無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

死にそうになった時現れる"第三の男"の正体が明らかに? 科学者が見解発表=スイス

2015年05月18日 | ニュース

死にそうになった時現れる"第三の男"の正体が明らかに? 科学者が見解発表=スイス

  世界各地でいつの時代にも人々の話題にのぼる"幽霊"の存在――。姿かたちは見えないものの、文化やお国柄を越えて幽霊ほど人類に共通してその存在が認められている超常現象はないかもしれない。現代の科学では把握できないミステリアスな存在として考えられがちな幽霊だが先頃、スイスの研究チームが実験室で人工的に"幽霊現象"作り出すことに成功したという。そして世のあらゆる幽霊現象は、すべて人間の脳の中で起っている出来事だと主張しているのだ。

【その他の動画と画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/05/post_6373.html】

■"幽霊"は脳内の事実誤認!?

 8,000メートル級の14の山の無酸素登頂を世界で初めて達成した著名な登山家のラインホルト・メスナー氏は、1970年6月29日にヒマラヤ山脈のナンガ・パルバット(8,125m)から同じく登山家の弟とともに下山していた途中、自身と弟のほかにもう1人登山家が現れ、暫くの間行動を共にしていたことを後に書き記している。

 これはいわゆる"第3の男"と呼ばれる現象で、実は多くの登山家や冒険家、兵士や災害からの生還者などによって語られている存在である。それぞれが体験した危機的な状況下でこの"第3の男"が現れるというのだ。

 しかし今回、この"第3の男"を含めた"幽霊"の存在を感じることは、脳の中で起った事実誤認であるときっぱりと言い切る科学者が現れた。その証拠に実験で"幽霊"現象を再現したのだ。

■ロボットアームを使った風変わりな実験

"幽霊"あるいは自分の"分身"を日常的に自覚している人々がいる――。それは脳神経に障害を持つ者や、精神障害者などの一部だ。

 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の神経科学者オラフ・ブランケ氏が率いる研究チームは、神経障害を抱え"幽霊"に悩まされている12人の患者の脳を分析した。MRIスキャナーを使った分析で、これらの患者の脳は3つの領域(島皮質、前頭頂皮質、側頭頂皮質)で異常をきたしていることが確認された。この3つの領域は、自己意識や空間認識など身体感受の重要な複数の信号、知覚性運動信号(sensorimotor brain signals)を処理しているといわれている。

 そして研究チームは"幽霊"の存在を感じることは、脳のこれらの知覚運動性信号が適切に処理されていないことに起因するものだという結論に達した。

つまり、幽霊は脳内の現象であるということだ。

 昨年12月に「Current Biology」に発表された研究論文では、これを証明するために健常者に"幽霊"の存在を感じさせる実験を行なったことが論述されている。

 この実験は、見た目のうえでとても風変わりなものになっている。目隠しと耳栓を装着して視覚と聴覚を遮断された被験者が、目の前にある機器を人差し指で操作すると、被験者の背後にあるロボットのようなアームを持った機器がその動きを正確に再現して被験者の背中を刺激するのだ。例えば人差し指でボタンなどを押すように前方へ突き刺す動きを行なうと、"ロボット"の指が自分の背中を実際に突くのである。

 自分の指ではない、ロボットの指による刺激であるが、人間はこれを"他人"とは感じないという。なぜなら、自分が行なった動作をリアルタイムで正確に反映しているだけだからだ。ラジコンを操作したり車やバイクを運転しているときの感覚に近いということだろうか。

■タイムラグによって"幽霊"が出現 

 しかし、このロボットの反応時間をプログラムによってほんの千分の1秒でも遅らせると、人間の感受性は劇的に変化したという。自分が行なった動作に僅かな時間差をつけて再現するロボットは人間にとってもはや"他人"になるというのだ。そこにいないはずの他者、つまり広い意味での"幽霊"の存在を、この実験を通じて多くの参加者が感じたという。

 この時の被験者の脳内では知覚性運動信号に混乱が生じており、脳神経障害者と同じような状態にあるということだ。幽霊の存在をありありと実感するというあまりの気味の悪さに、途中で実験の中断を願い出た参加者もいたと、実験を主導したジウリオ・ロジーニ氏は「EPFL」のニュース記事の中で語っている。

 論文ではこの実験結果を受けて「科学者としては、幽霊は単なる脳内現象であると認識している」と述べている。そしてこの研究をもとに統合失調症への理解が深まり、"幽霊"の存在に苛まれる人々の症状を軽減する機器の開発にも繋がるということだ。

 これで"幽霊"の存在は科学的に解明されてしまったとことになるが......。とはいえ、これはあくまでも"主観的な問題"として幽霊を解明したわけであり、ポルターガイストやEVP(電子音声現象)など、客観的な心霊現象を説明するものにはならない。ともあれ、今回のようにこれまで心霊現象と思われていた現象が科学的に解明されていくほど、その分、本物の心霊現象の実相が徐々に浮き彫りなってくるといえるのではないだろうか。
(文=仲田しんじ)

※画像は「Wikipedia」より

     

   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラックジョーク?ユーモア... | トップ | アイルランドを旅行したアメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。