ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛)

2010-08-08 22:57:09 | 映画・DVD
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ

さて本日日曜日の行動…
午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却に行って、帰宅後レンタルしてた映画を観ました…で、夕方に食料品の買い出し…以上
…折角の休みなのにねぇ

本当は散髪に行きたかったんだけどねぇ。真夏なのに、盆明けには出張とかあるのに、すげぇ鬱陶しいんだよね頭髪が…でも面倒で行動しませんでした



以下は映画観賞記録です。



「ラブリーボーン」
(監督:ピーター・ジャクソン、出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、2009年アメリカ/イギリス/ニュージーランド)

TSUTAYA DISCASさんで「Dr.パルナサスの鏡」と一緒に届いた作品。2010年7月17日(土曜日)の深夜から日付が変わって、翌日18日(日曜日)の1:45頃までにかけて鑑賞。しました。鑑賞順番としてはひとつ前の記事「トイ・ストーリー3」の前になります。



ストーリー
アリス・シーボルトによる同名小説の映画化。
家族と幸せに暮らしていた14歳のスージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日殺されてしまう。彼女は天国に至る死後の世界に辿り着くが、残された家族はこの事件を切欠にして崩壊していく。
詳しくは…http://www.lovelyb.jp/#home





ピロEK的感想&点数
この最初に書く事は映画への単純な批判ではないつもりなので、そのつもりで読んでください

…20年以上前でしたかね、世間では“究極の選択”なるネタ本が流行りました。
その中の有名な選択肢で『カレー味のウ○コと、ウ○コ味のカレー、どちらかを絶対に食べないといけないとすればどっちというものがもありました。
もちろん実際にそのような選択肢に迫られる事は無いのですが、まぁその答え次第でその方のセンスを測ったり測らなかったり…。

別の話
昔、会社の後輩が映画のDVDをたくさん持ってて、それを借りて観るって時の話(購入したDVDの貸し借りって合法なんだっけ…まぁ借りたかどうかは置いといて下さい)。
借りる映画の候補の中の一枚にニコラス・ケイジ主演の「8mm」という映画が…私が観る前に、以前こちらにも来られていたモモモモ太さんがこの「8mm」を評するに(彼、最近来てくれないなぁ…元気だろうか)…
『ずっとウ○コみたいな映像みせられちゃいますよ…』
との事。“ウ○コみたいな映像”ってのは比喩で、要は見たく無いモノを見せられちゃう映画って事らしいです…まぁ、私はそういうの得意じゃないので、その映画(「8mm」)はスルーしました
それ以後、猟奇殺人だの連続殺人だの、そういう映画に対して私は心のどこかで「ウ○コ映画」との認識で臨んでいる訳です

上記二つの話を総合すると…
この「ラブリーボーン」は、カレー味のウ○コだなぁ…と、そういう話です。
(伝わったでしょうか

美しく幻想的に表現された“あっち”の表現やら、「つぐない」以来、名演技を続け、かつ綺麗に成長もしてきている注目の子役(?)シアーシャ・ローナンといった要素で、良い感じに味付けされてはいても(※上記比喩で言えばカレー味部分…カレーって感じではないですが)…
根底にある連続殺人、死体遺棄、おそらくはレイプ…といった負の要素(※上記で言えばウ○コ)の印象を拭い去れないお話なんですよね

で、ソレを想像しちゃってうすら寒いというか、気持ち悪いというか

そういった負の体験をされた方や被害者の方で、かつ西洋の宗教文化の中にいる方にとっては、救済の部分もあるお話なのかもしれませんが…個人的には死後の世界なんて全く信用していないし(※宗教の否定、もしくは無神論とは違いますよ)。…まぁ宗教観云々になると長くなるのであんまり書きませんが。これが負の方向の話では無いと解釈するのが正しいのであれば、全く馴染めないというのが感想です。

これは結局、生き残った家族や友人が、彼女の魂は天国で平穏に暮らしている…と思って、リハビリが終了というお話なだけで…本人はやはり(残念ながら)恐怖の中で死んじゃっただけなハズ…というのが私の見解。
映画の展開は、被害者の末路を少しでも良いように解釈したい、生き残っている家族の都合なのではないのかなぁと(たとえそういう描写で無かったとしてもね)…最後に犯人が、天罰のごとき事故で死んじゃう…てのも下手すれば被害者家族の脳内の一部かも…とまで思ったりしてな。

…もちろん、辛い記憶と一緒に生きていくのはきついですから、そう至る事を否定しませんし、それは現実社会だと重要な事だとも思います。

でも、これは物語なんだから…確実に天国はあることを訴え、そこにいる亡くなった娘の活躍で、事件が暴かれ、家族が救われる…という、もっと具象でベタな展開にしてほしかったとも思う次第。
それだったらカレー味の云々…などと書かなかったかもしれない。そんな感じですね。

ここまでは主に脚本・テーマ(というか原作か)への意見。


…と、上記までは批判っぽかったですが映画全体としてはそんなに嫌いじゃないんですよね

映像の美しさ、退屈しないテンポ…なんかが普通に良い感じ
(映像に関しては、近年の映像が見どころ作品群の中で特にそんなに優れている訳でも無いですけど…まぁ普通に綺麗で面白いかな
事件に至る部分ではハラハラさせられたし、その後も家族が事件を如何に解決するかと思わされ(まぁソコはちょい裏切られたんですけど)、「ディスタービア」ばり(?)の妹の潜入捜査でもハラハラ
監督ピーター・ジャクソン。そしてシアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズといった、私にとって過去にアタリだった映画に出てくる出演者一同…が醸し出すアタリ映画の雰囲気…にも中てられ…まぁ普通強といった評価ですかね


という事で点数は4点(5点満点中)
前述で“普通強”と書いたから、3点強とか、3.5点とかにしようかとも思ったのですが、ちょっと前に「サロゲート」の記事で4点映画の定義らしきものを書いたばかりで、それからすれば4点以下って事も無いだろうと…最近の甘め基準の中ではそれ以上に評価しても良いかもなぁ…とか考えた結果、間をとって4点としました


…あ、自粛したサブタイトル付きの記事タイトルは
【映画】ラブリーボーン…カレー味のウ○コ
…ですね



補足・蛇足
「つぐない」ではもっと子供だったシアーシャ・ローナンですが、この映画では綺麗に成長したなぁ…という印象
で、現在の彼女を雑誌やインターネットで見ると更に…おお良い感じに成長しています
そうですね…可愛いにも程があるベッキー・クルーエルにちょっと似てるかな(…ナニブンにも若い女の子は全部同じに見えるオジサンの言う事なので過剰に反応しないように)。

太ったり、小さいままだったりする子役が多い中、彼女(シアーシャ・ローナン)は美人女優になりますねこの調子だと

この映画の中で、彼女の家族を演じた俳優さんたちが、モンキー系のマーク・ウォールバーグ武蔵丸親方系のレイチェル・ワイズ、他にもスーザン・サランドンと、ちょいゴツい系というか骨太系な印象の方ばかりの中(体型の話ではありません印象の話。…あと、あの妹さんもチョイ骨太な感じかな)、彼女の線だけが細めな感じがして、そういう意味ではミスキャストかもしれないなぁ、いや亡くなっちゃう役だからわざとか…とか考えたのは私だけでしょうか

…と、意外と普通な内容の事書いちゃいましたね。蛇足なのに

まぁ、感想の所でカレーとウ○コの話とか書いてるからコレはコレでバランスなのかもしれません



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】トイ・ストーリー3…... | トップ | 【映画】レクイエム…期待とは... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2010-08-09 04:15:35
こんばんは~♪
いっや~、しょーもないお話で・・・
個人的にはカレー味どころか、まんまウ○コ味のウ○コな映画でした--;
てか、これを感動作として(偽って?)売り出してる映画会社の気がしれませんね。

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
不完全燃焼 (KGR)
2010-08-09 09:54:08
映像はきれいだったけど、スージーの物語なのか、家族の物語なのか、何が主題だかよくわかりません。

一番気になったのは、スージーはいわゆる亡者で、あの世とこの世の狭間で悶々としていて「えーっ、それが心残りだったの?」ってことで、成仏していくわけですが、「これは私が天国へ行ってからのお話」だとか、「天国から見守り続ける」だの「天国にたどり着くが*崩壊していく家族の姿を見て」てのは違うんじゃないってことです。
ビール味のおし○こ (sakurai)
2010-08-10 08:35:40
う○こまではいかなかったかも。
なんですが、これは超騙された感です。
配給会社の人は、売る前にちゃんと見たのかと思います。
中身は、ピー・ジャクはあえて、難解なテーマに臨んだ・・・という話らしいのですが、その難解さにとらわれ過ぎて、散漫になってしまったように感じました。
DVD鑑賞の場合は、エンドまでちゃんと流すんですか?あのエンドは、人間の我慢の限界を超える長さでした。あすこで、見てて結構キレてた。
TBありがとうございました (maru♪)
2010-09-21 00:51:07
最近gooの方へこちらからTBできません。
不正なURLと言われてしまうので、リンクも貼れません。
コメントのみで失礼します。

なるほど・・・ 究極で言ってしまうとそんな味ですね(笑)
個人的には好きだったのですが、意外に評判が悪くて悲しいです・・・
多分、その辺りに原因があるんでしょうね。
おはようございました (iina)
2010-10-07 09:05:09
「ラブリーボーン」も「サロゲート」も、悪くはないものイマイチな感が残る映画でした。
ピロEKさんの例えは、ちと汚いですが言わんとすることは理解できます。本音での語り口
に味があるブログです。
Trackback ( 70 )に対してコメント ( 4 ) なのも日本のコミュニケーション不調の現実を現しています。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(Aki.さん、KGRさん、sakuraiさん、maru♪さん、iinaさんへ))
2010-10-09 03:32:06
★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます
反応が遅くなってしまい申し訳ありません

>てか、これを感動作として(偽って?)売り出してる映画会社の気がしれませんね。

私はそこまで強硬な事は言いたくないのですが…受け取り方は人によるでしょうし、難易度の高いテーマだったとも思うので。
ただ、私も感動作と言われちゃうと馴染めません。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます
反応が遅くなってしまい申し訳ありません

>映像はきれいだったけど、スージーの物語なのか、家族の物語なのか、何が主題だかよくわかりません。

原作は読んでいないので脚本の本質を評価しようもありませんが、なんとなく思ったのは、被害者のリハビリ感のあるストーリーかなぁと、命まではとられなかったけど似たような被害にあって、で、精神病んじゃって、それを直そうと頑張ってるけど、傍目にはちょっと支離滅裂気味。
“違うんじゃないかなぁ感”もそんなところから派生してたりして。
もしかしたら私の想像通り、原作者もしくはその近い人がレイプ被害者だったりすると悪いので強くは批判したくない…そんな感じです。
もしくは全くの想像で作ったストーリーだから、詰め・ディテールが甘いというだけかも知れませんけど。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
反応が遅くなってしまい申し訳ありません

>中身は、ピー・ジャクはあえて、難解なテーマに臨んだ・・・という話らしいのですが、
>その難解さにとらわれ過ぎて、散漫になってしまったように感じました。

ピーター・ジャクソンはあの三部作の成功で、どうも好き勝手に映画をつくるのが正解…と悟った。と思っている私です。
もうちょっと締め付けるヤツが必要なのかも知れない。

> DVD鑑賞の場合は、エンドまでちゃんと流すんですか?あのエンドは、人間の我慢の限界を超える長さでした。あすこで、見てて結構キレてた。

あの3部作で、さらに長くしたエクステンデット何某…というのまで売れに売れて(※買いました)
次に、なかなかゴリラが登場しない長い映画を作って、
ピーター・ジャクソンは、とにかく長いのが正解…と悟った。と思っている私です。
で、答えは“ながら鑑賞”です。
そのときは、あのエンディングが流れている横でブログ記事かいてたと思います。

ちなみにビール味のオシッコなら…我慢すれば飲めるかも知れません。もちろんそんな物は無いから言っていますけど

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★maru♪さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>最近gooの方へこちらからTBできません。
>不正なURLと言われてしまうので、リンクも貼れません。

gooブログに問い合わせてみると良いですよ。問い合わせをどうやるんだったかは忘れちゃいましたが、私も私自身にトラバとURL入力が出来なくなった事が数回あります。トラバ送りすぎたら、そうなっちゃったりするみたいで、早めに解決してくれます。

>個人的には好きだったのですが、意外に評判が悪くて悲しいです・・・
>多分、その辺りに原因があるんでしょうね。

微妙な問題とか宗教を扱っていますから、受け取り方は両方に触れがちな作品ですよね。
私は記事に内容のように思っちゃいましたが、作品を気にいった方が悲しむ事でもないと思います。




★iinaさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ピロEKさんの例えは、ちと汚いですが言わんとすることは理解できます。本音での語り口
>に味があるブログです

お褒め頂いているのだと思います。
私は自分の文章がクドくて、調子が悪いとグダグダになる…と自己評価しているのですが、
やはり褒めていただけるとうれしく思います。ありがとうございます。

> Trackback ( 70 )に対してコメント ( 4 ) なのも日本のコミュニケーション不調の現実を現しています。

このTrackback (70)の方々のほとんどは、私からトラバを投げてエコーしてくださった方ですね。
ブログが普及して以降、トラバについて色々な考え方や使い方があると思うのですが、私の方式として同じテーマで書かれた記事を、時間があればチョイチョイ検索、でトラバを投げさせていただきます。目的は自分の記事が多くの人の目に触れるチャンスを作るためですね。
で、投げた先の記事に全て目を通すかといえば…否です。気にかかる文章なんかが目に付けば読みます。
投げていただいたトラバを全てチェックするかについても…否です。こちらも概要文が気にかかったところに良く程度。
コメントを頂いた方のブログは基本的にチェックします。で、遅くはなりますがお返事や感想も書かせていただくという方式ですね。
…この事が良いか悪いかは別にしていただいて、日本人のコミュニケーション不調というよりも私のせいという事になるのかも知れません。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
8117 (iina)
2010-10-09 09:05:19
コメントやTBへの取り組みは、iinaと同じ判断基準でした。
コメントには必ず回答します。アドレスを置き忘れた方に、ハンドルネームを手がかりにgoo-blog内
を検索して極力返信を心がけます。(^^ゞ

ブログもツイッター等も、ツールの一種でファッション感覚なのでしょう。好悪は別にして それは
それで世相を反映していて好いとも思っています。
それにしてもTrackback (73)の反応は、努力の積み重ねを思います。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(iinaさんへ))
2010-10-28 20:58:42
★iinaさんへ★

更にお返しのコメントまでいただきまして、ありがとうございます

ブログやツイッターなんかには各々の基準が合って、それで意見が対立なんて状況も多々あるようですね。
それはそれでネットが成熟してきた証という事でもあるのかなぁ…。
Trackbackへの努力ですが、最近キツくなってきてもいるので、もうちょっとやり方を考えたいなぁとかも思います。
常連の方だけに上手く送るような良い方法があれば採用したいんですけどね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

75 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラブリーボーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんと言っても注目は、「「...
ラブリーボーン (ぶっちゃけ…独り言?)
2点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ベストセラー小説の映画化でピーター・ジャクソンが監督って以外は前情報なし。 いかにも感動出来そうなので観てみたのですが・・・ 率直に、本当に率直に、見終わった直後の正直な気持ちを言わせて貰うと...
ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」...
映画「ラブリー・ボーン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/2/1 映画の日(ファースト・デー)でお一人様1000円。 109シネマズ木場。   ピーター・ジャクソン監督、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォルバーグ、 レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチー、スーザン・サランドン。 ** スージー・サーモン(...
ラブリーボーン [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ...
ラブリーボーン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ラブリーボーン」監督:ピーター・ジャクソン(『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『キング・コング』)製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ(『トランスフォーマ...
ラブリーボーン (迷宮映画館)
なんと言えない不思議な味わい。
ラブリーボーン (とりあえず、コメントです)
同名ベストセラー小説に感動したピーター・ジャクソン監督が映画化した作品です。 14歳で殺された少女の魂の彷徨を、美しい映像と音楽で綴っていました。 本当に美しくて切ない物語でした(T_T)
ラブリーボーン (Akira's VOICE)
生と死を繋ぐファンタジー。  
『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス... (NiceOne!!)
原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル...
ラブリーボーン (LOVE Cinemas 調布)
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つ...
ラブリーボーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で殺害された少女が、天国と地上の間をさまよいながら、残された家族や友人たちを見守り続...
ラブリーボーン (The Lovely Bones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力...
ラブリーボーン (The Lovely Bones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力...
劇場鑑賞「ラブリーボーン」 (日々“是”精進!)
ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色...
「ラブリー・ボーン」 (古今東西座)
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで名を上げたピーター・ジャクソン監督の新作。予告編を観た印象などから期待の一本ではあったのだが…スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は14歳の女の子。両親(マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ)と妹と弟の5...
ラブリーボーン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:THE LOVELY BONES。ピーター・ジャクソン監督、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、ライアン・ゴズリング、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、ローズ・マクアイヴァー、マイケル・インペリオリ、リース・リ...
「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おま...
mini review 10436「ラブリーボーン」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・...
[映画『ラブリーボーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸...
ラブリーボーン、ネタバレなしのつもり (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
1970年代前半のアメリカの田舎町で、突然命を奪われた少女の目から見た残された家族と犯人の行く末を見守るファンタジー的な演出の映画だ。キリスト教の国なのでもっと厳しい結末が待っているかと思ったが、見た後に爽快な気分になれた。
【ラブリーボーン】 (日々のつぶやき)
監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ   これは、私が天国に行ってからのお話。 「14歳のスージー・サーモンは近所に住む男にトウモロコシ畑で
ラブリーボーン (2009) (肩ログ)
THE LOVELY BONES アメリカ/イギリス/ニュージーランド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 原作:アリス・シーボルド 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー...
ラブリーボーン (悠雅的生活)
手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
「ラブリーボーン」 死により生を描く (はらやんの映画徒然草)
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
ラブリーボーン (だらだら無気力ブログ)
? 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両親と仲の良...
「ラブリーボーン」胸に迫る想い (ノルウェー暮らし・イン・London)
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・
【映画】ラブリーボーン (新!やさぐれ日記)
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしま...
【ラブリーボーン】★シアーシャ・ローナン (猫とHidamariで)
私は、14歳で殺された―これは私が天国に行ってからのお話。お願い。私の思い、届いて。ラブリーボーンHPラブリーボーン シネマトゥデイ英題:THELOVELYBONES製作年:2009年製作国...
ラブリーボーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘...
ラブリーボーン (Diarydiary! )
《ラブリーボーン》 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 -原題
★ラブリーボーン(2009)★ (CinemaCollection)
THELOVELYBONES上映時間135分製作国アメリカ/イギリス/ニュージーランド公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2010/01/29ジャンルドラマ/ファンタジー/サスペンス映倫G【解説】アリス...
★「ラブリーボーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
『ラブリーボーン』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作
「ラブリーボーン」 (或る日の出来事)
まず、映画と関係ありませんが、よろしければアンケートを。ブログの製本について。
ラブリーボーン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月21日(日) 18:30~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:600円(買っていない) 『ラブリーボーン』公式サイト重い・・・。 謎のスピリチュアルな社会派映画?超大作作家になったメタボ・ピーター...
「ラブリーボーン」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
設定は、斬新、今まで観た事のないノンジャンルな映画の感覚に鑑賞者を陥れます。普通のシリアルキラー物と違うのは、被害者視点の幻想的風景、それに尽きるかと。そう、殺害された...
試写会「ラブリー・ボーン」 (流れ流れて八丈島)
さていよいよ本日のメインイベント新宿の東京厚生年金会館での試写会で「ラブリー・ボーン」を観てきました“本年度アカデミー賞最有力”という呼び声が高いそうですアリス・シーボ...
ラブリーボーン (菫色映画)
ラブリーボーン[DVD]2009年 アメリカ=イギリス=ニュージーランド 監督:ピーター・ジャクソン 原作:アリス・シーボルド 出演:シアーシャ・ローナン    マーク・ウォールバーグ    レイチェル・ワイズ    スーザン・サランドン    スタンリー・ト...
ラブリーボーン 【愛すべき 絆を強く 時間かけ】 (猫の毛玉 映画館)
『ラブリーボーン』 THE LOVELY BONES 2009年・アメリカ=イギリス=ニュージーランド アリス・シーボルドの同名小説をピーター・ジャクソン監督が映...
ラブリーボーン 【愛すべき 絆を強く 時間かけ】 (猫の毛玉 映画館)
『ラブリーボーン』 THE LOVELY BONES 2009年・アメリカ=イギリス=ニュージーランド アリス・シーボルドの同名小説をピーター・ジャクソン監督が映...
家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 (水曜日のシネマ日記)
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
「ラブリーボーン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊...
「ラブリーボーン」:築地市場正門前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ここは、築地の魚市場。 {/kaeru_en4/}魚って、骨があって面倒なんだよな。 {/hiyo_en2/}そんなこと、ないでしょ。骨にだって栄養はあるし、愛すべき骨たちよ。 {/kaeru_en4/}愛すべき骨たち?ラブリーボーンか。 {/hiyo_en2/}ラブリーボーン?それって、ピ...
2010-04『ラブリーボーン』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-04『ラブリーボーン』(更新:2010/01/31) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) まぁ、最後まで見入ってしまったけど・・・ 犯人を探す家族。 その側に魂だけ残っているスージー。 ...
ラブリーボーン (5125年映画の旅)
14歳のスージー・サーモンは、青春を謳歌する最中に狂人の手によって命を奪われる。この世に未練を残したスージーは、天国からそれぞれ違う形でスージーの死を引きずっていた家族を見守る事にする。事件から2年が過ぎた時、スージーを殺した犯人が、今度はスージー...
ラブリーボーン (2009・アメリカ/イギリス/ニュージーランド) (白ブタさん)
もう予告からすでに泣きそうだったこの作品(^_^;) ドキドキしながら見てきました☆
ラブリーボーン (メルブロ)
ラブリーボーン(原題: THE LOVELY BONES) 300本目 2010-4 上映時間 2時間15分 監督 ピーター・ジャクソン 出演 マーク・ウォールバーグ(ジャック・サーモン) 、 レイチェル・ワイズ(アビゲイル・サーモン)     スーザン・サランドン(リン) 、 スタ...
♯08 「ラブリーボーン」 (ここはここ)
映画 「ラブリーボーン」 THE LOVELY BONES       ピーター・ジャクソン監督 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 丁寧な作りで好感は持てるのですが、内容がどこかでみた感じなのがちょっと残念。 サスペンス・ミステリー・ホラーのミックスのような...
ラブリーボーン/The Lovely Bones (いい加減社長の映画日記)
金曜日のレイトショー。 スピルバーグ総指揮ということと、なんともファンタジーっぽい予告編に魅かれて「ラブリーボーン」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしては、普通の人出。 「ラブリーボーン」は、大きめのスクリーンで、3~4割。 【ストーリ...
ラブリー・ボーン (あーうぃ だにぇっと)
この映画を観たのは昨年12月22日。 新宿厚生年金会館での観劇。 一ヶ月以上が経過した。 この時のできごとで印象的だったのは前の席に座ったおばさん。 右隣の席は荷物を置いて空席を確保。(笑) 頭を、右の端から左の端の通路までくりくりくりくり動かす。 ス...
『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと (SOARのパストラーレ♪)
独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。
ラブリー・ボーン (Blossom)
ラブリー・ボーン THE LOVELY BONES 監督 ピーター・ジャクソン 出演 マーク・ウォールバーグ レイチェル・ワイズ     スーザン・サラ...
ラブリーボーン (2ちゃんねる映画ブログ)
【ピーター・ジャクソン最新作】 ラブリーボーン The Lovely Bones http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1258382928/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 23:48:48 ID:Jd6VaVje 日本公式 http://www.lovelyb.jp/ ...
ラブリーボーン (心のままに映画の風景)
家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され...
ラブリーボーン (Memoirs_of_dai)
霊体質少女の使い方… 【Story】 スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑...
映画『ラブリーボーン』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ピーター=ジャクソン。脚本、フラン=ウォルシュ、フィリッパ=ボウエン、ピー
『ラブリーボーン』 ('10初鑑賞12・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。
映画 「ラブリーボーン」 (ようこそMr.G)
映画 「ラブリーボーン」
「ラブリーボーン」なんかスッキリしない・・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハラハラドキドキさせられて、どうなるのかな~って最後まで引き込まれて観たんですが・・・最後まで見終わってみると、ん~~??というと...
ラブリーボーン (2009) THE LOVELY BONES 135分 (極私的映画論+α)
 満中陰ムービー?
ラブリーボーン (りらの感想日記♪)
【ラブリーボーン】 ★★★★ 映画(5)ストーリー 優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サ
ラブリーボーン・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で...
映画レビュー「ラブリーボーン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ラブリーボーン [DVD]◆プチレビュー◆14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。 【70点】 スージーは14歳のときに、近所に住む男から襲われ殺された。彼女は美しく不思議な場所へ辿り着く。ここは天国? スージー...
「ラブリー・ボーン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  テーマが重たいこと、アメリカでの評判があまり良くないこと、いくつかの不安要素はあったものの、ピーター・ジャクソン監督作品ということに加え、とても豪華なキャスティングで、これはやはり見逃せない…と思い劇場に足を運びました。...
ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES (銅版画制作の日々)
ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。   東宝シネマズ二条にて鑑賞。いきなり14歳の...
「ラブリーボーン」 (てんびんthe LIFE)
「ラブリーボーン」試写会 よみうりホールで鑑賞 実話が名とになっているのかと思ったら、どうやらベストセラー小説が元になっているのだとか。 日本で作ったら、完全にホラー映画になっていたでしょう。 それがアメリカと日本の文化の違いなのかもしれません。 こ...
ラブリーボーン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『つぐない』に出演していたシアーシャ・ローナンが主演・・・と言われて、記憶の引き出し開けてみてあぁ、あのときとはイメージが違う(笑)だから気づかなかったのねっと、改めて思いました。今回の彼女の演じたスージーは、青い瞳がキラキラした素直に青春を謳歌している...
ラブリーボーン 心残りがそこか~=( ・_・;)⇒ アレ? (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、...
ラブリーボーン (試写会) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オブ...
「ラブリーボーン」 (Con Gas, Sin Hielo)
家族と亡き者たちがつなぐ新たな希望の絆。 P.ジャクソン久々の新作ということもあり期待していたのだが、正直あま...
ラブリーボーン (C note)
ピーター・ジャクソンの映画は上映時間が長め。でも飽きさせません。 直前に観た『パ
10-34「ラブリーボーン」(アメリカ・イギリス・ニュージーランド) (CINECHANが観た映画について)
私のいない世界  優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、彼女は近所の男に無慈悲に殺されてしまう。最初は自分が死んだことにも気づかなかったスージーだが、や...
ラブリーボーン (mama)
THE LOVELY BONES 2009年:アメリカ・イギリス・ニュージーランド 原作:アリス・シーボルド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ブライアン・ ...
ラブリーボーン (いやいやえん)
ある日突然犯罪に巻き込まれ、子供を失った辛さから家族がすれ違い崩壊していく…事件の被害者側に起こる悲劇ですね。  殺されてしまった主人公の少女が死後の世界から現実を見つめるというのは目新しいと思いますが、もどかしくスッキリ終わらない作品です。実際、...