我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

アジャストメント / THE ADJUSTMENT BUREAU

2011-05-19 09:00:32 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click

 

フィリップ・K・ディックの短編小説『調整班』を映像化したSF 

そのポスターとはイメージ違って、サスペンスというより実はラブストーリー!?

 

主演は、マット・ディモン。ターゲットはSFファンというより、「運命」という言葉が好きな女子向き

ほんとはスルー予定だったけど、思いがけず頂いたので試写にて鑑賞

 

 

「オーシャンズ12」や「ボーン・アルティメイタム」などの脚本家、ジョージ・ノルフィの初監督作。

ディック
原作の映画作品というと「ブレードランナー」(1982)や「トータル・リコール」(1990)

トムの「マイノリティ・リポート」、ベン&ユマの「ペイチェック」、キアヌの「スキャナー・ダークリー

近年では、ニコラスの「NEXT」がある。

観てて思い出したのは、ダニー・ボイル監督の「普通じゃない」と、その「NEXT

NEXTのSF的要素に、運命の相手は決まってる、「普通じゃない」的ニュアンスをほんのちょっとだけ加えたようなテイスト。

(あんなにコメディじゃないけど)

 

ヒアアフター」での似合わない霊能者も記憶に新しいマット。

今回は将来有望な若手政治家☆

なのに結構ヒマ人?で、偶然出会った美女を運命のひとと決めつけ、

偶然再会できたバスに3年間も乗り続けて次会えるのを待つくらい一途

 

原題の「THE ADJUSTMENT BUREAU」は調整局の意味。 

 

だけど、オチャメな感じで邦題「別れさせ屋」でよかったんじゃない?(ウソ)

 

美しい運命のひとは、「ガリバー旅行記」でお姫様を演じたばかりのエミリー・ブラント。

今度はバレエダンサー。

美しいです

そりゃ ひと目惚れもしちゃいます。

 

トイレで会った瞬間 お互いすぐにビビビときちゃったふたり

初めて会った数分後にもうキス

 

展開早っ!

 

 

というか、ストーリー的にはものすごく単純。

「運命」を感じて惹き合う二人を、 別れさせ屋、じゃなかった アジャストメント ビューロー="運命調整局"

のヤツらがやってきて、とことん妨害しようとする。

どっかで観たような

 

折角偶然見つけても、連絡先の番号もらっても、突然現れて邪魔していく。

 

ところが、そそっかしい調整員がミスをして 二人は再会、それをまた更に調整員の上司がなんとか

忘れさせようと操作、絶対結ばれない様に仕向けようとする。

 

 

観てて思うのが、何でそうまでしてくっつけたくないのか?

本人も当然それを質問する。

 

すごい陰謀が隠されてるのかと思いきや。

ーーーーー返ってきた答えは笑っちゃうくらい単純でした(笑)

 

 

この人、「SATC」シーズン3でキャリーと付き合っちゃう議員。

何度も観てる面白い回だからさすがにすぐ気付いちゃった☆

かれこれあれからは10年以上経ってるし老けたね~

その間にも「アイアンマン2」はじめ、いくつかの映画とドラマには出演してた、ジョン・スラッテリー。

 

 そしてこの大御所。

テレンス・スタンプも偉い人で登場☆この存在感

 

 

 

足遅そうだし、いや~何よりマット、帽子が似合わん~! 笑

ファンの人ゴメン

 

 

バレリーナのエリースに一目ぼれした政治家のデビッドは、決められた運命を逸脱しないよう世の中を監視している「アジャストメント・ビューロー(運命捜査 局)」に拉致されてしまう。

同局は、本来なら出会う運命にはないデビッドとエリースを引き離そうとするが、2人はその運命にあらがう。

 

 

 

6/10(60点)

 

 

 

期待もしてなかったし、退屈はしなかったしギリギリということで☆

NEXT観た時の感想と似た感じ。レビュー読み返したら SFだけどちょっぴりラブストーリー。

って同じこと書いてた。

でもあちらはニコちゃんだから笑わせてもらったし、それにけっこう嫌いじゃない。ジェシカ・ビールも可愛かったし。

 

こちら、マット・デイモンっていうのがちょっと違和感なのよね~(いや決して嫌いじゃないんだけど)

真面目すぎちゃって堅苦しい。女をひと目で落とさせるようなセクシーさ感じないし(マットゴメン)

 

「そこ、恋愛禁止~」

 

話もつっこみどころ多くて真面目にやってるようで実は可笑しい。

壮大な計画、陰謀があるのかと思ったら 大統領になれる玉だから恋なんかしてる場合じゃないの、

だからあの女とはヤメときなさい!どうせ別れるわ、時間の無駄よ!

なんて人の恋にとやかくいいなさんな~

運命かどうかなんて、自分で決めるんじゃ。

とにかく、自分の気持ちに正直に 止められても突き進むマット。(デヴィッド)

 

笑っちゃうのが、調整局のルール。

水に弱いとかで、雨の日や海の側なんかだと人間が有利だったり、

帽子が必要だったりと一体どういうとこからの発想それ (笑)

この黒人さん、アンソニー・マッキーがなかなか素敵。

 

ラストの方では、運命に逆らってまで強い力で結ばれてたから俺たち負け、太刀打ちできん。みたいな

八方塞がりで二人がキスをしたら運命の扉が開いて、ハイ、もう恋愛しても大丈夫~めでたしめでたし!

 

そんなてきとーな?理由のゆるいSFでした(映像がたまにSFってだけじゃ、、、、)

空間を移動出来る行く先々でのドアって、これまでもあったけど

なんだか「どこでもドア」って感じ。

それにしても話が急に3年後、、、、とか11ヶ月後、、、、とか

やけに時間かかった話だなぁ。

上映時間は2時間ないのでこれでちょうどいい感じ。

つっこみどころが面白かったので飽きずに観てたけど、周りには2人もイビキかいて寝てるオジサンが。

特別面白いってわけじゃないけど、デートとかにはいいかも。

もちろんマットファン、フィリップKディックファンもどうぞ

 

皆似合わないと思ったのか、そのシーンでは被ってたのにポスターでも帽子は外されてる

 

 

 公式サイト  

THE ADJUSTMENT BUREAU    2011年   アメリカ  106min

5月27日(金)よりロードショー

 

 

2011/2/14 NYプレミアにて

 

 

もちろん 妻、ルシアナさん同伴。マット、顔固まってる

 

 

 ミテネ

 

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (36)   Trackbacks (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップNews★(カ... | TOP | パイレーツ・オブ・カリビア... »

36 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
マット・デイモン (mezzotint)
2011-05-19 09:29:22
こんにちは!
確かに帽子は似合わない(笑)
ナタリーほどではないけど、マットも
最近良く出ていますね。

期待もしてなかったし、退屈はしなかったし
う~ん微妙な感じですね。
でもとりあえず観ます。
こんにちは♪ (yukarin)
2011-05-19 12:59:07
俳優としては好きだけど、私もマットにはセクシーさは全く感じないなぁ^^;
設定は好みなのであまり期待しすぎない方向で観ますわ。
帽子似合わん~(笑) (ノルウェーまだ~む)
2011-05-19 16:36:28
migちゃん、本当にそうだね!
マットは帽子被っているともう、誰だかわからん!
しかもラストのややちょい長い髪形も誰?って思っちゃった。
トレードマークが短髪っていうのも、ある意味致命的だったのかも。
マットラブストーリーとかあれこれもがいているけど、彼独自の路線で行ってくれていいのにね。

今日パイレーツ行ってくるよ♪
mezzotintさん★ (mig)
2011-05-19 22:58:48
こんばんは♪

あっナタリーも帽子似合わないのかと一瞬思っちゃった(笑)
ほんとマットもよく出ますよねぇ。最近。

海外評は以外と良くて7とかでしたよ☆
私は思ってたよりつまらなくはなかったです
yukarinちゃん★ (mig)
2011-05-19 23:00:05
こんばんは♪
うん、yukarinちゃんはどうかなぁ
フツウくらいかな?
NEXT がそこそこ楽しめたなら大丈夫かも、、、
☆まだーむ (mig)
2011-05-19 23:01:56
ほんと似合わないのよ~(笑!)

ファンの人が読んだら怒られちゃうかな。
今ちょっと太って、髪もこんな感じだしで
ややフィリップ(シーモア)化してるんだよね~昔から似てるとは思ってたけど!ひと目惚れするかー?って(失礼)
Unknown (KLY)
2011-05-20 02:03:22
まーなんちゅーか、デヴィッドの一途なところがとっても好感度大(笑)
いいじゃない、3年間も偶然の出会いを期待してバス乗るなんて出来ないよ、なかなか^^;

途中の扉のとこは見せ場なんだろうけど、一応計画があったはずが、今どのあたりにいるのかさっぱり。というか完全に『マトリックス リローデッド』だしw
ついでに言うと敵は同じで“エージェント”だしね。

ふと思ったんだけど、結婚するはずだったアルベルトさん可哀想過ぎない?いきなり花嫁消えてるのよ?(笑)
KLYさん★ (mig)
2011-05-21 08:41:05
あはは、一途なのはいいことです♪

そうそうリローデッドの雰囲気もあったけどこの人たちのマヌケさに好感(笑)

思ってたよりなかなか面白かったかな☆

あの婚約相手は相当可哀想だよね~妥協して結婚なんて最初からしなきゃいいのに(笑)

デイモン (ともや)
2011-05-23 05:56:50
こんにちは、migさん♪
「普通じゃない」はともやも好き~♪
(しかもサントラもかなり良いのよね~)

ま、楽しめたみたいでよかったです♪
(でもお金出して普通に観てたら、感想変わったかもね?wwww)

あれほど彼が大統領にならないと未来が大変なことになっちゃうって言ってたのに、あっさりいいよってなっちゃって、その後の未来がどうなったか気になるよね~ww
(あ、そういうツッコミはなし?笑)
ともやさん☆ (mig)
2011-05-23 22:59:29
こんばんは☆

ダニーボイルはいいよね♪

今回ありがとー!
いやいや、お金出しててもこのくらいかな。
だって、もともとが期待全然してなかったしマットだし

そうそう、そもそも彼が大統領にならなくっても誰かがなればいいんだし、
その別の人がなると困るという理由もないしでなんかどっちでもいいのか、
ってあっさりひいちゃうとこもマヌケで笑っちゃうような
こんにちは。 (BROOK)
2011-05-27 15:31:26
結構展開が小気味良い感じで、
意外と面白かったです。

アクション映画ではなく、ラブストーリーとしてみれば納得出来るかもしれませんね。
そこに少しSFが加味されたような・・・。
BROOKさん☆ (mig)
2011-05-27 23:45:59
こんばんは☆

そうですね、つまらなくなかったです(笑)
SFラブストーリーですよね。
それにしてもあの調査員?たちはちょっとマヌケでしたね☆
こんにちは (たいむ)
2011-05-28 13:27:51
ビビビって懐かしい響きですねー(笑)

この映画、マットが大真面目に大真面目にやってるから面白いのかなーと(^^)
SFアクションぽい宣伝はマイナスだけど、それで騙されても楽しめる作品でよかったですw
こんばんは (えめきん)
2011-05-28 22:31:15
ツッコミどころ満載の楽しい映画でした。運命を操る調整局の面々がマヌケなミスを繰り返して事態をどんどん悪化させていく様に、下っ端のミスを右往左往して修繕しようとする会社の中間管理職の哀愁を感じましたね(笑)。
たいむさん★ (mig)
2011-05-28 22:47:28
こんばんは☆

ふふふ、古いでしょ?
そうねぇ
マットだからいいのかも(笑)
個人的にはどうでもいい人なんだけど
えめきんさん☆ (mig)
2011-05-28 22:48:27
こんばんは♪
楽しみましたかー。
早くも評価がおおいに割れてるみたいですよね。
アハハ、確かに
こんばんは♪ (yukarin)
2011-05-28 23:09:03
普通!
SF的なものを期待してたのに完全ラヴストーリーだった(泣)
収穫としてはアンソニー・マッキーが素敵だったな~かな。
あと調整局たちがおマヌケで笑えたくらい。
いやあ軽いのりで、、、。 (mezzotint)
2011-05-29 00:27:26
migさん

本当に恋愛ものなので、驚きましたよ!
全体に軽い感じでしたね。
まあ何も考えず観れて、そこそこ楽しめ
ました。
はい、マットは確かに帽子は似合いませんね。
まあ帽子が必要らしいので仕方ないか(笑)
出演者の皆さん、真面目にバカやってました。
こんにちは♪ (SOAR)
2011-05-29 13:11:49
SFに“運命”を引っ掛ける作品って好みはともかく結局ヘンなの多いから、そう思えばこれは案外成功してますよね。
つまるところ、ラブストーリー入れればそこそこ見れちゃうものなのかも知れません(笑)
☆yukarinちゃん (mig)
2011-05-29 18:10:01
こんばんは☆
だよねー
ラブ要素強かったね(笑)

マットだったからなんだか可笑しくて。
でも最近いろいろ頑張ってるよね
これがベンだったら、、、と思ったけどそれもまたちょっと違うね
☆mezzotintoさん (mig)
2011-05-29 18:11:33
こんばんは☆
帽子が必要ってなんかそこだけアナログで笑いますよね
ドアでワープできちゃうほどのSFのはずなのにそんなアイテムが必要だとは。

マットがこんなに帽子似合わない人だとは新しい発見!(どうでもいいんだけど 笑)
☆SOARさん (mig)
2011-05-29 18:13:04
こんばんは☆

いやぁどうでしょう。私は期待してないからまあまぁでしたけど
世間評価はつまらないって意見も多いみたい(笑)

そもそもPKディック原作ってちょっと傑作って感じのものではないですよね
結構楽しめた♪ (マリー)
2011-05-29 19:45:15
こんばんは~~♪
SFかと思って構えてたので、ちょっと肩透かし・・・
でも、ハッピーエンド好きの私もへっ?本当にこれでいいの?って思えるほどハッピーエンドでしたぁ。

途中、ハラハラもしちゃったし。
もしかして哀しいラストかな?とも思えてハラハラ、ドキドキ楽しめたよ~。

エミリー・ブラント、ダンス経験ないのに上手かった!!筋肉のつき方が凄いなぁ~って。
彼女はどんどん上に上がってゆくなぁ・・・。


マリーさん☆ (mig)
2011-05-31 00:28:14
こんばんは♪

完全にラブよりだったよね(笑)
ふふふ、ほんと勝手にご都合よく終わっちゃって。
エミリーブラント、素敵だよね
一目惚れ・・・? (小米花)
2011-06-01 23:00:46
最初の一目惚れのシーン、やっぱり違和感ありますよね(笑)。
マットくん好きなんですが、一目惚れはないな~って、migさんも思ったのですね(笑)。

映画は、まあ面白かったと思っています。
小米花さん☆ (mig)
2011-06-02 09:48:41
おはようございます☆

お久し振りですね、
ふふふ。マット好きな人には怒られそうだなと思いつつ、帽子似合わないとか書いちゃいました
さんざん言ってますよね
でも思ったより楽しめました☆
こんばんは (dai)
2011-06-08 22:51:14
エミリー・ブラントが結構魅力的で、
展開的な突っ込みもありましたが、
意外に楽しめました☆
daiさん★ (mig)
2011-06-10 00:32:33
こんばんは☆

エミリーブラントの魅力には私最近気付いたの♥
マットはなぁ~、、、(笑)
人物像と時間軸 (KGR)
2011-06-12 09:10:02
3年は選挙の関係でしょうがないにしてもちょっと無理がありました。

考えようによっては生真面目、一途ですが末は大統領ともあろうお方が毎日チマチマ同じ時刻のバスに乗ってなんて、今時高校生でもやらんでしょう、とか。

★KGRさん (mig)
2011-06-12 10:17:14

うんそうですね、ちょっとむりやり感がいつもありますよね~PKディックのって。
フフフ私もあのまさかの一途さには驚きでしたわ。
こんばんはー^^ (みすず)
2011-06-15 21:14:48
帽子似合わなかったよねー^^;
主人公に似合う帽子決めてから、他の人の決めてあげて欲しい^^

わたしも結構楽しめたよ♪
サスペンスって全然思わなかったよ。
調整員の行動がおかしくて、受けたわぁ^^
みすずさん☆ (mig)
2011-06-15 22:27:20
こんばんは☆

帽子、笑っちゃった。
期待してなかっただけ良かったのかも。。。
あとでお邪魔します♪
今頃ですが(^^; (ひろちゃん)
2011-06-21 22:32:14
感想書いたのでお邪魔します♪

どうも恋愛映画が苦手で(^^;
予告編から、SFサスペンスを期待してしまい
ちょっと肩透かしになってしまいました・・・

>特別面白いってわけじゃないけど、デートとかにはいいかも

ものすごく同感(笑)
睡魔に襲われるってことはなかったのですが
かと言って、すごくインパクトがあったわけでもなく、私もつまらなくはないけれどって
言う感じでした(^^;
デートムービーならOKですよね(^_-)-☆
☆ひろちゃん (mig)
2011-06-22 22:24:32
こんばんは♪

これ、期待しないでみてなかなか面白いって感じの映画ですよね~。
何にも考えずに楽しむデートムービーだと思います☆
あまりコメントすることもなかったりして(笑)
結構楽しめた? (ノルウェーまだ~む)
2011-08-16 21:00:59
migちゃん、今日はども☆
色々書いていたからそれほど・・・七日と思ったら、実は好きだったんだね~この映画。
でもゆるーいデート映画としては、最適だね、確かに。
わたしも「別れさせ屋」でいいと思う~
まだーむ★ (mig)
2011-08-17 10:33:45
おはよ☆
昨日はありがとー!

あのピンクの缶もお気に入りなの♥

いやいや好きってほどでは(笑

マットの映画そんなにハマらないんだけどまったく期待してなかったから。
帽子似合わないとかあの追ってくるチームのドジ具合とかが笑えた~(そっちか)


post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

55 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アジャストメント THE ADJUSTMENT BUREAU (シネマDVD・映画情報館)
アジャストメント 監督・脚本:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン/エミリー・ブラント/テレンス・スタンプ/アンソニー・マッキー 内容:将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという美しいバレリーナと運命的に出逢い、一目惚れする。しかし突...
アジャストメント (LOVE Cinemas 調布)
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。人間の運命が全てアジャストメント(調整)されていることに気付いた男が、それに逆らい自らの力で運命を切り開く姿を描いている。主演は『ヒア アフター』のマット・デイモン、共演に『ガリバー旅行記』のエミ...
アジャストメント/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、フィリップ・K・ディックの短編小説『調整班』を映像化したSFサスペンス映画『アジャストメント』(原題:THE ADJUSTMENT BUREAU)の試写状。 実はこれ気になっていたんだけど、試写会に応募しようとすると「女性限定試写会」というのばかりで、ちょ....
『アジャストメント』 (Cinema + Sweets = ∞)
先日、マット・デイモンの最新主演作『アジャストメント』を試写会で観ました。少なくとも1年以上ぶりに会う友達と一緒に観に行ったんだけれど、運命について少し考えさせてくれるエンタメ作品でした。 ******************** 人気SF作家フィリップ・K・ディック...
劇場鑑賞「アジャストメント」 (日々“是”精進! ver.A)
自分の“運命”も調整されているのか、気になるなぁ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105270006/ アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ文庫 SF テ 1-20) posted with amazlet at 11...
『アジャストメント』 | 恋するマット・デイモン、N.Y.大激走。 (23:30の雑記帳)
70年代テイストただよう、こぢんまりしたSF映画でした。 マット・デイモンの好感度、めちゃめちゃ高いです。 あらすじ(ネタバレしてます!) 下院議員ノリス(マット・デイ ...
アジャストメント (佐藤秀の徒然幻視録)
アメリカン・デモクラシー万歳! 公式サイト。フィリップ・K・ディック原作、原題:The Adjustment Bureau(運命矯正局)。原作名は「調整班」。ジョージ・ノルフィ監督、マット・デイモン、 ...
運命調整局さんへ。 (INUNEKO)
ディック「こんな映画は実在しない」 マット「OK!俺のキャリアにも存在しない。それか主演はベンアフ」 …あの、ボクもコレを見なかったことにしてくれませんか? 映画館「おまえはタダで見といて!」 …にしても!…です。 …なんとかなりませんか…シネマイレージ返せ...
アジャストメント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 設定は面白いが、妙に人間くさいヤツらに苦笑い。
アジャストメント (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間の運命が”アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”と呼ばれる秘密の機関によって操作されていると知った主人公が、自分の思ったままに運命を切り開くのを描いたものだ。地球上に存在するのは人類だけでないので、こういうものの見方があってもいいのだ。着眼点...
アジャストメント (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Adjustment Bureau: Library Edition運命に抗う男女の物語は、SFアクション大作として見ると肩透かしをクラう。むしろラブ・ストーリーとして楽しみたい。若き政治家のデヴィッドは、あ ...
アジャストメント (心のままに映画の風景)
将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)は、美しい女性、エリース(エミリー・ブラント)と出会い心惹かれる。 ある日、デヴィッドは、突如現われた“アジャストメント・ビューロー...
「アジャストメント」みた。 (たいむのひとりごと)
予告編とかチラシとかで持った印象とは随分違っちゃってるなぁというのが第一の感想。→のシーンみたいなのを画像で切り抜かれちゃうと、マットなぶんだけアクション満載映画だと勘違いしちゃうよね。てっきりサスペ
アジャストメント / The Adjustment Bureau (勝手に映画評)
『ブレードランナー』『トータル・リコール』『マイノリティ・リポート』・・・と、数多くの作品が映画化されているフィリップ・K・ディック原作の作品の映画化。もちろん、この作品も、これまでの作品と同様、SFなんですが、より恋愛物語色が強くなっています。 『ジェ...
アジャストメント (5125年映画の旅)
政治家のデヴィッドは、マスコミにスキャンダルを暴露された事で選挙戦に敗北するが、偶然出会った女性・エリースの助言によって再起の機会を得る。しかしそれらは全て運命調整局 ...
アジャストメント (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE ADJUSTMENT BUREAU】 2011/05/27公開 アメリカ 106分監督:ジョージ・ノルフィ出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 操作された《運命》に、逆らえ。 政治家のデヴ....
アジャストメント (食はすべての源なり。)
アジャストメント ★★★★☆(★4つ) 完全なるラブストーリーでしょ!!!! ちょっと想定外。 天使(金城武「死神の制度」に出てくるような天使)たちによって、運命は操作され、外れると軌道修正される。一人の女性との出会いが忘れられない主人公は、天使の居眠...
アジャストメント(2011)☆★THE ADJUSTMENT BUREAU (銅版画制作の日々)
操作された《運命》に、逆らえ。 MOVX京都にて鑑賞。公開初日に観ました。 マット・デイモンが一目惚れする男性を演じていましたよ。何やら運命の間違えで、本当は相手のエリ―スと知りあうはずではなかったようですが。。。。 その間違えが彼にとっては良かったよ...
アジャストメント (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月28日(土) 18:30~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『アジャストメント』公式サイト フィリップKディックと言えば、「ブレード・ランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リ...
映画「アジャストメント」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アジャストメント」観に行ってきました。 フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班(Adjustment Team)」を原作とする、マット・デイモン主演のSF恋愛サスペンス作品。 2011年に入ってから観賞したマット・デイモン主演の映画は、「ヒアアフター」と「...
『アジャストメント』・・・運命を決めるのは誰 (SOARのパストラーレ♪)
人の運命を操作する謎の組織“運命調整局”と、自分の運命を守るためにひとり立ち向かう若き政治家。そんなSF仕立ての熱いサスペンスに重きを置く作品だと思っていたら、そっちのほうは良くも悪くも適当な味付けで、要は困難に打ち勝って結ばれる男女の姿を描くラブストー...
アジャストメント (voy's room)
  将来を有望視されている若手政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日エリース(エミリー・ブラント)という美しいバレリーナに一目惚れする。しかし、突然“アジャストメント・ビューロー(運命操作局)”と呼ばれる男たちが現れ、デヴィッドは拉...
『アジャストメント』 (pure breath★マリーの映画館)
すべての運命は第三者の手によって<操作>されている 『アジャストメント』 監督・脚本・・・ジョージ・ノルフィ 原案・・・フィリップ・K・ディック キャスト 出演・・・マット・デイモン、エミリー・ブラント、テレンス・スタンプ、アンソニ...
アジャストメント (ぷち てん てん)
☆アジャストメント☆(2011) ジョージ・ノルフィ監督 マット・デイモン エミリー・ブラント アンソニー・マッキー ジョン・スラッテリー テレンス・スタンプ ~~~~~~~~~~~~ ふむふむ、SFサスペンスだけどロマンスなのねえ。 アクションはほとんどなくて、...
映画「アジャストメント」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『アジャストメント』(公式)を、初日(5/27)鑑賞。平日の夕方で観客は20名位。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら35点。恋愛映画が好きなら、★★★★☆(5点満点で4点)でも大丈夫かも? ざっくりストーリー 将来が有望...
『アジャストメント』 マット・デイモンの功罪 (映画のブログ)
 マット・デイモンが主演することの功罪は何だろうか?  映画『アジャストメント』において、主演俳優としてマット・デイモンを迎えたことのメリットは、何といってもそのおかげで映画への注目が高まり、宣...
アジャストメント (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「アジャストメント」監督:ジョージ・ノルフィ(『ボーン・アルティメイタム』)出演:マット・デイモン(『グリーン・ゾーン』『ヒア アフター』)エミリー・ブラント(『ガリバ ...
アジャストメント (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
フィリップ・K・ディックの短編小説を「ヒアアフター」のマット・デイモン、「ウルフマン」のエミリー・ブラント共演で映画化したSFサスペンス。謎の組織が密かに人々の運命を支配 ...
アジャストメント (こんな映画見ました~)
『アジャストメント』---THE ADJUSTMENT BUREAU---2011年(アメリカ)監督:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント 、アンソニー・マッキー 、テレンス・スタンプ 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェ...
アジャストメント (そーれりぽーと)
『インセプション』+『マトリックス』+『シャッター・アイランド』? 加えて『ボーンシリーズ』?全部入りかよ的な予告編に期待していた『アジャストメント』を観てきました。 ★★★★ 運命は誰かに決められていて操作されている?!的な予告編に、今度はどんな方法で...
アジャストメント (KATHURA WEST)
アジャストメント オフィシャルサイト SFとはいっても、余りにも隔絶した、余りにもベターなお話に、あれよあれよとラストまで行ってしまった感じ。こんなに都合よく《運命の書き換え》が行われていいのかい?特にラストは腰砕け。でもこんなオメデタイ前向きなお話...
『アジャストメント』 (beatitude)
スラム出身のデヴィッド(マット・デイモン)は上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが、エリース(エミリー・ブラント)という女性と偶然出会った事から予定とは違うスピーチをし、結果それが功を奏す。...
アジャストメント (だらだら無気力ブログ)
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン” シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。 人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局) ”によって管理されていることを知って...
映画『アジャストメント』 (闘争と逃走の道程)
 フィリップ・K・ディック原作、マット・デイモン主演のSFサスペンス。運命とは自分で切り拓くもの。いや、それともすべては、あらかじめ定められている……? アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ...
アジャストメント (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  いつの頃かは定かではないが、人の運命はチェアマン(神?)の書いた筋書き通りに定められてしまった。だがその筋書きにない別の運命により、上院議員をめざすデヴィッド・ノリスとダンサーをめざすエリースが出逢って恋に落ちてしまう。 しかし運命をアジャ...
『アジャストメント』('11初鑑賞78・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 6月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:50の回を鑑賞。
アジャストメント (Memoirs_of_dai)
ラブSF 【Story】 政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日、バレリーナのエリース(エミリー・ブラント)と恋に落ちる。しかし、突如現れた男たち、“調整局”によって拉致されてしまう…。 ...
★「アジャストメント」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
平日休みの2本目。 もう売れっ子のなっちゃった「ボーン~」シリーズのマット・デイモン主演作。
映画『アジャストメント』から社会システムの調整係は誰が最適かを考える (「実存浮遊」から柔和な路上を歩き瓦解した世界に埋没する)
■ 映画『アジャストメント』から社会システムの調整係は誰が最適かを考える フィリップ・K・ディック原作。マット・デイモン主演の映画『アジャストメント』を見ました。 以下、ネタバレを含む感想なの...
アジャストメント (映画的・絵画的・音楽的)
 『アジャストメント』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)映画の原題は「Adjustment Bureau」ですから(原作のタイトルも「Adjustment Team」)、専ら運命の調整を業務とする人たちを描いている作品ではないか、と思われるかもしれません。  ですが、「運命調...
「アジャストメント」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・米/ユニヴァーサル・ピクチャーズ原題:The Adjustment Bureau監督・脚本:ジョージ・ノルフィ 原案:フィリップ・K・ディック製作:ジョージ・ノルフィ、マイケル・ハケット、
映画「アジャストメント」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/8、ユナイテッドシネマ豊洲。 ポイント使用。 ポイントカードの更新も同時に行う。 更新料、まあ年会費のようなものだが、500円に値上げ。 更新特典は鑑賞ポイント3付与から、千円鑑賞券にデグレード。 ** マット・デーモン、エミリー・ブラント、テ...
「アジャストメント」 きれいにまとめてこじんまり (はらやんの映画徒然草)
ちょっと集中力がない状態で観賞してしまったので、評価が適正かどうかが自分的にも甚
アジャストメント (みすずりんりん放送局)
 『アジャストメント』を観た。  【ストーリー】  将来有望な若手政治家デヴィッド・ノリス(マット・デイモン)は、ある日エリース・セラス(エミリー・ブラント)という美しい女性と【運命的】に出逢...
アジャストメント 汝、何を望むとも・・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=28 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート2本目、「汝、何を望むとも、そを祈るに、既に受けたりと知れ、然らばそを得ん。」  スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが...
★アジャストメント(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE ADJUSTMENT BUREAU  操作された《運命》に、逆らえ 映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2011/05/27 ジャンル SF/サスペンス/ロマンス 映倫 G 【解説】 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジ...
アジャストメント 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
映画『アジャストメント』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-38.アジャストメント■原題:The Adjustment Bureau■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■鑑賞日:6月4日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ジョージ・ノルフィ□原作:フィリップ・K・ディック...
アジャストメント (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アジャストメント'11:米◆原題:1THE ADJUSTMENT BUREAU◆監督:ジョージ・ノルフィ◆出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ ...
機内映画まとめてレビュー「アンノウン」「リミットレス」「アジャストメント」「アイアムナンバー4」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
駐在3回目にして最初で最後のJALエグゼクティブクラス。 あまりに乗り心地がいいので、寝てしまわないようにするのに一苦労。 それでもいつも通り4本半は見たよ☆ 面白かった順にさっくりレビュー。
アジャストメント (銀幕大帝α)
THE ADJUSTMENT BUREAU/11年/米/106分/SFサスペンス・ロマンス/劇場公開 監督:ジョージ・ノルフィ 製作:ジョージ・ノルフィ 原作:フィリップ・K・ディック『調整班』 脚本:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー....
アジャストメント (The Adjustment Bureau) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・ノルフィ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★★ 日々なんてものは偶然の積み重ねでしかないはずなのに、何をやっても上手くいく時期や、その反対に何をやってもダメな時期が続いたりしますよねぇ。特にダメな時期な...
アジャストメント (いやいやえん)
マット・デイモン主演のなんていったらいいのかよくわからない作品です。SFサスペンス?ラブストーリー?ミステリー? 上院議員に立候補したデヴィットはあえなく落選する。次の日「調整員」が7時5分にコーヒーをこぼせられなかったために運命が狂ってしまうんです...
アジャストメント (A Day In The Life)
DVDにての観賞 解説 『マイノリティ・リポート』などの原作者フィリップ・K・ディック の短編小説を、『ボーン』シリーズのマット・デイモン主演で映画化 したサスペンスアクション。 第三者によって運命を支配された現実を舞台に、巨大な陰謀に立ち向 かう男...
【映画】アジャストメント…最高議長なら見かけましたけど、 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
4月に入って初めての更新です 途中、月初めの頃の強風やら、天気の話などを草稿していたのですが、時機を逸してしまったので全部却下しました で、早速は映画観賞記録 「アジャストメント」 (監督:ジョージ・ノルフィ、出演:マット・デイモン、エミリー・ブラン....