のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

民進党は、正直者の集まりだから、党首の裸を見たいという皆様の期待にお応えしますって、変質者振りは自民以上だぞ

2017年07月12日 10時51分40秒 | 日本文化論
盛田隆二@product1954 さんのツイート。

―― 「嘘をつき続けても安倍を守る自民党」
「嘘をつかず蓮舫の国籍問題にきちんと決着をつける正直な民進党」
 ↑
まさかとは思うが、民進党の一部に、こんな図式を打ち出すことで自民批判につながると考えているような愚かな勢力はいないだろうな。〔10:25 - 2017年7月12日 〕――
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【蓮舫問題】 ネトウヨを喜... | トップ | 原口一博は、愚か者の鏡だな »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
民進党の一部に (こころ)
2017-07-12 11:27:24
自民党に中途半端に手を貸しているも同前のものが、民進党の中に混じっているとみてます。これ等を排除しましょう。
小沢さんをよく思わない輩が特にそう思います。権力におもねる議員が。

小沢さんの掲げた国民の生活が第一を横取りしても平気な輩が。あ~恥ずかしい。

自民党は今や政党としての体は皆無ですが、民進党とて、大手を振って賛同出来ないのは土壇場で裏切るところ。
古くは仙谷由人。今いずこ。

党を作って貰って、それに乗っかって当選出来た議員。
良い議員の脚を引っ張っていますよね。

未来の党が支持率は相当あったのに。
自民党らに潰されたのです。(とある勢力の下)
今頃は、少なくともこんな汚れ捲った日本政治にはなってなかったはず。
タラレバですが。

小沢さんは、自由党だと当選出来ない畏れを危惧して、鈴木克昌議員など自由に解き放し、敢えて当時の民主党から立候補させたんです。

自由党は(元生活の党)は、ドンドン議員を減らされて行ってましたからね。不思議なほど。
思惑は透けて見えてました。

そして今の自由党は少数です。
少数が真っ当な政策ではないと=ではないのです。

とにかく、不正選挙を止めないと全く人気も人望も無い変な議員が当選と言う結果に。
それが今の自民党。
そしてその結果が今。
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ再分配・無添加ハムサンド)海)
2017-07-12 14:10:41
こころさまのコメントにもあるように、基本は国民の生活が第一でなくてはなりません。

また、自由党は少ないですが、森ゆうこ氏、山本太郎氏など、物凄く強烈です。お一人で数十人分の働きをされます。

コメントを投稿

日本文化論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。