そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

パシフィック・リム 3D

2013-08-13 | 劇場映画れびゅー
ジャパニメーション独自の文化の一つとして進化してきた巨大ロボと、東宝大映円谷プロの特撮映画に出てきそうな怪獣が世界の危機を背景に対決するハリウッド映画。『パシフィック・リム』をIMAX3Dで観てきました。
★★★★★

日本のアニメや特撮映画が大好きで、周囲の反対を押し切って本気で作っちゃったいうギレルモ・デル・トロ監督の愛をひしひしと感じた。
巨大ロボや巨大怪獣が物理法則を無視して大胆に動いて戦う様子は、米国人には失笑ものとしてキワモノ映画扱いされているようですが、日本人なら、特に巨大ロボットアニメと特撮映画で育った世代及び、現役お子様(頭の中がお子様でもOK)は手放しで楽しめるはず。
それも日本文化へのリスペクトを感じまくるわけですから、どこまで楽しませてくれるのかワクワクが止まらない。

実写ハリウッド映画でありながら、構成や手法はジャパニメーションそのもの。
孤独な主人公に謎めいたヒロイン、絶対的なリーダーシップを誇る割に人間味の有るトップ率いる組織と、頼もしいライバル達、生意気な後輩の精神的成長。
地球を救うという分かりやすいプロットと、見え隠れする意外性。
一息つくごとに巨大怪獣が襲ってくるところは『ヱヴァンゲリヲン』の複雑さを無くしてギュッと圧縮したようでも有り、その中で個性的過ぎるエンジニア達と彼らの活躍っぷりで組織のミニマムな世界観にも広がりを見せて描くところとか、往年の日本の娯楽アニメの作りを隅々まで活用して作り上げている事が伺える。

そんな世界観の映画を支えるキャラクター達をギレルモ・デル・トロ組の個性的な役者さん達が支えているところも見どころ。

観客を惹きつけるのに重要なロボットの造形が独特でカッコイイのに対し、怪獣達はそれこそゴジラやガメラ、ウルトラマン(特にガメラ系が多い)で観ような既視感を持って襲ってくるところも良い。

映像は当たり前以上に妥協を感じさせないクオリティーで、IMAX3Dで観ると巨大なロボットと怪獣が劇場に飛び込んで来るように感じる。

但し致命的で残念なのは、物語に直接絡んでくる女子キャラがヒロインたった一人な事と、それがよりにもよって菊地凛子だという事。
デビュー作のインパクトが強かったせいか、大根っぷりが全くアメリカではバレていないようで、いまだにこういう大作に美人アジア女優としてキャスティングされているのが不思議。
日本では美人とは程遠い上に日本語台詞の発声が奇妙なのと、表情も個性的過ぎて使い勝手が良くないせいか、早くもキャスティングされる事が無くなった。
思いっきり日本語の方がネイティブなはずなのに、本作での日本語台詞の下手ぶりは失笑もの。
米国映画ではいつも英語セリフが極端に少ないし、カットの繋ぎ合わせで結構マトモな演技をしている風に見えてしまうけれど、本作に関してはカットの前後の表情が違い過ぎる場面も見受られるから、撮影には相当な手間を取らせていそうに感じた。

比べて芦田愛菜にとっては大女優の素質をハリウッドに誇示する良いショーケースになったんじゃないかな?
同一人物役と思うと違和感が半端ない…。



ガメラ対大悪獣ギロン デジタル・リマスター版 [DVD]
クリエーター情報なし
角川映画
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス デジタル・リマスター版 [DVD]
クリエーター情報なし
角川映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マジック・マイク | トップ | ワールド・ウォーZ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パシフィック・リム (だらだら無気力ブログ!)
中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。
タイトルデザイン_34.(Imaginary Forces) ギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズなどのギレルモ・デル・トロ監督による怪獣巨大ロボット映画『パシフィック・リム』。出演はチャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜、他、怪獣や巨
映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏激押しのロボットアクション! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。 実は彼、子供のころは初日に駆けつけるほど東宝物・大映物の特撮ファン。 そ...
劇場鑑賞「パシフィック・リム」 (日々“是”精進! ver.F)
イェーガー vs 怪獣… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308090003/ 【送料無料】パシフィック・リム ビジュアルガイドラ・ドゥース 限定3000部 [ デイヴ...
パシフィック・リム (あーうぃ だにぇっと)
パシフィック・リム@よみうりホール
『パシフィック・リム』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
話題の巨大ロボットVS巨大怪獣の映画です。 自分が見たり聞いたり読んだりした限りでは、凡そ好意的な意見以外は入って来ないので、逆に期待値を思いっきり下げて見てきました。 一見して皆さん仰る通り日本製の特撮モノやらアニメやらからの影響、否、露骨な引用(オ...
パシフィック・リム IMAX-3D/チャーリー・ハナム (カノンな日々)
初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ...
パシフィック・リム (とりあえず、コメントです)
特撮や日本の怪獣もの&アニメも大好きなギレルモ・デル・トロ監督が創り上げたSFアクションです。 巨大怪獣に立ち向かう巨大ロボットという映像を観て、凄そうだなと楽しみにしていました。 昔に観た怪獣たちを合体させたような強敵KAIJUと2人組で操縦するロボットたちの...
パシフィック・リム(2D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 題材としては文句なく楽しいんだけど
パシフィック・リム~リメンバー・フクシマ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Pacific Rim。ギレルモ・デル・トロ監督、トラヴィス・ビーチャム脚本。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、ロ ...
パシフィック・リム (Akira's VOICE)
ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  
『パシフィック・リム』 (こねたみっくす)
熱いぜ!この中二病的ヲタク魂! 「ウルトラマン」を始めとする怪獣モノで熱くなった魂が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を始めとする人型巨大兵器で燃えた魂が、『マトリックス ...
パシフィック・リム (3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(玄田哲章)  菊地凛子/森マコ(林原めぐみ)  チャーリー・デイ/ニュートン....
パシフィック・リム (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
古き怪獣映画から発展させて近未来的にした人型ロボットとの対決を描いている。怪獣は海溝の中の異次元から出現するものすごく強く、対決するロボットもそれに負けないくらい巨大で威力がある。ガンダムやエヴァの世界を実写版でやってしまうとはハリウッドのスケールの違...
映画「パシフィック・リム(IMAX3D 吹替)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
こんな映画が見たかった!!!! 良くある煽り文句ですが、心の底からそう思いましたよ( ゜д゜) っ!私の中のロボット魂と怪獣魂がシンクロというかドリフトというか、もうエライ状態になってました!!...
「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発 (はらやんの映画徒然草)
巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。 それ
『パシフィック・リム』 (ラムの大通り)
(原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤかなと…」 ----で、最初はやはりあれ? 『パシフィック・リム』? 「そう。 延ばし...
パシフィック・リム3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJ...
ガメラ:映画「パシフィックリム」でガメラ(2/2) 2013/08/14 (ガメラ医師のBlog)
 前項「 (1/2) 」に続く、 ギレルモ・デル・トロ監督のVFX 映画 『パシフィック・リム』、 13日更新分の鑑賞記まとめの後編です。   『 常にワインレッドで優雅たれ 』 http://ameblo.jp/vpcz1/ さん、8月13日の更新。 パシフィックリム観てきました! 【写真あり...
[映画『パシフィック・リム』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。  私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の男...
パシフィック・リム・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
鋼鉄のルチャドール。 こんなにも中二魂を刺激される映画があっただろうか。 未知の深海から出現する巨大怪獣!迎え撃つのは人型戦闘兵器! オタクを自認するメキシコの鬼才、ギレルモ・デル・トロが作り...
パシフィック・リム  監督/ギレルモ・デル・トロ (西京極 紫の館)
【出演】  チャーリー・ハナム  イドリス・エルバ  菊地 凛子 【ストーリー】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事の....
No.359 パシフィック・リム (気ままな映画生活)
2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡を ...
『パシフィック・リム』 (時間の無駄と言わないで)
「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。 監督の特撮趣味全開。 この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るか ...
ビール片手にツッコミを入れながらみたい ─ 『パシフィック・リム』レビュー ─ (Prototypeレビュー)
─ ギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』 ─ お盆休みに帰郷中、1日自由時間ができたので『風立ちぬ』と一緒に観たのがこの作品。会社の同僚に話したら「普通、風立ち ...
「パシフィック・リム」人類が1つになった先にみた人類が生き残るための戦い怪獣との激しい攻防戦 (オールマイティにコメンテート)
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...
『パシフィック・リム』が守った映画のルール (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...
パシフィック・リム IMAX3D(字幕) 8/19追記あり (単館系)
パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破...
『パシフィック・リム』(2D字幕)感想~! (★ Shaberiba )
これは凄い~!凄すぎる~!!大興奮===!!
パシフィック・リム (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年米国 上映時間:131分 監督:ギレルモ・デル・トロ  深海にある時空の裂け目から、次々に現れて地球を襲う怪獣たち。これを向かい打つために全世界の英知を集めて創られた巨大ロボットとの戦いを描くSFアクションバトル作品である。  分
「パシフィック・リム」 (ここなつ映画レビュー)
3D試写会で鑑賞。こんなに面白いとは!監督のギレルモ・デルトロは、日本の特撮物に敬意を表して作ったというけれど、こちらこそ監督に敬意を表したい。 考えてみれば、異形物のクリーチャーには物凄い力を発揮するデルトロ監督。「パンズ・ラビリンス」然り。いや...
映画「パシフィック・リム」 (FREE TIME)
映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。
映画『パシフィック・リム』感想 (ORCAの雑記帳)
『パシフィック・リム』 監督:ギレルモ・デル・トロ 巷で話題の「パシフィック・リム」近場でレイトが最終上映だったので 滑り込みで観てまいりました。 いきなりですが感想 なにコレくっそ...
映画『パシフィック・リム』感想 (ORCAの雑記帳)
『パシフィック・リム』 監督:ギレルモ・デル・トロ 巷で話題の「パシフィック・リム」近場でレイトが最終上映だったので 滑り込みで観てまいりました。 いきなりですが感想 なにコレくっそ面白ぇwwwwwwwwww いや~評判は聞いていましたが本...
パシフィック・リム (映画的・絵画的・音楽的)
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)...
パシフィック・リム (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
パシフィック・リム '13:米 ◆原題:Pacific Rim ◆監督:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」 ◆主演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、ロン・パールマン、ク...
パシフィック・リム (いやいやえん)
かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)
映画「パシフィック・リム」レビュー(世界を守るために戦った戦士達の魂の物語) (翼のインサイト競馬予想)
映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス
パシフィック・リム (銀幕大帝α)
PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー・...
映画『パシフィック・リム 3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャ...
パシフィック・リム (のほほん便り)
凶暴な怪獣に対する、人類の巨大ロボット対戦… 劇場映えする大迫力日本では、ほとんど定番ジャンルの感じで見慣れた感ですが、ハリウッド流の解釈や味付け、演出の差が、ちょっと違ってて新鮮だったのでした。菊地凛子、なかなかの存在感。見事、ヒロインの日本人女性マ...