空色レールウェイ

空は続く、どこまでも

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久し振りの投稿は大相撲

2014年07月25日 | 徒然なる
いやーブログを更新するの1年振り以上かー・・・長かったなー
ツイッターのが楽チンだったり、パソコンの前に座る時間が減ったりと色々理由はありますが・・・
久し振りに自分のブログを見て、広告が出ていたので更新してみました。

大相撲名古屋場所、熱いですね!
地元の遠藤がいまいち調子が上がってきませんでしたが、優勝争いが混沌としてきました。

横綱・白鵬が今日敗れて2敗目。
これで2敗力士が、白鵬、琴奨菊、高安と3力士。
3敗力士にも優勝の可能性が出てきましたし、明日からの取り組みが楽しみですね!

これくらいの量なら、ブログ更新できるかな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年、始まっちゃってます。

2013年01月08日 | 徒然なる
気付けば2013年も8日が経過していました
今年も「空色レールウェイ」を宜しくお願いします
と言っても更新が滞っていましたが・・・

昨年は色々とありましたが、今年も色々ありそうです・・・
今見えている事だけでも少しゲンナリしています・・・まー気持ちで負けてはいけませんね

そうしたこともあり、すっかりご無沙汰になっておりました
改めて思うのですが、ブログを書くことはその当時の気持ちや記憶を焼き付けておけることになると
ツイッターもやっていますが、こっちはどんどんどんどん過去に流れていってる気がします
どちらも良し悪しなんでしょうが、ブログはブログで楽しいです
タイミングを見ながら少しずつ更新していければ・・・と思っています

と言う訳で、今年も宜しくお願いします
皆さんにとって、素晴らしい年になりますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう、キャプテン

2012年10月20日 | 福岡ソフトバンクホークス

Canon PowerShot S80 1/200 F5.3

2012年の福岡ソフトバンクホークス、レギュラーシーズンを3位で終えました
そして、クライマックス・シリーズ・・・まずは宿敵・ライオンズを撃破
しかし残念ながらファイターズに敗れ、今シーズンは終了しました

選手や監督・コーチ、裏方の皆さん、本当にお疲れ様でした
まずは怪我などを治し、疲れを取って、来年また挑戦ですね 楽しみにしています

今シーズンが終了したことは同時に、小久保裕紀選手の現役生活が終わったことになります・・・
トップの写真は2009年6月16日に石川県立野球場で開催された、ホークス対ドラゴンズの試合前です
ちなみにこの試合に勝利し、ホークスは交流戦2連覇を達成 その瞬間に立ち会うことができました
小久保選手はいつも試合前に、こうしてラインに足をそろえて立ち、素振りを繰り返しています
他にグラウンドにいるのはこの時は川崎選手のみ。今はどうなんだろう
とにかくこのルーティンが純粋に格好良かったんですよね

王監督に厳しくも温かい指導を受け、ホークスの4番に成長
あのとんでもなく広い福岡ドームで、綺麗な放物線のホームランを量産し本塁打王を獲得、打点王も獲得します
さらにチームを引っ張り、絶妙なタイミングで投手に声をかけるなどキャプテンシーを発揮
一時ジャイアンツに移籍するも、2007年からホークスに復帰し、2011・12年の連覇に貢献してくれました

ホークスで1番好きな選手だったので、ただただ寂しいです。
色々書きたいことがあるけれど、上手く言葉にできない感じですね
ミスター・ホークス 小久保裕紀選手、19年間本当にお疲れ様でした。ありがとうございました
あの美しい放物線のホームランを忘れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夜の踊り子」 サカナクション

2012年08月30日 | 音楽


サカナクション7枚目のシングル「夜の踊り子」が8月29日に発売されました
この曲は2012年度モード学園のCM曲として使われていた為、早くから注目されていましたよね
6月のZEEPツアーでは東京公演のみ披露されたそうで、自分の参戦してきた大阪では披露してくれませんでした・・・
そういう意味でもかなり焦らされましたよ・・・なので待ちに待った感がハンパなかったです

CMで聴いていたサビ以外の部分は、正直イメージとは違っていました けれど何だろう違和感ないです
相変わらずサビに持っていく、上げていく感じが最高ですよね そして中毒性がメチャクチャ高いです
歌詞がまた凄い・・・特にCM部分なんかは、学生が将来を考えるに相応しい仕上がり
モード学園のCM曲であるということにちゃんと真摯に向き合っていますよね
ドラマ主題歌「僕と花」も挿入されるタイミングも計算していましたし、SMAPに提供した「MOMENT」も素晴らしい歌詞
この与えられたテーマに真摯に向き合うのが、サカナクションの信頼できるところだと思います

公開されたMUSIC VIDEOもサカナらしさ全開でした
一郎さんのこの和装と化粧はYMOの坂本龍一氏を彷彿とさせますよね
先日USTREAMで発売記念の放送があり、このMUSIC VIDEOの裏話や振り付けの話などを聴けて、改めて感動しました
ほんとチームサカナクションは良いチームですし、良い仕事しますよね
8月31日のミュージックステーションのパフォーマンスも楽しみです 前回のバッハの時も凄かったですし

サカナクションというサカナは、知ってる人だけがその素晴らしさを知る深海魚のイメージなんですが、
今年はドラマ主題歌、オリンピックテーマ曲提供、CM曲提供と、ほんと浅瀬に来てその姿を見せてくれています。
普段浅瀬の同じ様なさかなばかり目にしている人にとって、このサカナはどんな風に映るんでしょうか。
驚いたり戸惑ったりする人の顔を見て、サカナはニヤリと笑ってそうですね

アルバムはまだまだ出ないと一郎さんが話していたので、暫くは「夜の踊り子」で夜踊りたいと思います
皆さんも是非
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のアレコレ

2012年07月27日 | 徒然なる
毎日暑いですね~・・・だけど夏もまだまだ始まったばかり・・・
夏と言えば、いよいよロンドン五輪が始まります 先駆けて行われたサッカーのグループ予選は、男女とも初戦を勝利
男子サッカーはあのEURO2012を制した「無敵艦隊」スペインのU-23代表を破る大金星
これは本当に幸先が良いですね これからの戦いにも期待です

個人的に最近は・・・まったりと過ごしていますね
真夏の野外フェス「SUMMER SONIC 2012」に参戦が決定しているので、その準備に勤しんでいます
着ていく物や持って行く物、履き物などを選んだり買ったりしています
いかんせん野外フェスへは初参戦なので、どんなバッグで行ったら良いのか・・・などなど悩みは尽きません
とりあえず、体力勝負と言うことでちょっとずつウォーキングやジョギングを始めています

こないだ始まった7月が、もう終わりかけ・・・
一日をまったり過ごしたり、無駄に過ごさないように頑張ったり、まー片意地張らずにやりましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ夏か?!今年もくるか?!

2012年07月17日 | 徒然なる
7月も半ば過ぎ・・・月日の流れは本当に早いですね・・・
ブログを更新せず何をしていたかと言うと・・・毎日必死に生きていた以外にはありません
ツイッターではちょこちょこ呟いているんですが、家でPCの前に向かうことがやはり減りました・・・
恐るべしiPhone(を言い訳)

皆さん如何お過ごしですか?
夏本番を前に夏バテしそうな今日この頃ですね
まだまだ暑さに体が慣れていないこの時期が、1番危ないしキツイですからね
少しずつ体を動かそうと、ウォーキングを始めています

6月にサカナクションのライブ、先日くるりのライブに行き、来月はサマーソニック初参戦
これから体力勝負・・・頑張らないと

皆さんも熱中症にはお気をつけて
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ガックリ、ぎっくり、以来

2012年05月02日 | 徒然なる
どうも皆さんお久し振りです

ぎっくり腰を患ってからというものの、パソコンに向き合う時間がめっきりと減りまして・・・
腰の具合は良くなっていますし、石膏で型を取ったオーダーメイド・コルセットのお陰で再発もありません
これからまたボチボチ書いていこうと思いますので、また宜しくお願いします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガックリ、ぎっくり

2012年02月23日 | 徒然なる
昨日、仕事中に人生初のぎっくり腰に・・・
接骨院に行って、安静にしてるようにと言われました・・・
デスクに座れる訳もなく、横になりながらiPhoneからの投稿です

こんなキツイんですね、ぎっくり腰って・・・
まぁ考えようによっては、寝てるだけで治るんだ!と前向きに考えてます
ここで、しっかり治そうっと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台「90ミニッツ」

2012年02月17日 | お出かけ


先月の26日に、金沢歌劇座で舞台「90ミニッツ」を鑑賞してきました
この舞台は作・演出が三谷幸喜さん、出演が西村雅彦さんと近藤芳正さんの2人芝居です
この組み合わせは、傑作「笑いの大学」と同じというこで、金沢公演のチケットを全力で取りにいきましたよ
もう本当に夢にまで見た舞台ですからね・・・チケットが取れた時はめちゃめちゃ嬉しかったですよ
ただ・・・当日は空席があったんですよね・・・これを観ないでどうすんだろう・・・もったいない

感想などはここから ネタバレを含んでいますのでご注意を


【あらすじ】
ある病院に、交通事故で重症を負った9歳の子供が運ばれてくる・・・
緊急手術の準備が進められている中、子供の父親(近藤芳正)が病院にやってきます。
父親は住んでいる土地の風習から子供への輸血を拒否・・・輸血を要する手術にも承諾しません・・・
整形外科の責任者である副部長(西村雅彦)は父親を説得し手術の同意を得ようとする・・・
しかし、父親は頑として手術を拒否・・・90分以内に手術をしないと子供の命が危ない・・・
お互いの生き方や価値観で戦う2人・・・90分後に待つ結果とは・・・

デスクにイスのみというシンプルな舞台で、2人のシリアスな演技が繰り広げられました
序盤は手術を拒否する父親に、論理で対抗する医者という少しコミカルな場面が続きました
しかし逐一、デスクの上の電話に手術室から子供の状態が伝えられます・・・なくなる時間・・・すれ違う論理・・・
とてもシリアスで、しかも攻守がいったりきたり・・・惹き付けられましたね
お互いの立場や価値観を譲らないまま、時間が無くなっていきます・・・

この「時間」という概念を表す演出がありました
舞台の中央に、天井から一筋の水が流れているんですよね・・・ずーーっと
まるで砂時計のように、刻一刻となくなっていく時間を表現しているんだと思います
さらにもうひとつ、手術台で手術を待つ子供から流れていく「血」や「命」みたいなものも表現していました
一旦、その水の流れが止まる場面がありましたし・・・会場はシーンとしていました
ただ、三谷幸喜脚本で「子供の命が助からない」という結末は絶対ないという自信はありました
それでも、かかってきた電話のベルが鳴るたびに、胸がザワつきましたけどね

近藤芳正さん演じる男が、手術を依頼し「お願いします」と頭を下げる姿は、「笑いの大学」の椿一のようで感動
理論派でギリギリまで冷静に振舞い、最後に自分の心境を吐露する西村雅彦さん演じる男も好感が持てました
最後の結末は、近藤芳正さん演じる男の訴えをどう捉えるかによるかもしれないですね
でもああいう展開では、あの結末しかないんでしょうね

昨年は、三谷幸喜生誕50周年という事で数々の作品が公開されました
ステキな金縛り」や数々の番組宣伝、ドラマの再放送などを観る機会が多々ありましたが、
やっぱり三谷幸喜さんは「劇作家」なんだなとこの舞台を観て思いました
難しいく重たいテーマでしたけど、笑い所もしっかりあって、ほんと参りましたって感じでした
この舞台を観ることができて、本当に幸せでした

DVDが出たら、即買いです 出ますよね 今から楽しみに待っています
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「宇宙人ポール」

2012年02月15日 | 映画


「宇宙人ポール」を観てきました
以下、ネタバレが含まれていますのでご注意を

【あらすじ】
SFオタクのイギリス人青年・クライブとグレアムは、念願だったアメリカのコミケに参加。
その後、アメリカのUFOスポットを巡る旅を満喫していると、ポールと名乗る宇宙人と遭遇する・・・
ポールを故郷に返すべく2人は悪戦苦闘する・・・果たしてポールと彼らの運命は・・・

グレッグ・モットーラ 監督作品

映画「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で一躍有名になった、サイモン・ペッグとニック・フロスト
彼らが主演と脚本を務めたSFコメディーが、今作「宇宙人ポール」です
最初にこのタイトルとストーリーを見た時は、何て言うかB級臭しかしなかったのですが、観て良かった
その日、金沢は大雪 そんな中この映画を観る為だけに車で外出した甲斐がありましたよ

昨年も異性人の出てくるSF作品を何本か観ました
「SUPER 8」や「世界侵略:ロサンゼルス決戦」や「カウボーイ&エイリアン」ですね
そのどれもが地球人に敵対心がありましたし、何かを目的持ち攻撃的でした
ですが、今作の宇宙人ポールは違います ここまでユーモア溢れる宇宙人って初めてかもしれません

登場も好感の持てるあっさり感でした 全身出っ放しです
さっき挙げた去年観た作品では、もうとにかく焦らすだけ焦らすんですよね・・・
まぁ逆に出したら終わりな所がありますけど、今作のキモはそこじゃないですからね 出てからが勝負
ここまで明るい昼間から堂々と全身が出てるってのも初めてですよね

そんな初めてづくしの今作、とっても見応えがありました
ポールとの出会いや、目的とその経緯も説得力がありましたし、ポールの超能力も受け入れられました
多分それらは、ポールの「人柄」の良さに尽きるかもしれません
さっきも書きましたけど、破天荒でフランク 下ネタ大好きで口の悪い、正に「ちょい悪宇宙人」
(宇宙)人情味溢れるとてもいいヤツなんですよね よく笑わせてもらいました

宇宙人と競演?しているサイモン・ペッグとニック・フロストがまた良い味を出してました
サイモン・ペッグは「MI:4」に比べ、ふっくらしてますけどキャタ作りなんでしょうか
カメオ出演がまた豪華で、あのスティーヴン・スピルバーグ が声で出演しています
さらに、ポールを捕獲しようとする「対宇宙人のプロ」にシガニー・ウィーバー 何だろうこの納得感
確かにエイリアン・シリーズで戦いまくってますからね こういうのって良いですよね

伏線の回収もしっかりしていましたし、ラストも好きでしたし いやー参りました
自分の中で宇宙人の出てくるSF作品で1番好きかもしれません 皆さんも是非

最後に、予告編を貼り付けておきます!良かったらどうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加