susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

チャンピオンズC16((結果))★

2016-12-05 22:42:45 | ジャパンカップダート
決して、サイン馬券で、当てたわけではありません。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年12月4日(日) / 中京 1800m ダート・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[5] 8 △サウンドトゥルー  セ6 57 大 野 1:50.1 6
2[2] 2 ○アウォーディー   牡6 57 武 豊 クビ 1
3[3] 4 ◎アスカノロマン   牡5 57 和 田 1/2 10
4[1] 1  カフジテイク    牡4 57 津 村 クビ 11
5[8] 14  アポロケンタッキー 牡4 57 松 若 1.1/4 7
6[5] 9  ノンコノユメ    セ4 57 ムーア クビ 4
7[8] 15 △モーニン      牡4 57 戸 崎 3/4 5
8[3] 5 ▲ロワジャルダン   牡5 57 横山典 ハナ 9
9[4] 7  ラニ        牡3 56 内 田 ハナ 8
10[4] 6  モンドクラッセ   牡5 57 丸 山 クビ 12
11[6] 10  メイショウスミトモ 牡5 57 古 川 2.1/2 14
12[7] 12 △ゴールドドリーム  牡3 56 Mデム 1.3/4 2
13[6] 11  コパノリッキー   牡6 57 ルメー 1.1/2 3
14[7] 13  ブライトアイディア 牡6 57  幸 1/2 15
15[2] 3  ブライトライン   牡7 57 田 辺 8 13

払戻金 単勝 8 1590円
複勝 8 250円 / 2 130円 / 4 650円
枠連 2-5 520円
馬連 2-8 1390円 / 馬単 8-2 4800円
3連複 2-4-8 11180円 / 3連単 8-2-4 85980円
ワイド 2-8 490円 / 4-8 3420円 / 2-4 1530円

今年もあとわずかとなった12月になって、今年初めての万馬券的中となりました・・・遅いよ。。。
でもでも、当たってよかったよ。
まだ、上期の全敗借金の完済とはいきませんが、年間収支黒字化の可能性も少し見えてきましたね。

本命アスカノロマンは、前走が太目残りでしたが、今回はマイナス10キロと、しっかり絞ってきました。
馬体重確認前に馬券を買ってしまっており、馬体重確認後に、もう少し馬券買い足せばよかったな。。
レースは、好スタートから、ハナを切る勢いでしたが、モンドグラッセを先に行かせて2番手を確保。
レース後、和田は「1コーナーでハナを取っていれば。僕の騎乗ミス」と負けた原因を自らの騎乗ミスとしたが。
いえいえ、理想的な位置取りで、東海Sの再現を想定すれば、あの騎乗は間違ってなかったと思うが。
ゴール前はさすがにバテて、アスカは捕まってしまったが、なんとか3着を確保してくれて、ほんとにありがとう!
やはり、このレースは、コース実績がものを言うレースでしたね。

勝ったサウンドトゥルーは、昨年は、直線の進路取りミスで、ロスの多い競馬で3着と、まともなら勝っていた馬。
今年も昨年に続く、後方待機策でしたが、今年は、うまく進路も空いて、ロスなく、外から豪快に差し切りました。
この馬も中京実績ありの1頭でしたし、昨年のレースを何度も見てれば、普通に買いの1頭でしたね。
ただ、ダートで追い込み脚質の馬は、本命にはしづらいので、評価を下げてしまいましたが、消さなくてよかった。
交流重賞では、アウォーディーに2連敗中でしたが、この馬は、やはり、広い中央場所で、力を発揮する馬。

今回は、先行馬潰しの為に送り込まれたノースヒルズ第3の馬ブライトラインのアシストで、展開も味方したね。
アウォーディーの為に送り込まれたブライトラインが、結果的にサウンドトゥルーに味方するとは皮肉ですな。
今回の展開なら、アスカノロマンも潰れて、3着には漁夫の利でカフジテイクが突っ込む結末だったはずだが・・
そうならないのが、競馬の難しいところで、私の先行馬有利という予想が外れたのに、馬券は当たるという不思議。
基本、ダートは、やはり先行馬が有利なんですよね。

2着アウォーディーは、連勝が止まってしまったが、力は見せました。
予想したよりも、位置取りは、前目の中段からの競馬でしたが、とにかく、道中の手ごたえが悪かったね。
3コーナーあたりの手ごたえを見てたら、これは掲示板もないかと思いましたが、直線はしっかり伸びましたね。
ただ、やはり、いつもの行きっぷりがなかった分だけ、ゴール前差されてしまいましたね。
年末の大井の東京大賞典で、再び、サウンドトゥルーと戦うことになりますから、リベンジを期待したいですね。

で、馬券は、アウォーディーとの馬連1点を分厚く買っていたので、それが当たっていれば文句なしだったが・・
まあ、贅沢言ってはいけません、クビ差で3着に残ってくれて3連複が当たりましたので、良しとしましょう。
この流れで、G1残り3つ全部当てるつもりで、頑張りますよ。
幸い、阪神JFも朝日杯も、PO馬の出走がないので、しがらみなく、フラットな目で予想が出来そうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チャンピオンズC16(予想)

2016-12-04 01:33:29 | ジャパンカップダート
日曜の中京メイン、チャンピオンズCの予想
ダート 1800M G1 定量 15頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

ホッコータルマエ、タガノトネールという強力先行馬2頭の不出走の恩恵は、当然、先行馬ということで、狙いは

◎アスカノロマン

前走みやこSが14着惨敗で、人気を下げているが、敗因ははっきりしている。
プラス10キロで過去最高の532キロという太目残りの馬体に加えて、直線で、挟まれる大きな不利。
あの不利で、完全に馬が走る気をなくしての惨敗であり、普通にノーカウントの一戦とみていい。
この馬、過去にも、途中で、走る気をなくしての大惨敗の実績があるだけに、二桁着順は気にしなくていいのだ。
馬体重についても、中間の調教後で530キロとなっており、当日輸送で、520キロ台で挑めるはず。

中京になってから、まだ2回しかやってないが、馬券になった6頭の傾向としては、コース実績ないし左回り実績が大事。
サンビスタは前年4着の実績で、サウンドトゥルー、ナムラビクター、ローマンレジェンドは中京1800勝ちあり。
ノンコノユメ、ホッコータルマエにしても、左回りの東京ダート重賞での実績がありました。
ということで、今年の東海Sを2馬身差の圧勝で勝っている実績は大きい。
更に、アンタレスSでは、アウォーディーより1キロ背負って0.1秒差の競馬ですから、普通に強い馬です。
実際、G1フェブラリーSでも3着と好走しているし、平安Sでは5馬身差の圧勝劇を見せている。
前走の惨敗と地方戦での惨敗によって人気が下がっているなら、完全に人気の盲点というか、美味しい人気だ。

枠順の絶好の内枠を引き当て、すんなり前に行けそうだし、逃げるモンドグラッセを見る競馬で東海Sの再現だ。
重賞で結果を残していた太宰から非情にも、前走から和田への乗り替わりもG1取りに向けての思惑がありそうで。
和田なら、大舞台での積極的な騎乗が期待でき、ワンダーアキュートで果たせなかった中央G1勝ちをこの馬で。


○アウォーディー

ジャンポケ×サンデーという完全な芝血統の馬がダート転向で破竹の6連勝とはビックリ。
ここも、普通に勝ってしまう可能性は高いのだが、初の中央G1挑戦だし、内枠で揉まれた時が、ちょっと不安。
更に、中央の左回りダートも初めてというのも、ちょっと嫌な材料だが、重箱の隅をつつく感じで、やっぱりこの馬かな。


▲ロワジャルダン

前年の4着馬で、今年のフェブラリーSが0.3秒差は、昨年のサンビスタと被る実績。
更に、前走、みやこS3着と好走しているのに、人気が上がらないのは、2年前のナムラビクラーと一緒。
今回、浜中が騎乗停止で、横典に乗り替わりだが、横典は、この馬で勝っているし、フェブラリーSでも乗っている。
浜中が乗ると、後ろからの競馬になるが、横典が乗ると好位から競馬をしてくれるので、今回は、横典で合っているぞ。


△モーニン

前走は59キロの斤量に加えて、終始、馬込みの競馬でストレスがかかり。
直線でも挟まれる不利もあっての惨敗で、こちらもノーカウントの1戦でいいでしょう。
そういう意味で、今回の大外枠はプラスになりそうだし、フェブラリーS勝ち馬として、普通に巻き返してくるはず。


△サウンドトゥルー

昨年は、後方待機から内を突く作戦が裏目で、結局、外に出す大きなロス。
そこから、メンバー最速の上りで3着に突っ込んできており、最初から外を回せば、差し切っていたレース。
この末脚は、中央コースでこそであり、今年ずっと地方で勝てなかったのは仕方ない。
ただ今年は展開が向かないと見ているので、軽視すべき1頭なのだが、それでも3着には突っ込んできそうで。


△ゴールドドリーム

最後の1頭はミルコかルメールで迷ったが、昨年勝ってるミルコに期待。
ここまで3着を外していない堅実な走りを見せており、叩き2走目の上積みも期待できそうで、怖い1頭。

馬券はアスカノロマンを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (4)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】今週は寂しく1頭のみ

2016-12-01 23:53:08 | POGその他
先週は4頭の出走がありましたが、期待したヴァナヘイムが、またしても2着と勝てず、残念無念でした・・
フラウティスタの勝ち上がりにも期待したのだが、こちらも惜しくも2着惜敗。
メインスピーチは、久々の出走で、惨敗も仕方ないが、やっはりダートより芝の方がいいのでは。
インペリアルフィズは、デビュー戦が酷かったが、今回は、それなりに走ってくれたので、次走の勝ち上がりに期待。

○メインスピーチ  (シェアポイント)  9着( 5.0秒差)
◇フラウティスタ  (地  獄モード)  2着( 0.1秒差)
◆ヴァナヘイム   (通  常POG)  2着( 0.2秒差)
◇インペリアルフィズ(地  獄モード)  5着( 0.7秒差)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

今週は、わずか1頭の出走と寂しいです・・

◆カラル 9
(牡 父ルーラーシップ 母ナスカ 栗・佐々木) 一口馬主9頭目

日曜の阪神3レース未勝利戦(芝1800m 17頭立て)に鞍上が佐藤で出走。
中1週で、鞍上も前走に続き、地方騎手の佐藤で挑んできました。
その前走が9着と案外の結果だったので、距離を変更してくると思ったが、同じ距離を選んできました。
京都から阪神へのコース変わりで、馬も変わってくれることを期待しましょうかね。

日曜のチャンピオンズCは、まず、タガノトネールの安楽死と、ホッコータルマエの引退が残念すぎる・・
2頭とも、チャンピオンズCでは、消しの方向で考えていたけど、元気に出走してきてほしかった。。。
タガノトネールは、調教中に骨折してしまい、予後不良との判断で、ほんとに残念な知らせでしたね。
競走馬に骨折はつきものですが、引退どころか、死に繋がることもあり、いつも思いますが、この知らせは辛い・・
まあ、そうは言っても、競馬は続けますが、ちょっと今回、予想するのにテンションが下がってます。。。。
なんか、適当な予想になりそう・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンC16((結果))

2016-11-30 00:28:46 | ジャパンカップ
完敗・・・そして、あっぱれキタンサブラック!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2016年11月27日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 小雨・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 1  キタサンブラック  牡4 57 武 豊 2:26.3 1
2[6] 12 ○サウンズオブアース 牡5 57 Mデム 2.1/2 5
3[8] 17 △シュヴァルグラン  牡4 57 福 永 クビ 6
4[2] 3  ゴールドアクター  牡5 57 吉田隼 1/2 3
5[8] 16 ◎リアルスティール  牡4 57 ムーア クビ 2
6[7] 14  レインボーライン  牡3 55 ルメー クビ 8
7[3] 5  イキートス     牡4 57 ファー ハナ 16
8[4] 7  ワンアンドオンリー 牡5 57 田 辺 1 14
9[2] 4  ルージュバック   牝4 55 戸 崎 1 7
10[3] 6 ▲ラストインパクト  牡6 57 川 田 3/4 13
11[5] 10  トーセンバジル   牡4 57 内 田 クビ 12
12[8] 15  ナイトフラワー   牝4 55 シュタ アタマ 9
13[5] 9 △ディーマジェスティ 牡3 55 蛯 名 3/4 4
14[4] 8  イラプト      牡4 57 ブドー クビ 10
15[7] 13  ヒットザターゲット 牡8 57 小 牧 1/2 17
16[1] 2 △ビッシュ      牝3 53  幸  アタマ 11
17[6] 11  フェイムゲーム   セ6 57 北村宏 クビ 15

払戻金 単勝 1 380円
    複勝 1 150円 / 12 290円 / 17 330円
    枠連 1-6 2340円
    馬連 1-12 2570円 / 馬単 1-12 3990円
    3連複 1-12-17 8050円 / 3連単 1-12-17 36260円
    ワイド 1-12 910円 / 1-17 930円 / 12-17 2070円

これまで散々、キタサンブラックには喧嘩を売り、ことごとくやられてきたが、今回こそはと思ったのだが・・
見事に返り討ち・・・またしても、やられてしまいました・・・
もう、キタサンブラックについては、あっぱれ、お見事、強い!と言うしかないですな。。。白旗です・・・
完全に、馬を見る目がありませんでした・・・この馬をずっと評価してこなかったことで、ずっと痛い目見てます・・
もう、有馬記念では逆らうことは出来ませんね。。。この馬の消し時は、ないということか・・

しかし、1番人気の逃げ馬なのに、なんで、みんな、楽に逃がしてしまうでしょうか??
鞍上が、武豊だからなのでしょうか?
確かにスローの単騎逃げが、濃厚なメンバー構成ではあったが、2番手以降は、プレッシャーをかけないと・・
その役目は、ゴールドアクターがやってくれると期待したが、自身も勝ちたいから無理に競り掛けないわなあ。。
で、結局、2番手がダービー馬の面影もないワンアンドオンリーでは、その役目は果たしてくれないね・・
しかし、プレッシャーをかけられない2番手なら、そのポジションは、リアルスティールに譲れよ。。
今回、驚いたことに、リアル陣営の作戦は、先行策だったようで・・
ムーアは思い切って、キタサンの後ろを取りに行こうとしたが、先にワンアンドオンリーに入らてしまう。
結果、前に馬を置けず、掛かってしまうという、先行策が完全に裏目に出ることに。
結果的には、安田記念とほぼ同じような負け方になってしまいましたね。。
リアルスティールは、距離うんぬんより、道中、しっかり脚を貯めれないと、弾けないタイプなんだわね。
でも、ムーアは、ドバイで、好位からの競馬で、この馬を勝たせた実績があったので、今回の作戦は仕方ないか・・
次走については、有馬に出走の可能性も残されているが、来年のドバイが目標なら、これで年内最終かな。
でも、ドバイの連覇よりは、国内G1を勝ってほしいわ。
有馬記念は別にしても、個人的には、新設G1である大阪杯を目標にしてほしいなあ。。

2着はお約束、定位置のサウンズオブアースが突っ込んできました。
馬券的には、大一番に強いミルコでもある、この馬から行くのが正解でしたね。
有馬記念も、2着大有力の1頭ですな。

3着シュヴァルグランも、力つけてますねえ。
この馬も、有馬で有力の1頭ということで、結局、4着ゴールドアクターと合わせて、上位4頭全て有馬で有力です。
この4頭VSサトノダイヤモンドという図式になりそうな今年の有馬記念。
しかし、ハイレベルと言われた3歳馬のレベルが怪しくなってきたぞ。
マカヒキの凱旋門賞惨敗から、ロードクエスト、今回のディーマジェスティ、レインボーラインも完敗。
今年の3歳馬のレベルは、実はたいしたことないのか、それともサトノダイヤモンド1頭だけが強いのか?!
今から有馬記念が楽しみですね。

しかし、また馬券が当たらないよ・・・
次は、ダートG1で、あまり力が入らないが、アウォーディーの相手探しでいいでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都2歳S16((結果))

2016-11-30 00:25:47 | 京都2歳S
またも完敗の2着かあ・・・馬券もハズレ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年11月26日(土) / 京都 2000m 芝・右 内 / 曇・良
サラ系2歳 / (国際)(特指) / オープン / 馬齢

1[3] 3  カデナ       牡2 55 福 永 2:02.6 3
2[8] 9 ◎ヴァナヘイム    牡2 55 シュタ 1.1/4 1
3[8] 10 ▲ベストアプローチ  牡2 55 川 田 1.1/4 6
4[5] 5  ワンダープチュック 牡2 55 武 豊 3/4 8
5[4] 4  ソーグリッタリング 牡2 55 Mデム アタマ 7
6[7] 8 ○プラチナヴォイス  牡2 55 和 田 クビ 2
7[6] 6  マイネルザウバア  牡2 55 アッゼ 3 9
8[2] 2  ダノンディスタンス 牡2 55 ルメー 1/2 4
9[1] 1  エーティーラッセン 牡2 55 四 位 1.1/4 10
10[7] 7  アダムバローズ   牡2 55 藤岡康 1 5

払戻金 単勝 3 380円
    複勝 3 150円 / 9 130円 / 10 220円
    枠連 3-8 490円
    馬連 3-9 670円 / 馬単 3-9 1360円
    3連複 3-9-10 2360円 / 3連単 3-9-10 7450円
    ワイド 3-9 270円 / 3-10 790円 / 9-10 760円

ヴァナヘイム、萩Sのリベンジは果たすものの、またしても完敗の2着とは・・・
内回りコースとしては、早め抜け出しのレースは正解だったと思うが、相手の切れ味が一枚上でした。。
直線では、右に寄れて、プラチナヴォイスの進路を塞ぐ粗相も見せてしまい、まだ若さのある走り。
2連敗で、大物感は薄らいでしまったが、2着で賞金加算が出来、クラシックへ向けて、ローテは組み易くなったね。
今回、一応の機動力は見せれたので、中山の皐月賞は、十分な適性があるのでは。。。とPO馬の贔屓目で。。

勝ったカデナは、今回、3番人気だったので、1、2番人気を軸にした以上、買えなかった・・・
前走、直線で前が開かず、追い出し遅れ、最速の上りも脚を余しての2着。
そして、今回は、その自慢の末脚を存分に披露し、またも最速の上りで完勝の強さ。
内回りコースでも、やっぱり京都では強いディープ産駒ということね。
母父がフレンティデピュティで、マカヒキと同じ配合であり、一躍、ダービー馬候補の1頭に名を連ねたかな。

PO馬が出走して、そのPO馬が2着に来ているんだから、馬券は当てたかったね。
しかし、堅いと思っても、1点買いというのは当たらんねえ・・・・
気が付けば、連敗地獄にはまり込んでおるぞ。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンC16(予想)

2016-11-27 00:35:26 | ジャパンカップ
土曜の京都2歳Sは、PO馬ヴァナヘイムは負けるは、馬券はハズすはで、散々でした・・
この借りは、元PO馬に返してもらいましょうか。

日曜の東京メイン、ジャパンCの予想
芝 2400M G1 定量 17頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

ジャパンカップの最適ローテは、秋天であることは、ご存じのとおり。
今年は、わずか2頭しか秋天組が出走しておらず、もう迷わずの本命です。
ルージュバックをここで狙うのは、なんか罠のような気がする・・・

◎リアルスティール

この馬の適距離は1800~2000mでしょうが、前走、ちゃんと折り合えたことで、この距離でも問題なし。
てか、東京2400mは、ディープ産駒の得意舞台でもあり、この馬自身、菊花賞2着馬だし、距離不安はないのだ。
同じ舞台のダービーでは4着と敗れたものの、レース中に骨折したことが影響したものであり、力負けではない。
同期ライバルのキタサンブラックとは、これまで2勝2敗。
まあ、2勝と言っても、そのレースを勝ってはいないので、威張れるものではないが、負けた2戦はタイム差なしだ。
いずれも、展開の恩恵を受けやすい中山、京都コースでのもので、キタサンに展開利があってのもの。
東京コースならば、こちらの方が上であると、元PO馬の贔屓目抜きにしても、断言できる。(根拠薄いが・・)

今回は、世界のムーアが再び騎乗ということで、ドバイの再現を期待しましょう。
結果的に、毎日王冠を回避したことで、ここへの余力は十分であり、有馬は眼中にないなら、ここがメイチ。
元PO馬で、福永から外国人騎手への乗り替わりで覚醒は、エピファネイアを彷彿としますので、あのJCの再現だ。
外枠、雪による馬場悪化と、不安要素もあるものの、本当に強い馬は、枠も馬場も気にしないはず。
今のリアルスティールならば、全てを克服して、待望の国内G1制覇をやってくれるはずね!


○サウンズオブアース

現役最強の重賞未勝利馬、いや最強2勝馬というべきか。
ここも勝つイメージはないけど、今年のメンバーなら、十分に2着は狙えるぞ。
前走は、休み明けで状態一息、レース展開も前有利の中、後方から脚を伸ばすも、届かず0.2秒差なら悪くない。
昨年のこのレースは、1コーナーで他馬と接触する不利がありながら、直線では見せ場十分の走りを見せる。
結果、0.3秒差の5着と健闘しており、この舞台がダメというわけでもない。
状態も、前走を叩かれ、今回は、過去最高のデキと陣営も自信のコメントを出しているし、期待が持てそう。
鞍上が大一番に強いミルコであり、そこが何より心強い。
このレース、9番人気だったスクリーンヒーローで勝っているし、ダービージョッキーであり、この舞台を熟知している。
JCは、スクリーンヒーロー以来、好走実績がないが、逆にそろそろ、再びJCでミルコという気がしまっせ。


▲ラストインパクト

昨年は名手ムーアの好騎乗のおかげの2着激走ともいえるが、今年は、角居厩舎の力で。
今年、角居厩舎に転厩されてから、結果が出ていないものの、そろそろ、新厩舎にも慣れてくるころ。
そして、何より、角居厩舎と言えば、JCなのだ。
これまで、9年JCに参加して、なんと8年馬券になっているJCで好走するすべを知っている厩舎なのだ。
馬自身、6歳となり衰えも心配されるが、前走は、休み明けで、終始、掛かりながらの競馬で、直線でガス欠も仕方なし。
それでも、直線向いた時には、この馬があっさり勝ちそうな走りだったし、結果0.6秒差なら悪くないでしょう。
この馬は、叩かれて変わる馬だし、昨年は人気の盲点になったが、今年は、盲点どころか、人気急落で馬券妙味は十分。

JCは、ここ10年を見ても、何気に、外国人騎手のワンツーはないのだ。
ならば、ムーアが勝つなら、2着は、日本人騎手と考えれば、川田鞍上のこの馬はありえる。
川田は、日曜は、この馬だけのために、東京に乗りに来るので、まさに1鞍入魂の騎乗が見れそう。
先週、1番人気馬で、大きな不利を受けて鬱憤溜まった川田が、ここで、それを晴らしてくれる。


△ディーマジェスティ

日本騎手といえば、この馬も。
今年の3歳はレベルが高いと言われている中での3歳3強の1頭ですから、当然、勝負になるでしょう。
前走は、初の関西遠征ということもあり、本来の力が出し切れなかった部分もあり、実績ある東京なら、G1馬の力発揮。
この舞台は、ダービーで3着だったが、上位2頭とは、ほとんど差のない競馬であり、その2頭がいないここなら。
過去10年、3歳牡馬で馬券になったのは、4頭いるが、4頭の共通点は、ダービー3着内の実績。
って、書いたけど、ここに出走してくる3歳牡馬って、ほとんど、ダービー好走馬ばかりなので、あまり意味ないか・・
ダービー出走、3着内の実績は、3歳牡馬の、ここで好走する必要最低条件と言ったところか。
そういう意味では、レインボーラインは、鞍上ルメールでも来ないはず。。
とにかく、3歳牡馬のディープ産駒のJC出走は、初めてですが、牝馬が結果出してるし、牡馬もきっと大丈夫ね。


△シュヴァルグラン

リアル降ろされた福永が、この馬で奮起しちゃいそうか。
そういや、エピファネイアが福永からスミヨンに乗り替わって勝った時の2着は福永騎乗のジャスタウェイでしたね。
今年も、福永、意地の2着がありそうな気がするぞ。
馬自身も、前走、休み明け、初の東京、58キロという課題をあっさりクリアーして、ここへ向けて上積みもあり。
2400mの距離も[3-1-0-0]と最も得意とする距離だけに、G1のここでも十分勝ち負けできる。
大外枠に入ったことで、人気も下げ気味になっており、馬券妙味もありで、普通に買いの1頭。


△ビッシュ

JCは、軽量の恩恵が活きるのか、とにかく牝馬が走る。
過去、G1未勝利のデニムアンドルビーでも馬券になったので、実績不足のこの馬でも53キロを生かせればチャンスある。
デニムとの共通点は、オークス3着に、なんと言ってもディープ産駒。
前走は、初の関西遠征で、まったく力を出せず。
ディーマジェスティと同じく、東京ならば、本来の力を発揮できるはず。
オークスは早め先頭の強気の競馬で、0.1秒差の3着と強い内容。
不安は、410キロ台の小さな馬体と、幸への乗り替わりだが、まあそれで人気も急落ですから、大穴ならこの馬。

馬券はリアルスティールを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

京都2歳S16(予想)

2016-11-25 23:35:34 | 京都2歳S
ヌーヴォレコルトが、アメリカの重賞を制覇したという知らせ。
何より、鞍上が岩田で勝ったのが、嬉しいですね。
昨年の香港C2着は、鞍上ムーアでした。
帰国初戦の大阪杯では、鞍上は岩田に戻るも、そこで6着と惨敗したことで、岩田は降ろされることに・・
しかし、武豊、吉田豊、武豊と乗り替わるも結果出ずで、今回、再び、岩田に戻ってきての勝利。
中央重賞で勝てない日々が続いている岩田ですが、これをきっかけに、国内でも復活してほしいですわ。
よし、有馬は、岩田アドマイヤデウスでいこうかな。

土曜の京都メイン、京都2歳Sの予想
芝 2000M G3 馬齢 10頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

昨年、PO馬のドレッドノータスが勝ったレースですから、今年もPO馬で間違いない!

◎ヴァナヘイム

早くも、萩Sのリベンジを果たす舞台が整った。
前走は、完敗の2着だったが、スローの前有利の展開もあったし、相手とはキャリアの差もあったか。
わずか中3週での再戦で、まだキャリアの差、完成度が追い付かない可能性はあるが、それでも競馬は血で走る。
今回、主戦の浜中が騎乗停止で乗れず、シュタルケへの乗り替わりが、どう出るか。
出来れば、ミルコやルメールに乗ってほしかったが、急なピンチヒッターだから仕方ないね。
まあ、これで少しでも、人気が分散されれば、馬券妙味も出てくるというもの。
一応、シュタルケだって、今年、日本で重賞2つも勝っているし、下手な騎手ではないしね。
来年のクラシックへ向けて、ここは勝って賞金加算をしてもらわねば。
てか、こんなところで、凡走していては、クラシックなんぞ言ってられんからな。


○プラチナヴォイス

舞台を京都に移してからの2戦は強いの一言。
今回、距離延長となるが、200mぐらいなら、全く問題ないだろうな。
懸念はエンパイアメーカー産駒ということぐらいだが、母系は近親にディープがいて、しっかりしており血も大丈夫か。
今回も引き続き、京都コースなので、やっぱり、この馬が一番強敵となりそうで、この馬に勝てるかがポイント。


馬券的には、2頭の一騎打ちと見てるので、馬連1点でもいいが、3着馬も一応考えよう。
キャリアの浅い2歳馬なので、前走の走りだけではよく分からん。
よって、鞍上重視で考えれば、ミルコとルメールが乗る2頭が怖いのだが、あえて1頭だけ選ぶとすれば

▲ベストアプローチ

デビュー戦で、我がPO馬アドマイヤローザを負かした馬ということで注目していた1頭。
そのアドマイヤローザは、次走、強い勝ち方であっさり勝ち上がっていることからも、この馬は強いと認定しましょう。
鞍上は、京都重賞では、とっても頼りになる川田ですから、ここもしっかり仕事してくれそう。

馬券はヴァナヘイムとプラチナヴォイスの馬連1点と3連複1点で勝負!!
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】ヴァナヘイムが京都2歳Sに出走!

2016-11-24 23:33:01 | POGその他
先週は3頭の出走がありましたが、地獄モード指名のアドマヤローザが、2戦目で勝ち上がりを決めてくれました。
2馬身差の楽勝で、この先も楽しみな1頭となりました。
元PO馬アロマティコの弟ということで、期待したカラルの惨敗には、超ガッカリ・・・・次走に期待しましょう・・
シェアポイント部門は、相変わらずダメダメですが、ブルベアライノは、3戦連続の8着も、今回は健闘の走り。
ここ2戦が、2.4秒差、3.5秒差という、大敗だったので、今回、距離短縮が良かった感じで。
次走、また1400m以下を使ってくれたら、掲示板はいけるのでは。

○ブルベアライノ  (シェアポイント)  8着( 0.8秒差)
◆カラル      (通  常POG)  9着( 0.9秒差)
◇アドマイヤローザ (地  獄モード)  1着(-0.3秒差)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

今週は、4頭が出走します。
注目は、何と言っても、重賞の京都2歳Sに出走するヴァナヘイムですな。

○メインスピーチ 5
(牡 父バトルプラン 母テーブルスピーチ 栗・村山) シェアポイント7頭目 指名人数17人

土曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が高倉に乗り替わりで出走。
ヴァナヘイムがデビュー勝ちした新馬戦に、この馬も出走しており、1.1秒差の5着と、なんとか掲示板確保。
そこから、3か月ぶりの出走となってしまったが、シェアポイント部門の貴重な戦力として、頑張ってほしいぞ。
初ダートが、どうでるか??

◇フラウティスタ 2
(牝 父カンパニー 母バブティスタ 栗・中内田) 地獄モード9頭目

土曜の京都3レース未勝利戦(芝1400m 18頭立て)に鞍上がアッゼニで出走。
デビュー戦も同じ京都芝1400で0.2秒差の2着と好走してくれましたので、ここは勝ち上がってほしいところ。
前走同様、18頭のフルゲートで相手が多いですが、今回は、牝馬限定戦を使ってきましたので、相手は楽になるか。

◆ヴァナヘイム 1・2
(牡 父キングカメハメハ 母グルヴェイグ 栗・角居)netkeiba4頭目 一口馬主3頭目 競馬ラボ4頭目 

土曜の京都11レース京都2歳S(芝2000m 10頭立て)に鞍上がシュタルケに乗り替わりで出走。
浜中が騎乗停止になっておりますので、今回は、ピンチヒッターとしてシュタルケが騎乗です。
ミルコかルメールじゃないのが残念だが、これは、また浜中に戻すという意思表示なのか??
まあ、乗り難しい馬ではないと思うので、乗り替わりが大きなマイナスになることはないでしょう。
今回は、何と言っても、前走、萩Sで完敗を喫したプラチナヴォイスへのリベンジをかけた1戦。
来年のクラシックを目指す上でも、負けられない戦いですよ。

◇インペリアルフィズ 7
(牡 父ジャンブルポケット 母アプリコットフィズ 美・小島) 地獄モード8頭目

日曜の東京3レース未勝利戦(芝2000m 15頭立て)に鞍上が田辺に乗り替わりで出走。
デビュー戦が、2.1秒差の7着という、期待を大きく裏切る結果となっただけに、ここは、悪くても掲示板確保は最低限。

土曜は、基本、馬券は買わない方針も、PO馬が出走となれば、話は別。
京都2歳Sの予想は、金曜の夜にでも、更新する予定です。
日曜のJCについては、もう上位人気確実ですが、元PO馬のあの馬からいかせて頂きます。
しかし、日曜の東京は、雨予報というのが、なんとも・・・
なんとか、相手を捻って、中穴ぐらいを的中させたいですねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイルCS16((結果))

2016-11-21 21:34:43 | マイルCS
真っ直ぐ走りましょうよ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年11月20日(日) / 京都 1600m 芝・右 外 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 16  ミッキーアイル   牡5 57 浜 中 1:33.1 3
2[4] 8 △イスラボニータ   牡5 57 ルメー アタマ 2
3[7] 15  ネオリアリズム   牡5 57 ムーア 3/4 7
4[3] 6  ダノンシャーク   牡8 57 松 山 3/4 14
5[1] 2 △サトノアラジン   牡5 57 川 田 アタマ 1
6[4] 7 △フィエロ      牡7 57 戸 崎 ハナ 5
7[8] 17 ◎ガリバルディ    牡5 57 福 永 1/2 9
8[5] 10 ▲マジックタイム   牝5 55 シュタ 3/4 8
9[2] 4  ロードクエスト   牡3 56 池 添 クビ 6
10[1] 1  ディサイファ    牡7 57 武 豊 クビ 10
11[7] 14  クラレント     牡7 57 岩 田 1/2 15
12[6] 12 ○ウインプリメーラ  牝6 55 アッゼ 1.1/4 13
13[6] 11  テイエムタイホー  牡7 57  幸  1.1/4 18
14[7] 13  ダコール      牡8 57 小 牧 1.3/4 16
15[8] 18  サンライズメジャー 牡7 57 四 位 クビ 17
16[3] 5  ヤングマンパワー  牡4 57 バルザ クビ 4
17[2] 3  スノードラゴン   牡8 57 大 野 7 12
18[5] 9  サトノルパン    牡5 57 Mデム 大差 11

払戻金 単勝 16 590円
    複勝 16 230円 / 8 180円 / 15 440円
    枠連 4-8 830円
    馬連 8-16 1590円 / 馬単 16-8 3390円
    3連複 8-15-16 8360円 / 3連単 16-8-15 40290円
    ワイド 8-16 600円 / 15-16 2100円 / 8-15 1220円

斜行は、我が馬券には、まったく関係なく、大ハズレ・・・完敗です。。
にしても、あれで、降着にならないのか。。。ディサイファ武豊は、落馬寸前だったぞ。。
サトノアラジン川田も、「危ない!」とばかりに大声あげていたのが、映像に映ってましたよね。
まあ、新ルールでは、降着ではないということでしょうけど、大惨事にならなくてよかったよ。
しかし、逃げ馬が、進路妨害したなんて事例、これまで見たことなかったよ。
フジテレビのアナも、最初、逃げたミッキーは、審議対象じゃないなんて言っていたしね。
いずれにしろ、我が本命馬が、上位争いに加われていなかったので、降着があろうがなかろうが、馬券はハズレ・・

このレース、過去10年、逃げ馬は、全くの人気薄マイネルファルケの2着があるだけの、逃げ馬大不振レース。
ということで、人気の一角ミッキーアイルの逃げ切りは、厳しいと判断して、真っ先に消した1頭でした・・・
しかし、メンバーを見渡せば、ミッキーに競りかける馬は見当たらず、単騎逃げ濃厚だっただけに、消しは失敗・・
ずっと1200を使っての久々マイル戦が、逆にスタートの速さを身に着けさせて、なんなくハナを切ることに成功。
この時点で、ミッキーアイルの馬券圏内は、確定した感じで、1コーナーで、我が馬券はハズレとなったのだ・・・

京都マイルは、ディープの庭という前提で、予想をしておいて、ミッキー消しは、バカ予想でした・・
本命ガリバルディは、陣営も「展開が向けば」と言っていた通り、今回は「展開」が向きませんでした。。。
前に行った2頭が残る展開ですから、ほぼ最後方から大外ぶん回しでは、最速の上りを使っても届きません・・
現状、ガリバルディには、この戦法しか、使えなかったので、今回は、仕方ない結果・・
スローになることが濃厚だったメンバー構成で、この馬を本命にした自分のアホ予想を反省します・・・

予想的には、ネオリアリズムも無印にしている所も、馬を見る目なし・・・
モーリスとの使い分けにより、札幌記念から休み明けとなったローテを嫌って無印としたが、さすがムーア。
今年の混戦、弱メンバー構成なら、初マイルのこの馬でも、やっぱり十分勝負になっちゃったなあ。。。
前走、モーリスに完勝した馬が、鞍上ムーアで、7番人気と、この人気なら、この馬から勝負が正解でしたね。

また連敗地獄を歩みだしているので、次のJCで、なんとかしたいわ。
次は、ムーアが勝つ番じゃないでしょうかねえ。
なんか1番人気になりそうな気がするが、今のところ、素直に本命予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイルCS16(予想)

2016-11-20 01:55:01 | マイルCS
POG、カラルのデビュー戦9着は、非常にガッカリでしたが・・・
久々出走のドレッドノータスのハナ差2着は惜しかった。。。
あそこまでいったら、勝ってほしかったが、とにかく、早熟馬ではない走りを見せてくれてよかった。

日曜の京都メイン、マイルCSの予想
芝 1600M G1 定量 18頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

こういう大混戦の時は、得てして、堅く収まったりするので、1番人気サトノアラジン本命も考えたが・・
さすがにそれは、面白くないので、堅いという意味では、京都マイルは、あの産駒を買っておけということで。。

◎ガリバルディ

G1初挑戦となるが、今年の混戦メンバー相手なら、十分チャンスはありそう。
こんな、混戦の時は、京都マイルが庭であるディープ産駒を素直に信用しよう。
前走は、休み明けに加えて、前の残る展開を最後方追走で届かずも、上りはメンバー最速。
重賞初制覇を果たした2走前もメンバー最速の鋭い末脚を使えており、脚質展開が成功したとみていい。
京都コースも[2-1-2-1]と実績があるし、G1仕様に仕上げてくる藤原厩舎だけに、叩き2走目のここでこそ狙い。
鞍上の福永とも[3-3-3-1]と好相性であり、唯一の着外は、休み明けの前走だけ。
今回、人気もあまりないだけに、福永も気楽に一発が狙える立場で、思い切った騎乗をしてくれることを期待だ。


○ウインプリメーラ

前走2か月ぶりで体調一息の中、56キロ背負って、完勝の逃げ切り勝ち。
6歳秋、引退レースとなる今回が、もしかして、最高のデキ、ピークの状態にきているのかも。
今回は、何より、今年の京都金杯勝ちを含む5勝上げている大得意の京都が舞台で、混戦の今年ならチャンスはある。
ディープ産駒ではなく、ステゴ産駒だったので、本命ではなく、2番手評価にしたが、ロベルト持ちの血統は穴っぽい。
先週のシングウィズジョイがロベルトのクロスを持っていたので、今週も、穴はロベルトか。
過去のこのレースでもフィフスペトル、マイネルファルケがロベルト持ちの血で、大穴あけてまっせ!


▲マジックタイム

ロベルト持ちといえば、この馬もそうです。
牡馬相手のマイル戦では、ダービー卿で、安田記念勝ち馬ロゴタイプとサトノアラジンを負かしている実績が光る。
関屋記念は、前が残る展開を後方からメンバー最速の上りを使って、ヤングマンパワーから0.2秒差なら悪くない。
京都コースも京都牝馬S2着の実績があるし、負けた相手がクビ差でクイーンリングなら、納得でしょう。
乗り替わりのシュタルケも、この馬で、ダービー卿を勝っているので、今回も期待できるのでは。


△サトノアラジン

今年、1400の重賞を2つ勝っているが、マイルも全く問題なし。
昨年のマイルCS、今年の安田記念が、ともに0.2秒差の4着で、差のない競馬ができている。
G1の壁を菊花賞で打ち破った今のサトノなら、ここも1番人気に応える結果が待っていそう。
不安は内枠に入ってしまったので、うまく、外に出せるかどうかの不利が心配ですな。


△フィエロ

2年連続2着と、この舞台が得意であることは、言うまでもない。
前走は出遅れが響いたもので、年齢による衰えではないでしょう。
ガリバルディ同様、藤原厩舎のG1仕様の仕上げ、更には、この馬はここがG1取りのラストチャンス。
前走に引き続き、戸崎を確保出来たのも大きいし、その前走でミスった戸崎は、今回は挽回の騎乗を見せるか。


△イスラボニータ

こちらも、前走に引き続き、ルメール確保が大きい。
5歳になってから、結果が出てなかったものの、ルメール乗り替わりの前走は、きっちり2着と結果を出す。
昨年、出遅れ響いて3着だった舞台も、ルメールで昨年以上の結果は期待出来そうね。

馬券はガリバルディを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】カラルがデビュー!

2016-11-17 23:59:20 | POGその他
先週は大挙7頭の出走がありましたが、グローブシアターが、見事、デビュー勝ち!!
438キロと、馬体が小さかったのが、多少不安でしたが、兄貴達同様、しっかりデビュー勝ちを決めてくれました。
馬体は小さいものの、兄貴達のような気性に難はなさそうで、折り合いバッチリ、スムーズな走りを見せてくれました。
年内に、もう1走する予定がありそうで、クラシックを見据えれば、朝日杯ではなく、ホープフルSあたりを狙うかな。
グローブシアターがデビュー勝ちした新馬戦には、他にもトルネードアレイとコペルニクスも出走しており、2着、4着。
上位3頭PO馬独占とはいきませんでしたが、なかなかの結果で、満足です。
あと、地獄モード指名のエンドゲームが、4戦目で未勝利勝ち上がり。
3馬身差の圧勝でしたので、次走も楽しまみです。

残念だったというか、ショックだったのが、コロナシオンの惨敗・・・
まさか、5頭立てのレースで、ブービーの4着に負けるとは。。。
スタートで出遅れはあったものの、結局、見せ場すらないし、末脚も完全に不発・・
鞍上のルメールも「敗因が分からない」と言っており、ちょっとショックすぎる走りでしたね。
まあ、まだ1回負けただけだし、特に、故障を発症したわけでもないので、次に期待です。
レース後、池添調教師から「成長を促すため、いったんリフレッシュさせます。年明けに入厩させて使っていきたい」
ということで、放牧に出されましたので、一旦、出直しということで、更なる成長を待ちましょう。

◇エンドゲーム   (地  獄モード)  1着(-0.5秒差)
◇フラウティスタ  (地  獄モード)  2着( 0.2秒差)
○ブルベアエイプス (シェアポイント)  8着( 1.9秒差)
◆グローブシアター (通  常POG)  1着(-0.2秒差)
◆コペルニクス   (通  常POG)  4着( 0.4秒差)
◆トルネードアレイ (通  常POG)  2着( 0.2秒差)
◆コロナシオン   (通  常POG)  4着( 1.2秒差)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

今週は、3頭が出走します。

○ブルベアライノ 5・14・8・8
(牡 父ロージズインメイ 母ベガグレシヤス 栗・鈴木) シェアポイント8頭目 指名人数17人

土曜の京都3レース未勝利戦(ダート1400m 16頭立て)に鞍上が城戸に乗り替わりで出走。
中1週での出走ですが、前走が、3.5秒差負けなので、期待は全く出来ないなあ・・・
前走1800からの距離短縮で、馬が変わってくれることに淡い期待か。。

◆カラル
(牡 父ルーラーシップ 母ナスカ 栗・佐々木) 一口馬主9頭目

土曜の京都5レース新馬戦(芝1800m 15頭立て)に鞍上が佐藤でデビュー。
ルーラーシップ産駒、初指名となりますが、実は、もう1頭、指名を迷っていたルーラーシップ産駒も日曜にデビュー。
日曜の京都5レースでデビューするリュミエールドール(母アルスノヴァが元指名馬)なんですが、こっちに。
アロマディコの下ということで、こちらの方が、走る可能性が高いと判断しました。
アロマティコの父はキンカメなので、そのキンカメが父となるルーラーシップならば、血の相性はいいはずね。
ちなみに、このレースには、カレンチャンの全弟カレンカカもデビューしますね。

◇アドマイヤローザ 2
(牝 父ハービンジャー 母アドマイヤテンバ 栗・梅田) 地獄モード5頭目

日曜の京都3レース未勝利戦(芝2000m 13頭立て)に鞍上が岩田で出走。
デビュー戦が、良血馬揃いの戦いとなりましたが、0.1秒差の2着と好走してくれましたので、ここは期待大です。
しっかり勝ち上がってほしいね。

日曜のG1マイルCSには、元指名馬が1頭出走しますが、既に7歳となったクラレントなので・・・
でも、今回は、岩田への乗り替わりというのが、若干、なんかありそうで、買いたい気もするのだが、やっぱ無いか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリザベス女王杯16((結果))

2016-11-14 22:08:04 | エリザベス女王杯
競馬って、やっぱり「騎手」なのか・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年11月13日(日) / 京都 2200m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳以上 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[2] 3 △クイーンズリング  牝4 56 Mデム 2:12.9 3
2[5] 9  シングウィズジョイ 牝4 56 ルメー クビ 12
3[1] 1 △ミッキークイーン  牝4 56 浜 中 1.1/4 2
4[8] 15 ◎パールコード    牝3 54 川 田 3/4 5
5[7] 13  プリメラアスール  牝4 56  幸  1.1/4 14
6[2] 2 △マリアライト    牝5 56 蛯 名 1/2 1
6[6] 10 ○シュンドルボン   牝5 56 吉田豊 同着 6
8[5] 8  タッチングスピーチ 牝4 56 ムーア 1.1/4 4
9[4] 7  マキシマムドパリ  牝4 56 武 豊 クビ 7
10[7] 12  アスカビレン    牝4 56 松 田 ハナ 10
11[6] 11  デンコウアンジュ  牝3 54 松 山 1.1/4 9
12[3] 5  メイショウマンボ  牝6 56 池 添 3/4 13
13[3] 4  ヒルノマテーラ   牝5 56 四 位 1/2 8
14[4] 6  プロレタリアト   牝5 56 杉 原 2 15
15[8] 14 ▲シャルール     牝4 56 福 永 1 11

払戻金 単勝 3 610円
    複勝 3 230円 / 9 1200円 / 1 150円
    枠連 2-5 720円
    馬連 3-9 13710円 / 馬単 3-9 22570円
    3連複 1-3-9 20680円 / 3連単 3-9-1 158930円
    ワイド 3-9 3670円 / 1-3 520円 / 1-9 4640円

ここで、シングウィズジョイかあ・・・戦績みたら買えないなあ。。。
いや、ルメールへの乗り替わりを重視すべきだったなあ。。。
ルメールと言えば、過去にも牝馬3冠で馬券にならなかったリトルアマポーラを勝たせましたからねえ。
昨年、散々痛い目をみて、G1では「ミルコ&ルメールは必ず買っておけ」と反省したのになあ・・・

てか、シングウィズジョイは、昨年のオークス、我がブログで本命にした馬ではないか・・・
血統的に距離延長が一番合う馬として、評価してたんだから、今回の2200mのレースでは注意が必要だった・・
今回、穴は4歳馬、関西馬、先行馬として、一応、騎手も考慮してシャルールだったのだが、ルメール > 福永か・・
先週、神ってた騎乗を見せていたルメールだっただけに、その流れを重視すべきだったなあ。。反省。。
とはいえ、本命馬が、4着ですから、ルメールを押さえていても、馬券はハズれていたわけで。。。

予想的には、人気上位3頭の中で、唯一、不安材料のなかったクイーンズリングを本命にしなければいけなかったね。
昨年は、距離不安を言われていた馬ですが、結果的には、不利がありながらの0.3秒差で、距離不安はなかった。
それでも、今年また1400mの重賞を勝ち、マイル使われたりで、距離不安説は残ったが、やっぱり問題なかった。
むしろ、この距離があったおかげで、ミルコの出遅れも帳消しにされてたしね。
まあ、ミルコの騎乗は、出遅れ以外は、もう完璧な騎乗でしたけどね。

終わってみれば、これが「トランプショック」か、マンハッタンカフェ産駒のワンツー波乱決着!
9.11の時の有馬記念のマンハッタンカフェとアメリカンボスでの波乱決着を思い出しましたよ。。。

本命パールコードは、やはり、大外枠で前半、位置を取りに行く時に、余計な脚を使ったし、内枠が欲しかったね。
それでも、直線を向いた時には、一瞬勝つかと思ったけど、最後は、力の差が出た感じか。
まあ、力を出し切っての負けなので、仕方ない。。。我の予想が下手くそでした・・

また、連敗ぐせが出てきましたので、早く止めないと・・
しかし、次のマイルSCは、大混戦だけに、予想は難解ですなあ。。またミルコ&ルメールでいいか。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリザベス女王杯16(予想)

2016-11-13 01:47:59 | エリザベス女王杯
日曜の京都メイン、エリザベス女王杯の予想
芝 2200M G1 定量 15頭立て

アメリカ大統領選が、大番狂わせだっただけに、その流れで、ここも大荒れか??
いやいや、エリザベス女王杯ですから、アメリカの情勢は、関係ないか・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

昨年は6歳馬のフーラブライトなんかを本命にしてしまったが、このレースは若い娘が強いレースなのよね。
よって、軸は、3歳、4歳馬から選ぶのが、得策なわけで。
とりわけ、3歳馬は現在、10年連続馬券になっており、3歳馬から軸を選べば、的中に近づくはず。。
しかし、今年は、2歳女王、3歳牝馬3冠の勝ち馬3頭が、全ていないという弱メンバー構成・・・
さあ、どうする??

◎パールコード

迷いましたが、今年も3歳馬が、馬券になると信じて、この馬本命。
正直、過去、ここで馬券になった3歳馬に比べると、重賞未勝利の身で、実績的には劣るのだが・・
しかし、京都コースへの適正は高いと見る。
デビュー戦が、2馬身半差をつける圧勝。
続く、つばき賞は3着とはいえ、先着を許したのは牡馬のナムラシングンとミッキーロケットで、ミッキーとはクビ差。
そして、秋華賞が、0.1秒差の2着と、京都では、安定した走りを披露している。
春はクラシック2戦に出走しなかったし、秋も紫苑Sが本番前の余裕残しで、不利もあったりで、力を出し切ってない。
よって、まだまだ余力がありそうで、ここで、もう一丁好走は十分ありえる。
鞍上の川田は、このレースは、ラキシスで既に勝っているし、今年、京都の芝重賞は4つも勝っていて、好相性だ。
土曜も3連勝を決めるなど、好調な騎乗が続いているし、大外枠も、この頭数なら、問題なく、こなしてくれるはず。


○シュンドルボン

この馬を本命にしようかとも、迷ったが、最終的に、5歳馬ということで、対応扱いに。
昨年は重賞初挑戦が、いきなりG1となったが、0.2秒差の7着と大健闘の走りで、京都でも問題ないことを示した。
今年は、ルージュバックを負かした中山牝馬S勝ちの実績を引っ提げての再挑戦であり、昨年以上を期待出来そう。
前走は、休み明けで、プラス14キロの馬体重で、明らかに、叩き台的なレース。
レースの展開もスローで、展開も向かなかった中で、メンバー最速の33.3の上りを使えたのは評価。
ハーツクライ産駒で、母父にキングマンボの血があるのも、このレースで2、3着に来る血統もいいです。


▲シャルール

今年は、穴馬の出番はなさそうな気もするが、1頭上げるなら、この馬か。
前走は、ハナを切ってしまったのがダメであり、参考外の1戦とみていい。
大敗からの巻き返しは、ヴィクトリアM18着からクイーンS2着という変わり身実績があり、今回、その再現だ。
マイル戦で全く結果が出ていない馬で、恐らく、距離は伸びた方がいいタイプなはずで、2200はプラスになる。
京都コースも勝っているし、今回は、福永への乗り替わりもプラスになりそうで、気楽な立場での一発期待だ。


△クイーンズリング

オークスの大敗、このレースも昨年8着で、距離不安も囁かれるが。
その昨年は、直線不利がありながらの0.3秒差で、実績ある京都コースなら、距離は問題ないことは示した。
ジュエラーの回避で、ミルコが引き続き騎乗することになったのも大きいし、一番怖い1頭だな。


△マリアライト

実績的には、文句なしで、リピーターG1であれば、今年も当然有力。
ただ、昨年はやや重の馬場の恩恵もあったし、外目の枠順も良かった。
しかし、今年は、良馬場で行われそうだし、内枠を引き当て、スムーズな競馬が出来るかの不安もある。
それでも、今年のメンバーなら、そんな不安材料があっても、なんとかなりそうな気がするし、消すのは無理だな。


△ミッキークイーン

能力的には、この馬が一番なのは、間違いないところか。
しかし、予定していた京都大賞典を捻挫で回避しての、ぶっつけ本番ローテが、どうでるか?
過去10年を見ても、休み明けで、馬券に絡んだ馬は見当たらず、牝馬にとっては、順調さは大事か。
それでも、今年のメンバーなら、そんな不安材料があっても、なんとかなりそうな気がするし、こちらも消すのは無理。

馬券はパールコードを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

【POG】コロナシオンが黄菊賞に、そしてグローブシアターがデビュー!

2016-11-10 23:29:08 | POGその他
先週は4頭の出走がありましたが、地獄モード指名のヴィルデローゼの2着が最高でした・・
ブルベアライノは、実績的には、さっぱりも、今回、なぜか5番人気に支持されていたので、淡い期待をするも・・
惜しかったのは、12番人気と、期待薄だったデットポイントの方で、5着馬とは0.1秒差と、掲示板まであと少し。
前走ダート戦惨敗からの連闘策でしたが、芝に戻して正解の走りでしたので、次走も芝で、頑張ってほしいね。

地獄モードは、先週のバルデスに続く勝ち上がりを期待したが、ヴィルデローゼは次走の勝ち上がりを期待出来る結果。
対して、デビュー勝ちを期待したインペリアルフィズは、まさかの2.1秒差という、大敗を喫してしまった・・・
レース後のミルコのコメント「馬がまだ子供。これから良くなる」という言葉を信じましょうか・・・

○ブルベアライノ   (シェアポイント)  8着( 3.5秒差)
○デッドポイント   (シェアポイント)  7着( 1.6秒差)
◇ヴィルデローゼ   (地  獄モード)  2着( 0.1秒差)
◇インペリアルフィズ (地  獄モード)  7着( 2.1秒差)

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになるPOG情報は、こちらから探してみよう。

今週は、4頭がデビューして、計7頭がスタンバイ。
日曜の京都5レースの新馬戦に、3頭の指名馬が、同時にデビューとなってしまったぞ。
3頭の中でも一番の期待は、シーザリオの仔グローブシアターですが、3頭のワンツースリー決着となってくれ!

◇エンドゲーム 6・4・3
(牡 父キングズベスト 母タイキクラリティ 栗・西園) 地獄モード2頭目

土曜の福島2レース未勝利戦(芝2000m 15頭立て)に鞍上が丸田で出走。
前走が、新潟2000mを先行して3着と粘ってくれましたので、今回は、なんとか勝ち上がってほしいね。

◇フラウティスタ
(牝 父カンパニー 母バブティスタ 栗・中内田) 地獄モード9頭目

土曜の京都5レース新馬戦(芝1400m 18頭立て)に鞍上がアッゼニでデビュー!
昨年、バティスティーニを指名しましたので、当然、その妹も指名します。
父がカンパニーに代わって、不安が大きいので、地獄モードでの指名でごめんね。

○ブルベアエイプス 11・10・13
(牡 父キンシャサノキセキ 母フェイストウショウ 栗・五十嵐) シェアポイント9頭目 指名人数12人

日曜の東京1レース未勝利戦(芝1600m 17頭立て)に鞍上が内田に乗り替わりで出走。
中1週での出走ということで、ブルベアの馬達は、結果は伴ってませんが、積極的に出走させてくれるのは嬉しい。
デビューから3戦、二桁着順の惨敗続きで、全く期待できないが、鞍上強化と、距離短縮で、一縷の望みを。

◆グローブシアター
(牡 父キングカメハメハ 母シーザリオ 栗・角居)netkeiba7頭目 一口馬主6頭目

日曜の京都5レース新馬戦(芝1800m 17頭立て)に鞍上が福永でデビュー!
ご存知、シーザリオの仔ですから、当然の指名です。
兄リオンディーズが果たせなかったクラシック制覇を目指して、まずはデビュー勝ちを決めてくれよ。
リオンディーズには乗せてもらえなかった福永が、今回は、デビュー戦から乗れるので、ちゃんと結果を出してよ。
強敵も多いですが、このレースが、後に伝説の新馬戦になってくれることを願うよ。

◆コペルニクス
(牡 父ディープインパクト 母ロベルタ 栗・音無) netkeiba8頭目 競馬ラボ7頭目

同じく、日曜の京都5レース新馬戦(芝1800m 17頭立て)に鞍上がルメールでデビュー!
母ロベルタが元指名馬なので、その仔は、当然、指名します。
ディープ×ブライアンズタイムは、ディーマジェスティと同じで、こちらは、更にトニービンの血もある。
近親がリンカーン、そして元指名馬ヴィクトリーということで、この馬にも期待が大きいです。

◆トルネードアレイ
(牡 父ディープインパクト 母ブルーミングアレイ 栗・藤原)netkeiba9頭目 一口馬主8頭目

同じく、日曜の京都5レース新馬戦(芝1800m 17頭立て)に鞍上が川田でデビュー!
母父シンボリクリスエスで、近親にトーセンラー、スピルバーグがいる血統ということで、私的ゆかりはないですが指名。

◆コロナシオン 1
(牝 父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 栗・池添)netkeiba5頭目 一口馬主4頭目 競馬ラボ5頭目

日曜の京都8レース(芝2000m 6頭立て)に鞍上がルメールで出走。
わずか6頭立てというレースになり、勝って当たり前の雰囲気ですが、しっかりと勝ってほしいね。
先日、ヴァナヘイムが単勝1.6倍の人気で、負けてしまっただけに、この馬には、そんなことがないことを祈る。
怖いのは、ステゴ産駒のトリコロールブルー1頭ぐらいだが、4か月ぶりの休み明けなので、まず負けないでしょう。

さて、土曜は2歳重賞のデイリー杯2歳Sがありますが、我が指名馬の出走はありません。
コロナシオンが、デイリー杯を選ばなかったということは、阪神JFは目指さないということなのか?
それとも、確実に2勝目を上げて、阪神JFへの出走を確定させるためなのか??
ここでの注目馬は、矢作厩舎のタイセイスターリーかな。
日曜はG1エリザベス女王杯がありますが、こちらも残念ながら、元指名馬の出走はありません。
なので、POGのしがらみなく、予想が出来ますので、しっかり、じっくり、予想したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゼンチン共和国杯16((結果))

2016-11-07 21:31:55 | アルゼンチン共和国杯
堅い決着・・買わなきゃよかった・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2016年11月6日(日) / 東京 2500m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[6] 11 ▲シュヴァルグラン  牡4 58 福 永 2:33.4 2
2[3] 5 △アルバート     牡5 57 戸 崎 1/2 4
3[7] 13 △ヴォルシェーブ   牡5 55 Mデム アタマ 3
4[1] 1 △モンドインテロ   牡4 56.5 ルメー 1/2 1
5[5] 8  フェイムゲーム   セ6 58 北村宏 1.1/4 5
6[7] 12 ◎レコンダイト    牡6 55 蛯 名 ハナ 8
7[4] 6  クリールカイザー  牡7 57 田 辺 1.1/2 6
8[2] 3  ワンアンドオンリー 牡5 58 柴 山 ハナ 7
9[8] 14  フェスティヴイェル 牡5 54 田中勝 1.1/4 13
10[6] 10  プレストウィック  牡5 54 石 川 クビ 11
11[8] 15  ムスカテール    牡8 57 シュタ ハナ 10
12[2] 2 ○トレジャーマップ  牡5 51 吉田豊 3/4 9
13[3] 4  ショウナンバッハ  牡5 54 松 岡 2 12
14[5] 9  マイネルメダリスト 牡8 54 柴田大 1.1/2 14
15[4] 7  コスモロビン    牡8 53 嘉 藤 10 15

払戻金 単勝 11 390円
    複勝 11 150円 / 5 180円 / 13 170円
    枠連 3-6 970円
    馬連 5-11 1110円 / 馬単 11-5 2140円
    3連複 5-11-13 1690円 / 3連単 11-5-13 8290円
    ワイド 5-11 440円 / 11-13 410円 / 5-13 520円

みやこSは、昨年の勝ち馬なのに、人気してなかったロワジャルダンから買おうと思ったが、結局買わず・・
買うレースを間違ってしまったな。。。
人気4頭の決着で、穴党の出番なしのレースでしたな。

本命レコンダイトは、スタートで出負けして、後方からのレース。
レースはスローの流れだったので、位置取りを上げてくれるかと思ったら、まさかの最後方待機・・・
結局、そこから、大外ぶん回しでは、届くわけないですな。
蛯名への乗り替わりは、プラスになると思ったのに、芸のない騎乗で、ガッカリ・・・
舞台としては、好走できる最高の条件でしたが、展開、枠順に恵まれなかった感じですな。。

勝ったシュヴァルグランは、休み明け、初の遠征競馬、初の左回り、58キロ、目標は次のJCと不安要素多数。
まあ、それでも、力的には、このメンバーでは、最上位の存在だったので、勝ち負けになると思ったが、強かった。
東京コースも、むしろ合っているようで、次走のJCでも、有力の1頭になりましたね。
鞍上の福永としては、降ろされたリアルスティールを負かすチャンスが到来した感じだな。

2着アルバートも、春天以来の休み明けローテが多少不安でしたが、力のあるところを見せました。
次走は、まさか、ステイヤーズSで2連覇を目指すなんて、小さいことは、考えてないよね。
同じアドマイヤドン産駒のアドマヤデウスが、JCをパスして有馬を目指すようなので、代わりにJC目指しては。

3着ヴォルシェーブは、これまで重賞では結果が出てませんでしたが、この夏、力をつけたようで、頑張りました。
大魔神さんの馬達は、ほんと、みんな良く走るねえ。凄いわ。。

買うか、買うまいか、迷って、結局、買って失敗という、いつものパターン。
また連敗地獄にはまり込まないためにも、次のG1エリザベス女王杯を当てます!
しかし、G1なのに、登録時点で、フルゲート割れって、それだけで、テンション下がるなあ。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加