音楽家ピアニスト瀬川玄「ひたすら音楽」

クラシック音楽の伝統を受け継ぐ真の音楽芸術家を目指して活動しています

ベートーヴェン《告別ソナタ》の祖先を発見しました!?

2017年05月15日 | ベートーヴェン Beethoven


ベートーヴェン《ピアノソナタ第26番 op.81-a「告別」》

作曲家本人が、曲の冒頭に
「Lebewohl(さらば、お達者で)」と、
歌曲でもないのに!!テキストを書き入れた、
とても珍しい曲として、有名です。


この曲は、1809-10年に書かれたとのこと。
ベートーヴェン39歳の頃。

そして、
これと同じ音型が使われている、
ベートーヴェンなんと初期の作品を見つけました!!

それは
《リギーニのアリア「愛よ来たれ」による24の変奏曲 WoO 65》

(WoOとは、作品番号無し、というドイツ語の略語)

この曲の作曲年は、1790年とのこと、
すなわちベートーヴェン19歳頃!?という
とっても若い時期に書かれた曲なのです!!

二十歳前後の頃の音楽的アイデアを、
四十歳頃になって再び使用する・・・

作曲家の生涯における、
長い長い年月を経ての創作の過程が
見えてくるようで、とても興味深く思えます。



追記:

《告別ソナタ》における「さようなら」の相手は、
この曲の献呈者ルドルフ大公であることは、間違いないでしょう。

一方の、初期の《変奏曲「愛よ来たれ」》
における「さようなら」の相手は・・・
一体誰だったのでしょうか!?
この曲の献呈者は「マリア・アンナ・ホルテンシア・フォン・ハルツフェルド嬢」という名前が記されています。
(長い名前(笑)貴族の令嬢であろうことは想像できます)

どんな女性なのか!?
ベートーヴェンとの関係は!?
・・・今の私には分からない・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月14日(日)のつぶやき | トップ | 5月15日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。