雨にも負けず山歩き♪

青空を見上げながらも、しっかり足もとを見つめて歩く自然観察情報!

白い雷鳥に会いに…立山室堂へ

2013年04月23日 | 富山県の山

白い雷鳥と浄土山


2013/4/18(木)  白い雷鳥に会いに…立山室堂へ 


金沢東IC(5:00)→立山IC(5:45)→立山駅P(6:10)→立山ケーブル発(7:00)→室堂(8:10~30)
~雷鳥ウォッチング~一ノ越(10:30)→昼休憩(11:20~12:00)→展望台(13:15~55)→
室堂(14:40~高原バス発15:15)→立山駅P(16:30~45)→立山IC(17:10)→金沢東IC(18:00)


真っ白な雷鳥に会えて感激!


5月に予定しているクラブの例会下見で、雷鳥スポットを探しに立山室堂へ行くことになった。
できれば浄土山(2831m)登頂を目指し、無理そうなら室堂山展望台までの計画である。

立山黒部アルペンルート(雪の大谷)は、4月16日に開通、ゴールデンウィーク前後の混雑を避けて
早めのチケットWEB予約をしたので、ずっとお天気(本日は曇りのち雨予報)を心配しながら
ケーブルと高原バスを乗り継いで一気に雲上の別世界、一面真っ白で広大な室堂平にやってきた!

室堂についてみると、何と見事な快晴!!朝は雲一つない凛とした青空が広がっていてワクワク…
まずは一番の目的である白い雷鳥ウォッチング!みくりが池方面を回って探してみることに。

そして、すぐに見つけた~(^^♪ 真っ白な雷鳥 …しかも数羽

写真をいっぱい撮って満足満足…次に目指すは浄土山、朝日で山肌が光り輝く立山を見ながら歩きだした。
お天気が良いので気温も上がり、アイゼンでは足が深く沈み、かなり歩きにくくなってきたので
浄土山を目指すならアイゼンが必須と思っていたが、一ノ越まではワカンかスノーシューが必要であった。

周りを見ると登山と言うより、ほとんどはスキーやボードを楽しみに来た人たちのようだ。
ボードを背負ってスノーシューで登る人、山スキー用のビンディングとシールを付けて、スキー板で登る人
一見スキー板で歩くのは重そうに見えるが、特に沈む事もなく、ヒールアップで快適そうに歩いていたので、
ワカンやつぼ足よりも少ないエネルギーで雪山を登ることができる!と言うのはどうやら本当のようだ!
と言っても体験してみなければ本当のところは分からないが、深く沈まないのは確かである。

スノーボードを半分に割ったようなものを、スキーのように両足に履いて登る人が何人かいた。
名前は分からないが、滑る時は板を2枚合わせて(留め金付)スノーボードに変身するようで
重いボードを背負って登るより、遥かに効率的で理にかなった便利グッズである。
何だか知らない道具がいっぱい出てきて、スタイルも色々変わったようで、ついて行けないかも(^^ゞ

最後の急登を登って一ノ越に到着! 昨年の5月に訪れた時 も快晴だったが、浄土山には登れず、
今回リベンジなるか?一ノ越から尾根を少し歩きだしたが、強風でやっぱり今回も断念したのである(^^ゞ
やや後ろ髪引かれたけど、半端じゃない強風  ピッケルで踏ん張ってもよろけてしまう程であった。

下山して室堂平のど真ん中で昼休憩!ポカポカ日差しで眺望良く、とても気持ちのいい場所…
先ほど登って行った人達であろう、浄土山や立山方面の斜面から、次々と人が滑り下りてくる。
1~2時間かけて登って、下りは1~2分、あっと言う間のようである(^^ゞ

午後からは室堂山展望台に登り、昨年と同じ目前に五色ヶ原や槍ヶ岳の眺望をみて下りて来た。
遠くは霞んでいたので、今回は残念ながら、鍬崎山の上に浮かぶ白山は見ることができなかった。

室堂に下山後、今春から室堂山荘で働く、KHCの山ガールことGさんに会うことができた。
来月の立山例会が晴れますように!と、てるてる坊主を作ってくれるそうだ(^^♪
仕事にも慣れて元気でやっていて、皆さんに宜しく伝えてとのこと!来月また会う約束をして別れた。



朝日を浴びる立山と浄土山


 
赤いペンキで「山男」と書かれた岩にイワヒバリが数羽、美声で鳴いていた。(ズームしたらピントズレ)


イワヒバリの次は早くも雷鳥。。。



横姿


   
前姿(けっこう足は太い)                             後ろ姿


別の場所にも…


 
一応こちらを気にしてウンチのポーズ             ウンチしたらサッサと別の場所へ



お腹がいっぱいでウンチもして、目を閉じてお休みタイム…瞼は下から上に閉じた。
ちなみにサングラスをしているように見えるのは、♂ 雷鳥とのことだ!



あれっ?白いので全く気付かなかったけど、良~く見たら2羽いた(^^♪
しかも同じポーズで寝ているので、もしや兄弟か?(普通は♂同士で縄張り争いをするらしい)


浄土山目指して一ノ越方面に向かう。。。


 
一ノ越山荘が見えて来た。                 うしろの眺望も見逃せない!



右ピークが浄土山…スキーで雪渓を登るグループもいたが、夏道の尾根から回ることにした。


 
          一ノ越山荘に到着!              山荘前からの稜線と ピークは龍王岳(2872m)

画像は穏やかに見えるので想像できないが、稜線はもの凄い強風で、途中で断念!
全く雪のない箇所もあり、稜線に積もった雪は、雪の大谷辺りに飛ばされて吹き溜まるのだろう。



一ノ越から立山 ( 雄山 3003m )…こちらも強風と急登で、途中で引き返すグループもいた。


昼休憩の後、室堂山展望台に登る!



左手に立山連峰と浄土山



展望台から国見岳、大日岳、奥大日岳…雪の模様が美しかった。



展望台から、五色ヶ原、槍ヶ岳、水晶岳、笠ヶ岳、薬師岳…。


シュプールがいっぱい。。。



スノーボーダーと大日岳と、室堂ターミナルの賑わい



みくりが池と立山連峰


 
みくりが池山荘方面                             裏剱岳


おまけの画像。。。


 
        2013年の雪の大谷は、最高所が「18m」      頭が切れたけど、偶然足の裏の天然アイゼンが撮れた(^^ゞ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加