故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

No.1.033 「北海道のおみやげ」のお話。

2016年10月29日 | 日記

「北海道のおみやげ」の代表格はチョコレート菓子の≪白い恋人であろう。今回、私も数箱購入してきた。一方「カニ」「イクラ」「ウニ」「鮭」などの海産物にも高い人気がある。


今日は観光コースとして網走市にある海産物の“買い物ツアー”が日程に入っていた。観光バスの中で添乗員さんがこれから行くお店の「毛ガニ」や「ラーメン」などをジャンケンで勝った人に贈呈するという。


早速、バスの中で添乗員さんとの賑やかな“ジャンケン大会が開始された。幸運にもジャンケンに強い私達のグループの1人が「ラーメン」をゲットした。お店に到着すると「ズワイガ二」などの試食が始まった。


店内で≪8.000円以上買うと送料が無料となる!!という宣伝文句につられ、この店から「北海道のおみやげ」を無料の宅配便で送っている多くの人の姿が見られた。


バスの中で添乗員さんとジャンケンをしているところ。

海産物店の裏はオホーツク海。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.1.032 「はな・てんと」の... | トップ | No.1.034 「バーベキュー」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL