ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ワールド・オブ・ライズ…看護師には萌えない

2009-08-13 23:48:10 | 映画・DVD
今日からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。
今日は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました。すでに1日無駄使いです

夜は…海峡花火大会に行こうと思ってたんですけどねぇ、元気だったら
生憎小雨が降ってたんで、なんか行きたく無くなって中止に

明日は何をしようかなぁ



以下は映画鑑賞記録です。



「ワールド・オブ・ライズ」
(監督:リドリー・スコット、出演:レオナルド・ディカプリオ 、ラッセル・クロウ 、マーク・ストロング、2008年アメリカ)

TSUTAYAさんで「1408号室」と一緒にレンタル。
2009年7月12日(日曜日)に鑑賞しました。



ストーリー
デヴィッド・イグネイシャスの小説を原作にした作品。
全世界規模で爆弾テロを画策する組織のリーダー、アル・サリーム(アロン・アブトゥブール)を追うCIA。現地で常に危険な任務に就くロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)とアメリカから指示を出すエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)だが、双方のかんがえ活動方針の違いから作戦はスムーズに進まない。
詳しくは…http://wwws.warnerbros.co.jp/bodyoflies/





ピロEK的感想&点数
いつも大きく期待するリドリー・スコット監督作品ですが、いつも映画館には行かずDVDで鑑賞してしまう私
時間が無くて映画館に行けないというのもありますが、リドリー・スコットってば、『劇場公開版はやむを得ずカットして時間短縮したもの。完全なるディレクターズカット版はセル版DVDでなんて事を“いつも”仰るジジイなので…というのも映画館で観ない理由の一つにあるかもです「キングダム・オブ・ヘブン」なんて劇場公開バージョンとエクステンデッド版ではかなり違った作品になっちゃってますからねぇ…この映画でも、例えば冒頭のテロシーンだけでも実は相当作り込んでたりとかするんじゃないのかなぁ


そんなリドリー作品な「ワールド・オブ・ライズ」ですが…
そんなカットシーンの有無はさておき、面白かったです
(もちろん私がレンタルして観たのは劇場公開と同じバージョン。いつかディレクターズカット版なるものが発売されれば…買ってもいいかなぁと思わせる程度には面白かったです


ともすれば難しくなりがちなテーマの諜報員モノ(「シリアナ」とかって難しくて未だ分んないところだらけ、割と簡単だと思った「グッド・シェパード」でもそれなりに頭を使わせられましたしねぇ)
理解が難儀な内容にしようと思えば、いくらでも難しくなるだろうし、
簡単にしようと思えば「スパイ大作戦」みたいになっちゃうという、難しいテーマでしょうに、この映画は実に良い塩梅にまとまっているように思えました

観客に中東情勢を適度に紹介、理解させつつ、
なおかつ難しくなりすぎず、娯楽作品の範疇に留めている。
流石はリドリー・スコット。職人芸であります

…とはいえ、ボロが出そうなので映画の舞台となってる中東情勢なんかの事は、私のこの記事では差し控えちゃいますけどね


この映画の内容をザックリ言うと
「ウソはついたらイカン」
「ウソついたら人にもウソで返されるよ」
という教訓(?)のお話だと思うのですが。
複雑な国際関係の中でこのような教訓は如何にも無力というかミスマッチというか、そこに違和感を感じる部分はありました。過去のスパイもの、諜報ものの映画なんかを観てきた限り、信頼しないのが普通なんじゃないかなぁと…ラッセル・クロウ演じるキャラのセンスの方が普通に思えちゃってる私ですが…。レオナルド・ディカプリオ演じる主人公はアマチャンに見えたんだけど
現実の世の中はそんなに悪くないのかも知れないですなぁ


点数は5点(5点満点中)。
あいかわらず映画の内容は良く分からない記事になっちゃいましたが(後で自分が読み返してもどんな映画か思い出せない程度の内容です)…満足した作品です。
この映画程度にいい塩梅の国際情勢ものばかりを観れたら、自分が賢くなった気でいられるのになぁ


あとは…何故、原題と邦題を“微妙に”変えちゃったのかが気になぐらいですかね思った事って。



補足・蛇足
この映画のヒロインは中東の看護師さん。
彼女がアラブ人種であることはさておき…

…私は看護師さんには萌えない人ですので彼女の魅力は伝わって来ず仕舞い

…看護師さんってあんまり魅力感じないですねぇ

AVとかでもナースモノなんて…まぁ観ないですね(他のもそんなには観ませんよ

会社の同僚なんかに聞くと…
嫁さんが看護師って人は大概がそんな感じみたいですね

さらには男女雇用機会均等法以降に“看護師”って呼び名になってからは何か硬くて更にねぇ…



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (80)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】1408号室…関係ない蛇足... | トップ | 【映画】ICHI…の記事&私のお盆... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リドリー監督 (sakurai)
2009-08-14 10:53:51
いつもながら勘所がうまいというか、見せ方がうまいというか、映画監督というものをよーく知ってる人だなと思います。
観客に優しいですよね。
でも、一か月まえで、よく覚えてらっしゃる。
あたしゃ、見て一週間経ったら、もう書けないわ。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-08-14 22:15:18
ギャ!
5点!?
そっか〜、私はいまひとつ合わなかったみたいです。
っていうか、レオ様の出る作品にはなぜか辛い点をつけたくなるの。
これって愛情の裏返しかしら?

私は↑のsakuraiさんよりもダメダメで、見て一日経ったらもう書けないです。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、ミチさんへ))
2009-10-11 17:30:03
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>映画監督というものをよーく知ってる人だなと思います。

私は自己分析するにリドリーファンなようで…ゆえに目が曇っているのかもしれませんが、リドリー作品ってずっとアタリが続いていま…あ、「プロヴァンスの…」がイマイチってのもありましたが…す。

>あたしゃ、見て一週間経ったら、もう書けないわ。

私の場合、普段考えるべきことが無いから大丈夫なのかも知れませんね
でも、すぐに書いたらもうちょっとまともな記事が書けるような気もします。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ギャ!
>5点!?

>レオ様の出る作品にはなぜか辛い点

私はリドリー・スコット監督ファンなので、多少の目の曇りはあるのかも知れませんが、結構楽しめましたよ。
レオ様云々は私も同じようなイメージがあるのですが、最近は割と頑張っているんじゃないかなぁという感じも…どうなんでしょうねぇ?

>私は↑のsakuraiさんよりもダメダメで、見て一日経ったらもう書けないです。

sakuraiさんもミチさんも私と違って観ている量が違うし、公開中の映画を速攻レビューされていますから条件は結構違うと思います(私に同じ条件でブログやれと言われても多分無理…尊敬致します)。
ただ、最近はSakuraiもミチさんも私と違って観ている量が違うし、公開中の映画を速攻レビューされていますから条件は結構違うと思います(私に同じ条件でブログやれと言われても多分無理…尊敬致します)。
ただ最近はそんな私としても溜めすぎちゃっていますかね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2009-12-08 03:42:13
こんばんは〜♪
ノォ〜!
5点デスカ!?
ワタクシ、看護婦属性アリなのですが、この作品は・・・
リドリー作品、必ず観ているのに何気に楽しめないことが・・・
よ〜く考えると、スコットはスコットでもトニーの方がワタクシには合っているよーな気がしてちょっと鬱ですw

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2009-12-29 01:05:10
私はどうも世界情勢とか諜報員とかって苦手なんですよね〜(じゃあ観るなよってことなんですが...笑)
とりあえずリドリー・スコット作品ってことで観てみましたが
やはり私にはイマイチ難解な作品でした。
私レベルの脳みそにはもっとスカッとするアクションの方がしっくりきます(笑)
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(Aki.さん、ONE OF THE BROKENさんへ))
2010-11-23 22:03:37
★Aki.さんへ★
いつもコメントありがとうございます
で、これもコメント約1年感放置の熟成モノ。もう謝られるのも飽きちゃった感じですよね

>ノォ〜!
>5点デスカ!?

あんまり憶えていないのでどこが良かったとは説明できないのですが…まぁご存知のように、文章はキツめでも点数は甘めのこのブログなので察してくださいませ。

>ワタクシ、看護婦属性アリなのですが、この作品は・・・

私は妻が看護士なので、逆にアンチ看護婦属性なのですが映画は楽しめました

>リドリー作品、必ず観ているのに何気に楽しめないことが・・・

最近のリドリー作品はちと難しいテーマが多いですかね。
対してトニーは基本娯楽作品ですから、そのあたりも関係あるかもしれないですね。
「ロビン・フッド」は久々にコスプレ劇なので期待してるんだけど…どうでしょうねぇ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ONE OF THE BROKENさんへ★
いつもコメントありがとうございます
コメントを1年間も放置した無礼、お許しください

>やはり私にはイマイチ難解な作品でした。
>私レベルの脳みそにはもっとスカッとするアクションの方がしっくりきます(笑)

本当は私もそうなんですけどね…
リドリー・スコットは好きな監督なので、頑張って理解しようとポジティブに取り組んだゆえの高評価なのかも知れません。
で、内容はあんまり覚えていないので、どこが良かったとかは聞かないでください。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

80 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ワールド・オブ・ライズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待...
ワールド・オブ・ライズ (迷宮映画館)
最近のリドリーさんの趣味が、たっぷり入れこんである。
映画「ワールド・オブ・ライズ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009年1月5日、109シネマズ木場。 今年最初の鑑賞は昨年見逃した「ワールド・オブ・ライズ」 *** レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ。 中東を中心としたテロ組織に対し、 常に危ない橋を渡るCIAの現地工作員フェリス(レオナルド・デカプリオ...
ワールド・オブ・ライズ (小部屋日記)
Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー/アロン・アブトゥブール/アリ・スリマン ...
映画 【ワールド・オブ・ライズ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・オブ・ライズ」 ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作をリドリー・スコット監督が映像化。 おはなし:ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は中東で命がけで活動するCIAの敏腕工作員。遠くワシント...
ワールド・オブ・ライズ (映画鑑賞★日記・・・)
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。
ワールド・オブ・ライズ (to Heart)
どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム・モナハン 監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/...
『ワールド・オブ・ライズ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
だんだん年末のバタバタでなかなか当日更新が難しくなってきてますw。 今回はこの前の『プライド』の試写会の後に新宿ピカデリーにて鑑賞した『ワールド・オブ・ライズ』。 思っていたほどにはとっつきにくい印象はなかった作品でした。 ******************** 『...
『ワールド・オブ・ライズ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
[映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美幼女賞は?    ◇   ◇ 「これはッ!!」と言う、特...
ワールド・オブ・ライズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
昨日試写会で見た。なかなか当たらないのだが、今回はラッキーだった。リドリー・スコット監督のリアリティーを追及した中東のCIAの活動を描いたスパイアクション映画だ。主演は、レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウだ。現地の工作員に扮したディカプリオの熱演...
『ワールド・オブ・ライズ』 (Body of Lies) (Mooovingな日々)
イラクでの新しいテロ組織のリーダーをおびき出す作戦に失敗し、負傷したロジャー・フェリスは中東を駆け回るCIAの敏腕工作員。全ての活動は安全な電話回線を使用したCIAのベテラン局員エド・ホフマンの指示によって彼の命も左右される。 ヨルダンへ移動したロジャーは英...
劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」 (日々“是”精進!)
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました今年ラスト!!!「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコ...
ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES (銅版画制作の日々)
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・ク...
『ワールド・オブ・ライズ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワールド・オブ・ライズ」□監督・製作 リドリー・スコット □原作 デヴィッド・イグネイシャス (「Body of Lies」)□脚本 ウィリアム・モナハン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシ...
映画 『ワールド・オブ・ライズ』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像...
ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies (いい加減社長の映画日記)
直前まで「K-20 怪人二十面相・伝」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ」の方が安全ということで。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな? 「ワールド・オブ・ライズ」...
ワールド・オブ・ライズ (だらだら無気力ブログ)
現地で危険な仕事をする工作員と安全な場所から指令を下すだけの局員が あるテロ組織の首謀者を捕獲するため、味方すら欺きながら組織を追跡 するさまを描いたサスペンス。中東でテロ組織などの情報収集等を行い常に死と隣り合わせなCIA工作員の フェリス。一方、彼に指...
ワールド・オブ・ライズ (マー坊君の映画ぶろぐ)
「ワールド・オブ・ライズ」監督:リドリー・スコット (『アメリカン・ギャングスター』『ブレードランナー ファイナル・カット』)出演:レオナルド・ディカプリオ(『ディパーテッド』『ブラッド・ダイヤモンド』)ラッセル・クロウ(『アメリカン・ギャングスター』『...
ワールド・オブ・ライズ(2008年) (勝手に映画評)
もはや定番の、中東モノの映画です。やっぱり、中東の現状が収まらない限りは、映画の舞台となるのは続くのでしょうか・・・。冒頭”この映画はフィクションである”と言う旨のクレジットが出ますが、同時に”現実にもこの様な事は行われている”と言う旨のクレジットも出...
『ワールド・オブ・ライズ』 (ラムの大通り)
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったもの...
ワールド・オブ・ライズ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。デイビッド・イグネイシアス原作、 リドリー・スコット監督。レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー。原題はBODY OF LIES。訳せば「嘘の塊」ぐらいだろう...
ワールド・オブ・ライズ (Akira's VOICE)
信念で動く人間たちのドラマ。  
『ワールド・オブ・ライズ』 ('09初鑑賞2・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆−−− (5段階評価で 2) 1月2日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:10の回を鑑賞。
ワールド・オブ・ライズ 東京国際フォーラム 2008.12.3 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
国際フォーラムで行われたワールド・オブ・ライズの ジャパン・スペシャル・スクリーニングに行ってきました。 (応募した際はレオ...
ワールド・オブ・ライズ (Yuhiの読書日記+α)
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ...
ワールド・オブ・ライズ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES 2008年/アメリカ/128分 監督: リドリー・スコット 出演: ...
ワールド・オブ・ライズ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      = 『ワールド・オブ・ライズ』  (2008) = ヨルダンを拠点に、大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得た、CIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)。 フェリスは、テロ組織への潜入を試みようとするが、そのためには、狡...
「ワールド・オブ・ライズ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました〜現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がする...
ワールド・オブ・ライズ (ダイターンクラッシュ!!)
1月4日(日) 16:00〜 丸の内ピカデリー1 料金:1300円(プレイガイドで前売りを購入) パンフレット:600円(小さい!買っていない。) 『ワールド・オブ・ライズ』公式サイト テロリストを捕らえようとしているCIAの本部のボス(ラッセル・クロウ)、現場の部...
ワールド・オブ・ライズ (めでぃあみっくす)
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行わ...
『ワールド・オブ・ライズ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BODYOFLIES監督:リドリー・スコット原作:デイビッド・イグネイシアス脚本:ウィリアム・モナハン出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Stor...
兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』 (水曜日のシネマ日記)
テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。
ワールド・オブ・ライズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
「ワールド・オブ・ライズ」ジャパンプレミア (今日という一日。)
「ワールド・オブ・ライズ」の試写会に行ってきました。当初は監督の舞台挨拶の予定があったらしいのですが、体調不良のため急遽来日をキャンセルとのこと。簡単なディカプリオのビデオメッセージのみで上映開始です。 映画はテロリストとCIAとの駆け引きが中心となっ...
2008-86『ワールド・オブ・ライズ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-86『ワールド・オブ・ライズ』(更新:2008/12/10) 評価:★★★★☆ これ、面白いよ。 CIAが世界でやっている活動をほぼ実写で映画化したと言っても良いのかもしれませんね。 テロリストと...
レオの粉骨砕身〜『ワールド・オブ・ライズ』 (真紅のthinkingdays)
 BODY OF LIES  欧米各国では、イスラム原理主義者による爆破テロが頻発。CIA中東局工作 員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、...
ワールド・オブ・ライズ (Diarydiary!)
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − BODY O
ワールド・オブ・ライズ (TRUTH?ブログエリア)
原題:BODY OF LIES原作:デイヴィッド・イグネイシアス監督・制作:リド
ワールド・オブ・ライズ (心のままに映画の風景)
危険な現場で任務を遂行するCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、 安全なアメリカから指示をするエド・ホフマン...
【映画】ワールド・オブ・ライズ (新!やさぐれ日記)
▼動機 「ブラッド・ダイヤモンド」が面白かったから ▼感想 おもいだせない ▼満足度 −−−−−−− わすれた ▼あらすじ ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと...
ワールド・オブ・ライズ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
激動の中東を舞台に、リドリー・スコット監督が、レオナルド・デ・カプリオとラッセル・クロウの二大スター共演で描くスパイサスペンス大作...
ワールド・オブ・ライズ (ルナのシネマ缶)
今年最後の劇場鑑賞作品です。 ワシントン・ポスト紙の コラムニスト、 デヴィッド・イグネイシャス原作の リドリー・スコット作品です。 ディカプリオがCIA工作員として 男臭い演技を好演しています。 中東で対テロ殲滅作戦を展開するCIAの主任ホフマン(ラッ...
ワールド・オブ・ライズ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ヒゲ面のレオとメタボのクロウ共演のスパイものだが、米国と中東の価値観の違いが面白い。死と隣り合わせのCIA工作員フェリスと、安全な場所から指令を下す上司のエド。彼らの潜入捜査を描く。中東のテロという素材は目新しくない...
★「ワールド・オブ・ライズ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
「ワールド・オブ・ライズ」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ  監督/リドリー・スコット  出演/レオナルド・ディカプリオ      ラッセル・クロウ  リドリー・スコット監督の作品は映画館のスクリーンで観ると決めています。彼のスケールの大きな作品はDVDよりも、やはり大きなスクリーンで観るべ...
ワールド・オブ・ライズ 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
【44-21-】 映画館においてあるチラシで観て興味津々。 なんせ『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコットが監督で、出演が最近とみに演技派になっているレオナルド・ディカプリオと、そして言うまでもない名優ラッセル・クロウなんやもん...
「ワールド・オブ・ライズ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
 来た来た来たーーーーっっ!!リドリー・スコットきたーーーーっっ!! シビレましたぜ久しぶりに\(◎o◎)/!!! 昔風に言うなら、手に汗握るってやつですよ!! いやーーこれだから映画はやめられないですよ・・!! レオナルド・ディカプリオだから、「ど〜か...
【ワールド・オブ・ライズ】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 「CIAの優秀なエージェントのロジャー・フェリスの任務は、爆破テロ組織のリーダーを見つけ捕らえること。危険に囲まれての潜入捜査は
ワールド・オブ・ライズ (えいがの感想文)
2008年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ    ラッセル・クロウ    マーク・ストロング トニー・スコットの「スパイ・ゲーム」と酷似な設定やん。 騙し合いだと「ディパーテッド」にも似てるか。 何となく同監督&...
ワールド・オブ・ライズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
テロ組織を相手に、熾烈なスパイ戦をくり広げる男たちの偽りに満ちた世界! 世界一の嘘をめぐるアクション・サスペンス超大作! 物語:中東のCIA工作員フェリス (レオナルド・ディカプリオ) はとあるミッションで失敗し、大怪我を負う。 傷の癒えたフェリスはラング...
ワールド・オブ・ライズ (5125年映画の旅)
中東のテロ組織がヨーロッパ各地で爆破テロを行った。CIA捜査官フェリスは首謀者を逮捕すべく単身イラクに潜入する。そして指揮官のホフマンは、アメリカの本部に留まって指示を出す。二人は時に対立しながらも、内と外からテロ組織を少しずつ追い詰めていく。 リ...
★ワールド・オブ・ライズ(2008)★ (CinemaCollection)
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
ワールド・オブ・ライズ (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はレオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ競演の社会派サスペンス「ワールド・オブ・ライズ」を観てきましたよう!  世界中の危険地域を舞台に活動するCIA工作員のフェリス(ディカプリオ)。フェリスの上司で常に本部から指示を出すホフマン(ラッセル...
「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り...
レオ&ラッセルの「ワールド・オブ・ライズ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}中東の大規模なテロ組織を追跡するCIA。現場で体を張って現地人も使いこなして任務を遂行するフェリス(レオ)と、安全なところから主にモニターで指示する上司のホフマン(ラッセル)。壮絶な情報戦のキーとなるのは「嘘」だった……{/映画/}   一...
ワールド・オブ・ライズ (いとし・こいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜)
ワールド・オブ・ライズ  “BODY OF LISE” 12/20@TOHOシネマズ西新井 ノーチェックの作品だったのだけど 20kg太るのはどう? ってナゼ云われたのかが気になってたので観に行った 世界を救うだなんてのは口先だけで その口も安全で平和なとこ
●ワールド・オブ・ライズ(1) (映画とワンピースのこでまり日記)
どこからがウソか見破れる?
『ワールド・オブ・ライズ』 2008-No88 (映画館で観ましょ♪)
「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」 いえいえ、会議室どころか、 日々の暮らしで、 家庭で、 子供を...
[映画]ワールド・オブ・ライズ (落とし穴には気をつけろ!)
レオナルド・ディカプリオ VS ラッセル・クロウ。なかなかの名勝負ですね テロリストの親玉を捕まえるため、中東で潜入捜査するフェリス(レオ)と、安全なところで冷徹な命令を下すホフマン(クロウ)。フェリスは豪胆さと誠実さとを併せ持っているとても魅力的な人物。...
『ワールド・オブ・ライズ』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
 『ワールド・オブ・ライズ』 2008年(米)監督リドリー・スコット  序盤、テロリストの情報を掴んでいる男と接触するディカプリオ演じるフェリス。情報部員である彼はCIAのホフマンの「情報提供者の命を見捨てる」という倫理に反する命令に反発しながらも従い...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」 (ようこそMr.G)
映画 「ワールド・オブ・ライズ」
映画感想『ワールド・オブ・ライズ』 いろいろな意味で面白いで... (レベル999のマニアな講義)
内容CIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、本部のエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)の命令で、世界各地で行われた連続爆破事件の組織の首謀者アル・サリームを追っていた。ある日のこと。現地スタッフの死というダメージを負いながらも、組...
ワールド・オブ・ライズ (だめ男のだめ日記)
「ワールド・オブ・ライズ」監督リドリー・スコット原作デイヴィッド・イグネイシアス出演*レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)*ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)*マーク・ストロング(ハニ・サラーム)*ゴルシフテ・ファラハニ(アイシャ)*オスカー・ア....
"Steven Spielberg - filmography" (Right on!)
□ スティーヴン・スピルバーグ(1947.12.18 - )映画作品一覧 □アメリカ / オハイオ州シンシナティ出身=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=・2008 INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL(インディ・ジョーンズ / クリス...
♯01 「ワールド・オブ・ライズ」 (cocowacoco)
映画 「ワールド・オブ・ライズ」 BODY OF LIES を観ました        リドリー・スコット監督 2008年 アメリカ 最初に謝罪。 いつもに増して、ハチャメチャあちこち文となってます。 (苦手な文章を、まとめる気力がなし・・・) <ネタバレあり> コン...
ワールド・オブ・ライズ (そーれりぽーと)
実際に起きているテロの恐怖と、それに立ち向かうCIA工作員を描くリドリー・スコット最新作の『ワールド・オブ・ライズ』を観てきました。 ★★★★ 本来なら★4つ以上なのかも知れませんが…。 始まる前に日本語テロップで「これは現実に起きている話です」と念を押す...
『ワールド・オブ・ライズ(Body of Lies)』 (CHAOS(カオス))
こういうスパイ合戦みたいのが実際行われてるのかねぇ・・ ディカプリオ扮するフェリスが馴染んでるようには思えなかったけど。。 携帯電話と連動した爆弾テロ、偵察機からの監視、スパイの拷問、ビデオ撮影・・テロとテロリストを描く演出は臨場感があった。(...
ワールド・オブ・ライズ (こんな映画見ました〜)
『ワールド・オブ・ライズ』 ---BODY OF LIES--- 2008年(アメリカ) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工...
「ワールド・オブ・ライズ」:浅間神社バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こういう自動車販売会社もいまは大変よねえ。 {/kaeru_en4/}とくにアメリカのビッグスリーとかは大変らしいぞ。 {/hiyo_en2/}アメリカも自分の国が火の車なんだから、よその国で嘘のつきあいなんてしている場合じゃないわよね。 {/kaeru_en4/}そういう目で観...
「ワールド・オブ・ライズ」 (てんびんthe LIFE)
「ワールド・オブ・ライズ」試写会 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 すみません。 ちっともわかりませんでした。 リドリー・スコットらしいといえばそれまでだし、よくあるよね、こんな映画といってもそれまで。 キャストがデイカプリオとラッセル・クロウそし...
ワールド・オブ・ライズ   BODY OF LIES (映画の話でコーヒーブレイク)
今の世の中グーグルアースやストリートビューを使えば、私達のような一般人でも 世界中の場所をかなり詳細に見ることが出来ます。 フィクションである映画の中で個人を特定するくらいの精度ってことは 本物の諜報活動をやっているCIAのような組織は、どの程度まで情報...
ワールド・オブ・ライズ (You got a movie)
監督    リドリー・スコット 脚本    ウイリアム・モナハン キャスト  レオナルド・デカプリオ       ラッセル・クロウ       マーク・ストロング  名匠リドリー・スコット監督、レオナルド・デカプリオとラッセル・クロウの2大スターが競演とい...
ワールド・オブ・ライズ (夫婦でシネマ)
ディカプリオとラッセル・クロウが火花を散らして面白いスパイサスペンス。
「ワールド・オブ・ライズ」(BODY OF LIES) (シネマ・ワンダーランド)
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米中...
【ワールド・オブ・ライズ】 (+++ Candy Cinema +++)
【BODY OF LIES】 【監督】 リドリー・スコット     【原作】 デイビッド・イグネイシアス    【脚本】 ウィリアム・モナハン  ...
[Review] ワールド・オブ・ライズ (Diary of Cyber)
I and the public know What all schoolchildren learn ? Those to whom evil is done Do evil in return. W.H.オーデン『もうひとつの時代』 誰かを傷つけた者は、必ずその復讐を受ける。傷つけられたのと同じ、血をもって贖う復讐を。 人類が文明を築き...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督 (英国日記)
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実...
「ワールド・オブ・ライズ」 (the borderland )
リドリー・スコット監督、2008年の作品。 ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)とエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)、CIA中東担当の諜報部員と現場にはほとんど行かない上司という「踊る大走査線」と同じ構図ながら、2人の間に友情なんてものは一切ない...
ワールド・オブ・ライズ (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) え〜っと、これも例によって「いつ観たんだっけシリーズ」で御座います。 レオナルド・ディカプリオ×ラッセル・クロウ×リドリー・スコットってことで、かな〜〜〜り 期待して観たのですが・・・ どー...