そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

硫黄島からの手紙

2006-12-14 | 劇場映画れびゅー
父親たちの星条旗』のエンドロール後に流れた予告編で大泣きしてしまった『硫黄島からの手紙
絶対ロードショー当日に観たくて、社員旅行先で宴会の2次会を抜け出して観てきました。
★★★★★

今年、★の数を5つ付けた映画は数本有りますが、この映画の為にもう少し控えめに付けておけば良かった。
同じ5つ★でも、どの作品をも凌駕しており、今までに観た映画の中で最も心を打たれた内の一本となりました。

お国の為、陛下の為と硫黄島で散っていった命。
日本に住む家族を一日でも長く守る為に、この国の未来の為に捧げられた命。
「靖国で会おう」と言う言葉の重さが初めて伝わって来た。
彼らが必死で守ろうとしてくれていた国に俺は住んでいるんだ。
学校で習う日本の歴史からは、こんな気持ち生まれなかった。

「靖国参拝を問題視する人こそ国賊なのでは?」
日本人からそう考える感情を摘み取ったアメリカが、再びそういう気持ちを与えてくれるなんてなんとも皮肉ですが、外国映画だからこそ“軍国主義”と批判の対象になりかねないこんなストレートな表現をした映画が日本で公開できたのだと思う。

そして、前作『父親たちの星条旗』を先に観たからこそ、公平な視点でお互いの気持ちも考えながら観る事ができたのだと思う。
この相乗効果は計り知れない。

銃撃戦が始まると同時に双方の気持ちが伝わってきて、ずっと涙を流しながら観ていました。

内容について書きたいこと、感じたことは山ほど有りますが、何を書いても後で書き直してしまいそうなのでここまで。
とにかく『父親たちの星条旗』から順に、全ての日本に住む人々に観てもらいたい。
彼らの残した手紙が全ての日本人に届くように。


戦争はいかんですよ、戦争は
腹が減るだけです       by水木しげる



栗林忠道 硫黄島からの手紙

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NANA2 | トップ | 犬神家の一族 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見てきました (ピーヒャラ5656)
2006-12-14 21:35:29
いろいろと考えさせられる2部作でしたね。
これほどきちんと日本と日本人を描いてくれたイーストウッド監督には本当に感謝感謝です。
逆に日本人にはココまで抑えた演出では撮れなかったかもしれませんね。

自決シーンはかなりの衝撃でした。


こんばんわ (moviepad)
2006-12-15 01:38:26
TBありがとうございました・

靖国神社はA級戦犯だけを祭っているわけではないですからね。
戦争は一方的な勝者の論理だけで語る性質のものではない、ということをこの映画は改めて教えてくれた気がします。

いったい誰が… (あかん隊)
2006-12-15 02:03:51
戦争を始めるのか、ずっと考えながら観ていました。戦地に行く(行った)人たちではないよなぁ…なんて。殉国すれば「軍神」。死んで神様になるんですね。だけど、本当に彼の戦争で犠牲になった人たちの思いを、今の私たちは、きちんと受け止めているだろうか…とすごく恥ずかしいような気持ちにもなりました。監督は、フェアですね。日本人にこれだけフェアな気持ちで、あの戦争を考えることができるかな?
「みんな戦います。あなたも戦いましょう」と言われて「否」と言えるかどうか…、正直なところ、まだ不安です。ひどく日本人っぽいなぁ。>自分
二度あることは、三度ある。 (TATSUYA)
2006-12-15 05:29:02
達也です。
クリントの『硫黄島からの手紙』を、
もう三回も観てしまいました。
しかし、観るたびに新しい発見のある映画です。
この2つの映画は二つの国、二つの国民と、
映画に登場するモチーフも、犬の話しや国旗、手紙など、
シンメトリーな構造になっています。
そして、『硫黄島からの手紙』は、明らかに
アメリカ人へのメッセージが強い映画です。
あまりにも正確に描かれているために、
日本人の日本人による日本のための映画にも見えますが、
クリントはアメリカ人にこそ、自分達が戦ってきた
相手が何者なのかを伝えたかったのだと思います。

@_@ トラバさせていただきました。

こんにちは♪ (ミチ)
2006-12-16 16:49:44
水木しげるの言葉、シンプルだけどいいですね~。
「トンマッコルへようこそ」でも似たようなフレーズが出てきました。
本当に戦争はいかんです!
友人に薦めまくってます (そーれ)
2006-12-17 11:47:52
>ピーヒャラ5656さん
『ラスト・サムライ』の時は、「アメリカ人が作ったんだからしょうがない」と思い込んで違和感と感じないように努力しながら観ていたんですが、こちらは完璧でしたね。
ここまで完璧に当時の日本を描いてくれているというだけでも感動物なのに、日本人の目線で物を考えてメッセージとして発信してくれているというのは本当にうれしいです。
民族を超えて共感出来る作りの二部作なので、世界中の人が共感してくれれば日本人嫌いな外国人も減るかな?(笑)

>moviepadさん
そうですね。
外国の文化を否定するという事はどれだけその国の事を理解しているのか、靖国を問題視している外国の方にもこの二部作を観てもう一度考え直してほしい。
自国の文化を軽んじて否定的な事を言うのはどれだけ愚かな事なのか。
靖国を問題視している国内のメディアや政治家にもこの映画を観てもらって目を覚まして欲しいと感じました。

>あかん隊さん
私もこの国を守ろる為に命を削ってくれた先人達の事を“歴史の中の出来事”のように軽んじて考えていた事が恥ずかしくなって、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
こんな風にハッキリと気づかせてくれる映画やテレビドラマ、学校の授業は、ずっと日本に住んでいるのに今まで無かった…それって大問題なんじゃないでしょうか。
国旗、国歌もあいまいな、先の大戦の記憶もあいまいな、そんな国にする為に先人達は命を削ったわけでは無いのに、私たちのしている事と言ったら…。
みんなが観れば世界が変わるかな (そーれ)
2006-12-17 12:07:19
>TATSUYAさん
す、すごいですね!
私も時間が有ったら両方観直さなきゃと思っていますが、なかなか難しいというか、また劇場で大泣きして出てくるのも恥ずかしいのでDVDで出てからと考えています(笑)
シンメトリーになっている部分もあるように感じてましたが、そんなにたくさん合致するところが有るんですね。見比べるのが楽しみになりました。
私は、きっとアメリカ人と日本人だけではなく、世界中の人に戦争が生んだ偏見をなくしてもらいたくて作ったんじゃないかなぁと思いました。
私も価値観が変わる程の衝撃を受けましたし。

>ミチさん
『妖怪大戦争』はおちゃらけた映画でしたが、最後の水木しげるの言葉が妙に重くて、この映画のレビューを書きながらふと浮かんできたんですよねぇ。
『トンマッコルへようこそ』にもありましたね。
本当にいかんですよ、腹が減るだけです!
Unknown (ケント)
2006-12-29 18:39:00
こんにちは、ケントです
またTBさせてください。
戦争映画というよりヒューマン映画です。
いつもどこでも弱者たちが犠牲になるのですね。
そんな強いメッセージが聞こえました。
ただ二宮クンのため口は、現代流で最初は場違い感がありましたが、後半良くなりましたね。
では良いお年をお迎えください(^^♪
ヒューマン映画 (そーれ)
2006-12-31 20:51:52
>ケントさん
ですね。
全体的に前半の台詞回しはみんな下手だったように感じました(笑)
コミュニケーション難しいですよ、監督が日本語わからないんですし…と思って観ていたんですが、気づくと違和感も何も感じず、ただただ泣きながら観ていました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

77 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
硫黄島からの手紙 (徒然DIARY)
今日から公開の「硫黄島からの手紙」を観てきました。アメリカの脚本、スタッフで作ったアメリカ映画なのだけれど、ほぼ全編が日本語。ちょっと台詞の言い回しに「ん?」と思うトコ、よく聞き取れなかったのもあったな・・・「父親たちの星条旗」と同じスタッフで ...
硫黄島からの手紙 (映画のメモ帳+α)
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・ ...
『硫黄島からの手紙』 (ラムの大通り)
(原題:Letters from Iwo Jima) ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----「硫黄島」2部作「第2弾」。 クリント・イーストウッドが日本人俳優を使って描く戦争映画。 敵国の軍隊を描くな ...
硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima (我想一個人映画美的女人blog)
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日 ...
硫黄島からの手紙(20061210) (cococo)
スローモーションで、舞い落ちてくるような、たくさんの手紙や葉書。最後のシーンで涙
『硫黄島からの手紙』を、試写会で観て参りました。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
      2つの手紙、2つの国旗は、     個人と国家を象徴していた。 ※ネタバレの嵐にご注意ください。 昨日11月28日。本町の御堂会館にて、クリント・イーストウッド監督の 『硫黄島からの手紙』の試写会
三度めの『硫黄島からの手紙』。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
    硫黄島に、ハナミズキ。 二度あることは三度ある。栗林中将が、西郷に言ったように、達也も三度目の 『硫黄島からの手紙』を観てきました。 少年の頃から映画を観ていますが、短期間に三度も同じ映画を観
硫黄島からの手紙(2006) LETTERS FROM IWO JIMA 141分 (極私的映画論+α)
 日本唯一のオリンピック馬術でのメダリスト・・・しかも金メダリスト「バロン西」こと西竹一中佐も硫黄島で・・・
「硫黄島からの手紙」 (気まぐれ961部隊!)
奇しくも真珠湾攻撃の日と同じ12月9日・・・。映画「硫黄島からの手紙」が公開されました! チラシ画像はクリックで拡大。裏面はコチラ
硫黄島からの手紙 (ネタバレ映画館)
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
映画「硫黄島からの手紙」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最 ...
「硫黄島からの手紙」  Letters from Iwo Jima (俺の明日はどっちだ)
「私が観て育った戦争映画の多くは、どちらかが正義で、どちらかが悪だと描いていました。しかし、人生も戦争も、そういうものではないのです。私の2本の映画も勝ち負けを描いたものではありません。戦争が人間に与える影響、ほんとうならもっと生きられていたで ...
硫黄島からの手紙 (花ごよみ)
日米双方の視点から描く2部作で、  [父親達の星条旗]に続く第2弾目。  今回は日本軍からの視点で描いた硫黄島の真実。  第1弾の「父親たちの星条旗」と同様、  戦闘シーン、爆撃シーンは、迫力があって  臨場感たっぷりです。  前作と同じ場面も ...
『硫黄島からの手紙』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島?? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を あな ...
「硫黄島からの手紙」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「硫黄島からの手紙」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしていま ...
硫黄島からの手紙☆独り言 (黒猫のうたた寝)
観る前に、一応『父親達の星条旗』2回目鑑賞・・・あぁ、、、また同じとこで寝ちゃってるかも^^;;;ということで、土曜日の『硫黄島~戦場の郵便配達~』のドラマでもう一回予習・・・その上での鑑賞ってことで日曜日に観てきました。『硫黄島からの手紙』予 ...
硫黄島からの手紙 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界が忘れてはいけない島がある。61年前、日米両軍は硫黄島で戦いました。 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期 ...
硫黄島からの手紙 (ちわわぱらだいす)
見てきました~。 久々のキャナルシティでした。 てか。。。すごく多くて(ノ゜?゜)ノびっくり!! デスノートのときは本当にすごかったけど。。。空席が無い! 今日はあちこち空いているものの、うさぎは前から2列目という 場所の悪さ。。。 ま、いいけどね。 ...
硫黄島からの手紙 (Akira's VOICE)
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
鬼畜米英などいない 「硫黄島からの手紙」 (平気の平左)
評価:85点
硫黄島からの手紙 (映画鑑賞★日記・・・)
『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ脚本:アイリス・ヤマシタ出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中 ...
「硫黄島からの手紙」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  先週試写会で見てきました。   「硫黄島からの手紙」     「父親たちの星条旗」に続く、 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作の第二弾です。     
硫黄島からの手紙 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:渡辺謙      二宮和也      伊原剛志      加瀬亮 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島 に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ ...
硫黄島からの手紙 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
硫黄島からの手紙(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 硫黄島からの手紙 ---感想--- 『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。 ...
硫黄島からの手紙 (とんとん亭)
「硫黄島からの手紙」 2006年 米 ★★★☆☆ ご存知、「父親達の星条旗」と対になっている日本側から観た「硫黄島」 での攻防戦を描く第2弾。 戦後60年・・・今から20年ほど前に硫黄島の旧塹壕調査の男どもが、 何かを掘り当てる。どう ...
硫黄島からの手紙 (Diarydiary!)
《硫黄島からの手紙》   2006年 アメリカ映画 - 原題 - LETTER
硫黄島からの手紙 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
          公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 141min 監督:クリント・イーストウッド 主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童 【あらすじ】戦況が悪化の一途を ...
硫黄島からの手紙 (悠雅的生活)
余は常に諸氏の先頭にある。
硫黄島からの手紙 (シャーロットの涙)
2006年、今年の映画初めは「男たちの大和」を見たのだった。その時に書いた私の言葉を思い出した。 「今年始めに男たちの哀しき美学に泣いた」 ここで登場する人物達は、兵士としての美学を全うするか、当時としてはそうではなく生き延びて戦い続けるかの選択を迫 ...
★「硫黄島からの手紙」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
「硫黄島からの手紙」 (てんびんthe LIFE)
「硫黄島からの手紙」九段会館で鑑賞 クリント・イーストウッドはやはり巨匠だと思わせるような作品。戦争映画ではあるけれども、戦争映画であることを忘れて普通の歴史ドラマとして見入ってしまいました。当然戦争の悲惨さや無意味さを伝えているんだけれども ...
映画~硫黄島からの手紙 (きららのきらきら生活)
 「硫黄島からの手紙」公式サイトクリント・イーストウッド監督による「硫黄島2部作」。「父親たちの星条旗」に続く第2弾、日本側から見た硫黄島、、、戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟してい ...
映画~王の男 (きららのきらきら生活)
  「王の男」公式サイト韓国では歴代観客動員数第二位のこの映画(ちなみに一位は「グエムル」です)。期待に胸膨らませ試写会行ってきましたー☆16世紀初頭、地方の旅芸人一座の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、一座を抜け漢 ...
硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA (銅版画制作の日々)
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しか ...
「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ
映画「硫黄島からの手紙」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を ...
硫黄島からの手紙(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
日本から見た硫黄島。 二宮君の演技がいいらしいということもあってかなり気になっていた 「硫黄島からの手紙」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 上映時間:141分 ...
【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
硫黄島からの手紙・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「父親たちの星条旗」 に続く、「硫黄島二部作」の第二弾。 太平洋の小さな孤島を巡る戦いを、アメリカ側の視点、日本側の視点でそれぞれ一本づつの映画にするという、クリント・イーストウッド監督の壮大な実験映画だ。 第一部
硫黄島からの手紙 - クリント・イーストウッド監督 (社長ブログ - ムラウチ社長・村内伸弘の社長日記)
先輩ほんとうにありがとうございました。 ほんとうにほんとうにご苦労さまでした。 真っ黒なスクリーンの中、重厚な音楽が流れ、 真っ白な字幕が下から上へ流れていく。 上映が終わってしばらくの間グッタリして動けませんでした。 僕のことばやブログの文章は無 ...
何のために戦うのか【硫黄島からの手紙】 (犬も歩けばBohにあたる!)
先に公開されている硫黄島2部作の一つ 「父親たちの星条旗」はアメリカから見た闘
硫黄島からの手紙 Letters From IWO Jima (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志主演 2005年、硫黄島発掘調査団は洞窟の中から多くの手紙を見つける その中には 60年前に硫黄島を連合軍から死守しようする 日本軍の兵士達が本土の家族に託した 届けられる事のない手紙でした 1944年 栗林陸軍中将が硫黄島 ...
映画「硫黄島からの手紙」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将 ...
硫黄島からの手紙(2006・米) (NO MOVIE NO LIFE)
ドラマも好評だったようですね。伊藤淳史ってすごく兵士顔だと思います。
硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り ...
硫黄島からの手紙 (It's a Wonderful Life)
「父親達の星条旗」の感想で、「敵=日本」というのを 意識しないような作り方に驚いたと書きましたが、 やはりアメリカ人兵士は物語にほとんど登場せず、 あくまでも日本兵たちの描写に終始する作品。 もし何も知らずにたまたまこの映画を観た方がいたら ...
「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
硫黄島からの手紙 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途を ...
硫黄島からの手紙 2006-70 (観たよ~ん~)
「硫黄島からの手紙」を観てきました~♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング     ...
硫黄島からの手紙 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途を ...
硫黄島からの手紙(映画館) (ひるめし。)
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。
硫黄島からの手紙 / アメリカの目線 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性
硫黄島からの手紙 (まぁず、なにやってんだか)
ラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観に行ってきました。 絶対号泣しちゃうだろう ...
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
「硫黄島からの手紙」を観た (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。
日本は硫黄島で2度負けた~「硫黄島からの手紙」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、と ...
硫黄島からの手紙 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  米軍側から描いた『父親たちの星条旗』を観たときは、暗い画面で、戦闘服を着た同じような顔付きの米国人を覚えられるはずがなく、最後迄観るのがかなりしんどかった。       だが日本側からの描写である本作には、やはり心の琴線に触れるシーンが ...
硫黄島からの手紙 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私は戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ。【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。米軍が5日で陥落すると思っていたこの硫黄島を、乏 ...
硫黄島からの手紙 LETTERS FROM IWO JIMA (いいかげん社長の日記)
戦争映画は、ちょっと苦手なもので、パスしようかと思っていたんですが、なかなかの評判のようなので、とりあえず観ておこうかと。 というわけで今日は「硫黄島からの手紙 」。 大晦日の「UCとしまえん 」、今日はポイントがたまっていたので、朝10:3 ...
【劇場映画】 硫黄島からの手紙 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地 ...
映画『硫黄島からの手紙』★★★★ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  米国側から描いた『父親たちの星条旗』に対して日本側から描いた本作。2本とも傑作ですが、私としては感情移入しやすいこちらのほうが良かったです。 この日本人の戦争の姿を『ミリンダラー・ベイビー』のロバート・ロレンツ&イーストウッド ...
硫黄島からの手紙 (いろいろと)
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
硫黄島からの手紙 (正直しんどいまいにち。)
? クリント・イーストウッド監督。 ポール・ハギス製作総指揮。 スティーヴン・スピルバーグ製作参加。 クリント・イーストウッド音楽。 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童、裕木奈江出演。 2007年最初の作品は、『デ ...
映画「硫黄島からの手紙」 試写会にて (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 原作:栗林忠道 、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、 中村獅童 、裕木奈江 公式サイ ...
硫黄島からの手紙 (Yuhiの読書日記+α)
 先日、ゴールデングローブ賞の外国語作品賞を受賞した、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見てきました。第二次世界大戦中に起きた硫黄島での戦いを、日本側の視点で描いた作品です。 戦争ものは苦手だったのですが、「父親たちの星条旗」を ...
『硫黄島からの手紙』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...
『硫黄島からの手紙』 (京の昼寝~♪)
世界が忘れてはいけない島がある   ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 ...
映画レビュー#46「父親たちの星条旗」&「硫黄島からの手紙」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(2006、アメリカ、日本) 監督:クリント・イーストウッド(許されざる者、ミスティック・リバー) 脚本:ポール・ハギス(ミリオンダラー・ベイビー、クラッシュ)ウィリアム・ブロイレス・JR(ジャーヘッド)、アイ...
映画DVD「硫黄島からの手紙」 (時評親爺)
久しぶりのDVD映画である。これまで半年間のブログ休止中でも観ていたがハズレが多く、「買っちゃ最後まで観ないてポイ」が続いていた(笑)。このDVDは本編のみと特典ディスク付と2種類あったが、不肖は特典はあまり観ない方なので安い方を買った(笑)。 タイ...
★★★★★「硫黄島からの手紙」渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加... (こぶたのベイブウ映画日記)
見ている時、涙は出なかった。でも、後でこの映画を思い返すと、なぜか泣けて仕方のない自分がいた。戦争の恐ろしさ、残酷さ、愚かさ、虚しさ、理不尽さ、狂気、非人間性・・善悪でなく敵も味方も同じ人間なのだと、多くのものが静かに伝わってきた。今、平和な時代に生き...
映画「硫黄島からの手紙」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「硫黄島からの手紙」に関するトラックバックを募集しています。
硫黄島からの手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書...
硫黄島からの手紙 (シネマ通知表)
2006年製作のアメリカ映画。 全米週間最高14位、興行成績$13,756,082。 ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド監督が、硫黄島の戦いを日本側の視点から描いた戦争ドラマ。硫黄島で36日間にも渡る激戦を繰り広げた兵士たちの素顔が、数十年後に発見され...
【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/ase/} さて、先ずは近況報告から。 今週の夜勤は昨日の金...
【映画】硫黄島からの手紙 (風の吹くまま 気の向くままに ~ blow with the wind ~)
硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD](ワーナー・ホーム・ビデオ)売上ランキング:3,001アメリカで見た感想映画史に残る『金字塔すばらしいAmazonで詳細を見る楽天市場で探すmade by pettanco 鑑賞メモより。 映画「硫黄島からの手紙」を観て来ました。 私は硫...
硫黄島からの手紙 (映画 大好きだった^^)
2006年公開作品。日本人キャストによる日本語の映画。公開されたのはかれこれ6年前。硫黄島の地上戦を日米両面から描く2部作としてインパクトがあったし、プロモーションや ...