無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

24年間、無断欠勤でも解雇されず

2015年03月06日 | ニュース

「24年間、無断欠勤でも解雇されず」インドは“世界一”労働者に優しい国か…日系企業に立ちはだかる“岩盤規制” 

 1990年12月以降、約24年にわたって無断欠勤を続けてきたインドの公務員の男が今年1月、解雇された。男は無断欠勤の一定期間、給料を受け取っていたという。すでに国外に姿をくらまし行方知れずだ。こんなでたらめがまかり通るのはインドの労働法のおかげ。世界一厳しい解雇規制があるとされ、最終的に担当大臣が命令を出すまで解雇できなかった。過剰に保護される公務員。もっとも身内に甘いのはどこの国も同じかもしれないが…。

公務員は圧倒的に安定した職業

 解雇された公務員の男は電気技術者のA・K・バーマ氏。1980年に都市開発省中央公共事業局にアシスタント・エグゼクティブ・エンジニアとして入局した。ところが、入局から10年後に休暇を取ったまま、二度と職場に戻ることはなかったという。

 米CNN(電子版)によると、当局が問題職員の懲戒処分が保留になっているケースを再調査したところ、バーマ氏のケースが浮上した。

 バーマ氏は90年12月以降無断で欠勤。当局は92年の労務規則に基づく調査でバーマ氏を「意図的な欠勤」と認定していたが、そのまま放置していたという。結果的に、バーマ氏は無断欠勤中の24年間、同事業局に籍を置き続けた。

 バーマ氏が在籍した部局の幹部は「90年代には給料の支払いを打ち切った」と語ったが、無断欠勤の一定期間中も給料が支払われていたことを示唆。すでにバーマ氏と連絡は取れない状態で、この幹部は「インド国内にはいない」と述べた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 獲物に棍棒を叩きつけた | トップ | 【隠れた習性】握手のあと、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。