虚無交換日記

神戸大学将棋部の住人たちによるブログ

主将退任挨拶

2018-02-21 15:24:50 | NY
前主将の名和です。遅くなってしまいましたが、1年間主将をやってきて感じたことを書こうと思います。

まずはじめに一軍戦に関してですが、春季・秋季ともにA級に残留することができてほっとしたというのが正直なところです。1・2回生中心で、どの程度やれるのか手探りな部分も多く、オーダーがうまくいかないことも結構ありましたが、部員の皆さんに助けられました。ただ、上位校との差は広がってしまったし、秋季は特に降級してもおかしくない戦いぶりだったと感じました。1・2回生はこの経験を生かして力をつけていってほしいですね。

次に普段の部活のことですが、新しいことを始めるといったことは結局ほとんどありませんでした。その代わりと言ってはなんですが、普段の部活で、序盤の勉強をするよう結構言った(と思う)ので少しでも伝わっていると嬉しいです。大学将棋は時間も長いし、序盤で悪くすると厳しいんですよね。今はソフトもあるし、プロの棋譜も手軽に見ることができるので、研究しがいがあると思います。

また、個人の振り返りですが、部員に偉そうに序盤を勉強しろと言っていたこともあり、2回生のときよりも将棋に力を入れることができたと思います。ソフトを本格的に使い始め、初めて研究らしい研究を始めました。しかし、まだまだ序盤で悪くすることも多く、課題は山積みです。十傑戦が終わってから現在まで気が抜けてしまっていますが、気合を入れ直しとりあえずもう1年頑張ろうと思います。

最後になりますが、部員の皆さん、そして応援に来てくださったOBの方々、ありがとうございました。特に部長には部をまとめてもらい、非常に助かりました。次期主将は白河原、部長は小柳です。いろいろ大変だと思いますが、持ち前の行動力を生かして頑張って欲しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十傑戦振り返り

2017-12-30 15:43:38 | NY
まだ主将の名和です。12月22,23日に行われた十傑戦の振り返りをしようと思います。レーティング選手権以来の図面を使っての振り返りです。すべて手前が私です。人名は敬称略です。

1日目
予選1局目vs荒木
初戦から元高校竜王の強敵と当たることになりました。戦型は横歩取りで相手の青野流。青野流の中でも激しい別れになり、迎えた下左図。
  
ここでは33桂とすべきで、以下84飛87歩成で難解な将棋でした。本譜は2手前の65飛からの流れを汲んで87角と打ちましたが、56角が絶好の返し技で、以下85飛45桂62玉35飛で敗勢です。飛車の素抜きと53桂成~23角成の筋が同時に受かりません。読みが甘すぎました。以下は相手の正確な指し回しの前にいくばくもなく投了。昔研修会で同じような筋で飛車を素抜かれたのを思い出します。

予選2局目vs神高
ここで負けると予選敗退が決まるので是が非でも勝ちたい一局です。戦型は角換わりで相手が35歩~45桂と速攻をかける形に。後手のこちらが85歩を保留しており、88の銀が浮いているので無理かと思っていましたが、受け間違いもあり、先手が良くなる順もあったようです。そんな中迎えたのが上右図で、少し前に先手にミスがあり、ここでは後手が良くなっています。ここは28玉で角は取られるものの、さらに敵陣を進むか、同玉で決着をつけに行くか相当迷いましたが、28玉を選択。これが正しい選択だったようで、後手玉は捕まりません。逆に同玉はこちらの負けでした。本譜は34桂19玉と進み、以下は怪しいところも多かったですがなんとか勝ち切ることができました。おそらく入玉した局面は将棋フォーカスで取り上げられることでしょう。

予選3局目vs荒木
抽選の結果、予選1局目の再戦となりました。今度は先手を引き、相手の四間飛車に対し穴熊に潜る展開に。途中までは研究通りで、持ち時間を節約することができたのが結果的には大きかったです。ただ形勢自体は難解で、研究を離れた後こちらの弱気な手に付け込まれ悪くなってしまいました。終盤でこちらも時間を使い切り、穴熊のZを生かし最後の反撃をする展開になりました。
 
上左図はその最後の反撃をしている局面。少し足らないかと思っていて、実際74玉ならこちらの負けでした。本譜は62玉でチャンスが来たのではないかと思いました。以下63歩51玉32角成66角と進んで上右図。ここで62銀から精算して63歩71玉まで決めて33馬が決め手で、先手玉は詰まず、後手玉は詰めろになっています。劇的な逆転勝ちで、勢いに乗れたかと思ったのですが。

2日目
準々決勝vs竹川
結構昔から知っている相手で、一層気合が入りました。自分が後手で、序盤に駆け引きがあり、こちらが少し得をした横歩取りになりました。しかしその得をもっと広げようと早めに動いていったのが良くなく、逆に形勢を損ねてしまいました。
 
直接的な敗因は上左図での77歩で、ここは74桂なら難解で、後手も十分に戦えました。そう指せなかったのは実力ですが、もっと反省すべきは序盤から中盤の入り口にかけて良くしようと無理に動いていった点です。序盤で少し得をしたためもっと良くしないといけないと思い込み、自分で自分を追い込んでしまいました。

5位決定トーナメントvs樋園
準々決勝で負けて5位決定トーナメントに回ることになりました。戦型は相手の三間飛車で相穴熊になりました。どちらも同じような陣形となり、千日手模様となりました。もっと早く動くべきでしたが、対局時の精神状態では厳しかったです。結局先手の私が無理気味の打開をすることになり、迎えた上右図。ここは65桂の予定でしたが、同銀同銀85歩が厳しく思えたので44歩と予定変更しました。しかし44歩は良くなく、予定通り65桂として、85歩まで進んだ局面で61銀としておけば先手も戦えました。44歩以下は75歩が厳しく、完敗。経験値の差が出てしまいました。

7・8位決定戦vs大澤
去年の富士通杯での最終戦以来の対戦です。そのときは対抗型でしたが、今回は相居飛車の力戦でした。持ち時間が60分あるにも関わらず、序盤で指しにくくしてしまい、かなり悲観していました。実際こちらがはっきり悪くなる変化もありましたが、見逃してもらい、途中は逆にこちらが良かったようです。しかし、形勢を悲観していたことから危険な順を選び続け、形勢は混沌としていきました。指していてわけが分からなかったです。
 
そんな中迎えたのが上左図で、ここで指した47香成は印象に残っています。手の善悪でいえば悪手で、強く同玉と取られたらこちらの負けでしたが、本譜は同金だったので、35桂で何とかなるかと思いました。この後もよく分からなかったですが、ようやく逃げ切ったと思ったのが40手ほど進んだ上右図。打歩詰めで逃れており、非常に印象に残っています。以下は88馬同金同飛55玉で玉を安全にして勝ち切ることができました。

以上結果は7位でした。やはり竹川戦で悔いが残ります。少しの得を広げるために時間を使うのか、多少は妥協して終盤に時間を取っておくのか、両者のバランスは今後の課題だと感じました。

また、大会が終わってから気付いたのですが、関西代表として出場した大会(学名、富士通杯、十傑戦)すべてで中部代表の方に負けてるんですね。来年はリベンジできるようまずは関西大会から頑張ります。

それではこのへんで振り返りを終わりにしたいと思います。みなさま、よいお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個人戦&秋季一軍戦振り返りpart2

2017-12-01 09:40:50 | NY
主将の名和です。個人戦と秋季一軍戦の振り返りの続きを書こうと思います。

まずは個人戦の結果ですが、2位で関西代表になることができました。優勝できなかったのは残念ですが、ここ最近の個人戦は振るわず、予選落ちも経験したので、今回結果を出すことができてよかったです。2回生のときに出場した学生名人戦ではベスト8で負けてしまったので、そのときの成績を越すことができるよう頑張ります。
また、神大から個人戦本戦に進んだのは春季・秋季ともに一人でした。やはり個の力が足りていないように感じます。来季はもっと増えるよう頑張って欲しいですね。

次に秋季一軍戦ですが、A級4位を維持という結果になりました。今回は出すメンバーをある程度固定したので、そのメンバーは自分の現在の立ち位置、足りないところ、等々感じてくれたと思います。それらを埋めていくために、個々が意識を持って努力してほしいですね。将棋が強くなるには、自分でやる気を出して努力していかなくてはならないと思っているので。

今回あまり出番がなかったメンバーにもこれと同じことが言えます。正直な話、今回オーダーをある程度固定したのは、控えメンバーの層が薄く、オーダーの失敗が致命傷になりかねないと考えたからです。来季はこのようなことにならないよう少しでも強くなって欲しいですね。

最後になりますが、対局した人はもちろん、一緒にオーダーを考えてくださった先輩方、偵察に行ってくれた皆さん、ありがとうございました。来季はどのような状況になっているか分かりませんが、一緒に頑張りましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季一軍戦振り返りpart1

2017-11-15 14:25:58 | NY
主将の名和です。先日行われた一軍戦の結果です。

1回戦vs大阪大学
×古田-矢野
×白河原-玉柏
×田和-藤井
×藤井-百々
○名和-宮屋敷
×熊本-香月
○井上-鈴置
なんとも言えない当たりでしたが、勝負どころを落とし、2-5負け。

2回戦vs京都大学
×小柳-宮越
×古田-小林
×濱田-金谷
×白河原-村上
○田和-林
○名和-河合
○井上-藤島
オーダーは狙い通りで、5将の金星もありましたが、一歩及ばず3-4負け。

3回戦vs立命館大学
×古田-大桃
×白河原-新貝
×田和-川又
×藤井-宇城
○名和-藤田
×熊本-小林
×井上-大平
どういうオーダーがいいのかさっぱり分かりませんでしたが、どこかでもう1勝はしてほしかったですね。1-6負け。

4回戦vs大阪市立大学
○古田-福田
○白河原-辻
○田和-松本
×藤井-下西
○名和-櫛谷
×熊本-坂本
×井上-中屋
予想していた相手のオーダーとは異なりましたが、2将の勝ちが大きく4-3勝ち。

5回戦vs同志社大学
○古田-松浦
×濱田-池永
×白河原-砂田
○田和-勝本
○名和-千代
○熊本-山口
×井上-森田
オーダーは失敗。厳しい当たりになったと思いましたが、1回生達の2勝が大きく、4-3勝ち。熊本さんの一軍戦最終局での勝利もお見事でした。

以上チームは2勝3敗で4位、総勝敗は14勝21敗でした。詳しい反省はもう少し後に書こうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季一軍戦初日

2017-11-06 14:38:12 | NY
主将の名和です。

11月5日に秋季一軍戦が行われました。詳しい内容などは後でまとめて書こうと思うので、今回は結果だけ書いておきます。

1回戦 vs大阪大学 2-5 負け
2回戦 vs京都大学 3-4 負け
3回戦 vs立命館大学 1-6 負け

というわけで、1勝2敗でした。
2日目は大阪市立大学、同志社大学と対戦します。初日は厳しい結果となりましたが、切り替えて2日目頑張りましょう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

オール学生(団体)

2017-08-31 13:10:00 | JT

どうも、一回生の田和です。

8月27日に神奈川県の川崎市民プラザで行われた第32回全国オール学生将棋選手権戦(団体戦)のことについて書いていこうと思います。


大会当日、カプセルホテルで二度寝してしまい0回戦負けを覚悟しましたが、乗り換えがうまくいき集合時間に何とか間に合いました。

一戦目は横浜国立大学チームのIさんと対戦。当たりをみたところ、自分が勝たないとかなり厳しかったので気を引き締めて臨みました。 早繰り銀で先攻し、相手の反撃が遅く攻め切ることができ勝ちました。チームは2-3で惜しくも負けでした。

二戦目は東京都市大学チームのKさんと対戦。序盤で馬を無条件で作れて有利だったはずが、途中で怪しくしてしまいかなり焦ってしまったものの、最後は一方的に攻める展開となり勝てました。チームも4-1で勝ちでした。

三戦目は早稲田大学CチームのAさんと対戦。この対局でも有利なところから怪しくしてしまったかと思ったものの、相手が飛車銀交換となる無理攻めに出てきたためカウンターが決まり指しやすくなりました。以降は、自玉に詰みがないことを確認してたたみかけ、勝つことができました。チームも4-1で勝ちでした。

四戦目は駒澤大学のKさんと対戦。相手側が低い陣形なのに対して、自分は駒が上に出ており不安定でしたが、攻撃態勢は整っていたので一気に攻めつぶすことが出来て勝ちました。チームも3-2で勝ちました。この時点で個人成績4-0、チーム成績3-1であったので最終戦はプレッシャーがかかるなとかなりビクビクしていました。

最終戦は電気通信大学のHさんと対戦。見覚えがある相手だな~と思いながら指していると、棒銀が失敗し(玉の周辺の)駒たちが躍動する俺の将棋をみせてしまいましたが、相手の弱点を突き駒得となり、そのあと王手飛車をかけることに成功したので勝つことができました。あとで調べてみると、相手は函館で行われた高校の新人戦の全国大会で同じ部屋だった方でした(笑)こんな偶然もあるんですね。チームも3-2で勝ちました。
この結果個人で5-0と全勝賞、チームは4-1で56チーム中勝ち点などの差で9位と良い結果を残すことが出来ました。 当初の予想では個人もチームも勝ち越せるか怪しいと思っていたのでとても嬉しかったです。誘っていただいた名和先輩はじめ、メンバーの先輩方に改めて感謝したいと思います。これで振り返りを終わりたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一軍戦part2

2017-07-08 17:15:08 | NY
 主将の名和です。昨日の続きです。

 まずは自分自身の反省から。個人成績は4勝1敗で、好成績といえばそうですが、最後の阪大戦の敗戦では反省点が多かったです。オーダーの失敗を気にするあまり対局に集中できていませんでした。オーダーがいつもうまくいくとは限らないし、対局が始まってしまってはもうどうしようもないわけですから、当然自分の対局に集中すべきでした。これも含めて自分の実力不足です。次の一軍戦では同じ轍を踏まないように気を付けます。

 次にチームとしての反省です。昨日も書きましたが、今回の一軍戦では2勝3敗で4位、総勝敗は15勝20敗でした。A級に残留できたのはよかったですが、やはり上位大学との差が広がってしまったと感じました。
 さて、この差を少しでも埋めるためにはどうしたらよいか。まあ強くなるしかないわけですが、特に1,2回生の奮発に期待します。今回の一軍戦では積極的に1,2回生を起用し、失礼ながら私の想像以上に勝ち星を挙げてくれました。それは自信につなげてほしいですし、敗戦は今後の糧にしてください。
 また、部内では積極的に上回生に挑んでいってほしいと思います。私自身から、昨季まで一軍戦でレギュラーを張っていた先輩方から、さらには奨励会員の方々から、どんどん学んでいってください。やはり強い人との対局は非常に勉強になります。同回生間での切磋琢磨もいいですね。

 大会に出ることも強くなるには重要だと思います。これに関しては前々主将がすでにブログに書かれているので、読んでおくことをお勧めします。なにより大会に出て勝つのは非常に嬉しいですし、達成感がありますから。

大会に出ることの重要性

 最後になりますが、対局した人はもちろん、一緒にオーダーを考えてくださった先輩方、偵察に行ってくれた皆さん、ありがとうございました。次はさらに上を目指しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一軍戦振り返りpart1

2017-07-07 19:29:27 | NY
主将の名和です。遅くなってしまいましたが一軍戦の振り返りです。とりあえず結果のまとめです。

1回戦 vs大阪市立大学
◯熊本ー櫛谷
◯名和ー中屋
×古田ー辻
×田和ー坂本
◯多紀ー仲摩
◯白河原ー下西
◯米澤ー太田

勝負どころの多い当たりで、オーダーはまずまず。6将の金星も大きく、5-2勝ち。とりあえず1勝を挙げることができ、ほっとしました。

2回戦 vs龍谷大学
×熊本ー高山
◯小柳ー西塚
◯井上ー佐々木
◯名和ー山田
×多紀ー荒木
◯白河原ー岩佐
◯米澤ー松本

オーダーは失敗...したと思いましたが、一回生が強敵相手に勝ったのが大きく5-2勝ち。結果的に素晴らしいオーダーを組むことができました。

3回戦 vs京都大学
×小柳ー河合
×井上ー青木
◯名和ー金谷
×古田ー細川
×田和ー小林
×白河原ー林
×米澤ー村上

前回の一軍戦でスイープされた京都大学戦ですが、今回も1-6で完敗。もう1勝はしてほしかったですね。

4回戦 vs立命館大学
◯井上ー駒林
◯名和ー大桃
×古田ー宇城
×田和ー新貝
×多紀ー金川
×白河原ー宮原
×米澤ー小林

当たりは十分勝ち目があると思いましたが、力及ばす2ー5負け。地力の差がでた感じでした。

5回戦 vs大阪大学
×熊本ー大中
×井上ー平尾
×名和ー鈴置
×田和ー藤井
◯白河原ー矢野
×藤井ー玉柏
◯米澤ー大谷

勝ったほうが第二代表決定戦に進出するという大一番でしたが、オーダーを失敗した挙句、私自身も負け、2ー5で敗戦。反省点の多い試合でした。

以上チームは2勝3敗で4位、総勝敗は15勝20敗でした。続きはまた明日(多分)。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春季一軍戦初日

2017-06-13 12:32:45 | NY
主将の名和です。

6月11日に春季一軍戦が行われました。詳しい内容などは後でまとめて書こうと思うので、今回は結果だけ書いておきます。

1回戦 大阪市立大学 5-2 勝ち
2回戦 龍谷大学 5-2 勝ち
3回戦 京都大学 1-6 負け

というわけで、2勝1敗でした。
2日目は立命館大学、大阪大学と対戦します。厳しい戦いが続きますが頑張りましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レーティング選手権

2017-05-06 13:58:20 | NY
主将の名和です。GW中に四日市で行われたレーティング選手権の振り返りをしようと思います。

5/3 レーティング選手権特別予選会
数日前に特別予選会のことを思い出し、帰省がてら参加することに。早起きして六甲道から向かいました。今回は4対局行い、上位6名がレーティング選手権全国大会に進めました。

初戦で逆転負けを喫し、2回戦では、兵庫のY田君と当たりました。相手の先手中飛車に対し、ずっと自信のない展開でしたが、実際は駒得でこちらが良かったようです。しかし終盤、やっと勝ったと思った瞬間、勝負手をくらいかなり動揺しました。その後こちらが飛車の打ち場所を間違え、負けにしましたが、相手も玉を逃げ間違え、トン死。何とか勝ちを拾いました。最終手がとてもきれいな手だと思うので、考えてみてください。(下左図)
 
3回戦では序盤のリードを守り切り何とか勝利をおさめ、最終戦はアマ強豪のY橋さんとの対局になりました。戦型は再び相手の先手中飛車となり、一方的に馬を作られる展開に。なるべく早く動いていった結果、収まりがつかなくなってしまい、角損の代償に中央を突破しと金を作ることになりました。対局中は悪いと思いながら指していましたが、実際は難しかったようです。しかしその後攻め間違え、形勢を損ねたのが上右図。ここでは2八玉など、角を3六においたままのほうが良かったようです。本譜は6三角成だったので、4七とから攻めが続く形になり、後手が良くなりました。以下は駒損を回復して自陣を修復し、なんとか勝ち切ることができました。

この結果3勝1敗で上位6人に入り、全国大会に進めることになりました。

5/4 レーティング選手権全国大会1日目
1日目は予選を4局指します。予選は2日目と合わせて全部で6局行われ、4勝以上で通過です。途中で3敗しても、6局目まで指すことができます。実家のある大垣から養老鉄道というローカル線に乗り、のんびり四日市に向かいました。

初戦はなんと岐阜のN島君と当たりました。朝電車に乗っているときにふと当たるような予感がしたのですが、まさか本当に当たるとは思いませんでした。
N島君の先手で、7六歩8四歩6六角という見たことのない出だしに。こちらが角道を止め、穴熊に潜りました。まずまず指せていると思っていましたが、こちらのやや不用意な一手を確実にとがめられました。以下はいいところがなく、完敗でした。彼との対局は久しぶりだったので、残念でした。

2局目は特別予選会で対局したY橋さんとの対局になりました。相手のゴキゲン中飛車から43戦法のような形になり、相手の仕掛けにうまく対応することができ、迎えた下左図。
 
ここで2一飛成としたのですが、3一金打で差が一気に縮まってしまいました。先に3四香を利かすべきで、それなら先手がリードを保てていました。以下はさらにこちらに悪手が出て、敗戦。3敗で予選落ちなので、2戦目にしていきなり追い込まれました。

3局目は和歌山のN須さんとの対局になりました。とても気さくな方で、初対面にもかかわらず楽しくお話させていただきました。戦型は相手の後手石田で4二金と上がる形で、5六角から仕掛けていきました。相手に見落としがあり、飛車銀交換に成功。しかし終盤に悪手を連発し、迎えた上右図。ここは6九飛なら先手が悪かったです。7九金打には同馬~同飛成~6六金打で先手負け筋なので5八金ですがそれでは先手が悪いですね。本譜は4八飛だったので5九金で再逆転しました。以下も怪しかったですが何とか勝つことができました。

4局目は再び和歌山のS井さんとの対局になりました。相手の三間飛車からの相穴熊で千日手模様となりました。時間を相手より多く使っていたこともあり打開しましたが、微妙な仕掛けでした。以下こちらに両取りをうっかりするポカが出て悪くなり、最後も粘りを欠き完敗。悔いの残る将棋となってしまいました。これで3敗してしまったので、予選落ちが確定。2日目まで生き残ることができず、とても悔しかったです。

5/5 レーティング選手権全国大会2日目
予選落ちが決まってしまいましたが、2000点に届いていないレーティングを上げるためにも、全力で臨もうと思いました。

5局目は福岡のH口さんと当たりました。戦型は流行りの超速vs4二銀型になりました。少し前に部室で指していた経験が生き、序盤で時間をあまり使わずに進めることができました。中盤で慎重に時間を使いリードを広げ、勝ち切ることができました。

6局目は広島のU原さんとの対局になりました。戦型は角換わりでお互い手の出しにくい形になり、こちらが穴熊に組み換え、仕掛けを狙う展開になりました。3枚穴熊に組み替えることができ、相当勝ちやすいと思っていたのですが、終盤で差を縮められ、玉を引っ張り出されたのが下図。
ここでは4八飛なら先手が良いとはいえ、大変でした。5八銀打としますが、2枚換えとなり、最後に6七に角を打って受ける感じになると思います。本譜は8六歩だったので8三飛が攻防手となり、以下なんとか勝ち切ることができました。

予選6局で結果3勝3敗で、80人中52位でした。この大会で痛感したことは、将棋を指すうえでの体力と精神力の大切さです。棋力はもちろんですが、大会で勝ち抜くにはそれだけでは不十分だと再認識しました。この経験を生かして、次の大会でも頑張ろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加