のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

公共放送BBCは、NHKとの番組交換を中止。同じ公共放送とは考えられないからだという <追記> 誤報だったようです

2017年05月18日 09時33分18秒 | マスコミ論
柴山哲也(ジャーナリスト)‏ @shibayama_tさんのツイート。

――公共放送BBCはNHKとの番組交換を中止したということです。同じ公共放送とは考えられないという理由です。NHKは公共放送の役割をすでに放棄したと考えれば期待感もなくなるのではないか。戦時の大本営と変わらない。 https://twitter.com/aiko33151709/status/864792496953479168 …〔6:38 - 2017年5月18日〕―—

リンクされた

ツイートは、

澤田愛子‏ @aiko33151709さん発信で

こんな内容だった。

――昨日は国会で共謀罪関連の参考人陳述があったが、NHKの中継なし。そして今日も共謀罪で国会審議が行われた。やはり中継はなかった。日本の社会を一変させ得る重大法案が審議されているのに、テレビは中継しない。国民を監視する抑圧法を隠したいのが政府だが、TVは何故そんな政府に協力するのか。〔19:39 - 2017年5月17日 〕—―

何が気に食わなかったのか

澤田さんは、

ブロックによりリンクを外していた。

期待してNHKを批判するのも、期待なく批判するのも

自由と思うけど…

そういう自由を許す余裕がないんだろうかな。

「NHKを批判する」

という一点において仲間でいたらいいのにな

と思った。


<追記>

NHK広報局@NHK_PR さんのツイート。

――ツイッター上に「公共放送BBCは、NHKとの番組交換を中止したということです。同じ公共放送とは考えられないと言う理由です」という書き込みがありました。BBCとの“番組交換”はもともと行っていません。番組の共同制作や相互購入、またニュース映像の交換など良好な関係を継続しています。〔13:12 - 2017年5月19日〕―—

誤報だったようですな。

お騒がせして申し訳ありませんでした。

2017年5月19日夕方 記



<追記ー2>

NHKとBBCの関係について、

柴山哲也(ジャーナリスト)@shibayama_tさんが

次のように弁明。

――この話はBBCの大物のプロデューサーとドキュメンタリーの仕事をした知人から聞いた。海を撮影するとき日本のテレビは人を海岸に立たせ回想するようなシーンをよく使う。そういう情緒的手法はBBCではやらない。思想の違いでBBCは同じ公共放送NHKでも、番組交換(売買)をやめるだろう。〔21:20 - 2017年5月19日〕―—

話に伝言ゲーム的な行き違いが生じてますね

(最初のツイートでは、「BBcは、NHKとの番組交換をやめた」なのに、

このツイートでは「やめるだろう」になっている)。

そういう曖昧なところを消去して考えると、 

上掲ツイートでは、

「情緒的手法はBBCではやらない」ということが

事実らしいってことですね。

NHKが「“番組交換”はもともとやっていない」と

公式発表してます。

恐らくそれが事実でしょう。

したがって、

番組交換(売買)している前提で

「やめるだろう」

というのは、

誤報ということになるんじゃないでしょうか。

2017年5月19日深夜 記



<追記ー3>

お爺さんがBBCの決断の話を信じ込まれたようですな。

兵頭正俊@hyodo_masatoshiさんが

こんなツイート。

――英国の公共放送BBCが、犬HKとの番組交換を中止した。これから異様な日本メディアの正体が、どんどん世界に認知されていくだろう。番組交換を中止したBBCの理由は、犬HKが 同じ公共放送とは考えられないということだ。 / “共謀罪・…”〔11:42 - 2017年5月20日 〕―—

2017年5月20日夜 記


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月17日(水)のつぶやき その2 | トップ | 安倍首相 / 「私はジャパン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。