susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

【POG】今週は6頭も出走しまっせ!

2017-01-13 00:48:00 | POGその他
年度代表馬にキタサンブラックが選ばれましたが、てっきりモーリスの方が選ばれると思っていたのだが。
G1勝ちはモーリスの方が3勝で多いのに、海外G1より、国内G1の方に重きを置いたのでしょうか?
なら、思い起こすのが、1999年の年度代表馬エルコンドルパサー。
そう、この年のエルコンドルパサーは、国内未出走で、海外G1も凱旋門賞2着があるも、1勝のみだったんだよなあ。
この年は、国内G1を3勝したスペシャルウィーク、2勝したグランワンダーもいたのに、この2頭は特別賞に。
この時の選出には、異議も出ていたので、その教訓から、国内G1実績を重視したのかな?
まあ、恐らく、モーリスは2015年の年度代表馬に選ばれているので、今回は譲ってあげてということなのかね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

先週は2頭のPO馬が出走しましたが、あまり期待していなかったカラルが惜しい3着と大健闘。
メンバー最速の上りで、前で逃げ粘る人気2頭にあと一歩のところまで追い詰めました。
デビューから2戦が、パッとしない走りで、指名は失敗かと思ったが、これなら次走の勝ち上がりに期待が持てるわ。

◆カラル      (通  常POG)  3着( 0.1秒差)9・7
○ブルベアエイプス (シェアポイント) 11着( 1.7秒差)11・10・13・9

あと、またシェアポイント部門から1頭、登録抹消馬が出てしまった。
わずか2戦での抹消ということで、完全に指名失敗でした・・・
デビュー戦は、ヴァナヘイムと同じレースで、5着と掲示板にのってくれたので、期待できるかと思ったのだが・・
同じバトルプラン産駒のブレスジャーニーは大活躍しているだけに、馬の見極めは難しいなあ。。。

○メインスピーチ 5・9着
(牡 父バトルプラン 母テーブルスピーチ 栗・村山)シェアポイント7頭目 指名人数17人 抹消

さて、今週は、6頭が出走します。
先週に引き続き、未勝利戦、500万と、重賞への出走がないのが残念ですが、コツコツ行きましょうか。

○デッドポイント 11・12・7・16着
(牡 父ケイムホーム 母ソルティレージュ 栗・崎山) シェアポイント5頭目 指名人数11人

土曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が水口で出走。
前走の芝でのレースでの大敗からのダート替わりですが、ダートは3走前に4.2秒差という、とんでもない大敗を。
ということで、まったく期待できませんが、初めての距離延長の1800mで、馬が変わってくれることを望むよ。。

◇アルテーロ 3着
(牝 父ハービンジャー 母グルーヴィクイーン 栗・庄野) 地獄モード6頭目

土曜の京都5レース未勝利戦(芝1600m 16頭立て)に鞍上が加藤で出走。
デビュー戦が3着とまずまずの走りでしたが、そこから3か月ぶりの出走ということで、ここは次走に繋がる走りを。

○クラウンハイト 14着
(牡 父エンパイアメーカー 母ヒカルリクエスト 美・但馬)シェアポイント10頭目 指名人数6人

日曜の中山2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が伊藤で出走。
デビュー戦が芝1200mで2.6秒差の大敗で、そこから3か月半ぶりの出走。
で、今回は、初ダートで、距離も大幅延長ということで、この馬も、ここは、次走に繋がる走りをしてほしいね。

◇ヴィルデローゼ 4・2・2着
(牝 父エンパイアメーカー 母ブルーメンブラット 栗・石坂) 地獄モード4頭目

日曜の京都3レース未勝利戦(ダート1400m 16頭立て)に鞍上が福永に乗り替わりで出走。
芝で連続2着と惜しい競馬をしていたのに、ここでダート替わりとはなぜ?
鞍上強化はいいですが、まあ、とりあえず、ここを勝って、また芝に戻してほしいね。

◇タスクフォース 3・1・4着
(牡 父ワークフォース 母ネオイリュージョン 栗・須貝) 地獄モード3頭目

日曜の京都4レース500万(ダート1800m 11頭立て)に鞍上がフォーリーに乗り替わりで出走。
1/5に出走してからの、ほぼ連闘策。
前走は4着とはいえ、3着馬に8馬身も離されてしまったので、今回は、とりあえず3着以内目指して頑張れ。

○テイエムソッキュウ 6・1・3・8・6着
(牡 父ブラックタイド 母テイエムハナフブキ 栗・山内) シェアポイント3頭目 指名人数24人

日曜の中京10レースはこべら賞(ダート1400m 16頭立て)に鞍上が藤懸に乗り替わりで出走。
3か月ぶりの出走と思ったら、いつの間にか、セン馬になってるし・・・
今回は、休み明けだし、手術明けだし、そもそも九州産だしで、まったく期待は薄いなあ・・・

結局、今回、6頭も出走するけど、期待出来そうなのは、ヴィルデローゼ1頭だけかなあ。
しかし、それも、ダート替わりというのが、気になるし、6頭全部、あんまり期待出来ないわ。。。

今週末は、重賞が3つありますが、3歳重賞京成杯にPO馬の出走がないのが、寂しい。
元PO馬は愛知杯にレーヴデトワールが出走するが、なにせ、1000万条件を勝ちきれない馬だからなあ・・・
49キロという軽ハンデをどこまで活かせるかでしょうねえ。。
日経新春杯には、弟のレーヴミストラルが出走しますが、こちらは8か月半ぶりの出走で58キロはきついね・・・
まあ、このレースは、勢いある明け4歳馬の対決が注目でしょうなあ。
矢作厩舎のカフジプリンスに期待ですが、岩田から福永への乗り替わりは残念すぎるよ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】中央競馬が開幕しましたよ

2017-01-05 23:42:14 | POGその他
本日は仕事始めでもあったので、スマホからでも馬券は買えたが、さすがに今日は馬券パスでした。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

中央競馬初日の木曜日は、2頭のPO馬が出走しましたが、残念ながら、2頭とも勝ち上がれず・・
ロードアルバータには、なんとしてもデビュー勝ちを決めてほしかったのだが・・
直線を向いた時には、これは突き抜ける勢いだったんだけどなあああ。。
まあ、1番人気だったアドマイヤロブソン(3着)には先着したので、良しとしましょうかね。。次走は確勝で頼むよ。。

◇タスクフォース  (地  獄モード)  4着( 1.6秒差)3・1
◆ロードアルバータ (通  常POG)  2着( 0.2秒差)

年明け最初の重賞となった東西金杯は、共に1番人気の馬が人気に応えて、平穏な決着。
元PO馬のドレッドノータスは、やっぱり中山はダメだったね。
完全に京都専用馬なんでしょうかねえ。
元PO馬であり、矢作厩舎の馬なので、応援はしてたけど、今回は、危険な人気馬かなあと思っていたら、やはり・・
でも、矢作厩舎は、ジュニアCで、しっかり今年1勝目を上げましたので、幸先はいい感じじゃないかな。
ディープブリランテ産駒で、G1を目指せる馬が現れたのは、矢作厩舎としても嬉しいでしょうね。

穴馬として名前を上げたマイネグレヴィルも、ドンジリと、まったくダメでした・・・
京都金杯の方も、穴期待したテイエムタイホー、ペイシャフェリス、ともにダメダメでしたな・・トホホ。。
馬券買わなくてよかったな・・でも、京都金杯は、エアスピネスの相手探しだと思っていたし、その相手は内枠だと。
だから、あの内枠決着の3連複3,260円は取れていたかなあと思うけど、中山も内枠決着でたね。
まあ、買ってないのに、取れていたとか言うのは無しね。。。

さて、競馬は、すぐに明後日、土日にありますよ。
日曜には、シンザン記念、フェアリーSの3歳重賞がありますが、ともPO馬の出走がないので、予想はなしで。
馬券買わずに、じっくり観戦させて頂きます。
土日の我がPO馬の出走は、2頭のみ。
共に、未勝利戦で、しかも勝ち上がりの期待はかなり薄い2頭だな・・・

◆カラル 9・7着
(牡 父ルーラーシップ 母ナスカ 栗・佐々木) 一口馬主9頭目

土曜の京都5レース未勝利戦(芝2000m 16頭立て)に鞍上が鮫島に乗り替わりで出走。
昨年11月にデビューして、2戦したが、共に掲示板にも乗れない結果で、かなり期待外れの走り。
今回は中4週での出走となりますが、まずは、掲示板目指して頑張ってくれよ。

○ブルベアエイプス 11・10・13・9着
(牡 父キンシャサノキセキ 母フェイストウショウ 栗・五十嵐) シェアポイント9頭目 指名人数12人

日曜の京都5レース未勝利戦(芝1600m 16頭立て)に鞍上が坂井に乗り替わりで出走。
デビューから4戦は、かなり押せ押せなローテでしたが、今回は、中7週での出走。
少し間隔をあけたことが、いい結果になればいいのだが。。。それでも期待は出来ないね・・こちらも掲示板目指せ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】ロードアルバータがデビュー!

2017-01-04 21:55:03 | POGその他
本日4日まで正月休みということで、まったりしております。
本日は、平日料金で行けるということで、ホテルビッフェに行ってきました。
行っていたのは、第一ホテル東京の中になる「エトワール」という、以前、テレビでも紹介されてビュッフェ。
和食、中華、西洋と何でもありのビュッフェなんですが、ライブキッチンが一応の売りでしょうかね。
選んだ理由は、ホテルビッフェにしては、料金が安いということ。
ネットの一休で予約すれば、平日ランチは、税込2,800円ですから、この値段は魅力かと。
ライブキッチンもローストビーフとフォアグラは、とても美味しかったですよ。
ただ、パスタとラーメンのライブキッチンは、イマイチでした・・麺類は、もうちょっと頑張ってほしいね。
嫁は、他の料理もイマイチと酷評ながら、ローストビーフだけは、どんだけ食うんだというほどお代わりしてました。
第一ホテル東京の食べ放題といえば、実は、先月12月にも鉄板焼きの食べ放題「一徹」にも行ったんですけどね。
もう、毎週、食べ放題してる、夫婦でございます。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

さて、5日の中央競馬初日ですが、我がPO馬は2頭が出走。
ようやく、指名馬で唯一、デビューがまだだったロードアルバータが登場してくれます。

◇タスクフォース 3・1着
(牡 父ワークフォース 母ネオイリュージョン 栗・須貝) 地獄モード3頭目

木曜の京都3レース500万(ダート1800m 13頭立て)に鞍上がミルコで出走。
前走は、阪神1800でしたが、メンバー最速の上りで逃げ切りという、とても強い勝ち方だったので、今回も期待だ。
このレースで人気になるであろうエルデュクラージュは、我がPOG的には、実は馴染みの血統だったりするのだが。
兄アドマイヤスピカ、アドマイヤテンクウを過去、指名していたので、応援したい馬ではあるが、今回は負けてくれ。

◆ロードアルバータ 未出走
(牡 父ディープインパクト 母レディアルバローザ 栗・角居) 一口馬主10頭目

木曜の京都5レース新馬戦(芝2000m 10頭立て)に鞍上がシュミノーでデビュー!
う~ん、ミルコを手配出来なかったのか?・・まあいい。
レディアルバローザの初仔ということで、ディープ×キンカメという同じ角居さんのデニムアンドルビーのパターン。
ロードの明け3歳馬は、まだ1頭しか勝ち上がっておらず、この馬には活躍してもらわないと困るのでは。
このレースには、ギリギリまで指名を迷った1頭も出走しております。
アドマイヤダイオウの全弟になるアドマイヤロブソンなんですが、当然、この馬が、ここの最大の敵になりそうか。
昨年末に指名したクインアマランサスが、大敗デビューとなってしまっただけに、この馬には頑張ってほしいぞ!

さて、5日の木曜は、東西の金杯がありますが、この日は私も仕事始めであり、馬券はパスします。
中山金杯には、元PO馬ドレッドノータスが出走します。
しかし、この馬にとって、中山2000mはどうなんでしょうか?
中山コースは、スプリングSと皐月賞で惨敗しているだけに、不安があるよなあ。
実際、前走も、中山のディセンバーSにも登録していたのに、選んだのは、阪神ダートのペテルギウスSですよ。
芝のレースがあったのに、あえてダートのレースを選んで、しかも惨敗という選択ミス。
それだけ、中山に不安があるんだと思うので、ほんと心配なんですが、出るからには頑張ってほしい。
穴なら、マイネグレヴィルあたりでしょうかね。

京都金杯は、やっぱり、マイル路線にやってきたエアスピネルでしょうがないね。
このレースは、内枠、先行馬が有利なレースだから、相手も内枠の先行馬でいいじゃないでしょうか。
よって穴は、テイエムタイホーとペイシャフェリスの2頭で、どうでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017新年の挨拶

2017-01-03 21:09:11 | POGその他
どうも、新年明けましておめでとうございます。
今年もほんまに当たらん予想をよろしくお願い申し上げます。

今年は、最低でも黒字収支、そしてG1予想勝ち越し目指して頑張ります。
基本、予想は中央競馬のG1全部と、あとは、気分でその他の重賞も予想していくスタンスでいきます。

今年の正月は、いつもの実家の大阪ではなく、東京でまったり過ごしてます。
中央競馬は5日の金杯から始まりですが、地方競馬は元旦からやっておりますね。
以前、ブログでショッピングモールから競馬が見れる川崎のマーケットスクエアを紹介しましたが。
よく買い物で利用するんですけど、いつも週末に行くので、地方競馬である川崎競馬は開催しておらず。
今回、川崎競馬は正月開催で、元旦から開催ということで、本日3日、マーケットスクエアに行ってきました。
馬券は買いませんでしたが、4階駐車場にあるテラスからと1階の外ラチからレースが見られる場所から計2レース観戦。
やっぱり、馬券買ってないと興奮しませんけど、久々に生で馬を見れたのは、とてもよかったです。

ちなみにマーケットスクエアの駐車場にすんなり入れましたが、川崎競馬場の駐車場は満車で、行列が出来てました。
みんな正月から、ギャンブル好きですなあ。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の予想を振り返る

2016-12-29 22:00:38 | 競馬予想・結果
毎年、年末は実家の大阪に帰省して、バタバタするので、ブログの更新はしないのですが。
今年は、「たまには東京でゆっくりしよう」と嫁から言われ、帰省しないことにしたので、簡単に1年を振り返る更新を。
基本、我がブログは、中央競馬の重賞予想を毎週更新していたのだが、あまりに当たらないので、今年はほぼG1のみ。
ということで、今年の我がブログのG1予想の本命馬を簡単に振り返ります。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

フェブラリーS   ◎ベストウォリアー ( 3番人気) 4着

高松宮記念     ◎サトノルパン   ( 8番人気)18着

桜花賞       ◎レッドアヴァンセ ( 4番人気) 7着

皐月賞       ◎リオンディーズ  ( 2番人気) 5着

天皇賞(春)    ◎カレンミロティック(13番人気) 2着

NHKマイルC   ◎ブレイズスマッシュ( 9番人気) 8着

ヴィクトリアマイル ◎マジックタイム  ( 6番人気) 6着

オークス      ◎シンハライト   ( 1番人気) 1着

日本ダービー    ◎リオンディーズ  ( 4番人気) 5着

安田記念      ◎リアルスティール ( 2番人気)11着

宝塚記念      ◎カレンミロティック(14番人気)11着

スプリンターズS  ◎レッツゴードンキ ( 7番人気) 9着

秋華賞       ◎カイザーバル   ( 8番人気) 3着

菊花賞       ◎カフジプリンス  ( 3番人気) 8着

天皇賞(秋)    ◎ステファノス   ( 6番人気) 3着 3連複7,430円的中!

エリザベス女王杯  ◎パールコード   ( 5番人気) 4着

マイルチャンピオンS◎ガリバルディ   ( 9番人気) 7着

ジャパンカップ   ◎リアルスティール ( 2番人気) 5着

チャンピオンズC  ◎アスカノロマン  (10番人気) 3着 3連複11,180円的中!

阪神JF      ◎リスグラシュー  ( 2番人気) 2着

朝日杯FS     ◎サトノアレス   ( 6番人気) 1着

有馬記念      ◎アドマイヤデウス ( 9番人気)11着

穴予想といいながら、今年は結構、人気サイドの馬を本命にしておりまして・・・
まあ、ここ2、3年、あまりに予想が当たらないので、無理な穴狙いを止めたことが、今年の予想に反映しております。
本命馬の成績は[2-2-3-15]となっており、勝率9%、複勝率は31.8%ですが、馬券的中は、わずか2レースのみ・・・
当然、年間収支はマイナス・・・有馬での逆転黒字化を狙ったんですけどねえ。。。

会心の◎は、春天のカレンミロティックなのですが、予想はキタサンブラック消しで、ハズすという大失態・・・
春天さえ当てていれば、年間収支もプラスになっていただけに、今年はキタサンブラックに泣かされました。
あと、秋華賞も、ヴィヴロス抜けの予想で3連複2万馬券を取り逃す失態・・当ててれば、余裕でプラス収支だったのに・・
それと、今年は、PO馬が活躍してくれず、それが馬券にも影響しましたね。
春のクラシックでは、レッドアヴァンセとリオンディーズが不発・・・
2歳G1には、PO馬が不出走だったし、PO馬頼みの予想が出来ませんでしたわ。

来年は、大阪杯がG1に昇格し、暮れのホープフルSも現在、G1昇格申請中ということで、G1レースが増えます。
今年は、上半期のG1全敗という不名誉な結果に終わったことが痛かったので、来年は、まず上半期に1つ当てねば。
来年の目標は、まずは、年間収支プラスであり、G1予想勝ち越し、つまり23戦あるなら、12勝したいが無理か・・・
勝ち越しは無理でも、前半、後半3つづつ計6勝は、最低限の目標として、なんとか予想の精度を上げていきたいですな。

ということで、今年も、ほんま当たらん我がブログを訪問頂きまして、ありがとうございました。
来年こそは、ブログ名が、偽りとなるよう、当たりまくる予想目指して頑張りますので、引き続きよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】2歳戦終了!

2016-12-29 00:45:06 | POGその他
今年最終週となった先週は、6頭の出走がありましたが、ファンタジステラが年内に未勝利を脱出してくれました。
しかし、一番期待したグローブシアターが、ホープフルSで3着と、最低限の賞金加算も出来なかったのは残念すぎる・・
あと、今年最後の指名となったクインアマランサスが、14着大敗デビューというのも、ほんと残念・・・
最後の指名牝馬は、カデナダムール(牝 父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー 栗・矢作)を予定したのだが。
年内デビューしてくれなかったので、クインアマランサスの方を指名したが、まさかの惨敗デビューとは、トホホ・・

○デッドポイント  (シェアポイント) 17着( 2.5秒差)11・12・7
◆ファンタジステラ (通  常POG)  1着(-0.1秒差)7・8
◇ヴィルデローゼ  (地  獄モード)  2着( 0.4秒差)4・2
◆クインアマランサス(通  常POG) 14着( 1.6秒差)
◇エンドゲーム   (地  獄モード) 12着( 1.8秒差)6・4・3・1
◆グローブシアター (通  常POG)  3着( 0.4秒差)1

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

2歳戦も終了しましたので、ここで改めて、今年の我がPOG指名馬をおさらいします。
まずは、netkeibaとウマジンの一口馬主モードと競馬ラボ重複指名の通常のPOG指名馬から。
<通常POG>
◆プレスト 6着
(牡 父キングカメハメハ 母ポップコーンジャズ 栗・池江) netkeiba1頭目 競馬ラボ1頭目

◆ファンタジステラ 7・8・1着
(牡 父ダイワメジャー 母ファンジカ 栗・音無)netkeiba2頭目 一口馬主1頭目 競馬ラボ2頭目

◆マルムーティエ 3・3・4着
(牝 父ダイワメジャー 母マルティンスターク 栗・高野)netkeiba3頭目 一口馬主2頭目 競馬ラボ3頭目

◆ヴァナヘイム 1・2・2着
(牡 父キングカメハメハ 母グルヴェイグ 栗・角居)netkeiba4頭目 一口馬主3頭目 競馬ラボ4頭目
 
◆コロナシオン 1・4着
(牝 父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 栗・池添)netkeiba5頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ5頭目

◆レッドオルガ 5着
(牝 父ディープインパクト 母エリモピクシー 栗・藤原)netkeiba6頭目 一口馬主5頭目 競馬ラボ6頭目

◆グローブシアター 1・3着
(牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ 栗・角居)netkeiba7頭目 一口馬主6頭目

◆コペルニクス 4着
(牡 父ディープインパクト 母ロベルタ 栗・音無) netkeiba8頭目 競馬ラボ7頭目

◆トルネードアレイ 2・7着
(牡 父ディープインパクト 母ブルーミングアレイ 栗・藤原)netkeiba9頭目 一口馬主7頭目

◆カラル 9・7着
(牡 父ルーラーシップ 母ナスカ 栗・佐々木) 一口馬主8頭目

◆クインアマランサス 14着
(牝 父キングカメハメハ 母ヒカルアマランサス 栗・高野)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目 競馬ラボ8頭目

◆ロードアルバータ 未出走
(牡 父ディープインパクト 母レディアルバローザ 栗・角居) 一口馬主10頭目

ロードアルバータだけ、まだデビューしてないんですが、既に入厩済みなので、年明け早々にはデビューがあるはず。
勝ち上がったのは4頭ですが、2勝目を上げた馬がいませんので、2歳戦のPOGとしては、失敗に終わりました・・・
早期デビューにつられて指名したプレストが8着惨敗の後、休養に入るという、いきなりの指名失敗が痛かったな。
来年は、良血3頭ヴァナヘイム、コロナシオン、グローブシアターの成長に期待ですが、クラシックに乗ってくれるか。
あと、年内に勝ち上がれなかったレッドオルガ、コペルニクス、トルネードアレイのディープ産駒3頭の立て直しに期待。

次に、ウマジンの地獄モードの指名10頭です。
<地獄モード>
◇ジュウニンノナカマ 8・3・12・13着
(牝 父キングズベスト 母グランプリエンゼル 栗・矢作) 地獄モード1頭目

◇エンドゲーム 6・4・3・1・11着
(牡 父キングズベスト 母タイキクラリティ 栗・西園) 地獄モード2頭目

◇タスクフォース 3・1着
(牡 父ワークフォース 母ネオイリュージョン 栗・須貝) 地獄モード3頭目

◇ヴィルデローゼ 4・2・2着
(牝 父エンパイアメーカー 母ブルーメンブラット 栗・石坂) 地獄モード4頭目

◇アドマイヤローザ 2・1着
(牝 父ハービンジャー 母アドマイヤテンバ 栗・梅田) 地獄モード5頭目

◇アルテーロ 3着
(牝 父ハービンジャー 母グルーヴィクイーン 栗・庄野) 地獄モード6頭目

◇バルデス 1着
(牡 父ハービンジャー 母ディアデラノビア 美・木村) 地獄モード7頭目

◇インペリアルフィズ 7・5・8着
(牡 父ジャンブルポケット 母アプリコットフィズ 美・小島) 地獄モード8頭目

◇フラウティスタ 2・2着
(牝 父カンパニー 母バブティスタ 栗・中内田) 地獄モード9頭目

◇ラファエラ 7着
(牝 父ジャングルポケット 母カーリーエンジェル 栗・牧浦) 地獄モード10頭目

勝ち上がりは、こちらも4頭で、こちらも2勝目を上げた馬はおらず、2歳戦は残念な結果に終わりました。
期待は、地獄モード指名で唯一、デビュー勝ちを決めてくれたバルデスですが、クラシックまでは行ってほしいね。
指名に制限のある地獄モードですが、今回はちょっと、種牡馬に偏りのある指名になってしまったのはダメだったかな。
ディープブリランテ、シンボリクリスエス、タニノギムレットあたりは、指名しておきたかったが・・
地獄モードで、しっかりフランケル産駒を指名した人が、今回の勝ち組みですな。

最後にJRA-VAN NEXTのシェアポイント部門狙いの10頭です。
<シェアポイント部門> 4,517位
○シゲルクロジャガー 12・15・16着
(牡 父ナカヤマフェスタ 母プリンシプルレディ 美・伊藤) シェアポイント1頭目 指名人数15人 抹消

○シゲルラッコ 9・11・15着
(牝 父カンパニー 母エスクルシーヴァ 美・伊藤) シェアポイント2頭目 指名人数12人 抹消

○テイエムソッキュウ 6・1・3・8・6着
(牡 父ブラックタイド 母テイエムハナフブキ 栗・山内) シェアポイント3頭目 指名人数24人

○テイエムタネガシマ 9・6・7・13着
(牝 父ブラックタイド 母テイエムビックイ 栗・鈴木) シェアポイント4頭目 指名人数11人 抹消 佐賀で走ってます

○デッドポイント 11・12・7・17着
(牡 父ケイムホーム 母ソルティレージュ 栗・崎山) シェアポイント5頭目 指名人数11人

○キスミーオンアイス 17着
(牝 父ストーミングホーム 母ホリデイオンアイス 美・加藤) シェアポイント6頭目 指名人数9人

○メインスピーチ 5・9着
(牡 父バトルプラン 母テーブルスピーチ 栗・村山) シェアポイント7頭目 指名人数17人

○ブルベアライノ 5・14・8・8・8・9着
(牡 父ロージズインメイ 母ベガグレシヤス 栗・鈴木) シェアポイント8頭目 指名人数17人

○ブルベアエイプス 11・10・13着
(牡 父キンシャサノキセキ 母フェイストウショウ 栗・五十嵐) シェアポイント9頭目 指名人数12人

○クラウンハイト 14着
(牡 父エンパイアメーカー 母ヒカルリクエスト 美・但馬)シェアポイント10頭目 指名人数6人

勝ち上がりは、わずか1頭で、それも九州産ですから、もうこの先の活躍は見込めず・・・
既に登録抹消された馬も3頭もいて、もう完全に終わってしまった感じです・・・白旗。。。
シェアポイント部門は、とにかく、指名数の少ない馬を選ぶわけなので、ほんとに走る馬を指名するのが難しい。。。
でも、地味血統を選ぶにしても、やはりサンデー系の産駒を選ぶのが、いいのかもしれんな。
来年はサンデー系で固めようかな・・・と、もう今回は、諦め、来年に目がいくシェアポイント部門でございます。。。

ちなみに、現在、シェアポイント部門トップの方の稼ぎ頭は、プリサイスエンド産駒のブルベアバブーンです。
6名指名ながら、ダートで2勝して、G1の朝日杯まで出走した馬ですな。
私もブルベアの馬は、2頭も指名しているのに、この6名しか指名がなかったバブーンを見逃すとは・・・
あと、シェアポイント部門の一番の活躍馬は、30名指名で、重賞2連勝中のブレスジャーニーですわ。
ブレスジャーニーは、バトルプラン産駒ですが、母父タニノギムレット、母母母ダイナカールと母系は良血ですな。
ブルベアバブーンも母父スペシャルウィークですから、シェアポイントで狙うは、父地味で、母系にサンデーでしょうかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有馬記念16((結果))

2016-12-26 22:21:27 | 有馬記念
世相を反映するなら荒れるんじゃないのかよ・・ガチガチじゃん

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2016年12月25日(日) / 中山 2500m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 11 ○サトノダイヤモンド 牡3 55 ルメー 2:32.6 1
2[1] 1 △キタサンブラック  牡4 57 武 豊 クビ 2
3[1] 2  ゴールドアクター  牡5 57 吉田隼 1/2 3
4[2] 4 △ヤマカツエース   牡4 57 池 添 1.1/4 8
5[4] 8 ▲ミッキークイーン  牝4 55 浜 中 クビ 7
6[7] 14  シュヴァルグラン  牡4 57 福 永 1/2 5
7[8] 15  アルバート     牡5 57 戸 崎 1.1/2 10
8[3] 6 △サウンズオブアース 牡5 57 Mデム 1/2 4
9[7] 13  デニムアンドルビー 牝6 55 バルザ クビ 11
10[8] 16  マリアライト    牝5 55 蛯 名 1.1/2 6
11[5] 10 ◎アドマイヤデウス  牡5 57 岩 田 ハナ 9
12[5] 9  ヒットザターゲット 牡8 57 田 辺 3 15
13[6] 12  サトノノブレス   牡6 57 シュミ 4 13
14[2] 3  ムスカテール    牡8 57 中 谷 1/2 16
15[4] 7  マルターズアポジー 牡4 57 武士沢 1/2 12
16[3] 5  サムソンズプライド 牡6 57 横山典 3.1/2 14

払戻金 単勝 11 260円
    複勝 11 120円 / 1 120円 / 2 200円
    枠連 1-6 330円
    馬連 1-11 440円 / 馬単 11-1 770円
    3連複 1-2-11 1050円 / 3連単 11-1-2 3940円
    ワイド 1-11 200円 / 2-11 450円 / 1-2 420円

あれ?キタサンブラック包囲網はどうなったの??
今回こそは、楽に逃げられないと思ったのに。。。先行勢に厳しい展開になるはずと思ったのに・・・
確かに、マルターズアポジーは、ハナを切ってくれたけど、まったくレースに影響を与えませんでしたな。。
格下の逃げ馬が出てきても、その逃げは、無視されるだけで、むしろ、キタサンのラビット役になってたな。。
逃げ馬から離れた単独2番手追走という、実質的に、単騎のスロー逃げになったキタサンブラック。
この隊列になった時点で、キタサンの上位入賞は、確定となったし、昨年同様、先行勢決着が濃厚に・・・

しかし、この流れを察知してか、岩田アドマイヤデウスも4番手に取りつく早めの競馬で、よしと思ったけどなあ。。
勝負所の4コーナーでの馬の反応が悪く、直線でも結局、伸びずで、11着惨敗・・・・
やっぱりこの馬、G1では、足りないようですね。。。。
完全に力負けの結果ですが、昨年の走りからすると、明らかに、今回は力を出し切ってない感じなんだけど・・
+14キロの馬体増が影響したとしか思えないけどなあ。。。
前走で減った馬体を戻したとはいえ、この馬のベスト体重は、490キロ台ではないんですよ。
この馬、過去に勝った時の馬体重は、全て470キロ台以下なので、今回は太目残りが影響したんじゃないかな。
中間の追い切り後の馬体重発表で、+20キロ以上も増えていたので、イヤな予感はしていたのだが・・・
それでも、後方から何もせずに終わったような負け方じゃなかったので、岩田は最善を尽くしてくれました。
結局、岩田は、今年、中央重賞未勝利に終わってしまいましたが、来年の復活を期待したいね。

勝ったサトノダイヤモンドは、最後の最後で1番人気になり、見事、その人気に応えました。
戦前ルメールが「キタサンをマークする」とは言っていたが、まさか本当にマークするとは・・・
ノブレスを前に行かせて、その後ろで競馬をすると思っていたけど、ノブレスが案外だらしなく前半前に行けず・・
ならば、やっぱり、僕がマークするよとばかりに、ルメールは、キタサンの後ろにつける積極策。
結果、レースが前残りのスローだったので、この選択が大正解となり、最後は図ったようにクビ差だけ差し切る。
着差はわずかで、斤量差もあったけど、それでも、ダイヤモンドの完勝だったような印象でしたね。
来年は、春は国内専念で、秋は凱旋門賞が大目標ということで、かなり期待できるのではないでしょうか。
あれだけG1を勝てなかった里見さんが、今年、国内外で、G1を4勝ですから、勢いとは恐ろしいわ。

2着キタサンブラックは、あと一歩のところで涙を飲みましたが、よく頑張りましたな。
今回ばかりは、厳しい展開になると思ったが、そうならない、そうさせないのが、この馬の凄いところなのか。
結局の所、今回も、この馬がレースを支配したわけで、レースを自分で作れる強みは大きいね。
こちらも、来年、凱旋門賞への挑戦の可能性があるようで、是非、ダイヤモンドと一緒に頑張ってほしいね。

3着ゴールドアクターは、今年もよく走ったと言っていいのか。
もっと、キタサンブラックにプレッシャーをかける走りをしてほしかったが、なんか安全策な走りだったな。
今年は、先行勢には厳しい展開になると想定しての予想だったので、消しにしたが、今年も結局スロー・・
有馬はリピーターレースで、内枠有利のレースということで、まさに今年も、その傾向通りの結果。
それは、皆さんもよく分かっており、人気通りの結果となり、馬券当たった方が多い結果でもあり、良かったのか。
この馬は、昨年の有馬から日経賞、オールカマーと、中山重賞3連勝中でしたから、その馬を消しはバカでした・・

というわけで、最後にドカンと当てて、年間収支黒字化を目論んでいたものの、撃沈となりました・・
まあ、穴党にとっては、この人気通りの馬券は買えませんでしたので、諦めもつきますね。
G1レースは、まだ東京大賞典がありますけど、地方レースは基本買わないので、これで、今年終わりです。
今年の総括的なことを最後に一度、ブログ更新出来たらと思いますが、書くかどうかは微妙・・・
とにかく、やっぱり今年も、悔しい気持ちで、競馬を終えることになりました。。。残念無念!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホープフルS16((結果))

2016-12-26 22:17:54 | ホープフルS
2歳重賞3連勝ですか・・・藤沢厩舎恐るべし。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年12月25日(日) / 中山 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(特指) / オープン / 馬齢

1[2] 2 ▲レイデオロ     牡2 55 ルメー 2:01.3 1
2[7] 11  マイネルスフェーン 牡2 55 シュミ 1.1/4 8
3[4] 6 ◎グローブシアター  牡2 55 福 永 1.1/4 2
4[8] 13 △ベストリゾート   牡2 55 北村宏 1/2 6
5[4] 5  サングレーザー   牡2 55 武 豊 クビ 3
6[7] 12  メリオラ      牡2 55 蛯 名 クビ 7
7[5] 7  ビルズトレジャー  牝2 54 田中勝 アタマ 10
8[1] 1  ディアシューター  牡2 55 大 野 2.1/2 13
9[8] 14  コスモス      牡2 55 柴田大 クビ 4
10[6] 9  ショワドゥロワ   牡2 55 バルザ 1/2 14
11[3] 4  アドマイヤウイナー 牡2 55 Mデム 1/2 5
12[3] 3 ○エンドゲーム    牡2 55 戸 崎 3.1/2 9
13[5] 8  ニシノアップルパイ 牡2 55 内 田 2.1/2 11
14[6] 10  ミスディレクション 牡2 55 浜 中 大差 12

払戻金 単勝 2 150円
    複勝 2 110円 / 11 400円 / 6 150円
    枠連 2-7 1040円
    馬連 2-11 2380円 / 馬単 2-11 2670円
    3連複 2-6-11 3600円 / 3連単 2-11-6 15250円
    ワイド 2-11 750円 / 2-6 230円 / 6-11 2120円

期待したPO馬グローブシアターでしたが、現状では力負け、完敗の3着まで。。。
ここで賞金加算出来なかったのは痛いですなあ・・
直線向いた時には、一瞬、突き抜けてくれるかと思ったんですが、逆に一瞬のうちにレイデオロに突き放され・・・
懸念していた馬体重が、増えるどころか、-6キロと、減っていたのが、ダメだったかな。。。
今回は、負けたが0.4秒差だし、ひとまず、中山コース試走は成功ということで、馬体の成長を待つしかないな。
次のローテは、どうなるんでしょうねえ。。
輸送負担を考慮すれば、次は、京都のきさらぎ賞あたりかな。

勝ったレイデオロは、まったく危なげなく、強い競馬でございました。
鞍上のルメールは「2400mの距離も大丈夫」と言ってましたし、これで一躍、ダービー馬候補の1頭に。
サンデーの血を持たないキンカメ産駒ですが、これまでもアパパネやロードカナロアが活躍してるし、問題ないか。
てか、藤沢厩舎のソウルスターリングもノーサンデーだし、来年のクラシックは、ノーサンデーの血が席巻する?!

馬券のポイントは2着馬ですが、2歳重賞で穴をあけるマイネル軍団だったかあ・・・
マイネルスフェーンは、6戦目でようやく未勝利を勝ち上がったキャリア見て、軽視してしまった1頭。
今回は、鞍上シュミノーの好騎乗が光りましたね。
外枠だったが、すっと内にポジションを取り、直線でも距離ロスなしの最内を突く騎乗が素晴らしかったよ。
3着グローブシアターとの差は、まさに道中の位置取り、コース取りの差がもろに出た感じ。
福永グローブシアターは、大事に大外回す騎乗だったが、馬の人気、能力を期待してのことなら、まあ仕方ないか。

もう1頭のPO馬エンドゲームは、12着惨敗と、重賞レベルの馬じゃなかったようで・・・
まあ、ここはハズしても、次の有馬で、ガッツリ当てるぞと、意気込んでいたのだが・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有馬記念16(予想)

2016-12-24 22:27:31 | 有馬記念
日曜の中山メイン、有馬記念の予想
芝 2500M G1 定量 16頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎アドマイヤデウス

昨年も○をつけて、期待した1頭でしたが、その昨年は状態面に不安がありました。
昨年の春天時に夏負けで体調を崩し、夏場は休養するも、ぶっつけで秋天、更にJC→有馬とG1を3連戦の強気ローテ。
秋天、JCでは、外枠という枠にも泣かされて惨敗するも、最後の有馬では、0.3秒差7着と、そこそこ健闘しました。
あの馬の状態、ローテで、0.3秒差の競馬が出来たのは、やはり、中山適性が非常に高い証拠。
実際、2年前の日経賞を好時計で快勝しており、中山コース適性に疑いの余地はないはず。
とにかく、有馬記念は、馬の絶対能力、格よりも、中山適性と馬の状態(余力)が、ものをいうG1です。
その観点からすると、今年は、JCをパスして、秋天から直行の秋3戦目という余力十分のローテは、間違いなく買い。
秋2戦の走りも、京都大賞典がキタサンブラックにクビ差であり、秋天もモーリスから0.6秒差なら、悪くない走り。
有馬記念においては、東京での好走が直結しないので、秋天で、ほどよく負けたことは、実はいいことでもあるし。

あとは、今年、中央重賞勝ちのない岩田が、ここで奮起してくれるかどうかだけだ!
昨年の7着にしても、ちょうど岩田が不振に陥っていた時期での騎乗であり、岩田の不振が馬に伝わった感じ。
勝負所の4コーナーで位置取りを下げてしまった騎乗はいただけなかったからねえ。
さて、今年、内枠を引き当てたなら、岩田得意のインベタ騎乗で、一発の可能性は非常に高まったのだが・・・
10番枠という、中途半端な枠となり、つくづく「持ってない」岩田であるが、外枠じゃなかったことを良しとしよう。
でも、この枠なら、変に穴人気することもないし、内に先行馬が固まったので、その馬達の直後に付けることが可能。
マルターズアポジーが、何が何でもとハナを主張してくれたら、前は速くなり、先行勢は乱ペースに巻き込まれる。
先行勢を見る形で、中段からレースが進められたら、ハイペースに巻き込まれず、一番、理想的な競馬が出来そう。
金曜のグレイトフルSで、カフジプリンスでしっかり勝ち、同じ2500mコースで予行演習が出来たはずで、準備万端。

有馬記念は、今年1年の世相をサイン馬券として提供してくれるレース。
今年の流行語大賞は「神ってる」、そう「神」=「デウス」ということで、今年はアドマイヤデウスの激走だ!


○サトノダイヤモンド

今年の3歳牡馬はハイレベルと言われるが、マカヒキ凱旋門賞惨敗、ディーマジェスティJC惨敗と、ちょっと怪しい。
それでも、この馬が、やっぱり、今年の3歳牡馬はレベルが高かったと証明することが出来るか。
なにせ、菊花賞はとてつもなく強い競馬だったし、そこからJCをパスして、ゆとりあるここを選んだローテも好感。
不安は、唯一、連を外した皐月賞の結果から、小回りの中山コースへの適性ということになるのだが。
しかし、皐月賞は、直線で不利があったし、そもそも、ダービーを見据えた仕上げでもあり、それで、3着なら走ってる。
内回りの阪神2000mで勝っているし、小回りコースへの適性も、さほど問題ないとみる。

あとは、キタサンブラックとの力関係だけだが、今回、サトノは、サトノノブレスという刺客を送り込んでいる。
楽にキタサンを逃がさないために、恐らく、ノブレスが前にプレッシャーをかけるレースをしてくるはず。
つまり、差し馬に有利な流れを作ってくれるはずで、その恩恵をアドマイヤデウスも頂こうではないか。


▲ミッキークイーン

差し馬有利な流れになると想定すれば、この馬の出番もあるはず。
池江厩舎3頭出しの作戦は、ノブレスは捨て駒で、ノブレスを使って、ダイヤモンド、ミッキー2頭が来る演出だ。
この馬、中山は初めてだが、忘れな草賞、秋華賞と、内回りコースを勝っており、小回り適正は十分に見せている。
距離についても、オークス馬ですので、なんら問題なし。
近年、馬場の改修で、中山コースも、ディープが走るコースに変貌したし、この馬の激走は、むしろここしかないか。
鞍上は、騎乗停止明けの浜中ですし、ここは、1か月間G1レースに乗れなかった鬱憤を晴らす騎乗を見せるか。


△ヤマカツエース

有馬記念の穴馬といえば、中山実績のある馬。金鯱賞から駒を進めてきた馬。
ということで、今年該当するのは、この馬。
中山コースは、NZTと、今年の金山金杯と、2つの重賞を勝っており、中山適性については、間違いなく高い。
問題は、初距離となる2500mへの対応となるのだが。
そもそも、有馬記念は、マイラーでも好走することがあり、それほど、距離適性は問われない。
この馬自身は、血統からは、この舞台への適性は非常に高いはずでもある。
父キンカメは、その産駒であるトゥザグローリーが2年連続穴をあけています。弟トゥザワールドも穴あけてます。
母父グランワンダーも、グランプリホースで、その血を受け継ぐゴールドアクターが昨年勝ってます。
鞍上の池添は、有馬、宝塚合わせても6勝のグランプリジョッキーですから、鞍上込みで、怖い1頭。


△サウンズオブアース

有馬記念はリピーターレースですので、当然、昨年の2着馬は今年も買い。
今年も、昨年と同じローテで来ており、戦績的にも昨年が、京都大賞典2着(0.2秒差)→JC5着(0.3秒差)
今年が、京都大賞典4着(0.2秒差)→JC2着(0.4秒差)とほぼ一緒で、前走の馬体重502キロは昨年と同じ。
鞍上のミルコも昨年と同じであり、今年も、また2着はこの馬で間違いなさそうだな。


△キタサンブラック

これまでずっと軽視して、喧嘩を売ってきたので、今回も喧嘩を売りたかったが、また内枠引き当てやがって・・
しかし、今回は、マルターズアポジーという明確な逃げ馬がいるし、ゴールドアクターも隣に入った。
更には、仕事人横典サムソンズプライドの動きも気になるし、サトノのラビット、ノブレスも仕掛けてくるはず。
となれば、前走JCのような楽逃げは、到底叶わないし、先行勢には、厳しい流れになる可能性が高いのでは。
あと、前走のJCが、あまりに強い勝ち方であり、このパターンは、エピファネイアと被り、有馬では凡走の番に。
私が消すと、必ず来るので、泣く泣く押さえます。

馬券はアドマイヤデウスを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ホープフルS16(予想)

2016-12-24 01:33:21 | ホープフルS
土曜の阪神Cは、今年重賞初制覇なるか、岩田エイシンスパルタンに期待だが、馬券は買わない予定。
カフジプリンスで、有馬の予行演習は、出来たのかな?!

さて、その有馬記念の予想は、既に出来ているのだが、完全に出し惜しみで、まずは、ホープフルSの予想から。
ここは、もう完全に、PO馬の応援予想です。。。

日曜の中山9レース、ホープフルSの予想
芝 2000M G3 馬齢 14頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎グローブシアター

兄リオンディーズは、距離短縮で朝日杯に進み、その代償として、クラシックは折り合いに苦しんだ。
弟に、その轍は踏ませまいと、こちらは、距離延長ローテ、皐月賞に繋がるここを選んできました。
このレースが、G1に昇格するには、ここの勝ち馬がクラシックを取らないとね。
その役目を果たすのが、この馬ではないでしょうか。
てか、G1レース多すぎだし、この時期に、2歳G1を増やす意味が分からんが・・なら、朝日杯をG2に降格せよ。

デビュー戦は、本気出さずに楽勝したし、血統的にも、まだまだ底知れぬ強さを秘めた馬と、PO馬の贔屓目で言います。
気になる点は、馬体が430キロ台と小さいことも、その分、仕上げは早そうだし、小回りコースも柔軟に対応出来そうね。
兄達と違って、素直な気性で、レースがしやすい点はいいはず。
兄エピファネイア、リオンディーズが、中山で勝てなかったのは、まさに気性の問題からであり、弟は大丈夫だ。
あと、今回の心配としては、やはり、骨折から、早期復帰してきた福永の具合なのだが。
いきなり、復帰初戦を勝ちましたので、問題なく騎乗してくれそうで、安心しました。


○エンドゲーム

デビューから3戦の負けっぷりから、POG指名はハズレかと思ったが・・
前走は、とにかく強い競馬であり、使われて良くなるタイプなのか、距離を徐々に伸ばして、馬が良くなりました。
もしかすると、502キロでデビューしたのだが、太目で、使われて、今の体重がベストになったのかもしれんな。

キングズベスト産駒で、一見地味血統も、兄達は、2歳時から活躍しております。
1つ上クラリティスカイは、NHKマイル勝ち馬だが、中山でも皐月賞5着、京成杯AH4着と、それなりに走っている。
2つ上クラリティシチーは、このレース0.1秒差3着と好走し、スプリングS3着、ダービー卿2着と、中山適性は高い。
キングズベストは、キングマンボの直仔ですから、クロフネ産駒のスカイよりも、キンカメ産駒のシチーの近いはず。
となれば、この馬も、中山適正はありそうだし、キングズベストの代表産駒エイシンフラッシュも中山巧者ですしね。
今回は、戸崎に乗り替わり、鞍上強化していているのも、心強いし、戸崎としては、ここはルメールには負けられないぞ。


▲レイデオロ

こちらもキンカメ産駒の良血馬。
サンデーの血を持たずも、近親にディープがいる良血で、2週連続2歳G1を勝っている藤沢厩舎でもあり、手ごわい。
更に鞍上は、熾烈なリーディング争いで、トップに立つルメールとくれば、勝ち馬に一番近い存在は、この馬か。
2戦2勝の内容もいいし、前走は、今回と同じ中山2000mで勝っている点も大きく、ここで崩れることはなさそう。


△ベストリゾート

デビュー戦で、中山2000を使われ、早めの競馬から、よく粘ってのハナ2着とまずまず。
前走は東京1800でしたが、なかなか強い競馬でしたよ。
前走、東京未勝利1800は、2年前、9番人気3着ブラックバゴと一緒だし、今年はこの馬が穴っぽい。
中山2000の重賞といえば、ハービンジャー産駒ですし、血統的にも、2歳G2のここらあたりなら、3着争いに顔を出す。
乗り替わりの北村といえば、元は、キタサンブラックの主戦ジョッキー。
とくに騎乗ミスもしてないのに、昨年の有馬から降ろされてしまい、今年も複雑な気持ちで有馬を見るんでしょうなあ。
そんな鬱憤を、ここで晴らせと言っても、あんまり関係ないか・・・

馬券はグローブシアターを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】クインアマランサスがようやくデビュー!

2016-12-23 00:34:53 | POGその他
年賀状の季節となり、いざ印刷の作業も、1年ぶりのプリンターは、激しい目詰まりで、まともに印刷できず・・・・
何度クリーニングして、無駄にインクを使わせる気かよ。。。散々苦労して、ようやく宛名印刷だけ終える。
裏の印刷は、ネットからデザイン探しから始めねば。。。

先週は、わずか1頭の出走でしたが、インペリアスフィズは、3戦目でも結果出ずで、残念・・・
中山コースで、後方からの追い込み競馬は合わないな・・・

◇インペリアルフィズ(地  獄モード)  8着( 1.3秒差)7・5

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

今年最後となる最終週は3日間開催で、我がPO馬は6頭が出走。
期待は、ホープフルSに出走する2頭ですが、今年最後にようやくデビューとなったクインアマランサスにも注目。

○デッドポイント 11・12・7
(牡 父ケイムホーム 母ソルティレージュ 栗・崎山) シェアポイント5頭目 指名人数11人

土曜の阪神3レース未勝利戦(芝1400m 18頭立て)に鞍上が水口で出走。
デビューから2戦が大惨敗で、もう全く期待薄かと思ったが、前走は1.7秒差だったので、掲示板なら可能性ありか。

◆ファンタジステラ 7・8
(牡 父ダイワメジャー 母ファンジカ 栗・音無)netkeiba2頭目 一口馬主1頭目 競馬ラボ2頭目

同じく、土曜の阪神3レース未勝利戦(芝1400m 18頭立て)に鞍上がアッゼニに乗り替わりで出走。
早い時期に指名した期待の1頭でしたが、全くの期待外れ・・・
今回は3か月ぶりの出走となりますので、まずは、次走への期待が持てる走りを見せてもらいたいね。

◇ヴィルデローゼ 4・2
(牝 父エンパイアメーカー 母ブルーメンブラット 栗・石坂) 地獄モード4頭目

日曜の阪神2レース未勝利戦(芝1600m 17頭立て)に鞍上が坂井に乗り替わりで出走。
前走は、メンバー最速の上りで追い込み、0.1秒差の2着と大健闘の走りでしたので、ここは勝ち上がりに期待大。
鞍上が、新人騎手への乗り替わりで多少不安も、坂井は今年25勝を上げて頑張ってるので、しっかり乗ってくれるよね。

◆クインアマランサス
(牝 父キングカメハメハ 母ヒカルアマランサス 栗・高野)netkeiba10頭目 一口馬主9頭目 競馬ラボ8頭目

日曜の阪神5レース新馬戦(芝1600m 18頭立て)に鞍上が佐藤でデビュー。
1つ上のギモーヴも指名しましたので、この馬も迷わず指名。
近親に元指名馬カレンミロティックがいる血筋ということで、我がPOGでは欠かせない血統。
カレンミロティックはセン馬なので、来年、9歳になるけど、恐らく現役続行なんでしょうね。
ギモーヴは、土曜の阪神、クリスマス賞に3か月ぶりに出走するので、その走りに注目したいですな。
話をクインアマランサスに戻すと、このレースには、ジュエラーの全弟ハリーレガシーも出走するので、こいつが強敵。

◇エンドゲーム 6・4・3・1
(牡 父キングズベスト 母タイキクラリティ 栗・西園) 地獄モード2頭目

日曜の中山9レース、ホープフルS(芝2000m 14頭立て)に鞍上が戸崎に乗り替わりで出走。
デビューから3戦は、パッとしなかったが、前走が強い競馬でした。
恐らく、人気しないと思うので、穴あけてほしいね。

◆グローブシアター 1
(牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ 栗・角居)netkeiba7頭目 一口馬主6頭目

同じく、中山9レース、ホープフルS(芝2000m 14頭立て)に鞍上が福永で出走。
馬よりも、骨折から復帰の福永の状態が非常に心配なのだが・・・
一応、ホープフルSについては、土曜にでも予想を更新する予定です。
まあ、本命は、当然、この馬なんですけどね。

さて、日曜は、今年最後の中央G1有馬記念です。
水曜日に枠順発表がされ、キタサンブラックがまた1番枠なのを見て、ガッカリというか、マジかよと思ったり・・
JRAが、最後の締めに、また「祭り」を用意しようとしているのかと疑ってしまうが、クジの操作はないよね?!
これでキタサンブラックの1番人気は確実だと思ったら、木曜の段階では、1番人気は、サトノダイヤモンドの方でしたね。
最終的にどちらが1番人気になるかわかりませんが、キタサンは、最後のここで、人気を裏切るような気もするんですけど。
それは、単なる、穴党の願望でしょうかね・・
それにしても、昨年の上位3頭が、そろって、内枠とはズルいなあ。。。。
でも、同じく内枠に入った横典サムソンズプライドあたりが、先行勢をかき乱してほしいけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日杯FS16((結果))

2016-12-19 22:00:33 | 朝日杯FS
本命がバッチリ勝ってくれたのに、馬券は大ハズレ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年12月18日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[8] 17 ◎サトノアレス    牡2 55 四 位 1:35.4 6
2[5] 10  モンドキャンノ   牡2 55 バルザ 1/2 7
3[2] 4  ボンセルヴィーソ  牡2 55 松 山 2 12
4[7] 13 △ミスエルテ     牝2 54 川 田 アタマ 1
5[8] 18 △トラスト      牡2 55 柴田大 2 8
6[6] 11  トリリオネア    牡2 55 松 田 クビ 10
7[3] 6 ▲クリアザトラック  牡2 55 Mデム クビ 3
8[7] 15  レッドアンシェル  牡2 55 シュミ 1/2 4
9[8] 16  アメリカズカップ  牡2 55 松 若 クビ 9
10[4] 7  ビーカーリー    牝2 54 和 田 3/4 18
11[5] 9  ダイイチターミナル 牡2 55 北村友 クビ 17
12[1] 2  アシャカリアン   牡2 55 国分優 クビ 15
13[4] 8 ○ダンビュライト   牡2 55 ルメー ハナ 2
14[3] 5  タガノアシュラ   牡2 55 武 豊 1.1/4 5
15[6] 12  トーホウドミンゴ  牡2 55 池 添 クビ 14
16[2] 3 △リンクスゼロ    牡2 55 シュタ 4 13
17[1] 1  レヴァンテライオン 牡2 55 内 田 クビ 11
18[7] 14  ブルベアバブーン  牡2 55  幸  1 16

払戻金 単勝 17 1420円
複勝 17 390円 / 10 410円 / 4 910円
枠連 5-8 3140円
馬連 10-17 5980円 / 馬単 17-10 11430円
3連複 4-10-17 42820円 / 3連単 17-10-4 221200円
ワイド 10-17 1690円 / 4-17 4240円 / 4-10 4090円

4コーナーを向いた時点で、◎サトノアレスが抜群の手ごたえで外を回ってきて、これは勝てると、力が入り!
更に、スローの展開で、前に△トラスト、▲クリアザトラック、そして△ミスエルテも差してくるはずと的中予感!
これは、綺麗に馬券は頂いたと思ったんだけどなあ・・・
内の△トラストは伸びずに、逃げたボンセルヴィーソが粘り、サトノと一緒にモンドキャンノが伸びてきて・・
大ハズレじゃないかよ・・・

勝ったサノトアレスは、さすがディープ産駒の切れ味!
マイルG1でのディープ産駒の強さがまた際立った結果となりましたね。
来年は、クラシック路線を歩むと思うけど、現時点でのNHKマイルの最有力候補ね。
しかし、あれだけG1を勝てなかったサトノが、1つ勝った後、立て続けですから、これは有馬もダイヤモンドか。

2着モンドキャンノは、完全に血統で消してしまった1頭・・・
キンシャサノキセキ×バクシンオーですから、1400までの馬という世間の評価を私も鵜呑みにしてしまったなあ・・
しかし、2歳馬同士のこの時期は、距離適性よりも、現段階での馬の完成度を重視するべきなんだよなあ・・
過去に、何度も、この手の失敗を繰り返しているのに、またやらかしたわ・・・
今回なんか、低レベルのメンバー構成で、前走、G2を勝っているこの馬が、7番人気は、過小評価すぎるよね。
このメンバー相手で、今回のモンドキャンノの実績なら、2番人気になっていてもおかしくないわけで。
穴馬券の基本として、実績と人気に乖離がある馬を狙わないと。。。。また浅い血統論に溺れたわ・・・

3着ボンセルヴィーソも、前走、重賞2着の馬が、12番人気という、馬券妙味十分すぎる馬だったのに・・・
その前走のデイリー杯が、低レベルの1戦で、展開に恵まれた2着という世間の評価をこれまた鵜呑みにしました。
あと、今回は、同型馬が多数おり、逃げれないと思ったので、軽視したのだが・・・
代わって、今回、穴をあけるのは、やはり逃げ馬だと思い、今回逃げるのはリンクスゼロと判断して穴指名したが・・
戦前の陣営コメントもボンセル、タガノ、トラストは、控える競馬を示唆、逃げ宣言はリンクスゼロだけだったが。
しかし、レースでは、ボンセルが、抜群のスタートで1馬身抜けだして、あっさりハナを切ることに成功。
逃げないと結果が出ないと前走で分かったリンクスゼロとしては、何が何でもハナを奪う競馬をしてほしかったが。
逃げの指示が、鞍上のシュタルケには徹底されていなかったのか、馬自身のダッシュ力が足りなかったか。。。

馬券のポイントとしては、過去2年、二桁着順の馬が馬券になっているも、その2頭のオッズは共に二桁台(91倍、64倍)。
今回、12番人気ボンセルの単勝オッズは72倍で、13番人気リンクスゼロの単勝オッズはなんと206倍。
人気は、1つしか違わないのだが、単勝オッズには、明確に線引きがされており、買えたのは12番人気までだったのだ。

2着馬にしろ、3着馬にしろ、もう少し考えれば、買えた馬だっただけに、今回の馬券は取りたかったわ・・・
今回は、安易に、世間の評価をそのまま鵜呑みにして予想したのが、大失敗でした・・自分で考えないとね・・
さて、泣いても笑っても、中央G1は、あと有馬記念を残すのみ。
人気上位馬が安定した走りで崩れないタイプだけに、荒れる感じがしないのだが、なんとか穴馬を見つけたいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日杯FS16(予想)

2016-12-18 00:55:36 | 朝日杯FS
日曜の阪神メイン、朝日杯FSの予想
芝 1600M G1 馬齢 18頭立て

全く、買いたい馬がおりませんなあ・・・
サングレーザーが本命候補だったのに、抽選漏れとは・・
ケンしてもいいのだが、そこはG1レースですので、馬券参戦は、させて頂きます。
ミスエルテが出走していなかったら、ほんまに興味の沸かないメンツだわ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎サトノアレス

藤沢厩舎の2週連続、G1制覇に期待。
同じ阪神マイルが舞台ですから、ここでの勝ち方は熟知しているのでしょう。
ソウルスターリングを最優秀2歳牝馬にするためにも、この馬でミスエルテを負かしに来たよね。
G1の壁があったサトノ軍団も、ダイヤモンドがそれを破り、クラウンが香港でも偉業達成し、2歳G1を取っちゃうか。

馬自身も、2年前の勝ち馬ダノンプラチナと同じベゴニア賞を快勝してきたディープ産駒という共通点。
札幌デビューで2着というのも一緒だし、こちらは、更に、社台ファームということで期待値は上がる。
1800を3戦使ってから、前走の初マイルで、パフォーマンスを上げており、マイル適正はかなり高い。

乗り替わりの四位は、阪神マイルG1では、しっかり実績があるし、大一番で一発が期待できる騎手。
先週の阪神JFでも穴で期待したが、馬自身が力不足で大敗しただけで、見せ場はあったので、今回は能力を引き出す。


○ダンビュライト

今のルメールの勢いなら、今週もG1を勝っちゃうかな。
馬も、前走、現在、実績的には2歳牡馬No1のブレスジャーニーに0.2秒差2着と好走。
ルーラーシップ産駒の初重賞制覇が、G1になるか注目だし、東スポ杯上位3頭がいないこのメンバーなら勝てそう。


▲クリアザトラック

ルメールを止めるのは、やっぱりミルコか。
キャリア1戦の角居厩舎の馬に、ミルコとくれば、昨年のリオンディーズの再現を期待せずにはおれまい。
こちらは、ディープ産駒で、マイル適正は高いし、今年のメンバーなら、キャリア1戦でも十分やれる。


△リンクスゼロ

先週同様、今週もあまり荒れない気がするが、あえて1頭穴ならこれ。
阪神になって過去2年、14番人気、11番人気の馬が馬券に絡んでおり、その流れが続くのであれば、今年はこの馬。
人気薄2頭の共通点は、2走前に1400のオープン特別を勝ち、前走が重賞で負けて人気落ち。
今年、そのローテにピッタリはまるのが、この馬。
前走は、地方交流戦だったが、初ダートで、スタートに失敗して、後方の競馬で、レースに参加できず、参考外の1戦。
その前走をなかったことにして、馬柱を見れば、マイル戦でも勝っているし、普通に買える馬になりますよ。
持ち時計がまったくないが、今の阪神の芝は時計がかかっているし、土曜の競馬では前が残っており、馬場も合う。
絶好の内枠を引き当てたし、乗り替わりのシュタルケが、存在アピールの積極騎乗を見せてくれたら、一発あるぞ。


△トラスト

前走の重賞負けで、人気落ちと言えば、この馬も。
東スポ杯からのローテは、中山時代の朝日杯のベストローテの1つで、今回、東スポ杯組は、この馬のみ。
その前走は、好スタートを切りすぎて、馬が行きたがり、結局、ゴール前で止まってしまったが、それでも0.4秒差。
今回は、距離短縮が大きなプラスになりそうだし、鞍上の柴田大も、同じミスはしないはず。
この前のチャレンジCのマイネルハニーのような騎乗ができたら、普通に勝ち負けにもっていけそうかな。


△ミスエルテ

1週後のローテ、1キロもらえる斤量よりも、相手関係で、こっちを選んだか。
それほど、今年のメンバーはしょぼいと思うので、牝馬のこの馬で、十分勝負になるし、圧勝までありえそう。
ただ、前走負かした相手もしょぼかったので、この馬のほんとの実力は、まだ分からん。
でも、フランケル産駒の怪物ぶりは、先週、思い知らされたので、買わないわけには、いかないよね。。。

馬券はサトノアレスを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】朝日杯FSへの出走はゼロ・・・

2016-12-15 23:39:27 | POGその他
先週は5頭の出走があったのだが、勝ち上がりは、タスクフォースの1頭のみ。
休み明けでしたが、危なげない競馬で、見事、1番人気に応える快勝でした。

一番期待していたトルネードアレイが、まさかの大惨敗で大ショック・・・
勝った馬が、最速の上りで36.0という特異なレースとなったことが敗因なのか??
トルネードアレイの上りは、なんと39.1・・・上りの差が着差になったわけですが、どうしちゃったんでしょうか。。

デビュー勝ちを期待したラファエラは、好位からの競馬でいい感じでしたが、勝負所で置かれてしまい・・
結局、直線も弾けずの6着ということで、せめて、掲示板は死守してもらいたかったね。。

そして、ドンジリ大敗したシゲルクロジャガーは、登録抹消に・・・

○シゲルクロジャガー(シェアポイント) 16着( 6.5秒差)12・15 抹消
◇ラファエラ    (地  獄モード)  6着( 0.6秒差)
◇タスクフォース  (地  獄モード)  1着(-0.3秒差)3
◆トルネードアレイ (通  常POG)  7着( 3.0秒差)2
○ブルベアライノ  (シェアポイント) 11着( 1.0秒差)5・14・8・8・8

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

今週は、わずか1頭の出走・・・
今年も残すところ、あとわずかとなり、PO馬の出走ラッシュを期待していたのに・・・
最終週が、3日間開催となるので、そこでの出走ラッシュに期待するしかないか。。。
まあ、来週は、重賞ホープフルSにグローブシアターが出走を予定しているので、もう楽しみで仕方ないわい。
しかし、先週の阪神JFに続き、今週の朝日杯FSも、我がPO馬の出走はなしということで、残念すぎます。。
予想にも、まったく力は入りませんが、なんか、これといった馬も見当たらず・・・
この牡馬メンバーなら、ミルエルテが圧勝してもおかしくないのかな。。。

◇インペリアルフィズ 7・5
(牡 父ジャンブルポケット 母アプリコットフィズ 美・小島) 地獄モード8頭目

日曜の中山4レース未勝利戦(芝2000m 18頭立て)に鞍上が江田に乗り替わりで出走。
中2週での出走となりますが、前走の田辺から江田に乗り替わりは、マイナス材料かな。。。
今回は、フルゲートの18頭立てだし、勝ち上がるには、厳しいそうだな。
東京で2戦して、結果出ずでしたので、中山替わりで、馬が変わってくれるか、注目します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神JF16((結果))

2016-12-12 21:44:33 | 阪神JF
怪物の娘は怪物でした・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年12月11日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[1] 2 △ソウルスターリング 牝2 54 ルメー 1:34.0 1
2[8] 18 ◎リスグラシュー   牝2 54 戸 崎 1.1/4 2
3[2] 4 △レーヌミノル    牝2 54 蛯 名 1.3/4 3
4[1] 1 ▲ディーパワンサ   牝2 54 シュタ 2 5
5[8] 17  ヴゼットジョリー  牝2 54 和 田 1/2 6
6[7] 13  ゴールドケープ   牝2 54 丸 山 クビ 14
7[4] 8  サトノアリシア   牝2 54 池 添 1/2 7
8[6] 12  アリンナ      牝2 54 田 辺 ハナ 8
9[7] 15  フェルトベルク   牝2 54 川 島 1.3/4 18
10[7] 14  スズカゼ      牝2 54 松 田 1/2 17
11[6] 11  ジューヌエコール  牝2 54 バルザ 3/4 4
12[4] 7  ブラックオニキス  牝2 54 城 戸 1/2 13
13[3] 6  ショーウェイ    牝2 54 松 若 1.1/4 10
14[8] 16  シグルーン     牝2 54 藤岡康 1/2 9
15[5] 10  クインズサリナ   牝2 54 シュミ 7 12
16[5] 9 ○ジャストザマリン  牝2 54 四 位 1.1/4 11
17[3] 5  ポンポン      牝2 54 嘉 藤 クビ 15
18[2] 3  エムオービーナス  牝2 54 木幡也 7 16

払戻金 単勝 2 280円
    複勝 2 120円 / 18 120円 / 4 170円
    枠連 1-8 300円
    馬連 2-18 510円 / 馬単 2-18 900円
    3連複 2-4-18 1210円 / 3連単 2-18-4 4250円
    ワイド 2-18 240円 / 2-4 430円 / 4-18 350円

予想的には、人気上位5頭の競馬で、穴馬の出番はないだろうと思いつつ、無理やり1頭、穴馬を選び・・
勝つ馬を当てるという予想で、ソウルスターリングではなく、リスグラシューを選び、ハズしました・・
馬券は、当初の3連複、馬連から、リスグラシュー頭固定の3連単、馬単に切り替えて、失敗・・・
元々、穴予想ですので、今回の人気通りの決着馬券は、当たらなくて、仕方なし。
しかし、よく分からない2歳重賞において、1、2、3番人気という人気通りの決着になるとは、想像出来ず。。

勝ったソウルスターリングは、初の関西遠征も、初マイルも関係なしの、強い競馬でした。
初のフルゲートでの競馬でもあり、内枠で揉まれてどうかとも思ってましたが、実にスムーズな競馬。
まったくロスのない騎乗をしたルメールも素晴らしいですが、その騎乗に応えた馬自身の能力も相当なものか。

これで、朝日杯も、同じフランケル産駒のミスエルテが、牝馬ながらに1番人気になるのは、確定ですな。
競馬ファンとしては、ミスエルテも無敗のまま、来年のクラシックの舞台で無敗の女王対決が見てみたいよね。
もし、ミスエルテが、朝日杯を勝てば、最優秀2歳牝馬は、重賞2つ勝ったことになるミスエルテの方になるのか。
そうなれば、阪神JFを勝ちながら、最優秀2歳牝馬に選ばれないという史上初の事態になってしまうね。

2着リスグラシューは、スタートの出遅れが痛かったが、それが無ければ、差し切れていたのかは、分かりません。。
それでも、勝った馬とは、内と外で、走った距離差はあったし、上りはメンバー最速であり、高い能力は見せた。
ハーツクライ産駒でもあるので、桜花賞からオークスまで期待できますので、矢作厩舎へ牝馬初G1制覇を。
私が、馬単、3連単で、勝負したばっかりに、2着に負けてしまったのかもしれませんね。。。。トホホ・・

3着レーヌミノルは、小倉2歳S、京王杯のパフォーマンスから、これぐらい走って当然の結果ね。
ただ、今回は、相手2頭が強かったということね。
毎年、後にスプリンターになる馬が、ここで好走しますので、今年は、この馬が、後のスプリンターになるのでは。

今回予想するにあたって、穴馬を探す根拠として、過去の傾向を重視しました。
①前走、1200mを使っている馬はダメ。
②前走、掲示板を外している馬はダメ。
③前走、0.6秒差以上負けている馬はダメ。
④中1週のローテは、ダメ。

以上の4つの来ない馬ポイントを踏まえると、
穴人気していたサトノアリシアは、②と③に該当して、買ってはいけない馬に。
アルテミスS3着のシグルーンにしても、前走0.7秒差で、③に該当し、アウトなのだ。
よって、今回、穴馬として選んだのが新馬勝ち直後のキャリア1戦馬ジャストザマリンでした。
しかし、過去10年の傾向では、キャリア1戦馬の前走は、みんな1600mだったんですよね。
キャリア1戦で、G1で好走するには、やはり、距離実績がないとダメというわけです。
それは、分かっていたのだが、他に穴馬として期待出来そうな馬がおらず、前走1400だったが、無理やりに・・

ということで、阪神JFの来ない馬ポイントは、今年も継続されたので、来年も使ってみましょう。

さて、今年もG1レースは、残すところあと2つになってしまいました。
阪神JFが、ガチガチの決着となり、なんか、この傾向は、朝日杯、有馬記念まで続きそうな予感が・・・
特に、有馬記念は、上位人気の馬が、中山を苦手とはしていないので、荒れそうな気配がないよねえ。
となると、穴党の出番があるとすれば、次の朝日杯ということに。
ミスエルテを負かす、穴馬を探りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加