のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

安倍でんでんは、国民投票に積極的だ。負けるわけがないと考えているからだろうな。今度こそ、国民は、その自信の秘密を知ることになるか

2017年05月16日 11時03分06秒 | 世論調査
田崎 基(神奈川新聞 記者)‏ @tasaki_kanagawa さんのツイート。

――頭の中でどんどん進めているのか…。

首相、改憲の国民投票は国政選挙と同時実施 http://www.kanaloco.jp/article/251200 

「安倍晋三首相は憲法改正の是非を問う国民投票を国政選挙と同時実施する可能性に言及。改憲には「4年かかる」とも…」〔10:39 - 2017年5月16日〕—―

産経新聞は、

そんな首相を煽るような世論調査をしている、

共産党支持層の30%が安倍首相提言の「9条加憲」に賛成とか――。

☆ 記事URL:http://www.sankei.com/politics/photos/170515/plt1705150040-p1.html

しかし、実際、こんなあり得そうもない数値がかつて選挙の度に実証されてきた…

その経験を生かせるかって話だな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月15日(月)のつぶやき その2 | トップ | TBSニュース / 籠池氏が「... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
支持率貢献度 (こころ)
2017-05-16 13:20:51
特に、読売と産経は相変わらずこれでもか(これデマか)と盛りますね。

真の世論の声を訊けば、形勢不利である事は一目瞭然ですから、せめて同類メディア・子飼メディアを使い、必死に支持率偽装でもしなければ危ない(崖っぷち)と承知の上の頻繁調査ですね。(国民に支持されていると誰がみても思えば、一々な支持率調査なるものを頻繁にしなくても言い訳ですから。)

支持率があるよ~少し上がったよ~と擦り付けなければ立ち行かない政権という事の裏返しが読売と産経…他メディア。

そもそも2012年当初から支持率は無かったのを、今日まで青息吐息で無理矢理引っ張って居座ってきただけですから。

なので
安倍の国民投票の裏には、言わずもがなの不正でどうにでも出来るという、間違った自負があるからでしょう。
しかし、それは犯罪でしかない事をすっ飛ばしてのこと。
犯罪の意識が欠けている者が、総理でいる事は前代未聞ですが、米国が見切りを付けさえすれば、直ぐにでも終了する似非政権と安倍です。
パイプ役のCSISのめでたくもないシナリオの賜物。

国を甚だしく私物化し、国民の生命と財産を守るどころか、言論の自由さえ奪うような真逆に国民を貶める安倍は、国際裁判にかけられるほどの事をやってるのではないでしょうか。

海外から公に告発して頂く以外無いのでしょうか。
歯がゆいです。
支持率貢献度 (こころ) (忠太)
2017-05-16 13:55:00
「これでもか(これデマか)」に笑えました。こころさん、ジョーク言う人なんだ!

さて、安倍でんでんは、確実に選挙で不正しているでしょうね。しかし、あの楽観的な顔は、たとえそうだとしても異様です。よほどの大物から「大丈夫」と励まされているのか。それにしても、目つきとか変です。何だかサイコパスみたいです。その内、ネタが割れるでしょう。待てば、海路の日和ありです。その点に関しては、僕は、安倍でんでん以上に楽観的かもしれません。
忠太さま (こころ)
2017-05-16 15:06:50
下手なゴロあわせダジャレ恐縮です。笑。

そうですね。忠太さんが仰るように、楽観的に構える事も必要ですね。
努めてそうします。(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。