無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

チャンバラトリオ解散 リーダー山根伸介、肝臓がん激白「もう舞台で姿お見せすることない」

2015年05月13日 | ニュース

チャンバラトリオ解散 リーダー山根伸介、肝臓がん激白「もう舞台で姿お見せすることない」

 “大阪名物ハリセンチョップ”や時代劇風コントで人気を集めたお笑いグループ「チャンバラトリオ」のリーダー、山根伸介(78)が12日、京都市東山区の「よしもと祇園花月」で記者会見し、グループを解散すると発表した。今後は後進の指導にあたる。

 会見で、山根は約4年前に肝臓がんが見つかり、入退院を繰り返してきたことを公表。「体力の限界です。もう舞台で姿をお見せすることはないと思います。52年間ありがとうございました」と話した。

 チャンバラトリオは昭和38年、山根と「頭(かしら)」の愛称で親しまれた南方英二(みなかた・えいじ、平成22年死去)、伊吹太郎(脱退)の3人で結成。43年に結城哲也(73、脱退後は映画プロデューサー)が加入して人気に。「旗本退屈男」などの名作で、上方漫才大賞や上方お笑い大賞金賞などを受賞した。

 南方の死去後は、山根と平成6年から加入した志茂山高也(72)の2人を中心に弟子らとユニット「チャントリ軍団」で活動を続けていた。

 記者会見には、ゆうきのほか、宮川花子(59)ら弟子や後援者ら約50人が駆け付けた。山根は「ハリセンで特許を取れなかったのは残念ですが、今後も皆さんで自由に使ってください」と笑わせていた。

このニュースの写真

  • チャンバラトリオ解散 リーダー山根伸介、肝臓がん激白「もう舞台で姿お見せすることない」チャンバラトリオ解散 リーダー山根伸介、肝臓がん激白「もう舞台で姿お見せすることない」

 

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 優秀な社員の表彰式が行われた | トップ | 間違った血液型を輸血される... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。