーメノの3強対決で、それなりに盛り上がっていたような。。
結果は、2番人気ゴールドシップは勝ったものの、1番人気ジェンティルが3着に敗れ、3番人気フェノーメノが4着。
で、私が本命にした5番人気ダノンバラードが、見事、2着して、馬連でも50倍もつくという、なかなかの高配当にありつきました。
ということで、少頭数でも、それなりの配当は見込める可能性はあり、なんとか、高配当を呼ぶ穴馬1頭を見つけたいね。

さてさて、POGに話を戻しますと、スタートダッシュ、大失敗・・・・酷い結果で新たなPOGが幕あけてしまいました・・・
まあ、シェアポイント部門ですので、人気薄の馬を指名している以上、ここの指名は一番難しいのですが・・
木曜の夜に指名した時は、14名だったのだが、日曜出走ということもあり、最終的には25名に増えてしまった・・
基本15名以下の馬を指名したいので、今後は、出来るだけ、日曜出走じゃなくて、土曜出走を狙うべきだな。

この週は、アパパネの2番仔ジナンボーがデビューしましたが、見事、人気に応えて、デビュー勝ちを決めましたね。
指名はしなかったが、元POG指名馬ピーチブローフィズの仔のデビュー戦は、3着でしたので、次は期待できるか。

○スマイルサンティエ(シェアポイント部門) 11着(2.4秒差)デビュー戦
  好スタートから2番手追走の積極策も、直線では、早々に止まってしまい、ブービー惨敗・・

さて、今週は、シェアポイント部門に指名出来そうな馬を探したのだが、残念ながら、見当たらず。
まあ、そう焦らず、じっくり、選ぶとしますわ。。

元PO馬の絡みで言えば、クラレントが屈腱炎で引退となってしまいました。
2歳から8歳まで、活躍し続けましたので、本当、お疲れ様と言いたいですな。
残念ながら、種牡馬にはなれませんでしたが、乗馬として、第二の人生を送るようです。
鳥取なので、乗りにはいけないなあ。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】新たにスタートしますよ。

2017-06-10 01:16:48 | POGその他
先々週のダービーが終わって、POGも一区切りで、新たなPOGが先週からスタートしましたが、前回は散々な結果・・
G1出走はゼロだし、重賞勝ち馬すら1頭も出ていないという有様で、過去のPOGの中でも最低の成績でしたね・・・
しかし、POGのいいところは、ボロ負けであろうが、馬券みたいに損失はないのでね。
今週から、各POGにまた参加して、今度こそ上位入賞目指しますよ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

○スマイルサンティエ
(牝 父エンパイアメーカー 母ロゼットネビュラ 美・黒岩) シェアポイント1頭目 指名人数14人

日曜の東京6レース新馬戦(芝1600m 12頭立て)に鞍上が柴山でデビュー。
記念すべき、今年のPOG指名第1号は、シェアポイント部門のこの馬となりました。
母母ローザネイということで、ロゼカラー、ローズバド、ヴィータローザと続いた薔薇一族の血に期待です。
母父はネオユニヴァースです。
まだ重賞勝ち馬の出てないエンパイアメーカーですが、母系がしっかりしてれば、カイザーバルのような馬が出てますからね。
黒岩厩舎は、先週、1頭デビューさせましたが、6番人気で3着と、まずまずでしたので、ここも3着ぐらいに。

土曜の新馬戦には、結局、指名はしませんでしたが、元POG指名馬ピーチブローフィズの仔ステラローザがデビューするので注目。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安田記念17((結果))

2017-06-08 00:00:11 | 安田記念
予想通り、荒れたのに、予想は大はずれ・・惨敗

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年6月4日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[7] 14 ○サトノアラジン   牡6 58 川 田 1:31.6 7
2[8] 16  ロゴタイプ     牡7 58 田 辺 クビ 8
3[3] 6  レッドファルクス  牡6 58 デムー クビ 3
4[4] 7  グレーターロンドン 牡5 58 福 永 クビ 6
5[4] 8  エアスピネル    牡4 58  武  クビ 2
6[6] 12  ビューティーオンリ セ6 58 パート 1/2 9
7[8] 18 △ステファノス    牡6 58 戸 崎 クビ 4
8[7] 15 △イスラボニータ   牡6 58 ルメー 1/2 1
9[5] 10 ▲クラレント     牡8 58 岩 田 クビ 14
10[3] 5  コンテントメント  セ7 58 モレイ 2.1/2 12
11[5] 9  ロンギングダンサー 牡8 58 横山和 アタマ 18
12[2] 3  サンライズメジャー 牡8 58 池 添 2.1/2 17
13[1] 2  ディサイファ    牡8 58 四 位 クビ 15
14[7] 13  ロジチャリス    牡5 58 内 田 クビ 13
15[2] 4 △アンビシャス    牡5 58 横山典 3/4 5
16[8] 17 △ヤングマンパワー  牡5 58 松 岡 1.1/4 11
17[1] 1  トーキングドラム  牡7 58 石 橋 アタマ 16
18[6] 11 ◎ブラックスピネル  牡4 58 松 山 3.1/2 10

払戻金 単勝 14 1240円
複勝 14 380円 / 16 440円 / 6 340円
枠連 7-8 590円
馬連 14-16 10480円 / 馬単 14-16 20410円
3連複 6-14-16 43500円 / 3連単 14-16-6 283000円
ワイド 14-16 2870円 / 6-14 2730円 / 6-16 2720円

予想通りに荒れてくれたのに、展開が予想通りではなかった・・・
昨年同様、ロゴタイプが逃げるなら、展開は間違いなくスローだろうと思ったのに・・
まさかのハイペースで、ロゴタイプを追いかけた先行勢は、全馬壊滅という有様・・
公言通りに、先行策を取ったブラックスピネルは、この先行勢に厳しい流れに巻き込まれ、アウト・・
直線でも少し不利があり、それで馬は一気に走る気をなくして、結局、ドンジリ・・・

勝ったのは、7番人気サトノアラジンですが、この馬本命とも考えており、実際、この馬から3連複も買ったが・・
相手が、全くいません・・・2着から6着馬まで無印では、どうにもならん予想でした・・
サトノアラジンは、昨年も差の競馬をしてたし、マイルCSも不利があっての負けであり、スムーズに走ればね。
今回は、展開も向いたし、外枠で、直線もまったく不利なく走れたのが大きかったね。

予想外だったのが、2着のロゴタイプ。
昨年は超スローに落としての、まんまの逃げ切りだったが、今回、このペースで2着に粘るとは・・・
このレースは、リピーターG1なので、昨年覇者のこの馬は、当然、押さえておかないといけないのだが。。
今年は、昨年同様、中山記念からダービー卿を使って参戦する予定が、フレグモーネ発症で、ダービー卿を回避。
ぶっつけで、安田記念を使うことになり、G1で、ローテに狂いが生じた馬は軽視として、消しにしちゃったよ・・
同じ理由で、ギリギリまで使うかどうか迷っていたグレーターロンドンも消しにしたが、クビ差4着とは・・
とにかく、関東圏のマイル戦では、ロゴタイプは、一度も崩れていないので、安易に消しは大失敗だったな。

3着レッドファルクスは、マイル実績なく、距離が持たないと思って消したのだが・・
血統的にもスウェプトオーバーボート産駒だったし、ここでは、お客さんだと思ったのになあ・・
やっぱり、G1で簡単に、ミルコを消してはいけないということですな。

マイル久々組のステファノスとアンビシャスにとっては、この時計は、速すぎて対応出来なかったかな。
1、2番人気のイスラボニータとエアスピネルは、直線で、前が開かずで、脚余して負けた感じですかね。
特に、エアスピネルは、前が開いてからの脚は素晴らしく、スムーズな競馬だったら、この馬が勝っていたね。
今回、エアスピネルを軽視しちゃいましたが、この馬、マイルでは力上位ですので、マイルCSの最有力候補ね。

ということで、荒れたG1を取ることが出来ず、もうガッカクというか、意気消沈・・・
上半期、残すG1は、宝塚記念だけとなってしまったが、宝塚は、頭数もそろわなさそうで、堅い決着っぽい。。
それを手堅く当てにいくか、無理やりでも、穴馬を探すか。。
しばらく、時間ありますので、POGの馬探しをします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安田記念17(予想)

2017-06-04 01:18:33 | 安田記念
新馬戦が始まりましたが、まだ新たにPOGをやる気分にならず、来週ぐらいから、真剣に考えましょうか。。

日曜の東京メインレース、安田記念の予想
芝 1600M G1 定量 18頭立て

毎年、毎年、必ず荒れるG1であり、こんなレースに人気馬から入ることは許されないわけでして・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎ブラックスピネル

エアスピネルが人気するなら、ほぼ実力は同等のこちらから買うのが妙味。
今年になって、対エアスピネルでは1勝2敗だが、先着許した2戦も、ハナ差と0.1秒差で、力差はないでしょう。
まあ、ハナ差の京都金杯は斤量1.5キロ差、勝った東京新聞杯は1キロ差とそれぞれ、斤量の恩恵があったのだが・・
今回は、2頭とも58キロの斤量になるわけですが、この58キロという斤量が、エアスピネルにはマイナスになるのでは。
2頭とも、初の58キロになるが、こちらは、57キロで勝っているのに対して、エアは57キロで4連敗中。
って、言っても、3戦はG1ですし、ちゃんと掲示板にはのっているんですけど、もしかして、斤量負けするタイプかと。

前走は、明らかに、展開に泣いて、位置取りの差で負けただけで、上りはメンバー最速を記録し、力は示した。
この馬、全4勝すべて、位置取りが4番手内の前でレースをしてのもので、この馬の勝ちパターンは好位からの競馬。
なので、前走でも「前で競馬をして」と音無調教師はミルコにお願いしたのに、後ろからのレースに。。
当然今回も、「2、3番手からの競馬を」と乗り替わりの松山に指示を出しており、さすがに松山は言うこと聞くでしょ。
松山といえば、今年、初の皐月賞騎乗で、悲願のG1制覇をやってのけましたし、その時の騎乗も好位からの積極策。
エアにハナ差負けした京都金杯も、位置取りがエアより後ろになり、直線では前が開かず、追い出し遅れた分の負けだし。
今回と同じ舞台だった富士Sで7着に負けているのも、完全に位置取りが後ろすぎたからだしね。

血統的にもタニノギムレット産駒といえば、ウオッカが2連覇、スマイルジャックが2年連続3着してますし。
非サンデー系が、この10年で7勝しており、ロベルト系でいえば、モーリス、ストロングリターンが勝ってます。
近親ダンビュライトも、頑張ってますし、この血統で、G1で馬券になるのは、ここしかないのでは。

さぶちゃん、大魔神ときて、山本昌、そして、ランクは下がるが、ここでカンニング竹山でもいいじゃない。


○サトノアラジン

前走は、香港帰り初戦に加えて、重馬場、レースでは前半、クビを上げて折り合い欠いて、大敗も仕方なし。
それでも、0.4秒差だし、上りも2位で、1番人気を裏切ったとはいえ、今年初戦の走りとしては、まずまずか。
前走の敗戦だけで、昨年3番人気、マイルCS1番人気だった馬が、7番人気まで下がるなら、積極的に買いの馬。
マイルCSは、ディサイファの不利だけが大きく取り上げられたが、同じくらい大きな不利を受けたのが、この馬。
今回は、外枠を引き当てたので、不利を受けない外を回して、豪快に追い込んできてほしいところね。


▲クラレント

さすがに8歳馬にG1は厳しいとは思うが、それでも、やっぱり狙ってみたい。
今年で4度目の挑戦になるのだが、過去3年、しっかり印は打ってます。
2014年 ▲(11番人気 8着)不良馬場に泣きました・・
2015年 ○(12番人気 3着)なんで、ここで本命にしなかったのか・・
2016年 ○(10番人気10着)後ろからの競馬になり、話にならず・・・
この10年を見ても、8歳馬で馬券になった馬はおらず、6歳で3着にきたスマイルジャックも7歳、8歳は凡走・・
しかし、スマイルジャック7歳時は4戦連続二桁着順からの最低人気、8歳時も2戦連続二桁着順からの最低人気でした。
対して、こちらは、前走で、しっかり2着と結果を出し、衰えがないことを証明しての参戦だけに、可能性はある。
安田記念はリピーターG1であり、年齢は違えど、過去、グランプリボスが、1年凡走を挟んで、2度穴をあけている。

とにかく、左回りは走るし、前で競馬が出来れば、チャンスはある。
この馬、東京重賞を3勝しているが、その3勝の鞍上は岩田であり、相性はいいはず。
ここは人気薄の気楽な立場での積極策で、直線は、得意のイン突きで、あっと言わせてほしいぞ。


△アンビシャス

2歳時以来のマイル戦になるのが、唯一の不安材料だが、逆にプラスに転ずるかも。
元々、折り合いに難のある馬だし、距離短縮は、いい方向に転びそうで。
前走の大阪杯では、テン乗り福永が折り合いに専念して、後方待機策となり、まったく展開向かずで5着に敗退。
それでも、メンバー最速の上りを使い、能力は見せた。
東京は、毎日王冠2着があり、全く問題ないし、今回は、再び、横典が乗るので、なんかやってくれそう。
音無厩舎のワンツー決着に期待ですよ。


△ステファノス

こちらも、3歳時の富士S以来のマイル戦になるのが、唯一の不安材料。
しかし、東京は、その富士S勝ちに、秋天、2着、3着と得意舞台であり、府中の長い直線ならマイルも問題ないか。
今回、戸崎に乗り替わるが、その戸崎で富士S勝ち、秋天2着があり、この乗り替わりは、プラスになりそう。


△ヤングマンパワー

前走マイラーズC7番人気3着で、今回も人気薄で、鞍上が松岡とくれば、12年のコスモセンセーと被る。
あの時は、コスモセンターを買わずに、痛い目を見たので、今回は、しっかり押さえます。
アーリントンC勝ちというのも被っているし、東京実績も富士S勝ちがあり、それで11番人気なら妙味十分。


△イスラボニータ

素直に、この馬本命でいいのかもしれない。
もう、鞍上ルメールですから、黙って買いです。。。
3週連続G1勝ちで凄いルメールですが、この馬でも[1-3-1-0]と完璧ですので、消す要素はないね。

馬券はブラックスピネルを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダービー17((結果))

2017-05-30 00:28:17 | 日本ダービー
ルメール、神騎乗・・・もう、それだけ。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年5月28日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 12 △レイデオロ     牡3 57 ルメー 2:26.9 2
2[2] 4 ▲スワーヴリチャード 牡3 57 四 位 3/4 3
3[8] 18 △アドミラブル    牡3 57 デムー 1.1/4 1
4[2] 3  マイスタイル    牡3 57 横山典 クビ 14
5[4] 7 △アルアイン     牡3 57 松 山 ハナ 4
6[1] 1  ダンビュライト   牡3 57  武  1/2 7
7[6] 11  ペルシアンナイト  牡3 57 戸 崎 1/2 6
8[4] 8  トラスト      牡3 57 丹 内 3/4 16
9[5] 10 ◎ベストアプローチ  牡3 57 岩 田 1/2 11
10[3] 6  サトノアーサー   牡3 57 川 田 クビ 5
11[7] 13 ○カデナ       牡3 57 福 永 クビ 8
12[8] 16  キョウヘイ     牡3 57 高 倉 3/4 15
13[3] 5  クリンチャー    牡3 57 藤岡佑 2 9
14[7] 15  ダイワキャグニー  牡3 57 北村宏 ハナ 10
15[8] 17  ウインブライト   牡3 57 松 岡 1.3/4 12
16[5] 9  マイネルスフェーン 牡3 57 柴田大 1/2 17
17[1] 2  アメリカズカップ  牡3 57 松 若 クビ 13
18[7] 14  ジョーストリクトリ 牡3 57 内 田 2.1/2 18

払戻金 単勝 12 530円
    複勝 12 180円 / 4 200円 / 18 150円
    枠連 2-6 1180円
    馬連 4-12 1620円 / 馬単 12-4 2860円
    3連複 4-12-18 2220円 / 3連単 12-4-18 11870円
    ワイド 4-12 650円 / 12-18 470円 / 4-18 490円

混戦と言われている時ほど、堅く納まるというやつね・・・
にしても、なんだ、このドスローな展開は・・・
確かに、なにが何でも逃げるといった逃げ馬不在で、スローは予想してましたが、ここまでとは・・
「前が遅ければ、ハナを切る」とクリンチャー陣営は言っていたのに、藤岡は何をしていたのか??
せっかく、ダービーで騎乗出来たのに、トラスト丹内は、もっと積極的な騎乗は出来なかったのか??
人気薄の先行勢たちが、もっと、逃げ馬を突かないといけないのに、行ったのが、人気のルメール1人とは。。

競馬って、騎手なんだねえと、改めて思い知らされた今年のダービーでしたね。
とにもかくにも、あそこで、すぐさま、動いていったルメールの判断、騎乗はまさに「神」!!

だから、G1、3週連続勝てるんですわなああ・・この調子だと、安田記念も勝っちゃいそうだね。
この日は、目黒記念まで、8番人気の馬で勝つんだから、ほんと、ルメールは凄かったよ。。。。

馬自身は、この超スローの展開のおかげで、スタミナ勝負とならなかったのが、良かったんでしょうね。
まあ、オークスも勝っていた藤沢厩舎の勢いもあったんでしょうかねえ。
今回と同じ、超スローで、タイムも2分26秒9と全く同じだったのが、エイシンフラッシュが勝ったダービー。
2着がローズキングダムで、2頭とも、キングマンボ系の血統。
で、今回も、勝ったのが、キンカメ産駒のレイデオロですから、こういう展開だとこの血統が強いんですかね。

結局、3着アドミラブルを除く、上位8頭全て、4コーナー5番手内の位置取りで、先行勢しか馬券になりません。
なので、この展開で、大外枠から3着に突っ込んだアドミラブルは、負けて強しというか、展開に泣きました。。
後方からの競馬になるかと思われたスワーヴリチャードも、しっかり中段からレースをし、4コーナーでは5番手。
鞍上の四位は、枠順も活かして、完璧に騎乗しましたが、それ以上に、ルメールがうまかったということね。

スローなら出番ありと思っていたカデナでしたが、4コーナーでのあの位置取りでは、どうにもならんて・・
なにやってんだ、福永・・・そんなことでは、いつまでたっても、ダービー勝てんぞ。。。

当然、本命にしたベストアプローチも、完全にこの展開に泣いて、見せ場すら作れずの惨敗・・
まあ、アドミラブルとは、0.4秒差で、この差は、青葉賞と同じで、結局、前走と変わらずの結果か・・
しかし、今回は、スタートも良く、道中は7番手追走という、絶好の位置取りだったのに、3コーナーから・・・
3コーナーで9番手、4コーナー12番手と、なぜか、位置取りを下げるという、この流れでは、最悪の位置取りに。。
青葉賞で、先にアドミラブルに動かれて、突き放されてしまったのに、なんで、今回、先に動かなかったのか??
馬のタイプは違いますが、ディープブリランテの時のような、あの積極果敢な騎乗が見たかったよ・・岩田ああ。。

ここ4年続けて、ダービーは、母系にロベルトの血をもつ馬が来ており、血統的にもベストアプローチには期待したが。
来たのは、レイデオロとアドミラブルという人気のロベルト持ちの馬の方だったというオチかあ・・

結局、逃げた14番人気マイスタイルが、クビ差4着と粘り、今年も内枠の先行馬が穴馬だったわけですね。
やっぱり、ダービーの穴馬探しは、来年も、内枠の先行馬で、いいみたいだな。。。

ダービーが堅い決着だったので、次の安田記念は、荒れることを期待して、穴馬を見つけたいですな。
でも、またルメールなんだろうなあ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダービー17(予想)

2017-05-28 01:21:25 | 日本ダービー
ダビスタのCMの菜七子ちゃんは、可愛いよね。
土曜は、最終レースで逃げ切り勝ちを決めまして、いつか、G1で、その姿を見たいものです。

日曜の東京メインレース、日本ダービーの予想
芝 2400M G1 定量 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

ウインバリアシオン、フェノーメノと青葉賞馬を無印にして馬券を外して以来、毎年、青葉賞組に重い印を打ってます。
痛かったのは、2014年、◎ショウナンラグーン、○マイネルフロストで、印が逆だったら、万馬券的中でしてね・・

◎ベストアプローチ

本命をカデナと迷ったが、岩田と福永で考えれば、迷うことなく岩田ということで。
その岩田、土曜に1400勝をメインレースで決めて、ダービーと同じ条件のレースでも勝ち、予行演習はバッチリ!
福永と違い、既にダービージョッキーでもあり、この舞台での勝ち方を分かっている。
今回は、人気薄の気楽な立場でもあり、ダービーを楽しみながら、一発狙ってくるはず。

前走は、アドミラブルに完敗の結果も、アドミラブルに先に仕掛けられ、直線で追う展開になったのは、きつかった。
それでも、瞬時に馬体を合わせにいった脚は素晴らしかったのだが。
逆にアドミラブルの方が右に寄れてきて、邪魔される不利が多少あったような。
更に、マイナス8キロで、デビュー以来の最低体重だったのも影響したかもね。
今回は、中間の馬体重が、プラス14キロとなっており、しっかり、馬体を戻し、体調も万全のようです。
東京遠征も、今回が3度目で、馬も慣れてきたようで、6着→2着とくれば、次は1着でしょう。

過去、対カデナとは、2戦2敗ですが、京都2歳Sも弥生賞も、どちらも直線で前が塞がる不利が痛かった。
特に弥生賞の不利は大きかったので、それで0.3秒差なら、間違いなく、カデナとの能力差はない。
逆に、弥生賞の不利で、3着内に入れず、皐月賞に出走出来ず、青葉賞に向かい、ダービー行きを決めた形に。
ということで、弥生賞の不利が、今になって良かったという結果で、ダービーは運のいい馬が勝つということです。

血統的にも、オークスがガリレオの仔フランケル産駒のソウルスターリングが勝ったのも、いい流れか。
更に、母系のロベルトの血は、ここ4年連続で馬券になっている。
アポロソニック、マイネルフロスト、サトノラーゼン、ディーマジェスティと人気馬から超人気薄まで。

青葉賞は、権利取りのため、仕掛けを遅らせたが、今回は、アドミラブルよりも先に抜け出し、一発あるぞ!


○カデナ

重賞2連勝が、超スローの緩い流れだっただけに、皐月賞は厳しい流れできつかった。
しかも、いつものような溜める競馬ではなく、ミルコに触発されてか、道中、位置取り上げて脚を使ったのもダメだった。
今回も、ペースが速いと厳しいが、今回、強力な逃げ馬は見当たらず、トラスト、クリンチャーならスロー濃厚。
仮にクリンチャーが引っ張る展開になれば、同厩の馬ですから、間違いなく、スローに落として逃げてくれるはず。
なんだかんだ言っても、展開向かなかった前走以外は、連を外していない重賞2勝馬ですから、その馬が6番人気は妙味。
メンバー最速の上りでアドマイヤミヤビの2着だった百日草特別の走りからも東京は合うし、福永の悲願の可能性も。


▲スワーヴリチャード

「左回りは走る」とダービー2勝ジョッキーが言ってますし、ここは普通に巻き返す。
皐月賞で人気を裏切り、ダービーで巻き返すハーツクライ産駒って、まんま、オークスのアドマイヤミヤビと被ります。
元々、ダービー狙いのローテですし、ここは、人気通りに走ってくれるはず。


△レイデオロ

あの藤沢厩舎が、クラシックのオークスを勝ち、ついにダービーも勝ちそうな流れではある。
でも、皐月賞が、5番人気5着というのが、ギリ、セーフなのか、アウトなのか、微妙な結果なのである。。。
上りが、メンバー2位で、今回、1位の馬が出走していないで、実質、皐月賞で最速の上りを使ったとすれば、買いか。
しかも、鞍上がG1連勝中のルメールですから、消すのは怖すぎます。


△アドミラブル

ここ2年連続、アザレア賞→青葉賞連勝馬が、本番ダービーで凡走している事実。
この10年で4頭の青葉賞組が馬券になっているが、うち3頭は関東馬で、関西馬はウインバリアシオンのみ。
そのウインバリアシオンは、青葉賞が、初の2400m戦でした。
つまり、連続関東遠征となる関西馬にとっては、3戦連続2400mというローテは、かなり厳しいということ。
ミルコの出遅れも不安だし・・陣営はミルコとは言わずに、最後入れだから、準備出来ずに出遅れる心配ありと。
とはいえ、前走は圧巻の走りだったし、今年、休み明け3戦で、まだ余力はありそうな感じもしますし。
あと、不利と思われた大外枠が、土曜の芝結果が、8枠全勝と、外伸び馬場で、外枠不利じゃないなら、消せません。


△アルアイン

毎日杯、皐月賞と連勝したのは、あのテイエムオペラー以来でしょうか。
そのオペラオーは、ダービーでは3着でしたので、この馬も、あって、3着までかなと。
人気薄で皐月賞馬になったといえば、昨年のディーマジェスティですが、ダービーでは3着でしたしね。
距離延長は、ディープ産駒だし、案外問題なさそうで、あとは、鞍上の差もでるかな。

馬券はベストアプローチを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】最終週、コロナシオンが出走しますが・・

2017-05-26 00:18:24 | POGその他
さあ、競馬の祭典、日本ダービーですが、私的に盛り上がらないのは、やっぱりPO馬がいないと・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

オークスのあった先週は、4頭の出走がありましたが、クインアマランサスが、今頃、未勝利を勝ち上がりました・・
オークスを除外されて、カーネーションSに出走したアドマイヤローザは、1番人気に支持されるも、9着と惨敗・・
前走のフローラS同様、前残りのスローの展開に泣かされたとはいえ、ちょっと負けすぎ。。。
秋を向けて、確実に勝っておきたかったレースだったのに、まったく見どころない走りで、超ガッカリですわ・・・

◆クインアマランサス(通常POG) 1着(-0.0秒差)14・2・5着
◇エンドゲーム   (地獄モード)10着( 1.2秒差)6・4・3・1・12・4・10着
◇アドマイヤローザ (地獄モード) 9着( 1.1秒差)2・1・2・7着
◇アルテーロ    (地獄モード) 4着( 0.2秒差)3・5・3・2・9着

ということで、今週は、ダービーですので、POGも最終となります。
通常なら、ダービーにPO馬が出走して、わくわくしながらダービーを待つはずなのに、今年はPO馬の出走ゼロ・・
てか、ダービーどころか、2歳戦を含めて、G1レースに、PO馬の出走がゼロという、今年のPOGは大失敗でした。。
ダービーの翌週からは、早くも次のPOGが始まりますので、次こそは、来年のダービー馬を探し当てたいと思います。
完敗、惨敗の今年のPOGでございました・・・・

◆コロナシオン 1・4・10着
(牝 父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 栗・池添)netkeiba5頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ5頭目

土曜の京都6レース、3歳500万下(芝2000m 9頭立て)に鞍上が川田に乗り替わりで出走。
土曜の京都でやるオープン特別の白百合Sに登録があったのだが、相手関係を見て、こちらを選んだか?
白百合Sには、ダービーを除外されたサトノクロニクルが出走するので、確実に2勝目を狙えるレースを選択したかな。
でも、こちらにも、前走、未勝利戦で5馬身差ぶっちぎったサトノグランがいるんですけどね。
コロナの前走は、休み明けながら、直線では、それなりの脚を使い、勝ったディアドラから0.4秒差ですから、まずまず。
そこから中2週の今回は、秋へ向けて、確実に勝っておきたいところ。
今年の3歳牝馬はレベルが高いですが、なんとか、この馬の名前が秋華賞で見られることを期待しますよ。

◇ラファエラ 6・14・13着
(牝 父ジャングルポケット 母カーリーエンジェル 栗・牧浦) 地獄モード10頭目

日曜の京都3レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に鞍上が川又に乗り替わりで出走。
前走はダートに矛先を向けたりしたが、まったく結果が出ず・・・
今回、ようやく、距離を伸ばしてきました。
血統的に、この距離延長はプラスだと思うので、この距離で、馬が変わってくれることを祈るのみ。

今年はPO馬の出走がないダービーということで、予想的には、フラットに全馬を見ることが出来ます。
何を頼りに予想するか、困りますが、基本は、皐月賞組なんでしょうが、今年は別路線組のような気が・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オークス17((結果))☆☆

2017-05-23 00:34:05 | オークス
今年、G1予想9戦目にして、ようやく的中というか、今年やっと初的中。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2017年5月21日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 2 △ソウルスターリング 牝3 55 ルメー 2:24.8 1
2[1] 1 ◎モズカッチャン   牝3 55 和 田 1.3/4 6
3[8] 16 △アドマイヤミヤビ  牝3 55 デムー 2.1/2 2
4[4] 7 ▲ディアドラ     牝3 55 岩 田 アタマ 9
5[7] 14 △リスグラシュー   牝3 55 武 豊 3/4 3
6[2] 3 △フローレスマジック 牝3 55 戸 崎 クビ 5
7[6] 12  ブラックオニキス  牝3 55 大 野 2.1/2 17
8[8] 18  マナローラ     牝3 55 蛯 名 1.1/4 16
9[5] 10  ブラックスビーチ  牝3 55 北村宏 クビ 8
10[2] 4  ミスパンテール   牝3 55 四 位 1/2 11
11[8] 17  カリビアンゴールド 牝3 55 田中勝 1/2 14
12[3] 5 ○モーヴサファイア  牝3 55 北村友 1.1/2 13
13[7] 13  レーヌミノル    牝3 55 池 添 1.1/4 4
14[3] 6  ハローユニコーン  牝3 55 柴 山 1.1/2 12
15[6] 11  レッドコルディス  牝3 55 吉田豊 1/2 15
16[4] 8  ホウオウパフューム 牝3 55 松 岡 1.1/4 7
17[5] 9  ディーパワンサ   牝3 55 内 田 1/2 18
18[7] 15  ヤマカツグレース  牝3 55 横山典 7 10

払戻金 単勝 2 240円
複勝 2 130円 / 1 350円 / 16 190円
枠連 1-1 2280円
馬連 1-2 2290円 / 馬単 2-1 2790円
3連複 1-2-16 4600円 / 3連単 2-1-16 20130円
ワイド 1-2 830円 / 2-16 370円 / 1-16 1680円

当たったはいいけど、3着が何とかならんかったか・・岩田・・・
ゴールが、あと1メートル手前だったら、ディアドラ、粘れていたのになあ・・・大きなアタマ差だよ・・
ディアドラ3着なら、3連複は150倍ですから、46倍との差は大きかった・・悔しい。。。
これでまた、中1週ローテの馬は、馬券にならない傾向が更新されてしまいました。。。

でも、本命にした馬が人気以上に激走してくれて、予想的には、ほぼ完璧でした。
人気サイドでは、レーヌミノルを、自信を持って消せたし。
穴人気サイドでは、ホウホウパフューム、ブラックスピーチには、手を出しませんでしたし。
大穴で狙ったモーヴサファイアは、無理すぎましたが・・・やっぱり休み明けの馬は黙って消しです。。

勝ったソウルスターリングは、前走の敗因が道悪、外枠ということで、今回が、良馬場、内枠。
もう完全に巻き返せる状況であり、実績的にも、この時期に、距離適性が出るとも思えず、順当な結果。
そうは言っても、強かったですな。
あの位置取りから、直線での末脚も確かで、盤石の強さでしたねえ。
安心して見れられるとは、まさにこのことか。
秋、ファンディーナとの対決が見られるかどうか分かりませんが、是非、見たいですね。

2着に、本命にしたモズカッチャンが頑張ってくれました。
唯一不安だったスタートを無事に切ってくれて、道中の位置取りは完璧。
直線に入ったところで、ソウルの動きに合わせて、こちらも仕掛けた時には、一瞬、突き抜けるかと思ったが。
それにしても、この馬も強かったですよ。
3着のアドマイヤミヤビに2馬身半の差をつけてますので、秋も期待したい1頭ですな。
名前のせい、あまり評価が上がらない馬ですが、さすがに、今回のオークス2着で、秋は人気馬の1頭になるね。

3着は、突っ込んでこなくていいのに、やっぱりG1では最低限の仕事はするミルコですなあ。
この馬も、桜花賞は、道悪と外枠に泣いた感じでしたが、今回も、外枠の不利は多少あったが、上位2頭には完敗。
今後の成長で、秋での逆転を期待したい1頭です。

とにかく、5月にして、ようやく今年初の的中となり、配当は安めでも、ひとまず良かったですわ。。
この流れで、次のダービー、安田記念も的中で、モズカッチャンみたいな3連勝を決めたいものですね。
次、捻りすぎない程度に、ダービーの穴馬探しを開始します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オークス17(予想)

2017-05-21 02:00:51 | オークス
日曜の東京メインレース、オークスの予想
芝 2400M G1 定量 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

毎年、桜花賞組が強いレースであることは、知っておりますが、それを承知で、別路線組から狙う!
桜花賞馬に、距離不安がありと言われる場合は、だいたい別路線組が、勝っておりますのでね。

◎モズカッチャン

素直に、フローラSの勝ちっぷりを評価します。
そのフローラS、最初のコーナーで他馬に寄られる不利で位置取りを下げ、直線でも、前が開かず追い出し遅れ。
そんな、内枠の恩恵以上に、ロスも多かったレースで、鮮やかな差し切り勝ち。
さすがに能力がないと、重賞含めての3連勝は、なかなか出来るものではないぞ。
3戦中、2戦は牡馬相手に勝っており、2走前など、折り合いを欠きながらも、新緑賞勝ちのビービーガウディに勝っている。
しかも、勝った距離が1800、1800、2000mということで、桜花賞組にはない距離適性の実績をみせている。
デビューから2戦は、出遅れ、渋った馬場の影響もあり、勝ち上れなかったが、ここ2戦では、出遅れグセも解消。
スローだった前走では、きっちり折り合っていたし、1戦ごとに課題が解消されている。
日曜も晴れで、良馬場で行われるし、土曜は内の馬場も良く伸びていたし、ここでもチャンスは十分。

ハービンジャー産駒はG1では用なしと言われていたが、皐月賞でペルシアンナイトが2着と好走。
牝馬のハービンジャー産駒は、重賞を勝てないと言われていたが、このモズカチャンがそれを打ち破り。
昨年だって、10番人気のジェラシーが4着と頑張っただけに、今年の流れならば、ハービンジャー産駒がG1取っても不思議なし。
ただこの馬は、サンデーの血を持っておらず、そこが不安ですが、キンカメ産駒アパパネが勝っており、母父キンカメの力に期待。

鞍上の和田は、土曜、15番人気2着、12番人気1着と大穴あけてますので、日曜は中穴で結構ですので、頼みますよ。
いつまでもオペラオーのG1実績しかないというのも、寂しいですし、ここらで、久々、G1取りやって下さい!


〇モーヴサファイア

土曜のカーネーションCは、ルーラーシップ産駒のワンツー。
メインのメイSは、ダイワメジャー産駒のワンツーと、同産駒ワンツー決着の流れとなれば、ここはハービンジャーのワンツー期待。
オークスは、この10年を見ても、休み明けの馬なんて、1頭も馬券になっていないのだが、そもそも、休み明けの馬が出走してない。
この10年では、休み明け馬は昨年のダイワドレッサー1頭だけ。
そのダイワドレッサーにしても、ブービー人気ながら、0.4秒差の8着と健闘している。
外傷で忘れな草賞を使えずの、ぶっつけオークスとなったが、この中間の追い切りの動きは悪くなく、久々の影響はなさそう。

デビューから5戦、全て牡馬相手と戦い、結果を出している。
新潟2歳Sは、1番人気を裏切ったが、内枠で出遅れるという最悪の競馬で、あれは仕方なし。
野路菊Sでは、後のきさらぎ賞馬アメリカズカップに0.1秒差。
福寿草特別でも、後の京都新聞杯馬プラチナムバレットとハナ差の競馬。
そして、前走は、後のプリンシパルS3着馬ロードアルバータに圧勝。
しかも、レースでは、スタート直後に他馬にぶつけられて位置取り下げるし、道中、外から捲ってきた馬に煽られ、首を上げたり。
なかなかロスの多い競馬ながら、2000mの距離で勝ったことが、ここに繋がりそう。

血統的にも、この馬には、サンデーの血があるし、兄ブラックスピネルは、東京新聞杯を勝っており、初の東京コースも問題ないはず。
ブラックスピネル自身は、3歳時は、中距離で結果を出していたので、もちろん、距離延長も問題なし。
近親ダンビュライトは、皐月賞3着で、G1で馬券になったし、近親ラブラドライトは、ステイヤーですから、距離延長はプラスになる。

今週は、内・中が伸びる馬場状態のようですので、この枠活かして、好位差しの競馬が出来れば、一発ある!


▲ディアドラ

ハービンジャー、第三の矢!
このレース、中1週の馬は過去をさかのぼっても、来てないのですが、傾向というものは、いつか崩れ、休み明けが来るなら、中1週もと。
桜花賞でも穴で期待した1頭でしたが、まさかの出遅れで最後方からの競馬となり、直線でも前が開かないシーンもあり。
それでも、メンバー最速の上りで、0.4秒差まで追い詰めて、能力のあるところは見せた。
更に、距離延長した前走の矢車賞は、これまでで、一番強い競馬を披露したことで、距離伸びて、この馬の能力が全開してきた感。
こちらの方が、サンデーの血は少し濃いし、母父スペシャルウィークは、オークス馬を出していますので、この舞台は血統的にも合う。
あとは、何と言っても、鞍上の岩田。
土曜は、平安Sで15番人気3着と大穴あけてますので、G1のここでも、一発お願いますよ。


△フローレスマジック

このレースは断然、ディープ産駒が強いレース。
もう、血統だけで、黙って買いの1頭。
前走の3着とはいえ、タイム差なしだし、更なる距離延長で逆転は十分ありそう。
鞍上の戸崎は、先週ヴィクトリアMでは、人気を裏切ってくれただけに、その借りをここで返してくれよ。


△リスグラシュー

桜花賞は道悪を嫌って、この馬の評価を下げてしまったのだが・・
その得意ではない道悪桜花賞で2着と激走し、さらに血統的に距離延長OKとくれば、ここでは最有力候補。
ただ、2走前、チューリップ賞は、桜花賞、オークスの2戦を見据えた仕上げで、ソウルに完敗したわけでして。
その完敗により、桜花賞では、オークスを見据えず、桜花賞1本の渾身の仕上げで挑んだわけでしてね。
そうなると、ここでは、上がり目はなく、むしろ、2着激走の反動も心配だったり。
陣営のコメントも、前走でソウルを負かしたわりには、ここで、強気のコメントが出ておらず、状態面が少し不安。
だけど、前走、無印にして、痛い目見たので、今回は、そりゃ当然買いますというか、ちゃんと応援します。


△ソウルスターリング

前走の敗因は道悪とするなら、ここでの巻き返しは当然。
多少行きたがる気性でもあり、少し距離不安も囁かれているが、東京1800でペルシアンナイトを負かしている馬ですから。
2400mは、どの馬にも未知数であり、同世代のここでは、東京1800実績だけでも十分威張れるもので、普通に勝ちそう。


△アドマイヤミヤビ

前走の敗因が道悪だけにしては、ちょっと負けすぎなのだが・・
それで、人気落ちなら、黙って買いの1頭なのだが、引き続き、人気しているだけに、本当は買いたくない・・
しかし、東京の2000m、クイーンCを勝っている馬ですし、血統的にもこの舞台は合いそうですしね。
そして、鞍上は、ミルコとくれば、馬券妙味はなくとも、押さえないと痛い目みるね。。


馬券はモズカッチャンを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】アドマイヤローザはオークス抽選漏れで、カーネーションC

2017-05-19 00:37:13 | POGその他
最近のお気に入りは、めちゃコミックのCMに出ている女の子。
あのヨーヨー、バンバンしている子です。
名前を調べると杉浦みずきちゃんだそうです。
20歳の学生さんで、なんと同志社大学ということで、頭もいい子なのね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は、1頭しか出走がなく、いつものごとく、勝ち上がれず・・
とくに、報告することもないわなあ・・

○ブルベアライノ (シェアポイント) 7着(1.2秒差)5・14・8・8・8・9着

さて、今週は、アドマイヤローザが、1/6の抽選を潜り抜けて、オークス出走出来るか期待したのだが・・
残念ながら、抽選漏れで、カーネーションCに回りました。

◆クインアマランサス 14・2・5着
(牝 父キングカメハメハ 母ヒカルアマランサス 栗・高野)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目 競馬ラボ8頭目

土曜の京都1レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が荻野で出走。
今頃は、オークスに出走していると思って指名したのに、まさかのダート未勝利戦に出走する身とは・・・

◇エンドゲーム 6・4・3・1・11・4・10着
(牡 父キングズベスト 母タイキクラリティ 栗・西園) 地獄モード2頭目

土曜の東京6レース500万(ダート2100m 16頭立て)に鞍上が大野に乗り替わりで出走。
芝で7戦走って、ここで初ダートですかあ。。。
それでも、距離はあくまでも長めを選択ですが、どうでるか?

◇アドマイヤローザ 2・1・2着
(牝 父ハービンジャー 母アドマイヤテンバ 栗・梅田) 地獄モード5頭目

土曜の東京9レース、カーネーションC(芝1800m 13頭立て)に鞍上がミルコに乗り替わりで出走。
フローラSは、完全に展開向かずの1戦だっただけに、なんとか、抽選を潜り抜けて、オークスに出てほしかったが・・
岩田からミルコに乗り替わりで、馬がどう変わるのか注目。
このレースには、スイートピーS3着馬と忘れな草賞4着馬も出走するので、ここの決着で、各レースのレベルを判定ね。

◇アルテーロ 3・5・3・2・9着
(牝 父ハービンジャー 母グルーヴィクイーン 栗・庄野) 地獄モード6頭目

日曜の京都3レース未勝利戦(芝1600m 18頭立て)に鞍上が浜中で出走。
前走が、まさかの大敗でしたが、敗因が直線の坂だとすれば、平坦京都に戻れば、ここは勝ち上りのチャンス。

さてオークスですが、先週のヴィクトリアMの反省から、しっかり穴狙いをすれば、逆に堅い決着になりそうで・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【食べ放題】サンドックイン神戸屋

2017-05-18 00:22:53 | 食べ放題
ミスドのクロワッサンドーナツが、安くなって復活してくれたのは嬉しい。
久々に食べたが、やっぱり、うまいね。
ヤマザキのなんかより、カロリーが100カロリーは、低いのもいいよね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑競馬の記事はこちらからどうぞ!

馬券が当たらない今日この頃、ブログには挙げてませんけど、食べ放題は毎週のように行っておりまして。
そんな中、前々から気になっていた「サンドックイン神戸屋」に先日、行ってきたので、ちょっと報告。
テレビなどでも紹介されている八重洲店は、大人気で行列がすごいので、向かった先は東神奈川店。
場所はJR東神奈川駅直結の駅ビル「CIAL PLAT」という、こじんまりした駅ビル内にあります。
ということで、今回は、車ではなく、電車を使いました。

ここの食べ放題は、「神戸屋」という店舗名通り、「パン」です。
パンの食べ放題と言えば、サンマルク、バケット、鎌倉パスタなんかには、たまに行くんですけどね。
ここの食べ放題の特徴としては、店頭で販売しているパン、いわゆる惣菜パンが食べ放題だということね。
パン以外に食べ放題なのは、「サラダ」のみなので、パン好きじゃないと行く価値はない食べ放題ですな。
八重洲店の食べ放題記事をネットで見ると「フライドポテト」が写ってましたが、東神奈川店にはなかったな。

システムは、食べ放題時間が11時から14時までの間で、その間であれば、制限時間はありません。
1ドンリク、1スープが付いて、1人994円(税込)です。
ドリンクは好きなものが選べて、スープはコーンスープと決まっているようです。
1000円を切る食べ放題ということで、前々から行きたかったわけですけどね。

11時開始に合わせて、5分前に店に到着すると、既に12人が11時の開始を待って、並んでいました。
座席数は、38席あると、事前に確認していたので、この人数なら、すぐに案内されそうだと思ったが・・
11時となり、順番に会計を先に済ませてから、席につくわけだが、ここからが、結構時間がかかりましたよ。
レジ係りが1人で、その人が会計とドリンク、スープの準備をするものだから、なかなか時間がかかるわけで・・
結局、15分ぐらい待って、ようやく席につくことが出来ました。

やはり、1000円を切る料金設定だけに、食べ放題のラインナップは、ちょっと寂しい。。。
その写真は取らなかったので、それは、他の方のブロクなどで確認してみて下さいな。
それでも、今回のメインは、「カツサンド」でしたので、それを好きなだけ食べれたので、良しとしましょうか。
惣菜系のメインがカツサンドなら、甘い系のメインは「とろけるマンゴー」になるのかな。
マンゴーがたっぷり乗ったパンで、店内の販売の所でも、人気商品として、売られておりましたね。
ただ甘党の私としては、チョコ系のパンが1つもなかったのは、かなり不満でしたな。
あと、クロワッサンがなかったのも、ちょっと残念。
ここのパン食べ放題は、スイーツ系というより、食事系と考えた方がいいようです。

この食べ放題、時間無制限と書きましたが、食べれるパンの種類が沢山あるわけでもなく、そもそも食べれない。
なので、結局、滞在時間は、1時間程度。
一番乗りだったお客も、11時に入って、12時頃に席を立っていたので、やはり、みんな利用時間は1時間ぐらいか。

徒歩で行ける近所にこの店があれば、たまに行きたいと思うが、電車賃を払ってまで行くかと言われると・・・
994円という料金だから仕方ないが、まず、1ドリンク制を飲み放題にしてもらいたいなあ。
水は飲み放題だが、水だと味気ないというか、パンを美味しく頂けないのよねえ。
あと、不二家みたいに、販売しているパンほぼ全てを食べ放題にしてもらうと、魅力的な食べ放題になるのだが。
正直、「カツサンド」と「とろけるマンゴー」以外のパンは、不味くはないが、お代わりしたくなるほどでもないし。
全てのパンとは言わないまでも、スイーツ系パンの充実を望みますよ。
と言いつつ、値段を考えれば、かなりお得な食べ放題だと思うし、ちゃんと満足して帰ってきました。
カツサンドをしっかり食べれば、必ず元は取れますのでね。


1階で販売をしており、2階で食べ放題を実施。




ドリンクは、アイスカフェオレをチョイスしました。店内では340円ぐらいで売っていたかな。


こちらが、「とろけるマンゴー」でございます。カツサンドもお代わり。
とろけるマンゴーは、店内では290円ぐらいで販売していたかな。


再びカツサンドと、とろけるマンゴーもお代わり。


ちょっとパンが飽きてきたので、サラダを。しかし、サンドイッチも取ってきた・・


とどめのカツサンドと甘い系パン。
だんだん、皿にのせるパンの数が減っているのが、お分かりでしょうか。
そう、満腹になってきたのですよ。。

カツサンドは、店内では3キレで600円ぐらいで販売してましたな。
食べ放題では、販売している1キレを更に半分にして出しているようで。
だから、6キレ食べると600円という感じ。
私は、結局、10キレ食べましたので、カツサンドで1000円分は食べました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加