のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

国連事務総長は、外務省から公表された安倍でんでんの理解を否定した

2017年06月02日 01時41分40秒 | 世界の中の日本
我が国では、

国連事務総長発言と安倍でんでんの表現の仕方が違っている

程度の伝え方しか出来ていないんじゃないか

(拙稿「伊藤和子さん / 「国連事務総長 vs 安倍首相 特別報告者・共謀罪について、食い違うプレスリリース」」*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/41e5ce0fd77f139eba73bdcafab90a52)。

事実は、

そんな生易しいものでなく、

事実上、国連事務総長は、

安倍でんでんの発表を否定している

(国連のプレリリースは、

とても異例だ。

そこのところを直視しなければならない。

すなわち、安倍でんでんが

国連事務総長のコメントを普通あり得ない形に曲解したのだ)。

なぜ、こんな行き違いが生じるのか――。

自称愛国主義者は、

他国と齟齬をきたす方が

日本が自立的な判断をしたと喝采されるという

妙な勘違いをしているせいと思うな。


〔資料〕

「国連事務総長発言巡って… 日本側 歪曲し発表」

   東京新聞(2017年5月31日)



(この東京新聞の記事、とても重要と思いますが、

読みにくいですね。

サイト「思索の日記 」に

拡大画像がアップされていたので紹介します。

こちらです。

☆ 記事URL:http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/1215d45b48928a884cf4c0e8230e41e7

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不本意ながら、映画「君のま... | トップ | 東京新聞「本音のコラム」:... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。