のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

なぜ、突如、自衛隊違憲論が飛び出し、憲法の手当てをしようという話になったのか

2017年05月14日 07時26分02秒 | 憲法解釈論
キジトラニャンコ‏ @kijitora0510さんのツイート。

――報道特集、安倍首相のオフレコ発言「集団的自衛権を認めたら米国は憲法変えろと言わなくなってきて憲法を変える必要がなくなった。だから自衛隊を憲法で認めるくらいしておこう」という事らしい。日本国憲法が押し付けられたのではなく自衛隊を手足にするため改憲が押し付けられていたのが真相だ。〔19:31 - 2017年5月13日 〕—―






米軍が煩く言わなくなったから

憲法を変えなくてよくなったという発言、

嘘ではないにしろ、

それを自分に有利なカードとして出す卑怯さと米国次第という

無責任さを感じる。

しかも米国が昼寝している今、

でんでんは、

好き放題だとばかりに、

憲法を改編して歴史にその名を残す野望に取りつかれている。

見苦しい、

こんな愚かな政治家の実験に

付き合って

取り返しのつかない結果になったらどうするのだ

(多分、とても高い確率でそうなるだろう)。

でんでんには、

憲法を変える前に

違憲な日米地位協定に終止符を打つことを考えろと言いたい。


<追記>

佐藤こうへい‏ @kou_antiwarさんのツイート。

――安倍首相「採択されている多くの教科書で『自衛隊が違憲である』という記述がある」

文科省教科書課「違憲であると断定的に書いてある教科書はない」〔13:30 - 2017年5月13日 〕―—



2017年5月14日昼 記

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この国の経済を決めている恐... | トップ | 麻生太郎も政治資金を私的に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。