我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

おとなのけんか/ CARNAGE

2012-02-19 12:01:00 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click

 

「戦場のピアニスト」や前作「ゴーストライター」の評価も高いロマン・ポランスキー監督脚本の最新作

NYで本作の予告篇を劇場でみてから超楽しみにしてました

 

原作は、パリ、ロンドン、NYのブロードウェイで大成功、オリヴィエ賞の新作コメディ賞とトニー賞演劇部門の作品賞、演出賞、主演女優賞を受賞するなど演劇界で高い評価を受けたヤスミナ・レザの舞台劇。

二組の夫婦4人だけの室内劇、リアルタイムの80分

(舞台版では90分らしい)

 

原題の「CARNAGE」は修羅場とか大殺戮とかって意味。

 

 

キャストには、もう代表作書くまでもないかなくらいの名優揃い

「羊たちの沈黙」でアカデミー主演女優賞を受賞したジョディ・フォスター。

神経質で教育にうるさいママがこれほど似合う人いないんじゃ?

「~べき」が口癖のペネロペ。

 

その夫。

「シカゴ」でアカデミー助演男優賞にノミネート、ウィル・フェレルとのコンビ役でもおなじみジョン・C・ライリー。

いや~この顔がいいよね

リベラルな夫を演じるのも一苦労、マイケル。

 

愛をよむひと」でアカデミー主演女優賞を受賞したケイト・ウィンス レット。

こういうママもいるいる。見かけや体裁ばかり気にして、、、、 ナンシー。

 

その夫、「イングロリアス・バスターズ」でアカデミー助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ

携帯離さない落ち着かない旦那、アラン。

またこのヴァルツさんのトボけたイヤな男っぷりったら最高

 

ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同士が喧嘩し、片方が前歯を折るケガを負う。ケガを負わせてしまった側のカウアン夫妻がロングストリート夫 妻の家に謝罪に訪れ、和解の話し合いが行われる。お互いに社交的に振る舞い、話し合いは冷静かつ友好的な形で淡々と進んでいくかに思われたが…。

 

 

8/10(89点)

 

 

いや~、期待どおり面白かった♪ 今年のベスト10入り確定!かも(もう1つ既にあるけど)

わたしは声あげて笑ったのは1カ所くらいだったけど劇場は何度もどっと笑いが起こってた!

これぞ良質のコメディ

俳優それぞれの持ち味を200%活かしたキャスティング、

これだけお金かかってない、いや失礼、舞台は部屋ひとつという密室劇で繰り広げられるトークバトル。

はじめは大人しく冷静に話してるものの、

この4人が次第に本性むき出しになっていくところがもう傑作。

痴話喧嘩ほど楽しいものはない、って誰か言ってた?

喧嘩両成敗

ケンカってどっちが悪いってことなくどっちにも非があるものだよね。

本作でも どっちの言い分が正しいかなんて目でみてるものの

どっちも悪い面があるし、いじめられっこを集団でいじめるのも圧倒的にもちろん悪いんだけど、

復讐したいじめっ子が相手に怪我を負わせたのはもちろん悪い。

なんて思いつつ両親の意見の対立から夫婦間のケンカにまで発展する様を

同じ場でみてるという形が今までになくとても面白い。

子供はひきの映像のみで、4人しか出て来ないっていうのがまたいいな~。

 

ヴァルツさん夫婦、忙しいんだしイヤならさっさと帰ればいいじゃん、なんてつっこみたくもなるけど

お菓子やお酒が出て来る度 家にまた留まるのも笑える。

ケイトのすごい勢いあるゲ◯大放出にはびっくり もう啞然。

あそこまでやったら平謝りで退散するよね普通。(笑)

ひたいに青筋たてて怒り&泣きまくるジョディ・フォスターも流石の熱演、

対照的なヴァルツさんはクールに携帯ばっか。

人のお宅に話し合いにきてこりゃないでしょ、嫌~こういう人。

ケイトは酒でついに本性出る。

そして結局親達がさんざん言い合ってたのに子供達は、、、、

 

そんなもんだよね、っていうオチまでお見事!

 

ロマン・ポランスキーってこれまで色々観たけどコメディのイメージまったくない監督。

なんてったって「ローズマリーの赤ちゃん」の監督だもの。

もともと原作はあるにしても、ユーモアのセンスや細かいセリフ、ラストに至るまでシンプルに楽しめる

 短い時間でいっきに観られるところもいい。

地方での上映がないようなので残念だけど、大画面でなくDVDでもいい話なので

リリースしたらぜひ観て欲しいし、もちろん劇場に行ける方はぜひともこの密室白熱トークバトルを楽しんで♪

 

実際にありそうだな~こんな状況いくらでも。こわいこわい (笑)

しかし、

1.話し合いの席でお酒出すのはヤメましょう。

2.腐りかけのお菓子出すのもヤメましょう。

そして、

3.飼ってた生き物をむやみに捨てるのは絶対にヤメましょう

 

 公式サイト

CARNAGE           フランス=ドイツ=ポーランド      2011年  79min

2月18日より、ロードショー

 

 

ベネチア映画祭にて。なぜか3人とも太ってるな

 

このチームワークが、いい作品作りの基本

なかよし

ポランスキー監督の次回作はまだ未定だけど、次も楽しみ♪

 

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

1日1回、ポチっとよろしくね
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャーロック・ホームズ シャ... | TOP | A.I. /A.I. ARTIFICIAL INTEL... »

35 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たい。 (amu)
2012-02-19 14:35:25
これ、面白そうだね!
こういう作品ってキャストありき!って感じだけど、キャストもみんなよさそうだし、それぞれのキャラが結構リアルだね。
こういうのって普通にありそう。

それにしてもケイト、下の方の写真ちょっとお腹が妊娠してるみたいになってるね。笑
これーっ! (ノルウェーまだ~む)
2012-02-19 14:43:00
migちゃん☆
この映画!!面白かったのね、いいな~!
私も気になってたの。
この4人で面白くないわけないよね!
それにしても、結構身につまされるかも。
観ていて笑えるといいんだけど・・・
(リアルすぎて?)
どこ? (まっつぁんこ)
2012-02-19 17:34:05
声だして笑った一箇所はどこ?
飼ってた生き物は捨てちゃダメだけど携帯は捨ててO.K.(笑)
おもしろかった~ (KLY)
2012-02-19 19:24:17
イヤー、上質な会話劇で、上質なコメディだったねー。
次々と対立軸が入れ替わって、徐々にそれぞれの本音や本性が浮かび上がってくる。
絶妙な脚本でそれをコントロールしてたなぁ。
また流石の四人だったよね。こういうのって、俳優が下手だと台無しだし。
邦題はそのまんまだけど、今回は直球でよかったと思いました。
観たいのに~ (NAO)
2012-02-19 19:48:19
これ、すっごく観たいのに近くでやっていない~~。
なんで上映館増やしてくれないのかしら?
少なすぎます~~(涙)

migさんの感想読んでたら、ますます行きたくなったのに。。。(涙)
Unknown (風情♪)
2012-02-19 20:08:02
こんにちは♪

ポランスキー監督って堅苦しいと言うイメージが
あってか氏の作品ってあまり観たことないんすけ
ど、今回ばかりは泥沼化する喧嘩と豪華なキャス
ティングに惹かれて観に行って来ました。

いや~、すっげぇオモシロい作品でしたね。
キャスティングも絶妙だったし、笑いも豊富で久
々に大人のコメディを堪能したってぇくらい全力
で楽しんじゃいましたよ。
それに他人の喧嘩ほどオモシロいものはない!を
再認識しちゃいました♪ (゜▽゜)v
amuあすかちゃん☆ (mig)
2012-02-19 22:51:56
そうそう、ケイトお腹出てるね(笑)
これはきっとあすかちゃんも好きなはず!
っていうかだいたいの人におすすめ出来る万人ウケする作品だと思うナ。
舞台で生で4人の芝居みてる気にもなれるよ♪
まだーむ★ (mig)
2012-02-19 22:53:38
これ今月のいちばんの私のお楽しみ映画♥
日比谷でしかやってなくて混んでるから要注意!だけど行ってね!
何をおっしゃるー、まだーむとパパは喧嘩しないじゃないの★はやく感想聞きたいな。
まっつあんさん★ (mig)
2012-02-19 22:55:29
声だして笑ったとこどこだったかなー
ヴァルツさんの電話しながらお菓子食べるのやめないのでプププってなって、
あとどこかで笑ったんだけど会場はすごく笑ってた!(笑)まっつあんはそりゃ携帯反対派だもんね、わたしもこんな夫いらないわ
KLYさん☆ (mig)
2012-02-19 22:57:13
この4人、全員演技派だからまたいいんだよね★
もう惹き込まれちゃった!
時間も短めでさくっとだし、さっさと帰らないでいる夫婦、ほんと面白かった♪
☆9とギリギリまで迷っちゃった。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上