代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

亀井静香とチェ・ゲバラ

2005年10月25日 | 政治経済(日本)
 総選挙前の8月10日に私が書いたエントリー記事「亀井派と社民党の合併は如何?」のコメント欄に下記のようなコメントをいただきました。保守政治家の亀井静香氏がチェ・ゲバラを尊敬しているというのは、多くの人々にとって大変に興味深い事実のようです。ちょっと私的に分析してみたいと思います。反小泉左右共闘を考える上でも、警察出身の亀井静香と革命家のチェ・ゲバラの共通点を探るというのは興味深いと思われるからです。

 >>ちなみに亀井氏が尊敬する人物は、私も好きなチェ・ゲバラです。

 >これホントですか?警察官僚出身の亀井氏がそんな発言をするとは。
 >私はゲバラも亀井氏も好きなので(笑)、出典などを教えてくれればうれしいです。

 亀井さんが自民党総裁選に立候補したときは、マスコミの取材に答えて「私が尊敬するのは、貧困に苦しむ民衆のために死を選んだチェ・ゲバラと大塩平八郎だ」と公言していました。 
 私の手元にある亀井さんの著書は『ニッポン劇的大改造』(扶桑社)ですが、その中でも以下のように語っています。

「私はゲバラの写真を事務所に掲げてあります。アメリカのベーカー大使が、永田町の私の事務所にやってきて、そのゲバラの写真を見て驚かれていましたが、私はゲバラを尊敬しているのです。
 (中略。ゲバラのグァテマラでの活動、キューバ革命への参加などの事績を紹介する)
 そうして、(ゲバラは)自分の人生を、圧政と貧困のなかで苦しんでいる人たちの救済に捧げました。自分の人生を全部捨てて、人の痛みを少しでも和らげようとしたわけです」(亀井静香、前掲書、150~151頁)
 
 自民党の機関紙の『自由民主』でも今年の3月8日号で、亀井さんは鉄人・衣笠祥雄さんと対談して、ゲバラに対する想いを語っています。亀井さんのHPに紹介されています。
 http://www.kamei-shizuka.net/media/2005/050308.html

 その衣笠さんとの対談の中で、亀井さんは連合赤軍事件について、以下のように言及しています。

「連合赤軍メンバーの森恒夫や永田洋子なども取り調べましたが、結構いい若者なんですよ。今の若い連中みたいに、シンナー吸ってフラフラしたりとか、ガリ勉して、いい学校、いい会社に入るとか、いい彼氏、いい彼女見つけたいとか、そんな浮ついた気持ちはなかった。自分が幸せになるより、世の中をよくしたいという思いに駆られた連中でした」

 私は、亀井さんが死刑制度廃止を叫び続けるのは、獄中で心の底から改心している永田氏のような人々を、死なせたくないからだと思います。
 警察の内部事情を知り尽くした亀井さんが、「冤罪は絶対に避けられない。無実の人間の命を国家が奪ってはならない。だから死刑には反対だ」と訴えているのです。冤罪が避けられないことは、他ならぬ警察の中にいる方々がもっとも良く知っていることでしょう。
 「共謀罪」などという治安維持法を思わせる法律が審議されている現在、亀井さんの訴えはますます重みを増しています。私も読者の皆さんも、全くの冤罪によって罪を着せられて死刑になってしまうというようなことすら、今後は発生するかも知れないのです。共謀罪が可決されれば、市民の誰もが冤罪の犠牲になってもおかしくないような状況が発生すると思います。警察官僚だった亀井さんの訴えに、私たちは耳を傾けるべきでしょう。
 
 それにしても興味深い事実は、暴力革命を目指した連合赤軍の摘発に敏腕を振るった警察官僚である亀井静香氏が、キューバで暴力革命を成功させたチェ・ゲバラや、大阪町奉行所の役人でありながら幕府の悪政に抗議して武装蜂起を行った大塩平八郎を「尊敬」しているという事実でしょう。

 亀井さんの頭の中では、この問題はどのように処理されているのだろう、と私も非常に不思議に思います。いまでもちゃんと回答は出せません。本人に直接聞いてみるのが一番ですね。

 私が思うに、民主主義国であった70年代初頭の日本において武力革命など全くのナンセンスであるが、米国傀儡のバティスタ独裁体制下で、言論の自由も集会結社の自由も制限されていたような状況下において、カストロやゲバラが行った選択は、亀井さんから見ても支持できるということでしょうか。しかし、そう考えると米国傀儡の小泉独裁体制も、当時のキューバのバティスタ体制に近づいているような・・・・・。
 大塩平八郎も町奉行所の与力という、いわば警察官の立場にありながら、反政府武装蜂起をしたわけです。大塩が抗議したのは、奉行と悪徳商人が結託してコメの値段を釣り上げ、庶民を苦しめながら、暴利を貪るという不正義でした。
 ちなみに大阪の商人が行っていたのは、今日でいうデリバティブ取引の原型でした。社会を混乱させながら暴利を貪るハゲタカファンドやヘッジファンドと結託して郵貯の資金を投機に流そうとする小泉の不正義に、公然と反逆した亀井さんの心境も、大塩と重なるものがあったと思います。残念ながら、大塩も亀井さんも敗北してしまいましたが・・・。

 亀井さんは東大時代は、駒場寮に住んでバイトしながら学費を払った苦学生でした。駒場寮にあった『マルクス・エンゲルス全集』は、「全部読んだ」そうです。
 亀井さん本人は学生運動をしていたわけではないみたいですが、全学連の活動家学生が退学処分を受けそうになったとき、抗議のハンガーストライキをしたそうです。ドクターストップがかかるまで、1週間もやったそうです。
 小泉のような、苦労知らずの親の7光ボンボン3世議員とは、心が根本的に違います。

 私も以前は、マスコミによる「ミスター公共事業」というレッテル貼りの宣伝に騙されて、亀井さんをただの「利権政治家」と誤解していました。亀井さんの書いたものなど読んでみて、全くの誤解であり、自分がマスコミに騙されていたのだと気付きました。

 亀井さんは政調会長のとき、中海干拓を中止し、吉野川可動堰を凍結するなど、総額2兆円以上もの公共事業費を斬りました。利権政治家にこんなことができるでしょうか?
 小泉を見てください。官僚のメンツを守り、ムダな公共事業など一つも止めていません。川辺川ダムや八ッ場ダムのような究極のムダすら止めることができないのです。それで予算総額だけ減らすので、生活関連の本当は必要な事業ばかり削られて庶民を苦しめているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の植民地支配と東アジア... | トップ | チベットの前にやるべきこと »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チェ・ゲバラ (らさ@藤沢)
2005-10-25 14:20:34
ちょっと息抜きに遊びにまいりました。



わたしもゲバラ、興味あります。



この頃、調査地でも、Tシャツゲバラを着用するだけではなく、その絵をうつして漁船にゲバラの顔を描いている人々がいます。



ゲバラ本人はなんと思うことでしょうか???
らさ様 (関)
2005-10-25 16:26:57
 ゲバラの人気は不滅ですね。最近、街でもゲバラTシャツを着た若者が歩いているのが目についたりするので、この総右傾化の状況の中にあって、少しだけ嬉しく感じます。

 やっぱりゲバラ本人も、死んでも反米の象徴であり続けていることを嬉しく思うのではないでしょうか。

 私も学生時代はゲバラTシャツで歩いていましたが、最近はさすがに恥ずかしくて・・・・。

 でもアンドレス・ボニファシオ(注)のTシャツは、今でもたまに着ています。



(注)フィリピン革命の英雄。スペイン植民地下にあって独立を目指した秘密結社カティプナンの創設者。スペイン支配に対する武装蜂起を行った。
Unknown (Unknown)
2005-10-25 19:09:16
昨日、出典をたずねたものです。ご丁寧なご回答、ありがとうございました。正直、亀井さんの財政出動メインの経済政策は(リフレ派なんかに毒されてる私としては)、竹中・構造改革派に対する理論としては、いまいち旗色が悪く感じられるのですが、必ず再び、政治の表舞台に立って欲しい政治家だと思います。

出典の衣笠との対談、「警察というのは社会のゴミを掃除する役目なんですが、ゴミを少しでも出さんようにするには社会の仕組みを変えないといかん」

今やアメリカの戦争追従でミソをつけてしまったトニー・ブレアですが、労働党首になったばかりの若い頃、「労働党は犯罪者の人権ばかり擁護して、犯罪者に対して甘すぎる」という批判に対し「犯罪者に対しても、犯罪者を生み出す社会に対しても厳しくあるべきなのが政治だ」といってたのを思い出しました。

あと、差し出がましいようですが、出典のURLはhttp://www.kameishizuka.net/ではなくhttp://www.kamei-shizuka.net/。ハイフンが抜けてました(^^)
ご指摘ありがとうございました ()
2005-10-26 06:44:43
 URLの間違いを指摘して下さいまして、まことにありがとうございました。それぞれ訂正しておきました。

 確かに、積極財政論の旗色は悪いですね。私の場合も、積極財政の出し方の中身に関しては亀井さんに批判的です。好きな政治家であっても、もちろん全てを支持するわけではありません。

 私の場合、「真水」で財政を出動させる中身は、新エネルギーの開発と普及のためのインフラ整備に重点配分せよ、という意見です。でも、亀井さんにそうしたことをメールで進言すると、ちゃんと返信してくれたものでした。

 今回の選挙では、新党大地が、「新しいニューディール」として、北海道天然ガスパイプライン構想を出していましたが、そうした主張は心から賛同できます。彼らの主張が北海道で支持を集めたのは、私には嬉しいことでした。

 

 それから、ここまで社会が壊れてしまうと、もう警察の力で犯罪を抑えることなど不可能ですね。社会の安定性を再構築することによってしか、犯罪は防げないと思います。その点は、亀井さんの意見に全面的に同意です。

 

Unknown (Unknown)
2005-10-29 00:28:19
>それから、ここまで社会が壊れてしまうと、もう警察の力で犯罪を抑えることなど不可能ですね。

>社会の安定性を再構築することによってしか、犯罪は防げないと思います。

>その点は、亀井さんの意見に全面的に同意です。



、社会が不安定だから犯罪が増えるのではなく小さな犯罪への罰の過少が原因さ、万引きぐらいなんて考えが問題

ニューヨークの壊れた窓理論がいい例



中国人の犯罪には、関係ないね、やつらは、反日教育の賜物だから
Unknown (関)
2005-10-29 07:51:45
 犯罪発生率ともっとも相関関係の高い統計指標は何でしょう? 失業率です。

 犯罪への刑罰が重いか軽いかと、犯罪発生率を国別の横断面分析にかけても、ほとんど相関しないでしょうね。

 

  
中国人の犯罪は (key-bee)
2005-10-29 14:03:20
出稼ぎ感覚なのでは?

物価の違いもあるし。



反日教育が犯罪へ繋がるのは、中国国内の中での話でしょう。

日本人旅行者が酷い目にあったりしてるケースもあるそうです。



中国の失業者が日本で犯罪を犯すケースもあるかもしれませんが、反日教育ではなく、失業率の問題ではないかと思います。



ビザ恒久免除とかしたから中韓犯罪者が大量に来るでしょうね。

まともな人達はビザあっても困らないのに。
key-beeさま (関)
2005-10-30 23:42:44
 フォローして下さってありがとうございます。こちらは全く同感です。

Unknown (Sea of Japan)
2005-11-06 01:04:40
テロリスト殺人鬼を崇拝するとはあきれ果てた奴だ!

平和の敵!



暴力に虐げられたアジアの苦しみを分かっているのか!



謝罪しろ!永久に謝罪しろ!
Unknown (チェ・ジウ)
2005-11-06 02:32:43
fmm..

テロリスト殺人鬼を崇拝て小泉?

あ、でもテロリストということは西村眞悟か!
Sea of Japan さま、チェ・ジウさま (関)
2005-11-06 07:45:38
 今後、この類の、本文を全く読まず、趣旨をねじまげて罵倒してくるコメントに関しては削除させていただきます。論理的な対話が成立しないからです。

Unknown (あい)
2010-11-10 10:01:20
正直なところ左・右というようなくくりでチェ・ゲバラを捉えてほしくないです。
亀井静香がチェ・ゲバラを好きだからと言って、彼の政策が国民のためになっているとは思えません。
私は、彼は弱者の味方ではないと思っています。彼が助ける国民とは自分に投票してくれる同世代の弱者でしかないというのが個人的な見解です。
Unknown (書人不知文)
2014-10-15 21:58:44
 惜しむらくは大塩平八郎が畏敬の念を絶やすことが無かった、頼山陽に当たる人物が亀井静香にいなかったことである。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
川柳/俳句/短歌(2) (Э 夏の月 Э)
今日の日を
土着的民主主義の可能性は (美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・・・)
自民党の郵政法案造反組の処分が決定したようだ。衆参あわせて、除名処分10名 離党勧告27名ということ。彼らが自民党に復党できる可能性は低いだろう。次の解散まではいいとしても、各都道府県の自民党支部が殆ど白旗を掲げている現状では兵糧攻めに会い、進むも地獄、退く
怒りを忘れるところだった。 (とくらBlog)
 昨日は、前日の寝不足がたたり、早くから寝てしまったので、いただいているTBやコメントにお返事していなくて申し訳ないです。特に同じ県にお住まいの方には、岩国の基地の話をお聞きしなくてはと気になりながら、とりあえずさんとオペラ座の怪人のお話もしたいし、「こ
チェ・ゲバラ関連の映画 (keif blog)
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 キューバの革命家、チェ・ゲバラの若き日を描いた映画。 ロバート・レッドフォードが関わってることもあり、 かなり評価の高い作品です。 で、問題は下の作品。 チェ・ゲバラ&カストロ 他国の歴史映画をアメリ
日本人はおかしくなったんじゃないか?-メール問題は、はっきりさせて! (とくらBlog)
 ここのところ、お天気に気分が左右されてしまいます。すっかり春!っていう日には、るんるんで、やらなければいけなかったことも一気にかたずくのに、雨が降るとブルーになってしまい、おちこんでしまいます。本来は、雨の日は好きなはずなのに、時間がなくて欲求不満(笑
亀井静香さん (喜八ログ)
山口二郎北海道大学教授(行政学・政治学)と亀井静香衆議院議員(「国民新党」代表代行)の対談記事が岩波書店発行の月刊誌『世界』2006年05月号に掲載されています。タイトルは「小泉政治への対抗軸をどうつくるか いまこそ一揆を!」。 この対談の中で山口二郎教授が「
日本を立て直す最後のチャンス。(亀井静香さん) (とくらBlog)
 今日の中国新聞に、民主党との合併構想について、国民新党の亀井代表代行に聞く、というインタビュー記事がありました。  「合併構想の意味は。」という質問に、郵政や地方、中小企業の振興を柱に協議が整えば合併ということになり、大きな障害は今のところない。まず...