自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

2012年 劇場鑑賞映画 マイベスト15

2012-12-30 12:04:32 | 私の映画年間ベスト
2012年の劇場での商業映画の鑑賞作品数は外国映画22、日本映画13でした。
映画を撮る奴にかぎって映画を観ないとか言われると返す言葉もありません。
それでも自分の恒例行事なので、自分の映画ベストテン+5を紹介します


2012年の劇場鑑賞映画マイベスト15

1位『私が、生きる肌 ペドロ・アルモドバル


これが異常者だ。観た後どっと疲れる精神的衝撃度MAXの危険な映画

2位『ミッドナイト・イン・パリ ウディ・アレン

これがまだまだいけるウディ・アレンだ。ちょっと妄想老人モード入っても、こんなにぶっ飛ばせる監督他にいない

3位『エクスペンダブルズ2 サイモン・ウェスト

これが筋肉祭だ。80〜90年代に夢見た光景がそこに。

4位『ドラゴン・タトゥーの女 デビッド・フィンチャー

これがスーパー女子だ。俺もリズベットに蹴られてえ

5位『宇宙人ポール グレッグ・モットーラ

SF愛スピルバーグ愛オタク万歳。SFオタク2人旅を満喫したかったのに女と本物の宇宙人が仲間になって微妙に嫉妬する親友がいい。「しゃぶりちらしちゃって」というナイスな字幕もいい

6位『桐島、部活やめるってよ 吉田大八

高校生青春ヒエラルキー各階層めぐりの旅だってよ。ロメロくらい観てろってよ

7位『終の信託 周防正行

喋るだけの50分間の凄さ。日本よ、これが映画だ。

8位『別離 アスガー・ファルハディ

家族と宗教と格差と幸せを巡る群像劇サスペンス。ラストの少女の涙。これがイラン映画の実力だ。

9位『キツツキと雨 沖田修一

写っていないものを観せて、喋っていないことを聴かせる力。桐島とあわせてゾンビの2012年だった。

10位『はやぶさ 遥かなる帰還 瀧本智行

誰もが知ってるラストできちんと泣かせる、ずっしり群像大河ドラマ。役者みんなグッジョブ

11位『おおかみこどもの雨と雪 細田守

これが大笑い顔だ。

12位『ヒューゴの不思議な発明 マーティン・スコセッシ

3D化されたメリエス。これが映画愛だ

13位『アーティスト ミシェル・アザナビシウス

本物の懐古趣味。これも映画愛だ

14位『ロボット シャンカール

歌って踊って戦って愛と平和を語るインドのスーパースター。意外とSF映画的に深い。

15位『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE 中澤祥次郎

なんでベスト15にしたのかって。ギャバンを書きたかったからさ。よろしく勇気はOK。あばよ涙…けれども涙がとまらない。

-------
いわゆるミニシアター系の映画をあまり観れませんでしたし、外国映画はアメリカ映画中心の鑑賞になってしまいました。アジア系をほとんど観れなくて後悔。
なぜかクリント・イーストウッドの新作が松本でかからなかった悲劇。
それでもたくさんの映画から元気をいただくことができました。
上記の15作の他に「わが母の記」「のぼうの城」「ロボジー」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」「メン・イン・ブラック3」もかなり良かったです。「幸せの教室」もプチ推し。
そして「プロメテウス」は超笑えるバカデミーな大作でネタ映画ですよ。
一方でトニー・スコットやテオ・アンゲロプロスなどたくさんの尊敬していた映画人の亡くなった悲しみの年でもありました。

勝手に個人賞 (外国 / 日本)
監督賞  ペドロ・アルモドバル(私が、生きる肌) / 吉田大八(桐島、部活やめるってよ)
主演女優賞 ルーニー・マラ(ドラゴンタトゥーの女) / 樹木希林(わが母の記)
主演男優賞 サイモン・ペッグ(宇宙人ポール) / 役所広司(終の信託)
助演女優賞 マリオン・コティヤール(ミッドナイト・イン・パリ) / 夏川結衣(はやぶさ 遥かなる帰還)
助演男優賞 ニック・フロスト(宇宙人ポール) / 吉岡秀隆(はやぶさ 遥かなる帰還)

それから今年はかなりたくさんの自主映画を観ました。そちらからもマイフェイバリット10作品選んでみました(順位はなしで)、よろしければそちらもご覧になってください。
2012年に鑑賞した自主映画 マイフェイバリット10

それではこのブログを読んでくださった皆さんが、来年も素晴らしい映画に出会えることを願いつつ、今年の最後のブログアップといたします。ありがとうございました

********
スタジオゆんふぁ制作の自主映画
罪と罰と自由
日本芸術センター映像グランプリ受賞
ダマー映画祭inヒロシマ 入選
2013年2月9日開催 いわきぼうけん映画祭 にて上映決定です



ブロガーによる00年代(2000〜2009)の映画ベストテン
↑この度、「ブロガーによる00年代(2000〜2009)の映画ベストテン」を選出しました。映画好きブロガーを中心とした37名による選出になります。どうぞ00年代の名作・傑作・人気作・問題作の数々を振り返っていってください

------------
↓面白かったらクリックしてね
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2012年に鑑賞した自主映画 マイ... | トップ | 2012年度国内映画賞一覧 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いお年を。 (とらねこ)
2012-12-31 18:51:16
ご無沙汰しております。
やり取りさせていただくのが、いつも年末のこの時分のみですみません。
『私が、生きる肌』大好きな作品で、これが一位というのが嬉しいですね。
『宇宙人ポール』も好きな作品でした。このB級さがたまらないんですよね。
こんばんは (ノラネコ)
2012-12-31 19:55:11
今年も多くの素晴らしい映画と出会えました。
twitterだけの言及になっちゃった作品も多いですが、来年も今年以上の豊作だと良いですね。
本年もお世話になりました。
Unknown (えい)
2013-01-02 22:34:47
あけましておめでとうございます。

映画愛に満ちたセレクションですね。
さすが、自主製作映画に携わってられる方のベストだなと、
素直にそう思いました。

『罪と罰と自由』の入賞おめでとうございます。
まさしく、継続は力なりですね。

今年も、いい映画に出会えますよう、
引き続きよろしくお願いいたします。
あけまして (sakurai)
2013-01-05 19:48:16
おめでとうございます。
アルモドバル!いいです。いい変態ぶりでした。
とっても好きなんですが、なんだか疲れすぎた今年は、疲れる映画がとどまらず、すっきり爽やか、気分のいい映画を選んでました。
そういう自分もいるんだなあ〜と、改めて感じたところです。
「ポール」がいるのが嬉しい!
地方なんで、タイムラグがありますけどね!
「キツツキと雨」が、とっても好きです。
こっちもホンワカだったかな。。。

ぜひともしんさんの作品、みたいです。
いわきって、福島のですか?行けるかな。
でけたよ (aq99)
2013-01-11 19:57:44
今年は、遅くなってすみません。やっとできあがりました。

だんだん秘宝的な映画が面白く感じられなくなってきたんで、「エクスペ2」はパスしてしまいました。アルモドバルなんとなく避けてきたんですが、見てみよかな〜。ギャバン、入れたね、ふふふ・・・。

「罪と罰と自由」の入賞おめでとうございます!神戸〜大阪方面で上映することがあれば、ぜひ見に行きます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
My Best Movie & Books 2012 (西京極 紫の館)
年内はもう映画を観に行く予定がないので、 今年のMy Bestをまとめておこうと思います。 まず映画について。 今年観た映画は合計65本。 去年より2本減ですが、これは年内に観ようと思っていた 「レ・ミゼラブル」と「大奥」と「フランケン・ウィニー」を 年明....
2012年の映画ベストテン and more. (Akira's VOICE)
ベスト&ワースト,他いろいろ!
2012年シネマ・ベスト10 (シネマ・ワンダーランド)
2012年に公開されたシネマ・ベスト10は下記の通り。今年は映画創成期へのオマージュや、サイレントという手法をあえて使用しての表現、1920年代の文化華やかりし頃への憧憬など、いわば懐古趣味的な作品が目立ち、それらはいずれも良質な作品ばかりだった。...
2012年映画観賞総括 洋画作品編 (タナウツネット雑記ブログ)
2012年の新作映画観賞97本中55本を占める洋画作品。今回はその中から、各種部門別に個人的な私的評価に基づいて選別した作品をピックアップしていきたいと思います。■ 洋...
極私的 2012年 映画鑑賞 ベスト10! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
今年もやってみようかな〜ということで、映画ベスト10です(since 2008) ただし、あくまでも私の鑑賞ベースなので、映画、DVDごっちゃという状況のため「極私的」とつけております。 新作、旧作そして未公開作が入り交じる、変なランキングですがお許しを。 まあブ...
2012総括マイベスト映画レビュー (オールマイティにコメンテート)
2012年もいよいよ9日あまりとなってしまいました。 映画はあと2,3作品鑑賞予定があるので 2012年度全ての作品ではありませんが、 今年もいち早く総括に入りた ...
2012年のワースト10です。 (こねたみっくす)
出来るだけ駄作と思える作品を見ないようにしてきた2012年。なので当然ワースト10を選び出すのに苦労をする1年ともなりましたが、それでも毎年ワースト候補になる映画を10本以上は ...
2012年のベスト10です。 (こねたみっくす)
国内外を問わず、激動の一年となった2012年。 世界各国で選挙があったり、大阪駅で第2回関西映画ブロガーオフ会があったり、神戸元町でライスコロッケ専門店「神戸リッコロッケ」 ...
[私が選んだベスト映画10本]2012年のベスト映画10本 (映画は時代を映す鏡)
私が今年1年間で観た映画は181本。うち映画館で50本。BS・CS放送&DVDで131本、と大量になったのは、「男はつらいよ」シリーズの他、座頭市、高倉健、吉永小百合、木下恵介、川島雄三など日本映画プログラムピクチャー黄金時代の作品にハマってしまった...
2012年映画観賞総括 邦画作品編 (タナウツネット雑記ブログ)
2012年の新作映画観賞97本のうち41本を担う邦画作品。邦画が冷遇された時代も今は昔で、現在ではすっかり洋画と並ぶ一大ジャンルと化した感がありますね(^^)。今回はその中...
とらねこのオレアカデミー賞 2012 ベスト&ワースト (レザボアCATs)
「これがやりたくてブログをやっている!」恒例の年末ベスト10。秀作実り豊かな年もあれば、心にそれほど来ない年もありましょう。でも、どんなに忙しくても劇場に足を運んで見る。このことを誇りつつ断捨離的な気持ちで選んだ、とにもかくにもたったの10本。数は関係ない...
とらねこのオレアカデミー賞 2012 ベスト&ワースト (レザボアCATs)
「これがやりたくてブログをやっている!」恒例の年末ベスト10。秀作実り豊かな年もあれば、心にそれほど来ない年もありましょう。でも、どんなに忙しくても劇場に足を運んで見る。このことを誇りつつ断捨離的な気持ちで選んだ、とにもかくにもたったの10本。数は関係ない...
2012 unforgettable movies (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昨年から続くアラブの革命に、ロンドンオリンピック、領土問題からきな臭さを増す東アジア情勢、そして日本を含む世界各国の政治の季節。 色々な事が起こった2012年も、もうすぐ歴史になる。 日本社会の内向...
2012年 マイ・シネマ・ランキング! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 ありゃ!気付いたら新年明けてしまいました!嗚呼、年末恒例の“マイ・シネマ・ランキング”。年越しちゃいました(>_<)。昨年は107本の映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。で、今年は例年にも増してブログにUPすることが出来ませんで...
2012年ベスト10&ワースト10&more... (銀幕大帝α)
2012年銀幕大帝αベスト10 (1/1〜12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『ヒミズ』(レンタル開始日:2012-07-03) 2位:『friends もののけ島のナキ』(レンタル開始日:2012-06-15) 3位:『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go...
2012年ベスト&ワーストの短評 (銀幕大帝α)
先ずベストから。 1位は全てに衝撃を受けた 『ヒミズ』。 面白い、楽しいとかじゃなくて、役者全員の迫真の演技に目が離せなかった。 主人公の生と死の狭間でもがき苦しむ姿が痛いほど胸に突き刺さってくる。 そして希望を齎すエンディングに今度は胸が熱くなってしまっ....
2012年 フォーンと無人島に行くならこの10本 (ラムの大通り)
----9年目を迎えたフォーンとの映画おしゃべり」。 今年は珍しく“10本”ピッタリだね。 「ぼくはベスト10なんてガラじゃないし、 あえて10本だけを選ぶ意味も 実のところよく分かんない。 普通に好きな作品をあげていたら 今年は 日本映画だけでも20本超えちゃう。 そこ...
2012年、映画観賞履歴〜1年の観賞を振り返る (kintyre's Diary 新館)
2012年も残すところ今日が最後となりました。そこで、備忘録的に今年観た映画を振り返ります。 まずは1〜6月の上半期で52本、7月以降が55本を観賞。ごく平均的な本数(月8〜9本)ですが、年間本数としては過去最多を記録しましたが、これは12月にTOHO...
2012年度・ベスト20 ワースト10発表 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
あけまして おめでとうございます。   今年もよろしくお願いいたします。   さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。
[♪≪ナカデミー賞 2013’≫ ラクダと短髪とチンクシャと・・・] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ 明けましておめでとう御座います!!   今年もよろしくお願いします!!   本名がナカムラだから、アカデミー賞に掛けて<ナカデミー賞>の発表です。   昨年観た映画は作品数では115本で、再観で120回、映画館に足を運びましたヨ^^v    ◇  ...
謹賀新年 (映画的・絵画的・音楽的)
 明けましておめでとうございます。  本年も昨年に引き続きまして、どうかよろしくお願いいたします。 (1)今年のお正月は、昨年末の衆議院選挙の余韻がまだ残ったままのなんとなくざわついた感じながら、天気の方は、いつも通り晴天続きの東京でした。  クマネズミは....
2012年振り返り (勝手に映画評)
2012年の振り返りです。 2012年の観賞数ですが、 1月:5本 2月:4本 3月:3本 4月:4本 5月:5本 6月:3本 7月:5本 8月:3本 9月:7本 10月:3本 11月:2本 12月:4本 合計:48本 2012年もたくさん見ましたねぇ。 2011年が、3.11の影響も....
2012年のまとめ 迷宮映画館的ベスト (迷宮映画館)
2012年の萌え〜はこの人!
2012年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
“ブロガーが選んだ映画ベスト10”も今回で9回目。 (過去のベスト10 2011年、2010年、2009年、2008年、2007年、2006年、2005年、2004年) よう続けてこれたなぁ〜。 今回も過去最多を更新するブロガー87様分を集計。 この流れでいくと、10回目は100ブログ調べん...
2012年映画ベスト10 (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
今年も全くな〜んも書いてません。 ですが、今年もいろいろまとめときます。 10位・・・『桐島、部活やめるってよ』 初期ジョン・ヒューズの匂いがちょいと。仮面ライダーフォーゼでも同じ世界観が描かれてたけど、今流行ってんの?「カラフル」の早乙女君みたいな、神木...
My Best Movie of 2012 (映画!That' s Entertainment)
My Best Movies of 2012 ●口上 2012 シネコンで20本、WOWOW+NHKBS+イマジカBSで181本の映画を 観賞しました。ちょうど201本ですね。まあ、よく観た方でしょうかね。しかし歳と 共に忘れっぽくなり、年初に観た作品などは内容がよく思い出せないものも。(泣)...
第8回(2012年)シネマ停留所映画賞 (或る日の出来事)
すっかり高齢、あいや、恒例となった、知る人ぞ知る、ほとんど誰も知らない我がHP名を冠した映画賞がいよいよ発表!
2012年・映画館で観た映画・好きな順  (或る日の出来事)
昨年(2012年)の劇場観賞映画すべての、個人的に好きな順の順位発表!
2012年を振り返って (映画の話でコーヒーブレイク)
今年も、昨年2012年の映画総決算です。 昨年は映画館で45本、DVDで83本の計128本の映画を鑑賞しました。 そのうち日本映画は3本、ドキュメンタリー映画3本。 映画館に行くよりDVDでの鑑賞が多く、ドキュメンタリーの鑑賞が大幅に減りました(昨年は15本)。 ...
2012年度 年間ベスト&ワースト (Subterranean サブタレイニアン)
新年を迎えた途端に去年のことを振り返る、毎年恒例の後ろ向きイベント“年間ランキング”でございますよ。三が日に食べた餅が見事に体型に反映してるってのも、毎年恒例でございます。 で、ランキングに入る前にこれを言っちゃうのもアレなんですが、振り返ってみると一...