我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

別離 / JODAEIYE NADER AZ SIMIN

2012-04-07 21:25:40 | 劇場&試写★6以上

 

 

 


本年度アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞で、外国語映画賞 W受賞達成のイラン映画。
ベルリン国際映画祭史上初の3冠!オスカー獲得で83冠目の映画賞に輝く話題作


2010年の外国語映画賞受賞作瞳の奥の秘密」も面白かったし毎年外国語映画賞は気になってて。

監督&脚本はアスガー・ファルハディ。

前作彼女が消えた浜辺」(ベルリン映画祭銀熊賞(監督賞)受賞に続く長編5作目。


前作より面白かった


まずはあらすじ。

離婚協議で口論する主人公夫婦の姿をとらえた冒頭から

 シミンとナデルは結婚して14年。もうすぐ11歳になる娘テルメーとナデルの父との家族4人で、テヘランのアパートで暮らしている。

妻シミンは、娘の将来を考えて国外移住すべく、1年半奔走して国外移住の許可を取った。

しかし、夫ナデルの父がアルツハイマー病になったことで、計画が狂う。


妻は出て行く代わりに信心深い貧しい家政婦ラジエを雇い、娘を置いたまま実家へ出て行く。

この家政婦がまたひとくせありもので。

娘は地味だけど11歳。(監督の娘だって。)


家政婦、ラジエの夫は失業中で借金も抱え、短気でキレやすい困った人。



ある日、ナデルが帰宅するとアルツハイマーのおじいちゃんがベットの横に倒れていて

アザを作って一歩間違うと死んでしまうところだったという事故に。

面倒を見ているはずのラジエの姿はなく、しばらくすると戻ってきた。

それと同時にタンスの中のお金もなくなっていたため

カッとなったナデルはラジエを問いつめ、出て行く様に怒鳴ってドアを閉め追い出した。

自分はお金をとってないと言って戻るが聞く耳もたれず。


数日後、つきとばされて流産したといいナデルを訴えて来る。

ナデルに突如かけられる殺人容疑。

妊娠していたことも知らないし、突き飛ばしていないと主張するナデル。

果たして嘘をついているのは、、、、?

そして、最後で明かされる みせられなかった 事実とは、、、、!


介護問題、嘘、信仰宗教

相手を思うふりをしてむき出しになっていくエゴと良心のせめぎあい。

小さなことから広がる。

修復可能だったことが、徐々に事態は収拾つかなくなっていく。


8/10(82点)




ちょこっとネタバレあり

とても見応えあるドラマで数々の賞も納得の1本。

おとなのけんかよりシリアスな激情の口論展開

初めの30分は前作同様話がなかなか進まず退屈だったけど,途中からどんどん惹き込まれた。

キーワードは嘘。

嘘をついてる人をあてるというミステリーではないのだけど、

観る人によって、誰に肩入れしてみるかかわってくるかもしれない。

わたしは断然、お父さんナデルが災難だなぁと思いながら観てた。


妻は娘の為といいながら、実際娘のことを思っている様には見えないし,

あまりに14年も連れ添った夫に対して疑ったりそこで責める?というくらい夫に対して酷い。


観ていて興味深く面白いのは、

  1. 家政婦はどこへなにをしにいってた
  2. 裁判の行方
  3. 出て行った妻は夫に何をしてあげられるか
  4. 明かされるすべての真相


という部分。

1について、結局はおじいちゃんが道路に出てしまったところを目撃し

助けに出たところで車にはねられてその日からお腹が痛くなり、病院へ。

出て行けと言われたので夫のお金の工面もあるため咄嗟に嘘をついた。


お金は確かに入らなくなるけどそれならはねた車訴えればいいのに(そこはつっこんじゃダメか)

おじいちゃんを助けようとしてと最初から真実を言えば良かったのに

どんどん事態が悪い方向へ。信仰心厚い人は 結局は嘘を突き通せないでどこかでばらしてしまう。


こんな親同士の喧嘩に巻き込まれた子供は大変。

離婚させたくない、母親を呼び戻したい一心の娘。

信仰心強い家政婦は結局嘘を突き通せない事で立場が逆転するラスト近くまで

二つの家族の争いがうまい脚本によって描かれ、どういう展開になるのか最後まで惹き付ける。

なるほど結局はそれでも「別離」か、、、、。悲しいね。


こんなことになっても2人の絆はもとには戻らず、悲しい決断をせまられる娘。

娘が結局どちらか選ばされるけど「もう決まっている」と言って

2人は部屋の外(ロビー)にだされたままで反対側の椅子に座り判決を待つ。

そこへエンドロールが流れるラストカット。

なんだかとても印象的だった。


最後に、監督のメッセージを。

 

私は、映画『別離』のことを探偵がいない探偵映画のようなものだと考えています。
パズルを解くのは観客であるあなたです。そこにはたくさんの答えがあるでしょう。
本作ではいくつもの問いがちりばめられていますが、明確な考え方や答えを示すということはしていません。
登場人物自身やその気持ちになりきって、直面した問題を考えてみてください。
私は、監督が大衆よりも優れていて、あたかもアドバイザーやメッセンジャーのようにふるまうような時代は終わったと考えています。
それは、つまり、観客がもっと能動的になって、積極的に物語に関わっていく時代になったということです。
観客は、観ている映画の中から自分でアングルを選ぶことができます。
だから、観客のみなさんは、探偵役になって、本作の示す問いについて考えてみてください。

 

—アスガー・ファルハディ


気になる方は、ぜひ劇場で


 公式サイト 

JODAEIYE NADER AZ SIMIN     2011年   イラン    123min

4月7日より、Bunkamura ル・シネマほかにて公開中~


アルツハイマーのおじいちゃん。


アスガー・ファルハディ監督(左)1972年5月7日、イランのイスファハン生まれ。

えーー、39歳だって!みえん

今後の作品も要チェックです


 

 

 

☟ボタンおしてね
クリックして下さってる方、感謝です
←please click



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (22)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラッドリー・クーパー「私が幸... | TOP | 裏切りのサーカス / TINKER, TAI... »

22 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロッキン)
2012-04-07 23:19:33
今日もmigちゃんの解説にのみこまれるように読ませてもらったわ。これ、面白そう!! migちゃんの4つの興味深いポイント、まさにそうだね!

あはは、この監督さん、うん、39歳にはみえないっ!(笑)

そうそう、昨晩ね、「We Bought a Zoo」日本版では「幸せへのキセキ」っていったっけ? をみたよ! これ、よかった! migちゃん、見た?

ではでは、今日もおうえん
重いけど (ノルウェーまだ~む)
2012-04-08 00:23:48
migちゃん☆
これ観て来たんだねー
評価高いので良かったね!
かなり重そうだけど・・・

我が家は今日はねえねの誕生会。
パパンと二人まだカラオケから帰ってこないよー
Unknown (風情♪)
2012-04-08 20:19:09
こんにちは♪

そう言えば「瞳の奥の秘密」もオスカー取ってった
んでしたっけ?
そう考えると本戦よっか外国語映画賞の方が圧倒的
にオモシロい上に品質が↑↑↑のような気がしてき
ますわ。

それはそれとしておっしゃるように「彼女が消えた
浜辺」以上に練り込まれてオモシロい作品でした。
前作もそうだったけどファルハディ監督はそれぞれ
の感情や言葉で物語を見事に作りあげる監督さんだ
なぁと感心するばかりです。
にしても恐るべし最近のイラン映画!ってぇところ
です♪ (゜▽゜)v

>ファルハディ監督 39歳

戸籍、イイ加減なんじゃ?
まぁ、39歳と言う表現の自由を訴える世代のリーダ
ー格とも言える年齢を考えれば、以前とは違う新し
いイラン映画のスタイルの作品を撮れるのも頷ける
世代の人ではありますね。
ロッキンさん☆ (mig)
2012-04-08 21:52:41
うん、これは面白かった~途中からね(笑)

わー!We Bought a Zoo観たのね!!
いいなぁ。リチャードリンクレイター監督作品好きだから楽しみなの♪
日本はなんと6月公開なのよー遅いよね。
うらやますい☆
まだーむ☆ (mig)
2012-04-08 21:54:22
お疲れさま♪
移動して正解だったね♪
重くないんだょ~、「おとなのけんか」と共に、オススメ★
昨日の会の記事書いてるとこかな?
風情さん♪ (mig)
2012-04-08 21:57:01
えー?イヤイヤ戸籍はいい加減できるものじゃないでしょ?笑

観られたんですね★あまりみてるひといなくて意見伺いたかったんです♪
面白かったですね~
前作の自分のレビュー読み直したら、最初30分つまらないって同じこと書いててびっくり。

「瞳の奥の秘密」外国語映画賞でしたよ☆
そうそう作品賞よりも脚本賞と外国語映画賞があてになるなって思ってます、ここ近年は特に。
Unknown (KLY)
2012-04-09 00:33:41
誰もがごく自然に人間だったね。
だから最後にラジエに迫った宗教的な所以外は実は日本人でも普通に受け止められる内容だったと思うな。
誰も悪いことはしていないと思うけれど、11歳の子に両親どちらを盗るか決めさせるのは流石に心が痛みます。
でもこの物語に正解はないんだろうなと。
ところで盗まれたお金の件だけは明らかになってないよね?
KLYさん★ (mig)
2012-04-10 10:13:44
そうだよね、
でも観てる時はきっと誰かに感情移入しちゃう作りもうまかったから面白かった★

そう私も最後にその1文忘れちゃったけど
お金気になるー(笑)
こんばんは (ノラネコ)
2012-04-12 23:14:07
これは期待に違わぬ凄い映画でした。
気が早すぎるけど、暫定で今年のイヤーベストかな。
前作も素晴らしかったけど、これはさらに進化を感じます。
まるで心のパズルを解いているような、物語の組み方の絶妙な上手さに唸りました。
書いたよー! (rose_chocolat)
2012-04-14 13:03:33
これはすごいですね。 私もノラネコさんに同意。
今年のベスト5以上ですね。
とにかくいくつもいくつも、正解がなくても答えを出さないといけない問題は私たちも抱えているし。
素晴らしい作品でした。
☆ノラネコさん (mig)
2012-04-14 22:38:53
これは面白かったですね~。

最初は眠気こないものの、退屈でしたがぐんぐん惹き込まれちゃった。
今年のベストに入れる人も多いかもですね。
roseさん☆ (mig)
2012-04-14 22:39:47
すごいね!そんなに気に入ったんですね。
お金どこいったんだろ(笑)

金城武の、upしましたぁ。
あとでroseさんとこいきますね。
格差社会はイランにも (q 上手い脚本)
2012-04-19 16:31:33
監督39歳 m9(゜д゜)っソレ見えん!
介護とイスラム法のもどかしさ
イスラム法の胎児の話
格差社会はイランにもありなのね
等等と感じ(゜・゜* ホレボレ
(m。_。)m オネガイシマス神様の前で
悪事は出来ませんぜっ
離婚話から殺人容疑と展開が面白い!!!
特に11歳の娘テルメーなのよ
頭キレる。大人が悩んでると的確アドバイス。ちと証拠物件に言葉尻・・・
終わり方は|* ̄∇ ̄|ニヤッだけど残酷
残酷っちゅーかねぇ・・・
脚本が上手^(*ノ^ー^)ノ☆パチパチ


qちゃん (mig)
2012-04-19 23:34:57
ヒサシブリ!

みえんよねぇ。。。
なんだろうね、あちらの方ってすごく老けてみえるんだよねー
ヒゲのせいもあるけど。
これは面白かったよね、今年のベスト10に入れる人もおおいみたい。
あ、TBきてないよ~

こんにちはー♪ (kira)
2012-05-04 12:59:02
migちゃんの押しがなければ
危うく見逃すところだったけど、観て良かったー
観ながら気になったのは消えたお金と、
最後に夫婦が提示したお金の価値。。
そもそものアチラの平均月収の何倍になるの?とか考えちゃって(笑)
悲惨な話だったけど、これから増えていく話なんだよね~。
私もコレ、かなり上位に来ました!
kiraさん☆ (mig)
2012-05-04 21:51:59
わーい、良かった♥
ねぇ。面白いでしょ。というか、考えさせられるというか。
評価皆さん高いよね♪
イラン映画あのどれない。
昔みた「運動靴と赤い金魚」もいいからいつか観て欲しいな♪


こんばんわ (にゃむばなな)
2012-05-09 21:51:42
一番感情移入しやすいのはナデルなんですけど、娘に真実を言うと約束しておきながら裏切っちゃうのはねぇ~。
ナデルもシミン同様に娘の教育のためといいながら、娘のことをちゃんと考えているの?と思いましたよ。

とにかくテルメーが不憫でならない映画でした。
☆にゃむばななさん (mig)
2012-05-10 10:18:10
あれ?TB来てなかった。
なんだか面白い展開になって目が釘付けでした。

ここ数年、アカデミー賞は作品賞よりも外国語映画賞のほうが納得だな~
来たよー♪ (maru♪)
2012-06-11 01:03:17
お待たせー! やっと来れたよ!

これは面白かったねー★
実際は良心の呵責ってことになるんだろうけど、
宗教心とした方が分りやすいものね・・・
信仰が鍵になってくるのも面白かった!

監督39歳!! ヒゲ取ったらもう少し若いかな?
女優さんは舞台挨拶でもスカーフ着用なのか・・・
まぁ、そりゃそうだよね(笑)
maruちゃん♪ (mig)
2012-06-11 20:52:47
待ってたよ!笑

そうそう、面白い展開になったよね~
さっき、まだーむにも勧めたとこ。
そろそろ終わっちゃうもんね。
観れて良かったね☆

そうそう、女優さんたちも大変よね~。
イラン映画というと運動靴と赤い金魚また観たくなっちゃったな。
私も^^ (latifa)
2012-12-16 10:34:07
migさん、こんにちはー!
高得点ね^^
私もこれ、すごく引きこまれてしまったー。

>お金は確かに入らなくなるけどそれならはねた車訴えればいいのに(そこはつっこんじゃダメか)
おじいちゃんを助けようとしてと最初から真実を言えば良かったのに

うははは!!
私も同じ処、同じ風に突っ込んじゃったー。

私はレンタルdvdで見たから、一度見終わった後、ラジエがおじいちゃん探して外に行って車に~のシーン、もう一度見たりしたよ。
あと、お父さんが、先生達の会話をキッチンにいたから聞いてなかった、うんぬんのシーンとかも、もう一回見た。
両方とも、何かが解るようには写ってなかったー。

監督の前作は未見なのだけれど、この後絶対見てみよう~って思いました。
☆latifaさん (mig)
2012-12-17 00:18:35
こんばんは★
細かいところはもう忘れそうなんだけど、
シリアスな雰囲気にどんどんなっていきましたよね。
あ、観直せるからDVDはいいねー
そうか~。
前作はそうでもなかったけど、興味あれば観て観て下さい~☆

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

31 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
別離 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『別離』  (2011) イランのテヘランで暮らすシミン(レイラ・ハタミ)とナデル(ペイマン・モアディ)の夫婦には、11歳になる娘がいた。 妻シミンは、娘の教育のために外国へ移住するつもりだったが、夫ナデルは、老いた父のために残ると言...
『別離』(アカデミー賞外国語映画賞受賞作) (ラムの大通り)
(原題:Jodaeiye Nader az Simin) ----今年のオスカーって、 『アーティスト』と『ヒューゴの不思議な発明』 との一騎打ちと言われていたけど、 結局、『アーティスト』が作品賞など主要部門を制したね。 「そうだね。 一方、最初から確実視されていたのが アカデミー....
別離/Jodaeiye Nader az Simin (LOVE Cinemas 調布)
『彼女が消えた浜辺』でベルリン国際映画祭の監督賞を獲ったイランのアスガー・ファルハディ監督作品。ベルリン国際映画祭で金熊賞を含む3冠を獲得、第84回アカデミー賞では外国語映画賞を授賞した。前作同様に現代イランの社会事情やそこに絡む宗教的な問題といった...
別離・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ほんの小さな嘘から始まる、人生の落とし穴。 イランの鬼才アスガー・ファルハディ監督は、前作「彼女が消えた浜辺」に続いて、驚くべき作品を作り上げた。 物語の中心にいるのは、二組のごく普通の夫婦で...
別離 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
テヘランに生きる2組の家族の摩擦を描く「別離」。巧妙な伏線と深い心理描写、社会背景まで、見事な語り口に引き込まれる秀作。11歳の娘の将来のため国外移住を望む妻シミンと、 ...
『別離』 (2011) / イラン (Nice One!! @goo)
原題: JODAEIYE NADER AZ SIMIN/NADER AND SIMIN, A SEPARATION 監督: アスガー・ファルハディ 、マームード・カラリ 出演: レイラ・ハタミ 、ペイマン・モアディ 、シャハブ・ホセイニ 観賞劇場: ル・シネマ 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞外国語...
別離 (Said the one winning)
監督 アスガー・ファルハディキャスト レイラ・ハタミ ペイマン・モアディ サレー・バヤト イラン映画初のアカデミー賞受賞単純にサスペンス映画として観ても、素晴らしいし監督は前作「彼女が消えた浜辺」も良かったわ~と今作品も素晴しい結婚して14年目になるナデ...
『別離』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
現代イランの社会問題がとことん盛り込まれていて、まるでニュース・ドキュメンタリーのよう。 なぜラジエーは望まぬ職に就いたのか? なぜシミンは夫と義父を捨ててまで国外移住したいのか? イランの社会状況を想像しながら疑問は膨らむばかりである。 イラン国内と...
2組の家族から (笑う学生の生活)
17日のことですが、映画「別離」を鑑賞しました。 娘の教育のため海外移住を考えているシミン、父の介護のため反対のナデル シミンは家を出て 別居となり ナデルは介護人を雇うのだが・・・ アカデミー外国語映画賞を受賞もした本作 イラン映画だが ここに描かれている...
ひとは何故、かくも悲しい生き物なのだろう~『別離』 (真紅のthinkingdays)
 JODAEIYE NADER AZ SIMIN  NADER AND SIMIN, A SEPARATION  「娘の教育のために」 海外移住を主張する妻・シミン(レイラ・ハタミ)と、ア ルツハイマーを発症した父を置いては行け...
アスガー・ファハルディ監督『別離』(Nader and Simin, A Separation) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容(あるシークエンスは詳細)に触れています。第84回アカデミー賞外国語映画賞、第61回ベルリン国際映画祭金熊賞など世界中の映画祭で賞を獲得した『別離』。監督は前作『彼女が消えた浜辺』が一昨年公開
別離 ★★★*☆ (センタのダイアリー)
誰も露骨に悪意を持っている登場人物はいない。 皆が多少のエゴはあろうとも、ごく当然な道徳を基に当然の主張をしただけだった。 ただ、ちょっとした善意が予想もしない方向へ物語を転がし始め、予想以上の大きな渦となって多くの人を巻き込み、傷つけていく。 ...
別離 (佐藤秀の徒然幻視録)
彼女が落ちた階段 公式サイト。原題:Jodaeiye Nader az Simin。英題:A Separation。アスガー・ファルハディ監督、レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、サレー・バヤト、 ...
別離  監督/アスガー・ファルハディ (西京極 紫の館)
【出演】  レイラ・ハタミ  ペイマン・モアディ  シャハブ・ホセイニ 【ストーリー】 シミンとナデルはテヘランに住む夫婦。娘のテルメーとナデルの父と4人で暮らしている。シミンは娘の将来を考え、家族揃っての国外移住を考えていたが、夫ナデルの父がアルツハイマ....
別離 (to Heart)
原題 JODAEIYE NADER AZ SIMIN/NADER AND SIMIN, A SEPARATION 製作年度 2011年 上映時間 123分 製作国・地域 イラン 脚本:監督 アスガー・ファルハディ 出演 レイラ・ハタミ/ペイマン・モアディ/シャハブ・ホセイニ/サレー・バヤト/サリナ・ファルハディ イラン人...
別離 (映画的・絵画的・音楽的)
 『別離』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)イラン映画で、昨年見て印象深かった『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督の作品であり、さらに様々の国際映画祭で受賞しているとのことでもあり、期待して見に行ってきましたが、マズマズの仕上がりではない....
『別離』 (こねたみっくす)
誰にも感情移入できない嘘つきの大人たちに、11歳の娘テルメーが不憫でならない。 第61回ベルリン国際映画祭金熊賞や第84回アカデミー外国語映画賞など世界の映画賞を総なめにして ...
別離 (2011) JODAEIYE NADER AZ SIMIN (銅版画制作の日々)
はじまりは、愛するものを守るための些細な“嘘”だった――。 好き度:=60点 ベルリン国際映画祭で金熊賞を含む3冠に輝いたのをはじめアカデミー外国語映画賞受賞など世界中の映画賞を席巻したという話題作品を観て参りました。 実は前作「彼女...
「別離」:理解し合うことの難しさ (大江戸時夫の東京温度)
『別離』はアカデミー外国語映画賞にも輝いたイラン映画。確かに尊敬に値する作品です
『別離』思えば思うほど、離れていく (Healing )
別離 ★★★★4.5 遠くて近い、イスラムの国 近くて遠い、思い人の心 5月26日(土)~シネマート新宿、6月4日(土)~オーディトリウム渋谷ほか続映決定 詳しくはこちらを。 先週になりますが、ようやく、ようやく見てきました。 アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデン・グロ...
『別離』 二組の家族 (Days of Books, Films )
A Separation(film review) 『別離(原題:JODAEIY
『別離』 嘘つきは泥棒の始まり (映画のブログ)
 さすが『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督だ。新作『別離』も実に面白い映画である。  テヘランを舞台に描かれるのは、離婚や介護や失業等々、どこの国でも人々の頭を悩ませる問題だ。映画...
別離 (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー外国語映画賞、 ベルリン国際映画祭で金熊賞・銀熊賞を受賞 その他、世界中の映画祭で賞を総なめしているイラン映画です。 かなり期待をして見に行きましたが、期待に違わぬ見応えのある作品でした。 緊迫した雰囲気の中、思わぬ展開にスクリーンに釘付け。 ....
「別離」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Jodaeiye Nader az Simin」…aka「A Separation」 2011 イラン ナデルにペイマン・モアディ。 シミンにレイラ・ハタミ。 ホジャットにシャハブ・ホセイニ。 ラジエーにサレー・バヤト。 テルメーにサリナ・ファルファディ。 判事にババク・カリミ。 教師ギャー...
『別離』 (・*・ etoile ・*・)
'12.05.20 『別離』鑑賞@ル・シネマ これは見たかった! 母の日ということで、この映画とランチ、そしていくつかの美術展の前売り券のあわせ技でプレゼントに。ということで、行ってきたー♪ *ネタバレありです! 「娘の将来を考えて、海外移住を希望するシミン。夫の...
別離 (映画感想メモ)
タイトルに沿って行く展開が悲しい。 いい加減あらすじ 外国で暮らすことを望む妻シ
別離 (悠雅的生活)
ちいさな嘘。大きな犠牲。隠された本心。
イラン映画「別離」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2時間釘付け。4つ★半~5つ★
別離 (こんな映画見ました~)
『別離』---JODAEIYE NADER AZ SIMIN   NADER AND SIMIN, A SEPARATION---2011年(イラン)監督:アスガー・ファルハディ 出演:レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ 、シャハブ・ホセイニ 、サレー・バヤト 、サリナ・ファルハディ 前作「彼女が消えた浜辺」...
DVD:「別離」 前作よりさらにイラン社会「独自」or「普遍的に共通」を感じる醍醐味が強化された傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
イラン出身、アスガー・ファルハディの新作。 「彼女が消えた浜辺」(2010.9.19アップ)での醍醐味は、イラン社会「独自」あるいは「普遍的に共通」なものを発見させること。 今回は旅行に出かけた人々ではなく、テヘランに住む夫婦を描く。 そしてタイトルの示す通り...
「別離」 (或る日の出来事)
真相は何か?という興味で引っ張る。