我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

きいろいゾウ 

2012-11-06 11:12:01 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 西加奈子氏が2006年に発表したロングセラー小説を、

「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」の廣木隆一監督のメガホンで映画化。

以前から告知してますが、弟 片岡翔がもともと西加奈子さんの本のファンだったんだけど

本作で偶然脚本のお話を頂き、「キャタピラー」の脚本家でもある黒沢久子さんと脚本を担当 


それで、珍しく 公開前に原作を読もうと夏頃から翔に借りて読んでいた。

ラストは知らないでおこうと残り20頁くらい残したとこでやめておいた状態で

来年2月の公開を前に、一足早くマスコミ試写にてみせていただいた

 

 

 

ツマ、こと、妻利愛子(つまりあいこ)は ときおり動物や植物の声を聞き、話す事が出来る。

この原作のファンという宮崎あおいちゃん、この役を切望してただけあって

うまい、 素朴で ほぼすっぴんでの演技、ハマり役。

童顔で子供っぽい、前髪をわざと短く切ったようだけどツマってこんなイメージ。

 

背中に大きな鳥のタトゥーを入れた、しがない小説家の夫・無辜歩(むこあゆむ)と出会ってすぐに結婚した。

原作読んでる時からふたりをイメージして読んでたし、向井理くんもぴったり。 

雑誌で原作をオススメしていたほど、この本のファン。

 

お互いのことを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う夫婦

ふたりは、結婚してからお互いの大切さに気付く。

これは、シンプルな愛の物語

 

 

田舎でのんびり暮らし始めるが、ムコ宛に届いた1通の手紙をきっかけに、ふたりの気持ちは大きく揺らぎ始める。

それでも分かり合おうと思い悩むふたりは、実は幼少期に読んだ“きいろいゾウ”という絵本が結びつけた運命の関係にあった。

田舎のおばあちゃんのところに遊びにきていた、ツマに淡い恋心を抱く不登校の少年・大地に

濱田龍臣くん。

本作でデビューを飾る姫香ちゃん は、大地に積極的なアプローチをかける自称ジェニーこと、洋子。

「家政婦のミタ」の望結ちゃんは、心臓の病気で入院していた幼少期のツマに。

 

ベテラン陣では、ズボンのチャックを常に開けぱなしのアレチさん役に柄本明、

その妻・セイカさん役を松原智恵子。

ムコが背中に鳥の絵を入れるキッカケをつくった夏目緑を緒川たまき、その夫をリリーフランキーが演じる。

 ほか、大杉漣、柄本佑、安藤サクラ、高良健吾が動物の声で参加。

 

 

ネタバレありレビュー

 

 原作を先に読んでると、イメージが出来上がっちゃっててそこを壊されてしまうってなる場合もあるけど、

その逆で新しい発見や、印象がより鮮明に膨らむ場合もある。

 

けっこうわたしの場合、映画の方がいいことも多いんだけど、

このシーンはこんな風になったんだぁっていう喜びや思いがあったり、

わたしはそこまでこの原作に思い入れなくとくに感動するってほどもなく普通に読んでたんだけど、

頭のなかでイメージしながら創り上げてた、家の中や田舎の風景、

食卓のシーン、庭の様子、ご近所のアレチさんやセイカさん、大地君とのやりとり、

2人の会話、、、、、

 

実際映画化すると、読んでる時はモノクロだったそれぞれのシーンに、綺麗な色が着けられて

色彩を放って輝き出すような そんな印象をもった。

 

劇中、ふたりが子供のころに読んでた「きいろいゾウ」は、

西加奈子さんのイラストが実際に絵本となって発売されてるんだけど、

そのゾウに乗って子供のころのツマが旅するところや大きなお月様のシーンなんて

CGだったらしらけちゃうなって思ってたら、ちゃんと西さんの絵が入ってうまく

素敵に描かれてた

 絵本の内容は、お月様の光の粉を浴びた黄色い体で、 いつも気ままに空を飛んでいるゾウがいた。

女の子と遊んであげるため、一晩だけ、 地上に下りてきた黄色いゾウ。

夜が明けると、灰色の、空をとべない 普通のゾウに戻ってしまう。

 

日記ばかりで、自分とは会話も上の空になっているムコさんをみて

寂しくなり、どこか遠くにいってしまうんじゃないかという不安を抱き出し

精神的にもろくなるツマ。

つらい過去に目をそむけてなにげない生活に満足して生きて来たムコ。

ある手紙が来たことで、過去に向き合って自分の中のなにかと決着をつける。

 

 

原作の小説の中では、日記の部分が食べ物の詳細までかかれていたり、

やっぱり描写が細かいんだけど、そういう箇所はうまく省き、

大事なセリフには、翔が原作にラインをひいていた部分そのまま残してあり

忠実に描いていた。

セリフは大事。とくに2人は舞台が三重県で撮影もし、関西弁を喋る。

 

後半、ムコが2週間、東京へ行くことになり

嫌でたまらない不安と複雑な心境を抱えたツマが、台所の蛇口を出しっぱなしにし、

それをムコが閉める。そして強く、かたくにぎられたムコの蛇口の上にかぶさった手に

がつんがつんとガラスのコップや食器をぶつけるツマ。

血が出て痛がっているのに。

 

このシーンはとくに2人の気持ちを現していた。

 

ムコさんの背中の鳥が羽ばたいて、その羽が、

カラフルな羽が、遠く離れたツマのもとに舞落ちる。

なんか、感動っていうんじゃないんだけど じんわりラスト近くでうるうるした。

 

妻のセイカさんを想うアレチさんの泣き顔、

愛した娘が忘れられないせいで自分を見失っていく女性と、その妻を支え、心から愛する夫。

小学生の大地君と、その大地君を一途に好きな洋子。

 

いろんな愛のかたち。

 

 

過去にとらわれていたことから解放されて、一番大事なものに気付くムコさん。

大事なものは、そう。そばにおいていつも大事だよって伝えなくちゃね。

ほんとにツマが大好きだっていうムコさんの思いが、こちらまで届いた

 

ゴスペラーズがこのために書き下ろした「氷の花」もさりげない名曲

 

 

 8/10(85点)

 

めちゃくちゃ泣けるとか、感動!とかいうんじゃないけど

ほっこりしたあったかい愛。

原作を先に読むもよし、映画を観てから読むもよし

 

 

まだ朝は肌寒い4月に、早朝6時青山に集合でエキストラ出演してきた。

青山通りのカフェにて。お弁当とお茶が支給されて。

 20人くらいはいたけど、わたしと一緒に座った設定の猫目衣装担当の香織ちゃんだけが

エキストラとしてはちゃんとほんの数秒映っただけでその2時間かけたシーンは終わっちゃった。

ホイチョイ当時に参加した「メッセンジャー」でのエキストラもちょこっとだったし 

今回も想像はしてたけど

まぁそんなもんです★かなり後半の方のシーン。

しかしあのシーン、ムコさんのセリフもけっこうあったけどだいぶ省かれちゃったのね。

非売品のきいろいゾウのエコトートバックいただいて。いい思い出

 

公開日は、2月2日ってことで夫婦の日。

ぜひ公開したら、大事なひとと、もちろんお一人でも。劇場で観てください~

劇場で前売り券購入すると、可愛い きいろいゾウストラップもらえるよ♡

公開したらもう一度観に行きます♪

 

 公式サイト 

きいろいゾウ   2013年   日本     131min

2013年2月2日より、新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほかにてロードショー


『きいろいゾウ』特報

 劇場にて発売中☆お早めに。可愛いよ

 


 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (55)   Trackbacks (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トールマン / THE TALL MAN | TOP | 希望の国 / The Land of Hope »

55 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hino)
2012-11-06 14:51:40
評価いいねー!!
本持っているのに、まだ読んでいないけど
いつ読もうかな。公開前か、後にするか。。
うちみたいに冷えた夫婦にいい話そう?誘って行こうかな。
監督とか脚本の違いがよくわかんないけど、翔君活躍なのね?!

余命一ヶ月、雷桜、キャタピラーは観たよ!

私の職場での女性監督が来年クランクインの作品に、恋の罪に出てきたあのいかれた役をした女優を起用したんだって。俳優っていろんなところで仕事しているんだねとびっくりした。


来月のイベント?まだーむにちょろっと聞いたけど土日は全部シフト入ってた。またもや参加出来ないみたい。
でもー、今月行くねー!!会えるねー!!

釜石の遺体安置所につめた作家が書いた本「遺体」っていう本が映画化され来年クランクインだそう。知っているかもだけど西田敏行が出てる。辛いかもしれないけどわが故郷が舞台、観なくっちゃ。でも、辛いなあー。

今日はお休み?

2本くらい自宅で映画観たいぞよー。
エキストラ! (ノルウェーまだ~む)
2012-11-06 18:19:47
migちゃん☆
ちょっとだけ映っているって言ってたけど、しっかり映っていたのは香織ちゃんだけだったのー?
狙ってそこにしたのかな?(笑)

新婚の翔さんらしいほっこりとした作品なんだね。
いまの気分にぴったりなのでは?

「余命~」も「雪桜」もどれも見た事ないからちょっとだけ心配。読んでから見たほうがいいかなぁ?
ゆきえちゃん☆ (mig)
2012-11-07 00:04:06
立て続けにありがとうね。
ヒサシブリで嬉しいナ。
監督は、もうお年の名監督で、翔は原作ありきの上での脚本。だから難しいとこもあると思うんだけど、、、もう一人の方が事情で翔がけっこうかかわったんだけどうまく脚本にしたと思う

へぇ!すごいね、恋の罪のあのアブナイ女性ね。
インパクトあるよね、あの女優さん。
そういえば園子温のはまだupしてないな~
あんまりよくなかったから書くの面倒 笑
あのゆきえちゃん読んでた本!
そうなんだーなんでも映画化の時代だよね。
興味あるわ、、、
今日はさっき帰宅で忙しい一日でした★頑張ったよ♪
会えるの楽しみヨ
まだーむ★ (mig)
2012-11-07 00:08:42
メールでも書いたけど逆ね、私がしっかり映ってたの
しかも一人だけ。笑
香織ちゃんは横ちらっとむいてた
配置は言われた通りで。向井理くんと龍臣くんのシーンですぐわかるよ

翔の脚本だけど原作があるからね、忠実だし
セリフもそのままだったりで
でも世界観はちょっと翔映画に近いとこあるかも。
読んでからじゃなくてもいいけど、私は映画の方が好きだな~
こんばんは♪ (yukarin)
2012-11-07 00:10:14
翔さん脚本なのとmigさんを探せ!で観に行くつもりだけど、
内容がふだん観ないタイプのお話なので....大丈夫かなー。
一応こっちでもMOVIXで上映あるのを友人から聞いたんだけど前売りはないみたい...残念。
yukarin★ (mig)
2012-11-07 00:22:01
アートな映画でもないし、娯楽作でもないけど
あったかくなる、可愛くていい映画だよ!
だからyukarinもきっと好きになってくれると思う♪
わたしは知ってる人ならすぐわかるよ 笑
自分でみても画面てよけい丸顔だなぁって 

前売りはせっかくタダでつくから今度こっちくるときかってみて★新宿ピカか、渋谷パルコの上の劇場で買えるよ♪
観たい! (yue)
2012-11-07 01:17:34
早く観れてよかったね。
ほっこりストーリーなのかぁ♥
翔が書いたとういだけあって気になるな~
うちら帰国した後公開だな。タイミングが;;
ヒットするの間違い無し!して欲しいね!!

これから鍋して、空手レッスンだよ!!!
yue★ (mig)
2012-11-08 10:13:55
うん、ほっこりいい話だよー
翔がかいたといっても原作あるからね
でも本を短くして脚本家するのも大仕事だね。
自信もってオススメできるよー
あ、帰国したあとかぁ、、、
一般試写だったら1月半ばくらいだね
yueのカラテ、想像つかない 笑
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2012-11-09 11:22:57
鑑賞予定ですので、ネタバレは読まないでおきますね^^

原作は未読ですが、雷桜は観てますし、
結構好きでした!
翔さんの脚本ですし、migさん出演なので、苦手な邦画ですが<笑>鑑賞したいと思います♪
あれ~~<泣> (ひろちゃん)
2012-11-09 11:26:36
途中で切れてしまいました<汗>

まだまだ先の公開ですが、絶対に鑑賞します!

が抜けてしまいました<泣>
すみません。。。
待ち遠しいな。 (マリー)
2012-11-10 15:49:37
こんにちは~~♪
独特な雰囲気が良さそう~。

楽しみ~。まずmigさんを探さなきゃ!!
今晩は☆★ (mezzotint)
2012-11-10 17:53:58
migさん

おぉ~エキストラで登場されているんですね!
絶対に観ます!京都でも上映されるので楽しみです。

そうそう翔さん、ご結婚おめでとうございます!
花嫁さんも可愛い方で、とてもお似合いで。
脚本も手がけられて何だかおめでたいことばかりですね。
2月2日上映とのこと、私も今から首を長くして待っています。
西さん大好き (kino )
2012-11-11 00:45:46
原作の西さんが大好きです。
独特な世界で、特にこの「きいろいゾウ」は
前半と後半の趣ががらりと変わる、ひりひりと痛くて
あたたかい物語で・・・映像になるのがちょっと想像つかなくて
映画、観ないだろうな、と思っていたんですが・・・。
migさんの弟さんが脚本を書かれているのなら、
ぜひとも観てみたいです。
ひろちゃん☆ (mig)
2012-11-11 08:52:29
こちらにもありがとうです、
あれ?ひろちゃん邦画ニガテでした??
いっぱい観てるイメージだったけど、、
いやいや私はちらっと映ってるって程度なので
でも、いい作品なので観てもらえたらうれしい!
マリーさん★おはよ♪ (mig)
2012-11-11 08:54:16
一瞬だけどわかると思う 笑
マリーさんも気に入ってくれそうな気がする。
夫婦のすてきなお話☆
役者さんたちも皆よかったよー!
mezzotintさん★ (mig)
2012-11-11 08:56:43
おはようございます♪
私はちょこっと映るだけなのでいいとして、
翔の応援いつもありがとうです
京都でもやはり上映ありますね、
特典付き前売でぜひ♪
キーチェーン、かわいいですよ

かわいい妹がまたひとり増えました
まだ先ですが感想楽しみにしてまーす。
kinoさん★ (mig)
2012-11-11 09:00:41
あら!そうだったんですね。
原作のファンの方の評価はすごく気になるものですが
西さんからも、原作ファンの宮崎あおいさんからも
太鼓判?いただけたようなので良かったです、
まさにkinoさんがおっしゃってるような世界観そのものですね、
痛くてあたたかいんですよね。
映像でみることでわたしは逆により伝わったんですが
kinoさんが観て下さるのすごくうれしいです。
感想、楽しみにしていますね★


Unknown (なほわん)
2012-12-15 11:12:18
こんにちは。
映画に参加されたのですね。凄いですね。登場人物が本当に少ない作品で凄いです。どこだろう?

先日、完成披露舞台挨拶に行ってきました。あおいちゃんに会いたくて。肩を出したドレスを着て女神さまみたいに美しかったです。向井さんもスラッと背が高いのにあおいちゃんより顔が小さいくらいで格好良かったです。このまま結婚してくれても良いとさえ映画を観て思いましたが、向井さんは国仲さんと付き合っているようで残念です。お似合いなんだけどな~

映画は途中から予想外の展開にビックリしました。原作も読んでいませんし。あおいちゃんはまた一段高いところへ登りましたね。代表作になったと思います。向井さんのファンが見終わって、『何だかあおいちゃんの映画だったね・・・』と呟いていたそうです。では。
なほわんさん (mig)
2012-12-17 00:10:35
こんばんは、
あ、いやいやわたしはエキストラですのでちょろっと映ったって程度です 笑
でも確かに人物は少なかったですよね
原作の世界観が好きな方は好きだと思うんですが、
私としては原作(小説)よりも世界観が広がって
役者たちが演じる事でより良かったと感じました。
あおいちゃんと、向井くんは似合ってますよね。
出会ったばかりで結婚したけれど、
のちにお互いの秘密というか、知らない事を知っていて、離れた気持ちになるけどその後にますます愛おしくなる。
そんな関係を描いていてすてきでしたね。
ゾウ! (えい)
2013-01-02 21:37:30
「ぞう」× ⇒ 「ゾウ」○
ご指摘ありがとうございました。
童話っぽいタイトルのため、
頭の中で、
なぜか、全部ひらがなと思い込んでいました。
☆えいさん (mig)
2013-01-04 12:12:15
あけましておめでとうございます。
あ、指摘というか間違いに気付いたので、、、
タイトル間違えると検索にものらないですからね 笑
えいさんはこの映画、どうでしたか?

弟が脚本ほとんどを手がけたので気になります。
レビューでは良かったのかいまいちなのか読み取れなくて。
あと、今回のだけTBも届いてなかったです
お時間あればお願いします。
Unknown (佐藤秀)
2013-02-03 00:44:03
スクリーン右上でカフェの席に座って右腕を斜め上に上げてかなり活発そうな会話していたのmigさんですよね。
佐藤秀さん☆ (mig)
2013-02-03 10:28:08
アハハ、 あれは向かいに座った翔の妻(義理妹)が
背中向きで映らないと可哀想なのでわざとあっちっていって見させて横向き映ったのでした~
活発な会話、ですね 確かに 笑。

Ps.監督、ではなく脚本が良かったといってくれて嬉しいです。
グッズが売り切れてるし(悲) (q 2回目も観て来た)
2013-02-04 23:19:49
わわわわわ。migちゃんが出てたのね
 なんてこった!!!!!もっと先に読んでれば良かった
これから、migブログヲ、先に読んでから
観よう←元々 人のブログとか前にネタを入れないの
またまたオドロキ
 脚本は、弟サンが書いてらしたとは
私ね。原作も好きだけど。この作品も好きなの
言葉が世界観と合ってて
キャスが話して、それと物語りに色味が出るの
言葉って大切だなぁって改めて気がついたわ
言葉からも、柔らかく包まれる
今日(2月4日の月曜日) 
2回目を観たの (qママと一緒に) コラボ食もしちゃった
私の誕生日の記念作品だわ~
qちゃん。 (mig)
2013-02-05 09:59:00
あれ、、、だいぶ前からここでも宣伝、
ツイッター(繋がってないもんね)でもしつこいほど
宣伝してるんだけど、、、
弟の脚本て知らなかったのね。

昨日、お誕生日だったのね、おめでとう☆
きいろいゾウは気に入っているのね!
私も二度目みたよー、大戸屋コラボも食したよ
観て来たよ~ (ノルウェーまだ~む)
2013-02-06 21:59:13
migちゃん☆
ちゃんと起きていたのに、物語に入り込みすぎてmigちゃんを見逃しちゃったよ~
もう、それだけが残念!!

前半はちょっと長いかんじがしたけど、後半はかなりのめりこんで観ていたよ☆
二人ともぴったりなかんじだったね。
私は濱田くんの大地と柄本明夫婦が超かわいくてお気に入り♪
まだーむ☆ (mig)
2013-02-06 22:58:09
わざわざメールありがとう。
寒いなか観にいってくれたのね。
わたしのはちらっとだからどうでもいいけど
大地君はきっとやっぱり息子がいる
まだーむだから感情移入しちゃうんだろうね!
柄本さんはほんとにうまいよね。
素晴らしかったし、あおいちゃんもすごくハマってたよー☆
わ~い! (マリー)
2013-02-06 22:59:52
こんばんは~~♪
私、この記事下の方まで読んでなかったからmigさんがいつ出るか全く分からなくて、最初から最後までこんなに集中してスクリーン凝視したの久々だよ~(笑)
migさん出てからは安心して目薬さした。だってまばたき忘れていたもん(爆)目がカラカラだった~~~。
声が聞こえなくても、会話が聞こえてくるようないい演技だったよ~~~♪&キュートだし~。

映画の感想はツイで書いたとおり~。
本当に静かにゆるやかに流れてゆくストーリーだから、長く感じそうだけど所々の“笑い”が効いてるんだなぁ~。柄本さんや松原さんもいいわぁ~。
ミロって今でも流行ってる?懐かしい感じがした~。
ご飯はどれも美味しそうだった!!クレソン味噌汁どんなだろう???

マリーさん☆ (mig)
2013-02-06 23:11:07
寒い中ありがとう!
きゃーー、マリーさんそんなにしてまで
じっくりと観てくれたのね!
感激。。。
あれっぽっちだけどー
私と向かいにいたの翔のお嫁さんだったから
席も全部指名されて後ろ向きで可哀想だったから
少しでも映る様に横を向けさせるためにあっちを
指差したの 笑。
ミロ最近確かにみない!昔は売ってたよねーよく飲んでたよー。
ごはんは三重の高校生の考えたメニューらしく
大戸屋での再現メニュー、なかなか美味しかったよ☆
お味噌汁はえのきの方だった。
マリーさんの感想も楽しみにしてるね♪
見ました~!! (小米花)
2013-02-07 00:02:01
楽しみにしてました!
もっとファンタジーの色濃い映画かと思っていました。
しっかり現実を捉えた作品だったのですね。

蛇口のシーン、とても強烈な印象。
そのどうしようもない生きる事のやるせなさと、
絵本のゾウ、動物たちの可愛い演技、ソテツのクールさ、が相まってとても素敵な作品でした。

大地くんの手紙が大好きです。

migさん、見つけましたっ。
ムコさんが東京に出かけてからは、
映画にのめってて、migさん探し忘れてました。
ハッと気が付いてから、もう終わっちゃったかな~って
思ってたところで発見出来て、何だか嬉しかったデス。

いい映画でした。
現実の痛みとファンタジーのコラボって感じで心地よかったです。
小米花さん☆ (mig)
2013-02-07 23:39:22
こんばんは☆
良かったぁ~素敵な感想ありがとう。
そうそう、あの蛇口のシーンはかなりの長回しで
辛いシーンですよね。
重いしでもファンタジックだったり。
大地君、ほのぼのしてていいですよね~
最後の最後迄、洋子をムシ 笑
1度しかお会いしてないのに発見すごいです
母ですら見入ってて気付かなかった!って 笑
でもまた観に行くそうです



こんばんは♪ (yukarin)
2013-02-11 00:02:03
遅ればせながらやっと観てきたよー。
うん、ほっこりしたお話だったね。
宮崎あおいちゃんの自然な演技が良かった。

migさん見つけたよー。
見逃しちゃいけないと思って必死に観てた(笑)
自然に会話してる感じで良かったよ~♪
yukarin★こんばんは (mig)
2013-02-11 00:15:51
おおう♪見つけてくれたのね!
みてくれてありがとう~普段こういうの観ないもんね、、、
寝なかったかな?笑
あとでコメしにいくね~

あおいちゃんはこんなこどもっぽいキャラすごく似あうよね。
観てきますたっ (メビウス)
2013-02-11 20:38:07
migさんこんばんわ♪

地元の方でもちゃんと公開されたので、自分も観てみました♪今回に到っては情報も何も入れないで鑑賞したのですが、確かにこの作品の温かな雰囲気とかちょっとププッとさせるやり取りとかは自分も好きでしたね。食卓の料理も美味しそうでしたし、宮崎あおいのベッドシーンがあったというのもちょっと意外で、個人的には眼福でもあったかもかも?^^;
あ、でもmigさんも出ていたというのは知りませんでした。それが分ってれば自分もそっちのけで探していたかもしれませんねぇ(笑
観たよ~♪ (tomoco)
2013-02-11 22:39:13
日曜日のシネクイント、満員に近いくらい混んでたわ、すごいね☆
正直原作は途中で挫折してて(いやこれからまた続き読むけど)、
映画の方が好きかも♪
もう最初のシーンで「うわ~!片岡翔ワールドだ!」(←呼び捨てごめんw
って思ってなんかそれだけでうるうるしたわ。
そのファンタジーな描写からリアルへの持っていきかたが絶妙だったね!

あおいちゃんと向井理もツマとムコのイメージに合ってたし、
田舎暮らしもしみじみいいなーって。
うん、あの流し台のシーンはある意味クライマックス、すごかったね!

migちゃんもしっかり発見したよー☆うふふ
メビウスさん☆ (mig)
2013-02-12 00:08:14
みてくれたんですね~★あとでblog伺います!
出ていたっていってもちらっとですから
いいですよー 笑

ツマとムコのお布団のシーンは確かに原作にもあるんだけどなんか、妙にエロい感じしましたね、
魅せてないから逆に。
まぁ、あおいちゃんは脱がないでしょうけど。
ムコさんがちょっとかっこ良過ぎて原作では坊主だから違うけど、
痛いけど、綺麗な世界になってました~。

tomocoさん☆ (mig)
2013-02-12 00:26:04
ありがとー♪
日曜日みてくれたんだね!私も平日でもけっこう人入ってたわ、向井理とあおいちゃん効果だね。
アハハ、
やはり原作いまひとつでしょう?なんかねー、イマイチ入りきれない。
そうそう、原作でも動物は喋るけど
するーっと現実的になって、そこからまたあの背中の羽根で、翔らしいファンタジーにもってった!笑

重いけどほんわか、不思議な感覚の作品だよね。
tomocoさんもお世辞じゃなく好きで良かったぁ
私、、、ああいうのでみるとほんと丸顔だなぁっていやんなっちゃうよ
Unknown (かのん)
2013-02-13 11:32:32
こんにちは。

私が原作を読んでいた時のムコ役のイメージは堺雅人さんでした。向井理さんはまだブレイク前?観る前はちょっと違う感じがしたんですけど違和感全くありませんでした。

あの台所での緊張感ある場面は原作では味わえない芝居ならではの醍醐味でしたね。
かのんさん☆ (mig)
2013-02-14 00:48:44
こんばんは。
あぁ、堺さんね。。。
確かにあうかもですね!
私は原作でも誰が合うかイメージ出来なかったんですけど、、、。ほんとは坊主頭ですしねー。
向井くんも役作りで坊主にしたらよかったのにと思うケド、事務所がそうさせないんでしょうね。
いろいろありますしねー
まさに。台所のシーンはほんとにそうですね。
見逃して (sakurai)
2013-02-14 15:43:33
しまいました。
お出になっていたとは、つゆ知らず。。。
アタシは、いったい何を見てたんだ!!

で、映画。
世界観はよーく出てたと思います。
ファンタジーのような、ちょっと現実とは相いれられない生き方をしている人間の哀しさと痛さみたいなもん。
じゃあ、こういう生き方のスタイルをどう思うか、というと私は否定派です。
いろんな問題と面と向かってないような気がして。不器用にしか生きていけない自分に甘えてるって感じかなあ。表現が難しい。
でも、それはあくまでも原作の物語に対しての感想になると思います。
その何とも言えない微妙な生き方やニュアンスを表してるのはさすがです。
クリエイターの力量は十二分に出てました。
観ましたよ~。 (真紅)
2013-02-15 08:12:32
migさん、おはようございます!
とっても素敵な映画でした。弟さんに素晴らしかったですとお伝え下さいネ☆
東京のカフェで、大地くんの後ろにベレーをかぶったストレートロングの美女が
sakuraiさん☆ (mig)
2013-02-16 21:54:41
あはは、私はちらっとなのでいいんです
そう、ムコさんの方は今迄そうだった、みたくない考えたくない過去に蓋をして生きてた。
それと決着をつけたとき、ちゃんと横にいる大事な人を受け入れてまっすぐ大事だと思える事ができたんじゃないかな?
その変化が好きです。
ツマも一見わがままだけれど、それほどにムコさんが大事なわけで、お互いがきいろいゾウによって繋がっていた、
まぁ好き嫌いはありますね、こういうタイプの作品は。

真紅さん☆ (mig)
2013-02-16 21:56:35
わ!ありがとうございます~
伝えますね。

西加奈子さんの本、お好きだったんですね☆
このあと原作読まれるのかな?
わー、私にも気付いてくれたんですね
って誉め過ぎですよー
秘密を受け入れてこそ夫婦ですね (PGM21)
2013-02-18 00:08:32
何時もお世話になっております。

レビューするまでは記事を観ないようにしていたので出演していると知っていたら間違いなく探しました。

原作未読で鑑賞したのでどうしても原作を知らないと解らない事も少なくありませんでしたが秘密を知ろうとしても夫婦の絆で乗り越えようとする姿は秘密の1つや2つは受け入れてこそ夫婦なのかな?と感じる作品でした。
この作品でさらに弟さんが注目されてほしいですね。
PGM21さん☆ (mig)
2013-02-18 01:23:52
こんばんは~
あ、先入観なしで観たい気持ち分かります。
私は出てるっていうよりちらっと数秒うつるくらいなのです 笑

そうですね、原作は長く、だらだらしている感じの部分もあり、映画では無駄を省かれてるとも言えるんですが セリフなど途中まではほぼ原作通りでエピソードがいくつかない程度です。
ラストは少し変えてます。

ありがとうございます☆
御陰さまで、その後映画の脚本2本平行してやってるみたいで
本格的劇場デビューに向け、いまスタンバイ中ですので応援のほど、今後とも宜しくです♪

こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2013-02-19 21:29:41
migさん見逃したのでお邪魔するのが遅くなってしまいました(^_^;)
仕事が忙しく、仕事を午前中こなして、観に行ったので、前半のゆったりした、のどかな感じにでウトウトしてしまいました(ごめんなさ~い(T^T))
でも、中盤から、真剣に(辛いけど(^_^;))観ましたよ~
で、観すぎてmigさん見逃しました(T^T)

migさんが(翔さんが)関わっていなかったら、私は
気になる作品にしなかったと思いますので、観に行くことができて良かったです♪
原作読もうと思いましたが、そんなに面白くないようですので(笑)やめておきます(^_-)-☆
Unknown (SGA屋ゴスペラーズ一)
2013-02-19 22:53:57
こんばんばん。つぶやきでも書いたけど初日に観てきたよ。んでmigちゃんも見つけたよ(笑)

生身の方の出演者たちも豪華だけど、「声の出演」もかなり豪華だよね。原作を読むとムコさんは向井君だとちょっと男前じゃないかという気もするけれど、まあこれはこれでありかと

一部の邦画にありがちな音楽や大げさな演出でむりやり泣かせようとするのでなくて、観客に考えさせながら話を進ませてゆくのが良かったな。翔監督のつづくお仕事に期待
ひろちゃん☆ (mig)
2013-02-21 00:13:11
いや~だいぶ前にupされてたんですね!
みてくれてありがとうです☆
疲れてたら寝ちゃうかもねぇ
淡々としてるから。
でも曲もいいしエンディングのゴスの曲も♪
わたし見つけられなかったのは気になさらずに 笑。
原作は面白くないというか、ハマる人はハマる世界。
出来事と日記の部分が重複して感じるから余計長く感じます。
映画はうまくいいとこ抜き出してたかなと。

詳しい紹介やリンクまでありがとうです
伍一★ (mig)
2013-02-21 00:15:52
つぶやきだとあまり映画に触れてなかったよ?
声優のことしか
わたし、見つかっちゃったか~ 笑
そうそうムコさんはもっと、坊主頭だしあんな爽やかイケメンくんじゃないよね。
でもあおいちゃんとはなんかあってた。
別のひとなら誰がいいかといったら思いつかないから
向井くんでよかったのかな。
ありがとー、今後も応援引き続き宜しくね。
こんばんは~☆ (kira)
2013-02-21 20:28:01
ちょっと盛り下がった記事になってゴメンねー
やっぱりこの監督苦手だった

でも集中してみてたよ~。で、
お会いした事ないのにmigちゃんはっけーん
まあ、画面が切り替わってから、よっぱりあのシーンよね?だったけど♪

公開して日にちが経ってるのに
若い人中心に結構入ってたよ~
kiraさん☆ (mig)
2013-02-23 00:27:45
謝ることないですよ。
だけどなんかダメダメ感が伝わる記事で残念ー。

お話とてもステキですよ。
ただ、ツマに反感してしまったりこのファンタジーと現実の合間を不自然に思うとだめですね、
遅くなってごめ~ん (maru♪)
2013-03-01 12:30:16
見るのも書くのも遅くなってごめんね・・・
見れてよかったよ~ 素敵な映画だった!

原作を数ページ読んだ時はダメかもと思ったし、
最初の頃の宮崎あおいちゃんの感じもダメかと思ったけど、
見ているうちにどんどん引き込まれていったよ!

絵本の「きいろいゾウ」をアニメみたいにしたの好き!
あとラストの羽は感動したよ~

migちゃんもバッチリ見つけたし! 大満足(笑)

例のあれ楽しかったみたいでよかった♪
アカデミー賞の記事追記したらまた来るね~
maru♪ちゃん★ (mig)
2013-03-03 01:52:37
ありがと!

原作最初だけ読んでた?
皆挫折してるね~ 笑

はねのエピソードいいよね♪
翔らしいアイディアだわ☆

わたしの発見もありがと!
あー、私もこんな時間にお腹すいちゃったよー
アカデミー賞記事できた?
キャビンもジャンゴも面白かった♪
Unknown (Nakaji)
2013-03-06 14:12:16
こんにちは♪
いつもお世話になっています。
おじゃまするのが遅くなりました。。。
見てきました!!
つらくなるシーンもあったけど、料理もおいしそうだし、
向井君も素敵だし。。。
もーーーホッコリでみておりました(笑)

migさんでておられたんですね!!!
シーンはわかるんですが。。。こんど見るときあったらじっくりとチェックしてみておきます。
Nakajiさん☆ (mig)
2013-03-08 11:05:31
こんにちは♪札幌から昨日帰宅で遅れてごめんなさい。
観てくれたんですね☆
いやいや私出てたというほどでは、、、ちらっとです

でも私の知り合いで出てるの言ってないのに気付いた人もいるけど母は気付かなかったという 笑
今夜コメいきますね^ー^

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

27 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『きいろいゾウ』 2013年1月23日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『きいろいゾウ』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は一般受けするのか 【ストーリー】  周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真爛漫(らんまん)な妻の“ツマ”こと妻利愛子(宮崎あおい)と、背中に入れ墨のある売れない小説家・“ムコ”こと無辜歩(向井...
きいろいゾウ~竹輪物語? (佐藤秀の徒然幻視録)
会話も金粉がなくても成り立つ夫婦 公式サイト。西加奈子原作、廣木隆一監督。宮崎あおい、向井理、柄本明、松原智恵子、リリー・フランキー、濱田龍臣、本田望結、浅見姫香、緒 ...
きいろいゾウ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
きいろいゾウ (小学館文庫)互いに秘密を抱えたまま結婚した男女が本当の夫婦になっていく物語「きいろいゾウ」。一見、ユルい癒し系映画だが、実はなかなかシビアなお話だったりす ...
きいろいゾウ ~ほんわり柔らか~ (Said the one winning)
監督:廣木隆一原作:西加奈子(「きいろいゾウ」小学館刊)出演:宮崎あおい 向井理 濱田龍臣 浅見姫香 本田望結 柄本明 松原千恵子 リリー・フランキー 緒川たまきストーリー:周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真爛漫(らんまん)な妻の&ldquo;....
きいろいゾウ ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「余命1ヶ月の花嫁」「ヴァイブレータ」など男女の愛について描いてきた廣木隆一監督が、西加奈子の同名ベストセラー(小学館・刊)を映画化。秘密を抱えたまま出会ってすぐ結婚した二人が、悩み傷つきながらお互いと向き合い夫婦になっていく様子を綴る。 ともに原作の....
「きいろいゾウ」そうして少しずつ大人になる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ブログ友達のmigちゃんの実弟 片岡翔さんが共同脚本で関わった映画がこの「きいろいゾウ」 migちゃんもエキストラ出演しているというのだから、そりゃ大雪になろうとも観に行かなくてはっ!!!
きいろいゾウ (こんな映画見ました~)
『きいろいゾウ』2012年(日本 ) 監督:廣木隆一 出演:宮崎あおい 、向井理、松原智恵子、柄本明 声の出演: 大杉漣 人気作家・西加奈子の同名小説を「神様のカルテ」の宮崎あおいと「新しい靴を買わなくちゃ」の向井理主演で映画化した夫婦の愛の物語。 出...
きいろいゾウ(2012) (銅版画制作の日々)
 痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー 好き度:=70点 MOVIX京都にて鑑賞。ブログ仲間のmigさんの弟さんが脚本を手がけた作品。監督は「ヴァイブレータ」の廣木隆一。こんなラブストーリーも作るんだね。ちょっとびっくり。 migさんも何処かで登場....
きいろいゾウ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2013/02/02公開 日本 131分監督:廣木隆一出演:宮崎あおい、向井理、濱田龍臣、浅見姫香、本田望結、緒川たまき、リリー・フランキー、松原智恵子、柄本明 痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー [Story]周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真...
きいろいゾウ (あーうぃ だにぇっと)
きいろいゾウ@ショウゲート試写室
「きいろいゾウ」 月は満ちて、欠ける (はらやんの映画徒然草)
月は満ちて、欠ける。 海は満ちて、引く。 主人公の夫婦の妻であるツマは満月になる
きいろいゾウ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】廣木隆一 【出演】宮崎あおい/向井理/本田望結/緒川たまき/リリー・フランキー/松原智恵子/柄本明/濱田龍臣/浅見姫香/大杉漣(声)/柄本佑(声)/安藤サクラ(声)/高良健吾(声) 【公開日】2...
『きいろいゾウ』 (pure breath★マリーの映画館)
             出会ってすぐに結婚したツマとムコ。                お互いの秘密を知らないまま、ふたりは一緒に暮らし始めた。 『きいろいゾウ』 監督・・・廣木隆一 原作・・・西加奈子 脚本・・・黒沢久子、片岡翔 主題歌・・・ ゴス...
映画「きいろいゾウ」 (FREE TIME)
映画「きいろいゾウ」を鑑賞しました。
きいろいゾウ/宮崎あおい、向井理 (カノンな日々)
西加奈子さんの同名小説を廣木隆一監督が映画化した作品です。原作は4年くらい前に読んでいて、その時、映画化するなら主人公のツマ役は絶対に宮崎あおいさんしかいないなと思った ...
一言映画評 邦画編 (迷宮映画館)
渾身 東京家族 きいろいゾウ
ぼくのツマ~『きいろいゾウ』 (真紅のthinkingdays)
 三重県の田舎町に暮らすツマ(宮崎あおい)とムコ(向井理)は、結婚したば かりの夫婦。出会ってすぐに結婚したふたりは、お互いの 「秘密」 を知らず に寝食を共にしていた。そんなある日、差出人の...
きいろいゾウ (とりあえず、コメントです)
西加奈子著の同名小説を宮崎あおい&向井理主演で映画化した作品です。 この二人の競演なら観たいなあと原作は未読のままチャレンジしてみました。 ちょっとファンタジックな展開の中に、心が伝わらないもどかしさや辛い過去に囚われる痛み、 そして、愛する人を求めてい...
「きいろいゾウ」秘密を知ってしまう直前でみた過去を知る怖さとそれでも強く乗り越えようとする夫婦の絆 (オールマイティにコメンテート)
「きいろいゾウ」は小説家の夫と幼い時に病気をして動物や植物の声を聞ける妻との生活を描いた映画で夫が忘れられない女性の事を小説で書いているが、妻はその事を知らず暮らして ...
★きいろいゾウ(2012)★ (Cinema Collection 2)
痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー 映時間 131分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ショウゲート) 初公開年月 2013/02/02 ジャンル ロマンス/ドラマ 映倫 G 【解説】 人気作家・西加奈子の同名小説を「神様のカルテ」の 宮崎あおいと「新しい...
仲良きことは難しきかな 西加奈子・廣木隆一 『きいろいゾウ』 (SGA屋物語紹介所)
これまで度々奇妙な縁で追いかけてきた自主映画作家の片岡翔氏。その片岡氏が脚本を手
きいろいゾウ (単館系)
きいろいゾウ MOVIX川口 2/2公開 西加奈子氏が2006年に発表したロングセラー小説を、 「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」の廣木隆一監督のメガホンで映画化。 向井理さんと宮崎あおいさんが初...
「きいろいゾウ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー~2013年  日本映画   (2013.02.02公開)配給:ショウゲート    上映時間:131分監督:廣木隆一原作:西加奈子 『きいろいゾウ』(小学館刊)脚本:黒沢久子/片岡翔原画&劇中イラスト:にしか...
きいろいゾウ (to Heart)
製作年度 2012年 上映時間 131分 原作 西加奈子 脚本 黒沢久子/片岡翔 監督 廣木隆一 出演 宮崎あおい/向井理/濱田龍臣/浅見姫香/本田望結/緒川たまき/リリー・フランキー/松原智恵子/柄本明/大杉漣 幼い頃に入院生活を送っていたツマは、絵本『きいろいゾウ』が大好き...
『きいろいゾウ』 (・*・ etoile ・*・)
'13.02.20 『きいろいゾウ』鑑賞@楽天地シネマズ 見たかったのだけど、いろいろ重なってなかなか見れなかった。意外にも有楽町とか近場でやってないんだよね・・・ 楽天地シネマズで上映していることを知り、定時上がりで行ってきたー♪ *ネタバレありです! やや長文(o...
きいろいゾウ (映画的・絵画的・音楽的)
 『きいろいゾウ』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)本作は、宮崎あおいと向井理という、それぞれ今が旬ながら如何にもの俳優がコンビとなって出演するというので、ちょっと躊躇したものの、タイトルに惹かれて見てみたところ、物語自体も、そして映像もさながら絵本....
忘れないうちにDVDの感想を・・・(^^; (ペパーミントの魔術師)
こんな形でまとめて一気にってのは 実際に鑑賞したのが2週間ほど前であることと ダーリンが見てたのを横から見てた程度の気持ちだったので たいして好きじゃな・・・(わわわわわ) オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ウォルト・ディズニー・ジャパン....