牡丹に蝶のブログ

政治・経営・宗教的な話に興味があります。過去から現在までの出来事とかを綴ってみたいなと思います。

何をしに 何のために行ったのか?意味不明

2016-12-28 22:50:01 | 政治

「勇者の命、民の魂に哀悼の誠捧げる」 首相の演説全文(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

────────────────

> 戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない。私たちは、 そう誓いました。そして戦後、 自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじひたすら不戦の誓いを貫いてまいりました。


戦時中の世代からすれば…

戦争の惨禍を
二度と繰り返してほしくない…

と思うでしょう… 

不戦の誓いを貫いてきたからこそ
憲法改正は断念すべきです!


この奇襲作戦は
米軍が任務についていなかった
時間帯であったことを
どれだけの日本人が
知っているでしょうか?

この真珠湾での奇襲作戦が
後に太平洋戦争と呼ばれる
第二次世界大戦への
引きがねになったことは
紛れもない事実…
 
それについての政府としての
公式見解は示されない中で

結局…

何をしに 何のために
真珠湾まで行ったのか?
意味不明なことであり
理解不能です

選挙対策での
票集めのための
パフォーマンスにしか過ぎない
としたら…

自画自賛の自己満足でしかない
ということです

───────────────

「不戦の誓いと言いながら、安保法?」 蓮舫氏(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

────────────────

> 他方で、引っかかっていることがある。不戦の誓いと言いながら、 なぜ憲法解釈を変えて安保法制に突き進んだのか。


誰もが 思っていることです

そのことを蓮舫代表が
述べてくれたということです

ここに 
安倍晋三さんの
二枚舌が見え隠れしているという証


>来年度予算案を見ても、 5年連続で防衛費は増えている。


>いま、世界で最も必要としているのは国際協調、平和への道を、 日本が中心となって進めていくことではないか。

全ての国が
不戦条約に署名ができるように
民進党が率先して行ってほしいと
思います
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«      poem | トップ | 今年も爆笑!でも 呆れ果て... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む