トラ班長の日々修行

楽しいトレーニングと子育てに日々奮闘中です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第28回国営昭和記念公園トライアスロン回顧

2017-07-02 18:07:38 | スポーツ

7月2日日曜日。絶好のコンディションの中、第28回国営昭和記念公園でスプリントディスタンスのトライアスロンにいってきました。

私のトライアスロンデビューが第1回大会なので、数えて28年目のシーズンになります。昨年は気温が35℃近くまで上がり、バイク、ランの距離が短縮されましたが、今年は気温はこんな感じ。

絶好のトライアスロン日和です。そして今回のゼッケンは280番。トランジットの場所は、こんな感じ。

一番端っこでわかりやすいし、ウエット脱ぐときやランシューズ履くときもスペースが広くて楽ちん。好条件がそろいました。

スタートはおじさんになったので第3ウエーブ。50才からは、最終の第4ウエーブになるので、このウエーブでスタートするのは最後(笑)になります。

スイムは750m。いつも通り、スタートダッシュした後は、先頭に抜け出し、一人単独で泳ぐはずが、ほぼ同じ泳力が一人。どの程度の実力かよくわからないので、先頭は譲らず、自分のペースで。途中後方を見ると、ぴったり後ろにつかれている。どうしようか考えたけど、昭和記念のコースは前のウエーブの流れがあって、先頭で泳いでも特に問題なし。コースも熟知しているので、最後まで先頭でスイムアップ。

スイム:8分58秒(2位)

トランジットにダッシュすると、一緒に泳いでた人はのんびり歩いているので、この時点でライバルは前のウエーブの若者たちと判断。素早くウエットを脱ぎ、バイクコースに入って積極的にスピードアップ。バイクは20kmで昭和記念公園5kmコースを4周回。若干のアップダウンはあるが、基本平坦コース。いつも通り、漕ぎはじめの5kmは息苦しいが、ここでペースを落とすと、落としたペースでレースが展開されてしまうので、無理して37km/hをキープ。予想通り5km過ぎてからは、少しずつ体が楽になり、いい感じ。しかし、3周目後半になんと同じウエーブの選手にぶっちぎられる。ウエアは強豪チームTRION。残念ながら、ついていけるスピードではなく、この時点で優勝は絶望的に。それでもまだランは残っている。かすかな望みをかけて、最後まで全力で追いかける。

バイク:38分10秒(7位)/通過:47分08秒(4位)

たぶんバイクで抜かれた選手が、トップと想定し、ランで必死に追いかける。ランは5kmで3周回。周回ごとに位置が確認できる。バイクのはじめと同じように、ランもスタートはきつい。1周目の折り返し地点で先頭との差を確認すると、およそ1分程度。まだあきらめてはいけないと必死にスピードを上げる。しかし1周目終了、2周目の折り返し、2周目終了。残念ながら差はほとんどつまらない。で結局、ランスタート時の差は変わらないまま3周終了し、ゴール。レースを実況している方に名前を憶えていただいていて、「毎年上位入賞の奥山選手はこのウエーブ2位。トップとは1分半くらいの差でしょうか?」とのアナウンスあり、この時点で優勝はなし。

ラン:18分08秒(6位)

あとは、前の若者がどの程度前にいたのか?それは表彰式までのお楽しみ。で結果は

またしても表彰台に届かず。同じウエーブの先頭は総合2位。トップ6のタイムはこんな感じ。

1位:1時間04分04秒 2位:1時間04分28秒 3位:1時間04分42秒 

で私は4位:1時間05分16秒

5位:1時間06分49秒 6位:1時間07分05秒

トップとは約1分ちょっと。このコースでは久々の1時間5分台。 結構頑張りました。やはり同じウエーブの選手を追っかけたのが、良かったみたいです。

近くて遠い表彰台。とりあえずメダルはいただいたので、また来年表彰台目指して頑張ります。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第22回関東選手権トライアスロン大会

2017-06-04 20:25:34 | スポーツ

6月4日(日)。すでに真夏のような天気の中、10月に行われるトライアスロン日本選手権の予選も兼ねた第22回関東選手権トライアスロン大会が行われました。

毎年、参加する私のようなシニアのおじさんにとっては「大人の運動会」。絶対に完走して、同年代の皆さんと1年の労をねぎらいたいところでしたが、結果は

「バイク40km(6周回)の2周目最後で先頭にラップされDNF」でした。

1998年~2008年までの11回は、東京都選手権に出場。そしてトライアスロン競技が国体競技となった2009年~2017年までの9回は、登録を山梨県に移して関東選手権に出場。

計算してみると、30才から挑戦し、日本選手権出場を目指した戦いは今回切りの良い20回目。とはいえ、すでに49才になった今、現実的な目標は完走。スイム1.5kmの後のバイク40kmは6周回で、先頭に周回遅れするとその場で失格になります。

当日は、今までの関東選手権の中でも最悪なコンディション。風が強く、渡良瀬遊水地は海かと思うほどの荒波。試合前のバイク試走では、フロントのフォイルがガンガン振られ、DHポジションも困難な状況。2年前はじめて完走できなかった強風のコンディションよりも厳しく感じました。

でいつも通り、毎年お会いする40才オーバーの皆さんと健闘を誓い、12時半、80人の選手がスイムスタート。

スイムは、750mの往復コースを2周回。いつも通り大外からスタートするも、波の影響で右から左から選手とぶつかりまくり。1周目は終始ストレスを抱えながらいったん陸に上がると、例年通り後ろは、15人程度。一緒に泳いでいる集団は8人程度なので、このグループで上がれば、バイクは集団に乗っかって何とか完走圏内。想定通りの展開と思って、2周目終了。しかしトランジットへ駆け込む途中に応援してくれていた方から言われた一言。「先頭と6分半」

スイム:26分15秒(65位)

えー冗談でしょ?って思いながら、とにかく必死にバイクに飛び乗りスタート。「6周回」なので先頭から「5周」逃げないと完走できない。例年1周で1分縮められるので、5分以内にはとどめたかったが後の祭り。さらに強風の影響でバイクパックの集団がまったくできず、みんな一人ぼっちの単独走。1周終了時点で「先頭との差は8分15秒」。1周で2分弱縮められたってことは・・・・。

予想通り2周も逃げ切れず、先頭にラップされ終了。単独走の皆さんは、次から次につかまり、結局80人中40人がDNF。日本選手権よりも完走率が低い大会になりました。

今回は強風の影響でバイクの力のない人はことごとくラップされました。また参加者の半分近くが学生で、日本トップレベルの選手も参加。あの荒波でもスイム20分前後。上位選手の力が上がってきたことで、今後ますます完走が厳しくなります。

今回のレースは、悔いが残るところにもいかないほど完敗。来年は、たぶん、山梨県の福井国体の予選会にもなると思いますが、どうしようか?きりのいい50才の記念で参加するか?まー1年ゆっくり考えようと思います。ちなみにトライアスロンは引退しませんので、ご安心を!

さー次は近場の昭和記念スプリント。気持ち入れなおして頑張ります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本マスターズ水泳短水路大会

2017-05-04 15:57:22 | スポーツ

ゴールデンウイークの初日。恒例の日本マスターズ水泳短水路大会に行ってきました。いつも一緒に練習しているメンバーの都合が誰もつかなかったので、相模原までのんびり電車で一人旅。一人だったので、午前中で試合を切り上げるため、フリーは100mと25mの2種目エントリー。もちろんエリートスイマーがいっぱいいるので、表彰とかは意識することなく、しっかり申告タイム以内で泳ぐのが目標。そして結果は

100mフリー:1分6秒41 25mフリー:13秒46。

申告タイムは1分7秒と14秒だったので、目標クリヤ(笑)。

特に25mは若干フライング気味でスタートしたのもあってか、13秒5も切ってしまった。25mの競技前に、近くにお住いのスポーツアシストの山崎さんが応援に来てくれたおかげかも。

でも100mフリーはもう1回、1分5秒を切りたいな!日程が合えば、今シーズンもう1試合でようかな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスプレゼント

2016-12-25 20:22:01 | 日記

東日本マスターズロードレースの後は、クリスマスイブの準備がまっていました。

レース後、速攻で家に帰り、息子と娘のプレゼントを梱包。もちろんサンタさんを信じている二人のために念入りに。

少しでも安くプレゼントを購入するため、ネット注文した跡形はしっかり消去。

そして、夜二人が寝静まったあとに、小さなクリスマスツリーの横に並べる。

朝、先に起きた息子が「サンタさん、きたよ」と大騒ぎ。娘を起こして二人でまた大騒ぎ。

珍しくちゃんと着替えて、袋から取り出し。こんな感じに。

もう3年連続で仮面ライダーベルト。いつまで興味が続くか?別の意味で楽しみ。

翌日26日が誕生日の娘(姫)には、「大きなイチゴのおうち」人形つきセット。やっとほしいものが言える年(3歳)になって、姫のご希望のものを購入。

現在は、狭い家のリビングに作ってしまい、完全に設置完了。中には人形やおままごとセットが多数配置され、かたづけ不可能な状態です。

二人とも1年いろいろ頑張りました。私も楽しませていただきました。ありがとう!

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回東日本マスターズロードレース

2016-12-24 19:41:17 | スポーツ

クリスマスイブで忙しい中、第3回東日本マスターズロードレースに行ってきました。場所は昭和記念公園で距離はハーフマラソン。毎年恒例の来年2月5日別府大分毎日マラソンの練習の一環です。一昨年、昨年は運よく棚ぼたで年代別優勝(45~49才)。第1回目の記録が大会記録として残っていて、プログラムみたらこんな感じ。

前日に地元の水泳仲間と50m×108本(55本は55秒サークル、53本は50秒サークル)の煩悩スイムを行っていて疲れもMAX。とはいえ、大会記録保持者として頑張らねば・・・。

目標は一昨年、昨年のタイムなみの1時間22分台。しかし風が強くコンディションは最悪。アップダウンのある5kmの4周回+αのコースなので、最低ラインを4分/kmペースに設定し、スタート。

5km地点までは前の2人に引いてもらい、19分45秒とほぼ狙いどおり。しかし2周目に入ると前のペースがずるずると落ちてきて4分/kmペース超えたところで、単独走に。

ここからは目いっぱい風を受けるも踏ん張る。すると、後ろから1人追いついてきて、またコバンザメのように後ろに入る。10km地点までは安定したペースで進むも、同じように3周目に入るとまた前のペースがずるずると落ちてきて4分/kmペースを超えたところで、単独走に。

同じことの繰り返しでレース半分過ぎると、だいぶ体が動くようになってきて、ここからはずーっと単独走。しかし15km地点を過ぎると風の影響かなかなか前に進まなくなりペースダウン。ラスト1kmはもうダッシュして、ゴールは1時間24分22秒。測ったかのように4分/kmでフィニッシュしました。

で結果は45才~49才の部3位。3連覇ならず。

ラップはこんな感じ。

5km:19分45秒

10km:39分31秒(19分46秒)

15km:59分35秒(20分04秒)

20km:1時間20分08秒(20分33秒)

ゴール:1時間24分22秒

まだ調整段階なので、まー合格点。次は1月15日のフロストバイトハーフマラソン。20分は切っておきたいところです。正月休みははしっかり練習しないと。では。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加