アールテック日記

日々の活動の中で感じたこと、気になったことを何気なく書いていきます。

梅雨入り…近い?

2016年05月31日 | 施工現場
定期的に、雨が降る季節になってきました。月末の現場延期は骨身にしみます(涙)
塗装工事の現場は、キレイに仕上がっています。今日は、雨樋を施工で完了、足場ばらしになります。




今日も雲が多いですが、気温的にはちょうどいい感じですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オバマ大統領 広島訪問

2016年05月29日 | 日記
先日、伊勢志摩サミットの帰りに、アメリカの大統領が広島を訪問しました。




そのスピーチは、日本人の自分にとっては感慨深いものに映りました。

広島に行ったのは、高校の修学旅行のときなので、もうかれこれ約30年前の事です。原爆資料館に行った時の衝撃を久しぶりに思い出しました。



オバマ大統領の演説は、実に見事でしたね。原爆を使った事が、間違いだったとか正しいとか。それに対して、謝罪をするのか?しないのか?
そんな、後ろ向き(?)な意見をも吹き飛ばすような演説に、感動すら覚えました。それは、アメリカの大統領の立場というよりは、オバマさん個人の意見、気持ちが出ている演説でした。

そして、何より感動したのが、被爆者の方の言葉で、謝罪は求めていない、核廃絶に向けて努力してほしいと伝えた事です。戦争に良いも悪いもありません。戦争では、日本人も加害者でもあるわけですから、単純に謝れ、というのはまた違うのではないかと思っていたからです。それを通り越して、未来思考で言葉を述べた被爆者の方の言葉には素直に感動しました。本当にその通り、核廃絶、そして戦争のない平和な世界が実現すれば良いと思いました。

ところで、オバマ大統領の車、通称キャデラックワン、すごいですね。



扉の厚みは20㌢、窓は開かないそうです。その、装甲車なみの装備によって重さは8㌧、燃費はリッター2キロ、これだけのアナウンスをして、この車に対決を試みるヤツはいるのか⁉そんなヤツはもはや、映画の世界でしかないと思うのは自分だけではないはずです。




そうやって、いろいろニュースを見ていると、安倍首相も頑張っていた感じはありますが、少しスケールが小さく見えてしまうのも事実ですね。ともあれ、なんにしても問題は結果がすべて。アベノミクスは道なかば(と、言ってますけど…)、しっかり結果を出してもらえればと思いますが、今回のアメリカの大統領を広島に呼んだというのは、ひとつの功績として個人的には拍手をおくりたいと思います。

時間ができたら、また広島を訪問してみたいと思う今日この頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

繁殖期

2016年05月29日 | メダカ
今年もこの季節がやってきました。





去年は、この時期ちょっとサボってしまったので、今年は早起きして毎日メダカの世話です。おかげで順調に繁殖しています。

世知辛い世の中、ほんのひとときの癒しですね〜。本当にメダカの赤ちゃん見てると心がなごみます。



親めだかも良くみると、また卵をつけて泳いでいます。

日曜日の朝のひとときです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津ラーメン 和

2016年05月28日 | グルメ
春日部の会津ラーメン、和に行ってきました。



キレイな店舗で、入りやすい店構えでした。



青ジソチャーシューを注文しましたが、さっぱりですが奥深い上品な味でした。会津ラーメンは今まで美味しいと思った事はありませんでしたが、このラーメンはまた食べたいなと思いましたね。

ちなみに、相方はつけ麺を頼んでました。



会津ラーメン 和 春日部ララガーデンそばのラーメン屋さんでした。

会津ラーメン 和 - Google 検索
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

震度7の連続地震は、耐えられない‼

2016年05月28日 | 日記
今日は、ニュースを見ていたらのっぴきならない記事を見つけました。



現在の耐震基準は、震度7クラスの地震に一回しか耐えられないということなのです。実は地震発生装置の実験でその事は知っていたのですが、やはり、実際の倒壊した映像をみると驚愕に値します。




ということは、東日本大地震でかなり揺らされている木造家屋は、次に大きな地震が来たときどうなるんだ?と素朴に思ってしまいます。予防としては、屋根の重量を軽くする、耐震補強工事で家を頑丈にするなどがあげられます。
いずれにしても、天変地異には、予測がつかない事が多いですから、地震国に生まれたものの宿命として受け入れなければいけないのかなとも思ったりもします。

ちなみに、今回の震度7クラスの地震が2回というのは前代未聞の事でしたが、これを期に耐震基準を1.5倍にした場合、建築にかかる金額がかかってしまったりとかの弊害も予想されたりします。はたしてそれが良いのか?悪いのか?これからの推移を見ていく必要があると思います。
日本の建築の歴史は、過去の大きな地震や、台風などの災害によって進歩してきた歴史もあるのも事実ですけれど。

できれば、何も起こらず平和に時間が過ぎることが一番なんですがね〜。

震度7の連続地震、耐震強度1.5倍必要 京都大解析 - 京都新聞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加