そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

16年4月 初めての宮古島 その3〆

2016-05-14 | リョコウ
2日目の続き シュノーケリング三本目。 ここはいつでもスズメダイの仲間がやたらと多いポイントなのだそう。 入って直ぐにヤガラと遭遇。真横から見ると、保護色になっていてわかりにくい? この子、上がる時までずっとここでじっとしてはりました。ここも豊か過ぎて天国に居る気分。スズメダイ達がうじゃうじゃと現れました。そらもううじゃうじゃと。 こんなに大きな生きてるシャコ貝はテレビでしか観たことが無い。 . . . 本文を読む
コメント

16年4月 初めての宮古島 その2

2016-05-13 | リョコウ
2日目 この日は半月前から予約していたシュノーケリングツアーに参加です。 前夜、電話で連絡を頂いていて、この日は14時が大潮の干潮時間なので、それにタイミングに合わせてピックアップ時間を1時間遅らせ、10時半に迎えに来てくださると伺っていたので、それまでゆっくりゆったり過ごせます。 とは言え、かなり早い時間から寝ていたようなので、酒は全く残っておらず、十分リフレッシュ出来ていたから、朝から超アク . . . 本文を読む
コメント

16年4月 初めての宮古島 その1

2016-05-11 | リョコウ
沖縄のシーズンがやってまいりました! 今年最初の沖縄は、初めての宮古島! 本島や石垣島には何度も行っているので、一回くらいは行っておかなければ。 GWは休出が複数入って予定が立てられなかったので、今年も一週前の金曜に休みを取って三連休の敢行。 元々はこの日程を石垣島、6月に宮古島と計画していたのですが、6月の特典航空券の解禁時間になっても行きの席が空かず、急遽逆に取り替えた次第です。 ANAマイ . . . 本文を読む
コメント

64-ロクヨン- 前編

2016-05-10 | 劇場映画れびゅー
1週間しかなかった昭和64年に起きた殺人事件にまつわる話と言うフレーズに興味を持って、『64-ロクヨン- 前編』を観てきました。 ★★★★★ 話が面白いのも有りますが、直前に観た『アイアムアヒーロー』と比べて、編集もカメラワークも非の打ち所が無く、テンポが良い。 ここのところネットでの“邦画叩き論”のようなものがクローズアップされがちですが、こう言う技に秀でた邦画はたくさん有って、ひとくくりで「 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

アイアムアヒーロー

2016-05-06 | 劇場映画れびゅー
和製ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』を観てきました。 ★★★ ゾンビ映画が全く無理な私ですが、この映画の原作漫画は面白くて読んでいるので、ちょっと楽しみにして観てきました。 本作は、きっと原作のファンかどうかで受け止め方が全く変わる映画かもしれません。 大勢出演している役者やらタレント達が、本気でゾンビの演技をやってしまっている辺りは贅沢な映画です。 和製ゾンビものとしても、コミックスのゾ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

2016-05-03 | 劇場映画れびゅー
完全に『アベンジャーズ』本編の続きのような大集合映画と化した『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』を観てきました。 ★★★★★ あいつや、前々からうわさされていたまさかのあいつまで遂に登場しての大混戦に大満足。 但し、常識外のパワーを持つハルクとソーは今回お預け、パワーバランスが成り立たないから。 ヴィジョンだけは前回のニューキャラクターなので、パワーバランスを考えた演出で参戦しています。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

レヴェナント 蘇えりし者

2016-05-02 | 劇場映画れびゅー
レオナルド・ディカプリオが、遂にアカデミー主演男優賞を獲った『レヴェナント 蘇えりし者』を観てきました。 ★★★★★ やたらとレオぽんにだけハードルの高いアカデミー賞でしたが、ここまでしなければ獲らせて貰えないのか。と、恐怖を感じさせる究極の演技に打ちのめされました。 よくがんばった!昔は嫌いな役者の筆頭だったのですけれど、ここ十数年で本当に素晴らしい役者さんに化けた。 近年最高の映画だと思っ . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (13)

スポットライト 世紀のスクープ

2016-04-19 | 劇場映画れびゅー
今年のアカデミー賞作品賞と脚本賞を獲った『スポットライト 世紀のスクープ』を観てきました。 ★★★★★ 実際に有ったと言うよりも、ずっとみんなが見て見ぬフリをしてきた事だから、今も内在していそうな予感のする、カトリック教会内の性的虐待スキャンダルを描いた、映画化するには障害が大き過ぎるテーマの作品なので、秀逸な脚本と合わさってアカデミー協会員にウケたのでしょう。 そのスキャンダルの中身自体の特異 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (9)

ルーム

2016-04-12 | 劇場映画れびゅー
誘拐、監禁された少女と、そこで生まれた子供の話、『ルーム』を観てきました。 ★★★★★ 何年も狭い部屋に閉じ込められ、絶望と恐怖に支配されている母親と、生まれた時から世界がそこで完結していて、外に世界が有る事を知らずに育った息子の心の違いを観ていて、ただただ可愛そうで気の毒で、犯人への怒りが込み上げてくるのと共に、映画館の暗がりで観ていると、自分もその空間に閉じ込められている恐怖を味わうことにな . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (17)

更年奇的な彼女<日本語吹替版>

2016-04-11 | 劇場映画れびゅー
韓国映画ブームも今は昔。 火付け役となった映画のひとつ、『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督が中国を舞台に撮った『更年奇的な彼女』を観てきました。 ★★ 吹替版のみの上映だったので、しぶしぶ吹替版で。 韓国が舞台の『猟奇的な彼女』、近未来の日本が舞台の『僕の彼女はサイボーグ』に続く、『アジアの彼女三部作』完結編なのだそうです。 前作か8年、何を今更取ってつけた様に三部作?と思って調べてみると . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

あやしい彼女

2016-04-05 | 劇場映画れびゅー
73歳のおばあさんが21歳に若返ったら?韓国映画の日本リメイク『あやしい彼女』を観てきました。 ★★★★ 最近テレビでも似たようなドラマがやってたけど、若返り系ブームなのか? この映画は2014年に韓国で大ヒットした映画のリメイクですが、調べてみると日本だけではなく、アジア中の国々で続々にリメイクされていっている様子。 世界的に韓流映画ブームが冷めていっている中、いい映画でも以前程は外国での成功 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 3D

2016-03-31 | 劇場映画れびゅー
紆余曲折あって、最初の企画から14年経過。 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★ バットマン役がコリン・ファレル、スーパーマン役はジュード・ロウなんて話から14年ですよ。 ムキムキなアメコミヒーロー達ばかりな今考えると、どちらも有り得ないキャスティングですが、何度も企画に挙がっては消え挙がっては消えしていたバットマンとスーパーマンの対決もの . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (13)

リリーのすべて

2016-03-30 | 劇場映画れびゅー
最初に性適合手術を受けた人のはなし。 『リリーのすべて』を観てきました。 ★★★★ 前々から女装したらジュリア・ロバーツにそっくりになりそう、と書いてきたエディ・レッドメインが、実際に女装する映画を観る日が来るとは。 やっぱり似てます。そして、似すぎないようなメイクをしています。 やたらと演技に定評の有る彼ですが、個人的にはいつも物足りなさを感じて、本作でも役柄と、かなりの部分を演出に助けられ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章

2016-03-10 | 劇場映画れびゅー
デイム二人の共演にまさかの続編が。『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』を観てきました。 ★★★★★ 人生のベテラン達がインドに移り住み、トラブルに見舞われながらも自分に素直になって第二の人生を謳歌し始めた前作。 あの人たちのその後は気になっていたものの、マギー・スミスとジュディ・デンチの共演なんてもう無理かなと期待薄に考えていたのですが、まさかまた実現するとは。 老人ばっかが登場する映画( . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

マネー・ショート 華麗なる大逆転

2016-03-09 | 劇場映画れびゅー
リーマンショックで大儲けした人達を描いた『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観てきました。 ★★★★ 米国の金融バブルが弾ける前にサブプライムローンの穴に気付いた人達が、いかにして儲けようと画策していたのかと言う部分を、あくまで群像劇の人間ドラマとしての着眼点で描きながら、業界の闇に迫っていて面白い。 ほぼ中心となっているクリスチャン・ベールと、スティーブ・カレルの二人の演技が、鬼気迫り過ぎ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (11)