我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

悪人

2010-09-15 12:17:23 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click



受賞の深津絵里だけじゃなく、キャスト全員が素晴らしい

芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを妻夫木聡&深津絵里主演で映画化。

bloggerさんのお勧めもあったし、話題の作品ということで劇場鑑賞。


長崎の外れの小さな漁村に住む祐一は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代と出会う。
逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている福岡の女性殺人事件の犯人だった……。
監督は「69」「フラガール」の李相日。

誰が悪人なのかを問う、とある。
本年度最高の感動作とも謳ってる。
モントリオール映画祭で深津絵里が主演女優賞受賞。これは代表してということだろうけど、妻夫木聡も負け劣らずです。

最悪の事が起こる過程には、様々な負の要素の連鎖反応によって起きていると思う。
事が起きてからでは全て後の祭り。
孤独感、劣等感、なじられたと感じる屈辱感、、、生きていくなかでそれぞれが抱えてきた思いがあるとき何かのキッカケでぶち切れる恐ろしさ。

共演の チャラい最低男を演じた岡田将生、被害者、吉乃演じる満島ひかりのいつもながらの自然な演技もすごく良かったし、


柄本明、樹木希林、宮崎美子、井川比佐志、松尾スズキ、光石研、余貴美子、
と素晴らしい名優たちが脇を固める。


観終えたあと、女子高生たちが「すごいリアルだったよね~!」なんて話してた。

うーん、リアルかな?
映画として面白いし、惹き込まれるには惹き込まれたけど、正直一人一人のキャラにはそんなに感情移入というのはなかったな。
色んな部分で、そこまでやる?!な人物の行動とかセリフとか、、、
細かいところで気になった部分が。


どんな理由があっても、人を殺めたらそれでもう罪人。
もし愛する人や家族が、どうしようもない理由から人を殺したとしたら、
世間的には「悪人」だとしても、自分にとっては「悪人」ではない。



土木作業員の清水祐一は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。
佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代は、妹と二人で暮らすアパートと職場の往復だけの退屈な毎日。



そんな孤独を抱えた二人が、○○○を通して出会う。



6/10(65点)


はじめは、理由なくかっとなって仕返しから殺したのだと思ってた。
でも、いきさつをみると被害者の吉乃自身が 加害者、祐一を罵り、
嘲り、突き放したことへの衝動的な怒りによるもの。


いくら憧れてた人にこっぴどいことされた直後でも、あのシチュエーションだったら突発的に車で現れたあの男を罵るかなぁ。
真っ暗夜道に放り出され帰るあてもなかったんだから、藁をも掴む想いで
とりあえず車に乗せてもらわないかなぁ、何度か会ってる相手なんだし。
とか、
そもそも餃子臭かったり、会話がウザいと思っただけで車から何も
あんな風に蹴り落とさなくても、、、、と思うんだけど

そして祐一と吉乃。
カッとなって。で事件を引き起こしてしまうのは
現代社会でも現実に起こっていることで、、、、

まるでやってないことを自分のせいにされ、「レイプされたとあんたを訴える」
なんて言われたら半分正当防衛じゃないけど、
自分を守るため、頭に血がのぼりやすい人間だったらありえなくもないな
という恐ろしさは感じた。



深津絵里演じる光代は、妹は彼氏がいて幸せそうで 自分は職場と家の往復だけで何も楽しみがなく、、、
本気で誰かと繋がりたいと思ってたのはわかる、
そんな時に知り合った清水祐一という男。お互いが孤独。
一緒にいることで、触れ合うことでその孤独から逃れられるような感覚になる
=恋だと思う というのもわからなくはないんだけど
それが、祐一が事件を起こす前から繋がっている関係だったらまだわかる
どんな人物か、全てはわからないまでも信頼するという意味では。

でも知り合ったのは殺された吉乃よりもあとな上、2回ほどあったくらい。
それでもう殺人を犯したと言う告白にも驚かずに
そちらを信用してむしろ逃亡しようということに至には
真面目な子のわりには軽卒な行動すぎないか、、、、

わたしだったら本当にその話を信じて、好きだと思ったなら
(怖いけど)まず自首を勧めるわ。 それやったらこの話にならないか(笑)
灯台は美しくて良かったけど、あんなところ鍵もあいてて勝手に住めるわけない
とか現実的に思ってしまうのよね。
最後まで祐一と少しでも一緒にいたいと望むその行動。
二人とも寂しかっただけで、実は誰でもよくて、たまたまタイミングがあって
傷を舐め合って、、、、みたいな風にみえてしまった。
光代の人物像が浅かったせいもあるし感情移入は出来ず。

殺された吉乃の父親の行動、ちゃらんぽらんで裕福な家のおぼっちゃまでイケメンくん、
あの言動は極端だったけど、実際あんな若者がいるとしたらあれこそほんとに悪。
自分がした行動の後で人が一人死んだんだから、いくら何でもあんなに無神経でいられるものかな。とか
そこも色々疑問に思うところがあったな。

わたしが一番感情移入してしまったのが、加害者 祐一のたった一人の育ての親であるお婆ちゃん。

樹木希林さんはもう、本当に最高。お婆ちゃんの気持ち、痛い程伝わって来て泣けた。
一生懸命働いてる姿、コツコツ孫のためにためたお金を
怪しすぎる老人狙いの漢方高額売りつけ詐欺にひっかかったり、
孫が消えたあと、病院通いで介護する姿。
くじけそうなお婆ちゃんへのバスの運転手さんの、短いけど力強い励ましに感動。
殺害現場に揺らめいていた祐一にもらったスカーフが切なかった。


祐一も、人殺しをしたことで「悪人」になってしまったのだけど、
みかけはただなんとなく変えたくて金髪にしてみたというだけだったり
もともとは家族想いだし、
車から蹴り落とされた吉乃に純粋に乗せてあげようとしたり、
灯台では光代のかじかんだ足を温めてあげたりと優しい気持ちを持っている子。

だからこそ、ラストでは 光代を共犯にしないためにあんなことに...。
そして本当の気持ちは その手の先に...。





公式サイト
悪人     2010年  日本    139min
9月11日より、公開中~





一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (40)   Trackbacks (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミレニアム2 火と戯れる女/Mi... | TOP | キス&キル /Killers »

40 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
「悪人」観ました。 (シン)
2010-09-15 14:24:16
migさん、こんにちは。僕も「悪人」観ました。でもmigさんのような深い見方はできず、ただ単純に「何が善で、何が悪かを知るにはいい映画だなぁ。」と思ってしまいました。
確かに祐一に会ったばかりの光代が、あそこまで祐一について行くのは、現実的には不自然だなぁと思いました。
それにしても祐一は実社会では悪人かもしれないけれど、本当は悪人じゃないなぁと思いました。
善悪を考えるきっかけとして、周りにお薦めしたい映画ではあります。
う~~ん・・・ (マリー)
2010-09-15 14:37:38
こんにちは~~♪
「君が踊る、夏」の方を先に書いちゃって、まだレビュー書いてないの。

やっぱり私も感情移入は出来なかった・・・
大体、いつもこういう孤独な人達の物語見て思うのは、自分が孤独であるかそうでないかっていうのは自分自身の気持ちの持ちよう。職場と自宅の行ったり来たり、単調な日々の積み重ねが・・・っていうのを見ると、はがゆくなって・・・
待ってるだけじゃダメ。自分から何かアクション起こさないと、人生変わらないよね?
何かをみつけようと出会い系へ・・っていくのがなんだかな~~なんて思ってしまって。

はなからそんな気持ちで見てるから、余計感情移入は出来ず><;
ただ妻夫木くんや深っちゃんの演技はよかったと思うし~脇の方々もよかったよね~~。
被害者役の満島ひかりちゃん?絶対女子から好かれない子をうまく演ってたし~。岡田くんもチャラ男っていうか、出来の悪い子が合ってた~。
奇林さんに関しては、もう完璧!!

登場人物がみんな哀しい人で、切ない想いが残った映画だったわ・・・
やっぱり「君が踊る・・」の方が好き(好みの問題で~す)
こんにちは♪ (yukarin)
2010-09-15 16:02:23
観たんですね^^
そうそうキャスト全員が素晴らしいですよね。
私も樹木希林さんが一番印象に残りました。
悲しみがすごく伝わってきました。
バスの運転手さんの言葉が良いんですよねぇ。
こんばんは (ノラネコ)
2010-09-15 23:27:09
孤独なアラフォー男子としては、がっつり感情移入しました。
とにかく他人との繋がりを感じたい、理由はもう後付でかまわないというのはよくわかります。
実はこの人たちって自分を愛したい人たちなんだと思います。
だから殺人犯を愛しちゃった私でも、それが自分を認める切欠になれば肯定できちゃう。
まあ作劇的にもう少し突っ込んで描いても良いのにという部分は確かにあります。
そのあたりは素晴らしい役者のパワーでカバーされているという感じですね。
お久しぶり♪ (SOAR)
2010-09-15 23:35:20
けっして“リアル”な作品ではないと思いますが、migさんおっしゃるところの“負の連鎖”の様子には妙に現実味がありましたよね。
個々の出来事なり行動は不自然でも、展開自体はありえない話じゃねぇな~みたいな。

感情移入できそうなキャラがいそうでいないのがちょっと残念でしたね。
こんばんは☆ (ビーム)
2010-09-15 23:39:00
「悪人」気になるんですけど、地方のここは上映しないみたいで><
したとしても11月ぐらいかもしれませんがw
自分は観るとしたらレンタルかなぁ・・・

内容は重そうですね。
写真見てるだけでも伝わってきます。

個人的になっちゃいますが、樹木希林さんのお婆ちゃん姿が
死んだお婆ちゃんとめちゃ似てて驚きました!
なんか懐かしくいろんなこと思い出してきました。

って、映画と全然関係なくすいませんヾ(;´▽`A``
Unknown (q 俳優達は素晴しいけど)
2010-09-15 23:40:29
qを闇討ちしないでね
・・・駄目だったなぁε~(・ε・`*)ゞフー  私って世間の「感激」から離れてるのかしら・・・
この作品って家族、愛、日常、平穏、人間関係、人の弱さ、強さと多々描いてって非常に考えることが多い。
でも映画になったらどれも浅くて正面から描いていなかった
深く堀り下げていなくて・・・
物足りなかった
ま。q自身が「殺人をこの世で1番許さない事」だからって事が大きいんだけど・・・周りに「被害者、家族」がいるから尚更シビアに観たかな
事件の発端となった犯罪を愛の逃避行
加害者と共に逃避行する光代に焦点
寂しさを互いに埋め合わせる「自己愛」
イミフだ(*σゝ皿・)σYO☆
出会い系で知り合って、あんなんなるか~~~~(◎¬(ェ)¬)ぶぅ
どこがリアルなんじゃぁぁぁ

役者さん達はもー素晴しいよね♡
柄本明氏といい樹木希林サン 松尾スズキ氏、♬♫♥(๑◕ܫ◕๑)♬♫イイ
「大切な人がいない人間はダメだ」
響く言葉だったなぁ
Unknown (KLY)
2010-09-16 00:29:49
うーむ、携帯で観てあれって思ったから「ミレニアム2」にもう一度TBとばしてみたけどダメみたい…。でこっちもだめだ><;
他のgooブログさんはいいのになんでだろう?

人が人を好きになるのに時間は関係ないのかもしれないけれど、私も光代がそこまで祐一に入れ込むにはちょっと彼女の背景描写が少なすぎる気がします。寂しい女性だというのは解ったけどそれだけじゃ弱い。
ただ、光代の役柄と深津さんが驚くほどマッチしてたのはあると思うの。だからそのマッチングの良さとの併せ技で光代が完成していた気がします。
個人的には圧倒的に柄本明。この人凄いですわ。ほんと演技派です。
今日観ました。 (562_1992)
2010-09-16 00:55:58
こんばんは。『悪人』観てきました。

泣くとこまでは行かなかったけど、
レディースデイという事もあり周りでは
グスグス鼻をすすっている人がチラホラ。

なるほど、migちゃんの言うとおり
所々ツッコミどころはあるものの、
私はなかなか良かったです。

誰が本当に悪人なのか…
確かに考えさせられました。というより、
加害者だけが悪人ではないんだよ、と
あえて言われている様でした。
悪人とまでいかなくても、周りの人達
それぞれの身勝手さも描かれており
主役2人が綺麗に描かれ過ぎな気もしますが…

岡田くん・満島さんがあそこまで
憎たらしいと感じるのも2人の演技力ですねw
主役2人の他、脇を固める役者さん達が
素晴らしかった!原作本はこれから読みます。




善人 (hino)
2010-09-16 08:34:43
migちゃん、おっぱー!!
どしゃぶりだねー。
一弾送って、第二弾め、これから送りに出ます~。
娘の同級生は雨の日、高速道路に乗って来るんだって。ええ~~っ@@

昨日水曜日なのに仕事日だったので、映画行けなかったー。

好きなテーマだけど、悪人、やっぱり本で読もうっと。でDVD待ち。
妻夫木くんは、私がちゃんと知っている数少ない俳優だし、好感持ってるよう。

足下気をつけてね!!
☆シンさん (mig)
2010-09-16 16:26:02
こんばんは★

ツイッターだけじゃなくこちらにもありがとうございます♪
深い見方ってわけではないんですけど、
いろいろ思うところもありました、
そのまま書いちゃった感じですけど
全体的に面白かったです、キャストも皆素晴らしいし一見の価値ありますよね!

そうですね、悪人じゃない、けど
人を殺してしまったことは正当化出来ないから、、、悪人じゃなくても行為は悪ですね。
(加害者の家族のことを思うとなおさら、、、、)
マリーさん☆ (mig)
2010-09-16 17:33:29
こんばんは♪
うん、全くそうだよね~、待ってるだけとか寂しいとか自分の気持ちのもちようでかわるものもあるよね。

だからこういうのを目の当たりにみてるとやるせなかったり。。。
実際、出会い系で知り合ってる人も多くいるんだろうし否定はできないけど
私も怖いなって思う、ちょっと難しいね。

感情移入でいえばやっぱり お婆ちゃん。
苦労して育ててきて、息子のように可愛がってた子が加害者になり一瞬で加害者の家族に。。。。

マリーさんの感想楽しみにしてるね!
こんにちは! (たいむ)
2010-09-16 18:21:59
出来れば余所の出来事で・・・でずっといたいけれど、身近でおこるとどうなるんだろ、とか思ってました。
寂しい人たちがいっぱいでしたねー。望んでそうなってるわけじゃないのに、切ないっす。
話題だけど・・・ (ノルウェーまだ~む)
2010-09-16 20:31:01
migちゃんは、あまり感情移入できなかったんだね。
内容だけを聞いていると、2時間ドラマスペシャル「湯けむり 愛の逃避行」くらいなんだけど、やっぱり賞を貰うほど、その演技力が断然違うのかな?
すごい気になるぅー

昨日は私アレルギーの全身症状がひどくて、一日死んでいて、寝たきりだったの・・・1mmも起き上がれなくて。
ご飯もようやく食べました。(汗)
☆yukarinちゃん (mig)
2010-09-16 22:44:00
こんばんは♪

運転手サンも良かったよね、ああいうさりげないひとこと、すごく勇気出るよね。
そう、お婆ちゃんはなにも悪い事してないけど加害者の家族ってだけで重い荷全員が背負うことになる、、、、
ホントの母親(娘)も酷かったよね、、、
お婆ちゃんが可哀想で可哀想で(涙)
二人の愛とかなんかよりそっちに気持ちいっちゃったのー
☆ノラネコさん (mig)
2010-09-16 22:47:20
こんばんは☆
ノラネコさんのイメージが何年お話しててもまだ掴めないのですが(笑)

孤独な二人、そうですね~
でも孤独に感じるかっていうのは自分の問題でもあると思うんですよ、ある程度は。
外とコミュニケーションとろうと思えば、自分から変わろうとすれば変われることで、本当に天涯孤独で友人作れる環境にないとかでなければ。
でもそれはおいといて、
おっしゃる通り、役者さんたちの素晴らしさで細かいことはカバーという感じですね、うん。
☆SOARさん (mig)
2010-09-16 22:51:16
こんばんは☆お久しぶりです~

うんうん、全くそうですね。
ありえなくはないし、こういう風に出会って殺害とか、実際の事件でも惨いのがありますもんね。。。
だけど、残された家族のことをテーマではなくてやっぱり焦点は出会った二人の恋愛部分なんでしょうね。
私の好みでいえば、事件自体の方に焦点をあてているような感じのほうが好きかな。あ、好みの話しても仕方ないか(笑)
☆ビームさん (mig)
2010-09-16 22:52:59
こんばんは☆ううん、カンケイない話じゃないよ、

劇場でなくてもいいと思う、DVDになったら是非みてみてね。
そっかぁ、お婆ちゃんこの樹木希林さんに似てたの??
じゃあ泣いちゃうんじゃないかな。
わたしも泣けてきちゃったのはお婆ちゃんの姿。。。
☆qちゃん (mig)
2010-09-16 22:58:07
こんばんは☆
これは感動作とかいうのはちょっと違う気がするよね。
もちろん人がどこに感動しても不思議じゃないしそれぞれツボは違うんだから一概に言えないけど

qちゃんは悲しい経験をしたことがあるのね。
重く、暗く、丁寧に2時間半もかけている作品だから、光代の過去の葛藤とかもうちょっとあっても良かったのかも。
でもテーマが色々つまりすぎだったのかな。
私は否定してないけど、感情が入り込めなかったのは確かで。
お婆ちゃんだけは唯一 ぐっときちゃって。悲しくて。
お金だまし取られるところとか、あんな大金じゃなかったとしても実際にお年寄り騙すの、田舎の方ではよくあることらしいし。
樹木希林さん、、、改めてすばらしかったなぁ。
★KLYさん (mig)
2010-09-16 23:01:43
えー??何でだろう??
私のキーワード設定もみてみたけど
下ネタ系のワードしか入れてないよ!?
あと金融系のワードはひとついれてるけど、、、
ともやさんも入らないみたいで。
でもKLYさんのは他の方のところでもKLYさんのが入ってないとこいくつかあったのでおかしいな?って思ってたの。

>人が人を好きになるのに時間は関係ないのかもしれないけれど、私も光代がそこまで祐一に入れ込むにはちょっと彼女の背景描写が少なすぎる気がします。寂しい女性だというのは解ったけどそれだけじゃ弱い

まさにそれ同感、

柄本さんも良かったし、樹木さんも。
俳優陣が名優だらけでびっくり☆

☆562_1992ネコちゃん (mig)
2010-09-16 23:08:03
こんばんは☆

ネコたんも観ていたのね!そっか、レディースディだからなのかな?

私のところではヒルズの劇場で広いのに殆ど満席状態だけど誰も泣いてなかったなー?あはは。

ただお婆ちゃんのところでは涙でてきちゃって。
それは、祐一め!っていう責める気持ちじゃなく単純に感情移入してしまったの、自分の家族におきかえたのかも、、、。

>周りの人達
それぞれの身勝手さも描かれており
主役2人が綺麗に描かれ過ぎな気もしますが…

うん、被害者の子もあんな風にいわなくてもっていうのがちょっと極端だったかなーぁ。

あ、今読んでるのってもしかしてこれの原作かな??
わたしもアメクラ今日中にみないと明日は観れないから大変だ!(笑)
またあとでね~☆
☆ゆきえちゃん (mig)
2010-09-16 23:12:50
こんばんは☆
今日はやっと涼しくなったけど雨でうんざりだったよ~。
天気で左右されるわたし(笑)
雨の日は送り迎え???
母親は大変だね~☆ご苦労様

うん、DVDでみるといいかも。
私的にはきっと本の方がいいんだろうなって気がしたな、それぞれの言動とかってでも映画も忠実なのかなぁ?
ゆきえちゃんが次劇場で見たいのは何なのかな?
☆たいむさん (mig)
2010-09-16 23:27:39
こんばんは☆

うん、事故のような殺人だったけど、やってからじゃ遅いんですよねー、
家族まで加害者の家族ってなってしまうし。
どうしても私の場合、深津絵里との恋愛部分よりもそちらに着眼してしまうのでした。

☆まだーむ (mig)
2010-09-16 23:30:52
さっき書いたけど、アレルギー?大丈夫!?

無理しちゃ駄目よー!

うーん、感情移入という意味でははいっていけなかったの。
お婆ちゃんだけは思い切り移入しちゃった。
まだ~むの感想はどうかな。
でもきっと良いっていうと思う。この映画。

>2時間ドラマスペシャル「湯けむり 愛の逃避行」

笑える!さすがまだーむ。(笑)
そんなちゃっちなストーリーじゃなかったけどね、さすがに
あ、でも二人の逃避行はそれに近いものがあったかもー!
なんだかとってつけたような。。。?
(感動したひとには御免なさいだけど)
こんばんは~☆ (kira)
2010-09-17 21:34:06
同情すべき殺人者って、現実にはきっといると思わせる内容でしたよね。
殺意なんて微塵もないひとに、
罪を犯させてしまう。
人の中に巣食う悪心、が不幸の連鎖を呼ぶ。

「手紙」とか「献身」を思い出しちゃった。
解りやすい、いい演出、脚本。
キャストも凄く良かったと思う。
ただmigちゃんのいうように感情移入は出来にくいテーマではあるわね
リアル (にゃむばなな)
2010-09-18 19:48:46
migさんは出会い系サイトを利用されたこととかありますか?
私は昔利用していたことがあるのですが、その時の気持ちというのはこの映画における祐一や光代とほぼ同じ。
これは経験したことのある者しか分からない感情なので、恐らくその高校生たちも私と同じ出会い系サイトを同じ理由で利用したから、リアルだと感じたのではないでしょうか。
kiraさんこんばんは★ (mig)
2010-09-18 22:12:25
そうですね~、
でも実際に、事件を起こす人のなかには、
ついカッとなって。って理由の人も多いし、
人間誰もがやらないとは言えないのかもしれないけど、そこでセーブ出来るか出来ないか、なのかなぁ。
あんなこと言われて頭に血がのぼるのもわかるんだけど殺しちゃうだものね。

キャストはほんと皆良かった!
にゃむばななさん (mig)
2010-09-18 22:16:19
私はないですよ。怖いですもん。
へぇにゃむばななさんはあるんだ~

いやいや、そんなところの共感じゃなかったですよ、二人の愛にではなく
彼女たちの好きらしい俳優、岡田くんウザイという女の子の行動のあたりの話をしてましたね。
寂しい=誰かと繋がりたいって気持ちはわかりますけどね。
migさんへ、、、、。 (mezzotint)
2010-09-22 09:36:20
こんにちは♪
深津さんだけでなく、皆さん素晴らしい
演技でしたね。
お話そのものよりも、撮り方に興味が
沸きました。
☆mezzotintoさん (mig)
2010-09-23 10:52:45
おはよう~です♪

こちら朝から大雨&雷です、そちらはどうですか???

そうですね~感情移入はお婆ちゃんにしか出来なかったけど役者さんたち皆素晴らしかったですよね☆
そもそもリアルとは (クラム)
2010-09-25 23:40:09
本文とコメントを拝見していると、
女子高生の「リアル」発言と、migさん自身の感情移入がキーワードになっているようですが、
まあ、女子高生がのたまう「リアル」はあまり深い意味はないでしょう。

でも、実は「リアル」って何なの?と思うところはあるんですよね。
現実に不可解な事件が起きたり、理解し合えない人や国(!)が存在する以上は、
おそらく判断不能ということで。

感情移入という点では、やはり女の子を持つ父親ということで被害者の父になります。
ただ一方で、出会い系なんやらあたりにも一定の理解はできました。
あと、大学生が佳乃を放り出した場面。
「ああ、うざい!」っていう気持ちになるの、結構分かるんです。
問題はそれを行動に移すかどうかということで、その辺りは私の記事をご覧ください
☆クラムさんおはよう~ (mig)
2010-09-26 09:48:17
あ、クラムさんはコメ欄全部読んでくれてるんですよね☆
女子高生のはそうですね、単に軽いノリで言ったセリフでしょうね~

うん、リアルはいろんな部分で難しいかもですね。
自分のこれまでの経験によって人それぞれかわってくる価値観と似てるかな。

父親に感情移入、子を持つ親としてそうでしょうね、
おばあちゃんも同じくでは?
でも父親、とりあえず諸悪の根源になった男のもとへ行けるから行って直接言いたいことは言えたけど、
怒りの矛先はそこだけじゃなく
当然犯人にだってもっとむくんじゃないかと。
でもそこはカットというかはずしてましたね。
二人の逃避行だけがやっと理解し合えたもの同士、みたいに美しく描く所が一番私が好きじゃなかった部分なんですよね~。
記事あとでいきますね☆
やっと見ることができて ()
2010-11-07 01:24:30
そして満島ひかりさんが結婚!

自分は園子温監督とくっつくと思っていたので・・・
☆谷さん (mig)
2010-11-08 10:03:43
おはようございます☆

満島ひかりちゃん、、、結婚した監督は
ぴあ出身なんですよね~。
(うちの弟が今年グランプリで、そこのデビュー争いで今新作撮ってます)

キャストが皆良かったですね。
悪ニンニク (佐賀屋伍一)
2010-12-13 19:11:58
migさん、けっこう冷静に分析してるね・・・ きっと登場人物の一人でもそういう風にクールになれたなら、このお話は成立しなかったと思う(笑) きっと九州には感情とか思い込みの激しい人が多いんだろうな~ ・・・とこれは偏見か(^^;

祐一くんには同情するけれど、逃亡中まったくおばあちゃんのことを思い出している様子がなったので、「少しはきづかってやらんかい! お前のために大変な目にあってるんだから!」と思いました(笑)
☆伍一くん (mig)
2010-12-14 10:43:18
外から携帯でみたとき、悪ニンニクって
にんにく会社(ニンニク卵黄とか)からの
勧誘コメントかと思った(笑!そんなの来たことないけど)

そうかも、私けっこう冷静にみるねー、
確かにお婆ちゃん、相当可愛そうだったからねー
私の感情はお婆ちゃんに全て移入されましたわ(笑)
どんな理由にしろ、人殺すのは最悪って思うのよ。
あ、でも身内殺されて復讐とかならOK(って言ってる私、怖いね  アハハ)
湯煙り逃避行 (ノルウェーまだ~む)
2011-01-03 17:26:54
migちゃん、機内で見た映画だけど、今年の初レビューになったよん。
前に「湯煙り逃避行」とかふざけたこと書いていた私だったけど、いやはやずっと重みがあったね。
migちゃんは、感情移入できなくてそれほどでもなかった…ということだったけど、私は佳乃のパパさんに感情移入できたわ。
女子高生が「リアル~」って言ってたとすると、きっと佳乃の立場なんだろうけど、そういう点でも、人との付き合いが希薄な人が多いんだろうね。
私は祐一と光代の逃避行も、アリと思うよ。寂しくて出口が見つけられない人は、案外多いんだと思うな。
まだ~む♪ (mig)
2011-01-04 00:58:33
初レビューお疲れサマ☆

アハハ、そうだったっけ?!
そうだよ、重いよ~(笑)
でもさ、深津絵里がとっぴで変な人過ぎだよね?

うん、パパにもお婆ちゃんにももちろん移入しちゃう。
問題は深津絵里なのよね~私は。
いくらどんな理由あっても人殺ししたひと簡単に信じて愛しちゃうんだよ~。
誰かにすがりたいって想いだけなんだろうね、きっと。誰でもいいんだろうな、
それを愛と呼ぶかということだよね。


Unknown (映画人)
2013-01-26 21:09:13
この映画で殺された女性は実在の人物をモデルにしてるのかもしれません。
かつて暴虐の限りを尽くした北方計子という老婆がいて、周囲の人みんなに嫌われていました。
顔も醜く性格も唯我独尊タイプ。
このような悪人は殺されても仕方ないのかもしれませんね。
映画人さん☆ (mig)
2013-01-26 21:44:03
なるほどそうなんですかね?

ラストの方で、2人の愛みたいなの描かれても、
うーんって感じでした。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

41 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「悪人」、深津絵里の傷だらけの演技 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
善悪よりも、人間の弱さや醜さが主な登場人物それぞれにある。この映画を見終わると、自分がいつこういう立場になるかわからないと共感できる。楽しい映画ではないが、問題意識の確認のために見ることをお勧めする。おそらくハリウッドがリメイクして、少し上映時間を短く...
映画「悪人」@朝日ホール (masalaの辛口映画館)
 今回はyahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれました。客入りは女性客を中心に9割くらい。   【送料無料】久石譲/悪人【CD】 映画の話 若い女性保険外交員...
悪人 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/09/11公開 日本 PG12 140分監督:李相日出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、宮崎美子、樹木希林、柄本明なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?若い女性保険外交員の殺人事件...
悪人 (Akira's VOICE)
善くもあり悪くもある。それが人間。  
[映画][2010年]悪人(李相日)※長文注意 (タニプロダクション)
ユナイテッドシネマとしまえん 悪人 日本映画 監督・脚本:李相日 原作・脚本:吉田修一 出演:妻夫木聡 深津絵里 岡田将生 満島ひかり 樹木希林 柄本明他 撮影:笠松則通 音楽:久石譲 主題歌:福原美穂 美術監督:種田陽平 プロデューサー:川村元気 仁平知世 ...
『悪人』 大切な人はおるね? (映画のブログ)
 上手いなぁ。  『悪人』で、深津絵里さんが自転車で畦道を走るシーンを見ながら、そう思った。  片手で傘を差し、片手でハンドルを握り...
『悪人』 ('10初鑑賞121・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 9月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:00の回を鑑賞。
悪人・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「悪人」とは、何ともド直球なタイトル。 多分に韓国映画の影響がありそうな気がするが、最近の日本映画には人間の心のダークサイドにスポッ...
「悪人」 (みんなシネマいいのに!)
 仕事は土木作業員で、年老いた祖父母の面倒見るだけの寂しい生活をしている清水祐一
『悪人』・・・真の悪人は誰なのか (SOARのパストラーレ♪)
原作は未読ながら、ボリュームある小説を一本の映画にするための省略や圧縮の苦労(工夫)が随所に感じられた。登場人物一人一人の描写、さらにはそれぞれの係わり合いの描写がより掘り下げて描かれていればもっとインパクトある作品になったのではないだろうか。またこの...
悪人 (to Heart)
なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一/李相...
『悪人』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「悪人」□監督 李 相日□脚本 李 相日、吉田修一□原作 吉田修一□キャスト 妻夫木 聡、深津絵里、樹木希林、柄本 明、岡田将生、宮崎美子■鑑賞日 9月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
李相日監督 「悪人」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この間、読み終わったばかりの吉田修一「悪人」の映画化作品 今日(9月15日)観て来ましたv(^-^)v あらすじ、ストーリーは脚本も原作者である吉田氏が書いてるので、こちらのレビューでは省きます。 (原作「悪人」のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.j...
【悪人】 (日々のつぶやき)
監督:李相日 出演:妻夫木聡、深津絵里、満島ひかり、樹木希林、柄本明、岡田将生   なぜ、殺したのか。      なぜ、愛したのか。 「長崎に住む祐一は車で博多までやってきて待ち合わせをしていた佳乃に合うが、目の前で他の男の車に乗られてしまう。頭に
「悪人」みた。 (たいむのひとりごと)
例によって原作は未読なため、予告編から判っているのは”逃亡劇”だということのみ。しかし、主演から脇の脇まで実力派俳優陣がそろっているこの映画。単なる逃亡劇でなさそうなのは予告編からでもジワジワと感じら
「悪人」 (2010 東宝) (事務職員へのこの1冊)
監督:李相日 原作:吉田修一 脚本:吉田修一、李相日 音楽:久石譲 出演:妻夫木
■『悪人』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、李相日監督&脚本、吉田修一原作&脚本、久石譲音楽、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明出演。
真実が潜む場所。『悪人』 (水曜日のシネマ日記)
モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した作品。九州で起きた殺人事件の被害者と加害者を取り巻く人たちの物語です。
淋しい人間が多過ぎる~『悪人』 (真紅のthinkingdays)
 長崎の寂れた漁村に祖父母と暮らす祐一(妻夫木聡)は、解体作業員として働く 孤独な青年。彼は出会●系サイトで知り合った保険外交員の...
映画「悪人」 (FREE TIME)
注目の映画「悪人」を鑑賞しました。
悪人 (映画通信みるみる)
「私だけ置いていかんで!」 雨の中、ぽつんと置かれた光代の自転車。 国道沿いの紳士服売り場に勤める光代の前を、 車が人が、通りす...
2.悪人 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 231オープニング土日動員: 19万1296人オープニング土
『悪人』 (こねたみっくす)
まるで夜明けの来ない夜を過ごしているような、一生どこにも行けないような閉塞感。監督の演出で映画はこうも変わるのかと思い知らされる秀作でした。 恐らく第34回モントリオール国際映画祭で深津絵里さんが主演女優賞を受賞したのも、彼女の演技力以上に、この映画に漂...
悪人 (だらだら無気力ブログ)
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを「涙そうそう」の妻夫木聡と 「博士の愛した数式」の深津絵里主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ ドラマ。長崎の漁村で孤独な人生を送り、ふとしたことから殺人者となって しまった不器用な青年と、そんな男と孤独の中...
悪人 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年9月11日(土) 21:30~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『悪人』公式サイト 深津絵里が賞を取ったからか、TOHOシネマズで延々と予告編を流していたからか、初日とは言えレイトショーの終映が12時だというのに妙に...
悪人 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
悪人'10日本◆監督:李相日「フラガール」「69 sixty nine」◆出演: 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明◆STORY◆長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってし...
悪人 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  吉田修一の原作は未読だが、なんとなく松本清張を思わせるストーリー展開であった。ヒロイン馬込光代を演じた深津絵里は、本作でモントリオール世界映画祭の最優秀女優賞を受賞したという。確かになにか寂しげで頼りなさそうだが、実はかなり芯の強いハイミス...
悪人 (勝手に映画評)
2010年のモントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を授賞した作品。監督は、『フラガール』の李相日。また、美術監督を種田陽平、音楽は久石譲と錚々たるメンバーがスタッフに名を連ねています。 実は正直、見る行く予定は予定は無い作品でした。ですが、深津...
悪人(2010) (銅版画制作の日々)
なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 東宝シネマズ二条にて鑑賞。本作で、深津絵里さんがモントリオール映画祭で主演女優賞を獲得。凄いですね。ところで深津さん、もう37歳にもなられていたとは驚...
悪人 (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞悪人 2010年/日本/139分 監督: 李相日 出演: 妻夫木聡/深津絵里/岡田将生/満島ひかり/塩...
悪人 (いい加減社長の日記)
なんか、重そうな感じもして、「どうしようかなぁ・・・」と思ってたんだけど。 深津絵里さんが賞を取ったり、ピグとものゆきちゃんから、「実家近くがロケに使われてるから観ろ」と脅されたりで。 金曜日に「悪人 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方...
『悪人』 (+Paraiso*Caprichoso+)
【悪人】STORYひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の悪人か土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒...
『悪人』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:李相日原作・脚本:吉田修一音楽:久石譲出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明公式サイトはこちら。<Story>長崎在住の清水祐一(...
悪人 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同で脚本も手掛けるほどの意欲作。この作品で描かれるのは、他人と理解しあうことなく、孤独な日々を生きている人間たち。彼らは他者との触れ合いを拒絶しながらも渇望して...
悪人 (にき☆ろぐ)
さて、深津さんが賞をもらったことで注目された作品です。私自身みてみたいな~と思っていたんですがやっとみることが出来ました。監督はフラガールの李相日さんですね。あらすじ若...
灯台もと暮らし 吉田修一・李相日 『悪人』 (SGA屋物語紹介所)
もう公開されてだいぶ経っちゃってますけど、先日ようやっと見ました。三つの賞に輝い
悪人 (まてぃの徒然映画+雑記)
深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した作品。モントリオール映画祭って『おくりびと』も2008年にグランプリになっているし、日本映画と相性がいいのかな。祐...
「悪人」善人ではない人 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨年のうちにこの映画は見ておかないと・・・・と思っていた。 深津絵里が最優秀女優賞を取った作品だし。 でも、私は昨年のベスト10には、入れなかった。 確かに彼女の寂しげな表情、ふと見せるやさしい笑顔~~どれも巧いとは思うのだけど・・・・・
悪人 (ここにあるもの)
自分が悪人であることは、誰もが心に秘めているのでは? 俳優たちの表現に釘付けだった139分。日本映画の攻撃力に正直タマゲタ。 吉田修一のベストセラー『悪人』の映画化。原作は ...
『悪人』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 悪人 』 (2010)監  督 :李相日キャスト :妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省 吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同...
「悪人」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作は数年前に読んだことがあるのですが、もう結構忘れちゃっている状態での映画鑑賞でした。