無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

古今亭志ん生の噺、「権兵衛狸」

2014年12月10日 | 落語・民話

古今亭志ん生の噺、「権兵衛狸」(ごんべいだぬき)によると。
 

 王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。

近所の若者が権兵衛さん家に集まって楽しんでいた。

ある晩みんなが帰って戸締まりをして寝ると、表の戸をドンドンと叩き「権兵衛、権兵衛」と呼ぶ声が聞こえた。

表に出てみたが誰もいなかった。

また横になると、表の戸をドンドンと叩き「権兵衛、権兵衛」と呼ぶ声が聞こえた。

表に出ると誰もいない。

何回か同じ事が繰り返された。

権兵衛さん考えた。

これは狸の悪さでないかと。

そこで、戸を閉めて、戻った振りをして戸に手を掛けて待っていた。

狸は後ろ向きになって、頭の後ろでドンドンと叩いていた。

「権兵衛、権兵衛」と言うが早いか引き戸をガラッと開けると、狸はもんどり打って土間に転がり込んできた。

格闘の末、生け捕って、天井から吊しておいた。

 翌朝、友達が訪ねてきてこの狸を見つけた。

「わしも、先日土橋を渡ろうとすると、お婆さんが川に転げ落ちた。

寒かったが飛び込んでやっと助け上げた。

橋に上げて『婆~さまよ~。しっかりしろよ~』と声を掛けて、よく見ると炭俵だった。

それはこの狸がやったのだ。

皮を剥いで狸汁にして、革は襟巻きにするから俺にくれ」。

「それはだめだ。今日はとっつぁまの命日だから、逃がしてヤルだ」。


 狸を梁から降ろして、「何でお前はそんなに悪さをするのだ。

だから狸汁にして食ってしまおうと言われるのだ。

悪さをしない狸だっているのに、お前が悪さをするのでみんな悪狸になってしまうのだ。

今日は逃がしてやるが、背中の毛を刈り取ってやる。

夜風に吹かれて寒い思いをしたら思い出して悪さをするな」。

権兵衛さんハサミで背中の毛を刈り取った。

頭も伸びていたので刈ってやって、逃がした。

 これで、今晩はゆっくり寝られるだろうと思っていた。

枕に着いてトロトロっとすると、表の戸をドンドンと叩き「権兵衛さん、権兵衛さん」と呼ぶ声が聞こえた。

「また来やがったか、昨夜は権兵衛だったが、今晩は権兵衛さんと”さん”付けで呼んでいやがら」。

権兵衛さんハサミを持ってそーっと戸に近づき、ドンドンと叩いた拍子に戸を開けると、狸が飛び込んできた。


 「さっきは背中と頭を刈ってやったのに、まだ分からないか。」


 「すいません。今度はヒゲをやってくださいな」。

 

 

 

 

          面白かったら、「ブログランキング」 

              

          人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑       

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレート | トップ | 狡知 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。