そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

トランスフォーマー ロストエイジ

2014-08-10 | 劇場映画れびゅー
仕切りなおして人間キャスト全員取っ替えの『トランスフォーマー ロストエイジ』を観てきました。
★★★

前作では素行の悪さからミーガン・フォックスがマイケル・ベイ監督にポイ捨てされ、今回はスピルバーグの秘蔵っ子からお騒がせ俳優に転身したシャイア・ラブーフも遂にクビ。
スピルバーグは見限ったかな?
ついでに他のキャストも巻き込まれて全取っ替えで、トランスフォーマー達だけは引き続き出演と言うか、仕切り直して5年後からのスタートでデザインも一新みたいな。

んで新しい主役は何故か元祖お騒がせタレント・マイキー・マーク、もといマーク・ウォルバーグって、なんだかんだお騒がせ好きなマイケル・ベイ監督は、今度の映画『ミュータント・タートルズ』では何故かまたミーガン・フォックスを主役に起用してらっしゃいます。

仕切り直すからにはこれまでを超えるものにしなければならないとばかりに、これまでで最もトランスフォーマーが暴れまくり、これまでで最もいかにも金をかけてそうなロケで、見るからに意気込みが伝わってくる。
しかし、『アベンジャーズ』『パシフィック・リム』『X-MEN5』『ゴジラ』が有った後では、この程度では驚かない驚けない。確かにシリーズでは一番派手だけど。
人間側キャストの演出面で大人向けを意識した「CMのように無駄にカッコ良いカット」が唐突に、しかも何度も挟まれるのには、「あれ?マイケル・ベイってこんなに下手だったっけ?」と感じてしまった。

公開前に話題になっていたように中国資本の関係で無駄に香港に移動してみたり、全然関係無い内陸のビルが映ったり「中国軍が頑張るよ!」的な台詞が無意味に挟まれたりと、なんだかなぁ感も。

予告編にも出ていたダイノボットが唐突に出てくるのだけど、そもそもこの映画のトランスフォーマーって金属の乗り物をスキャンして化けてると言う設定なはずなのに、なぜ有機生命体を模したダイノボットが?と言う疑問が残った。
深く考えたら負けなのか。

スタンリー・トゥッチがああ言う役をやってくれたら絶対盛り上がるのに、それでも手放しで楽しめなかったのはシリアスに行きたいのかバラエティー路線で行きたいのか、この映画の焦点が定まらなさすぎなせい。

娘ちゃんの彼氏くんがヘタレで、結局マーク・ウォルバーグ頼りなのもイケてない。



パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]
チャーリー・ハナム,イドリス・エルバ,菊地凛子,チャーリー・デイ,ロブ・カジンスキー
ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンシャイン 歌声が響く街 | トップ | ローマ環状線、めぐりゆく人生たち »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中国資本 (KGR)
2015-06-19 10:37:50
ストーリー、有って無きが如し。
なんか無茶苦茶でした。
おっしゃるように「深く考えたら負け」

中国一国で北米を上回る3億ドル超を稼いでいますから、中国資本は興行的には大成功です。
これからも中国に媚びた内容になるんでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トランスフォーマー/ロストエイジ (3D吹替版)  監督/マイケル・ベイ (西京極 紫の館)
【出演】  マーク・ウォールバーグ(声:土田 大)  ニコラ・ペルツ    (声:中川 翔子)  ジャック・レイナー  (声:早志 勇紀)  スタンリー・トゥッチ (声:梅津 秀行)  【ストーリー】 ディセプティコンとの激戦から4年。発明家のケイドはかなり安い...
劇場鑑賞「トランスフォーマー ロストエイジ」 (日々“是”精進! ver.F)
“シード”を巡る戦い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408080001/ トランスフォーマー/ロストエイジ ポスター Transformers 4 Optimus Teaser¥3800以上お買い上...価格:961円(税込、送料別) トランスフ...
トランスフォーマー ロストエイジ (Akira's VOICE)
お祭りの再開だー!  
トランスフォーマー ロストエイジ(3D字幕) / Transformers: Age of Extinction (勝手に映画評)
トランスフォーマー最新作。香港でロケ中に殴られたり、公開が開始された後は、映っている時間が短いと提訴されたりと、中国(香港)に関しては、物語の本質とは関係のない所で、色々トラブっているようですね。 前作から4年後と言う設定になっています。ですが、世の中...
トランスフォーマー/ロストエイジ (だらだら無気力ブログ!)
165分は長いけど、面白かった。
映画「トランスフォーマー/ロストエイジ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『トランスフォーマー/ロストエイジ(3D・字幕版)』 (公式)を本日劇場鑑賞。採点は4点と2点の平均値を取って、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーりー ※今回は基礎設定って感じで。 ...
No.392 トランスフォーマー ロストエイジ (気ままな映画生活)
「トランスフォーマー」のシリーズ第4作。人類の存亡をかけ、メガトロンとセンチネル・プライムの野望を打ち砕いたシカゴでの戦いから4年後。オプティマス・プライムらオートボッ ...
「トランスフォーマー/ロストエイジ」  腹十分目 (はらやんの映画徒然草)
もうお腹いっぱいです。 分厚いステーキをモリモリ食べた後に、満漢全席を食べたよう
トランスフォーマー/ロストエイジ★★★★ (パピとママ映画のblog)
前3作よりキャストとデザインを新しくし、オートボットと人類が挑む新たな戦いを描くアクション大作。人類滅亡をたくらむロックダウンの襲来や謎多き第三の勢力ダイナボットの攻撃に、オプティマスらが人間と共に激しい戦闘を繰り広げる。製作総指揮のスティーヴン・スピ....
トランスフォーマー/ロストエイジ  (心のままに映画の風景)
ディセプティコンとの激戦から4年。 人類を守ったオートボットだったが、激しい批判と政府の迫害で、散り散りになり身を隠していた。 テキサスの片田舎で娘テッサ(ニコラ・ペルツ)と暮らす発明家のケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)は、偶然手に入れ...
『トランスフォーマー ロストエイジ(3D吹替版)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「トランスフォーマー ロストエイジ」□監督 マイケル・ベイ□脚本 アーレン・クルーガー□キャスト マーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツ、スタンリー・トゥッチ、        ソフィア・マイルズ、ジャック・レイナー■鑑賞日 ...
「トランスフォーマー ロストエイジ」 (ここなつ映画レビュー)
「トランスフォーマー的なもの」はもう観ない事に決めていた。合体モノは別に好きじゃないし、息子達ももう合体モノを無条件で喜ぶ年でもない。それに2011年の前作を観て激しく後悔し、何でこんなの観ちゃったんだろう?と、レビューも大変失礼なものを非常に手短に書かせ...
トランスフォーマー ロストエイジ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
トランスフォーマー ロストエイジ '14:米 ◆原題:TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION ◆監督:マイケル・ベイ「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」 ◆出演:マーク・ウォールバーグ、スタンリー・トゥッチ、ニコラ・ペルツ、ソフィア・マイルズ、ジャック・レ...
トランスフォーマー/ロストエイジ (いやいやえん)
【概略】 発明家のケイドはある日、偶然安価で仕入れた古いトラックが正義のトランスフォーマー、オプティマスプライムだと知る。だが、すべてのトランスフォーマーは人類の敵とみなされ、オプティマスは米政府から激しい攻撃を受ける。さらに、宇宙最強の戦士ロックダウ...
トランスフォーマー/ロストエイジ (銀幕大帝α)
TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION 2014年 アメリカ 165分 SF/アクション/ロボット 劇場公開(2014/08/08) 監督: マイケル・ベイ 製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ マイケル・ベイ 出演: マーク・ウォールバーグ:ケイド・イェーガー ニコラ・....