松風Ⅱ

茅ケ崎の風日記Part2

暇つぶし

2018-02-10 06:54:15 | 雑感
まったく近頃の天の神の悪さは度が過ぎる!
片や1500台もの車が立ち往生
閉じ込められて亡くなる人も出るような雪を降らせたと思えば
もう片方ではカラカラの晴天続き
おまけに湿度は20%を切るありさま

雪の日の翌日、


乾燥のためにわたしの目はドライアイが進むばかり
先日、20年物加湿器を処分してしまったので
今は3枚もの大型バスタオルを湿らせてカーテンレールに掛けている
暇つぶしにありあわせのペーパーを使って
簡単加湿器を作ってみた
何となく味気ないので100均の造花を挿す
室内湿度は目標の40%まで上がった
これがとても具合よく自画自賛
高い加湿器を買うこともなく
こんなもので目が楽になれば一石二鳥か



パソコン禁止令が出ている今はテレビ新聞も制限して
専らラジオDVDでニュース音楽物語などを聴いているが
ラジオは結構面白いと思うようになった
そうは云うものの
調子がよければパソコンを開きたくもなろうというもの

手始めに今年の手製カレンダ-をデスクトップの背景にした
これも気にいった
そして久しぶりのブログ更新を試みるが
やはり目は疲れちらちらしてくる


コメント欄はしばらくの間、閉じたいと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防寒対策

2018-02-01 04:39:01 | 雑感
温かいことは解っているのですが

毛糸で編んだ帽子は好きではありません

好きではないというより嫌なのです

若い時は多すぎて始末に困るほどの髪の毛も

高齢になるにしたがって頼りな気なものになり

帽子を被ろうものなら

せっかくブローした髪もぺったんこ

何とか寒さ対策はしなければと思いついたのは

「君の名は」の真知子巻ストール

ゆるく巻けば髪型も崩れず

温かさも保たれます

この映画は見ていないのですが

当時の町中は、猫も杓子も真知子巻スタイルであふれました


同じころ、オードリーヘップバーンがスカーフを

きれいに使っていたことがありました

私はヘップバーンが好きで

スカーフ巻をした記憶がありますが

今は毛糸のストールを真知子巻ならぬ

ぐるぐる巻きで寒さを凌ぎます



さしずめ私の真知子まきスタイルはこんなものでしょう


猫ちゃんも真知子まき?


     (写真はすべてネットから拝借しました)

      ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

眼科医からパソコン中止を申し渡されています
それも辛いことでゆるゆるの更新と
皆さまをお訪ねするのも遅くなると思いますがご容赦ください

1月31日の皆既月食
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

4年ぶりの雪

2018-01-25 08:09:31 | 雑感
雪景色を見たのは4年前のこと
豪雪地帯からは笑われそうな数センチの積雪を懐かしく思うのは
故郷の雪を思うからかもしれない
子どものころは30センチは当たり前、
通学路は雪に埋まり長靴の中は雪で濡れ
冷たさに泣きべそをかく妹の手を引いて歩いた
今も昔も大人は雪かきに汗している





見慣れない雪の夜景は美しい



      ♡ ♡ ♡ ♡ ♡


ずっと不調だったパソコンがとうとう手に負えなくなって
頼りにしている助っ人さんにSOSを出しました
ようやく回復して
さて、これから落ち着いてブログ更新をと思う間もなく
今度はパソコン持ち主が風邪をひきました
子どものころからの私の特効薬”たまご酒”も
今回はまるで効かず38度の発熱
これはいけない
インフルエンザだったらまずい
診てもらわなければと気だるい体を押して
恐る恐る診療を受けました
幸いインフルエンザはパスしましたが
お歳ですからねと薬だけはたっぷりいただきました

風邪も収まってやれやれと思っていると
次は極端なドライアイによる傷で悩まされています
乾燥期は特にひどくなるようです
「しばらくパソコンから離れましょう」のご宣託

今年は私の干支
そういえば干支年は厄年と聞いたような覚えがあります
昔の老人たちの愚痴
「歳はとりたくないもの」を実感します
神も仏も金次第
元日の初詣も少ないお賽銭にはご加護はなさそうです


たまご酒は甘くて美味しいです



コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

日の名残り

2018-01-13 09:08:53 | 映画
カズオ・イシグロ原作の映画
一日限りの上映会はいつになく長い行列が出来ている
作者がノーベル文学賞受賞者だからか


画面を見ているうちにはてな?
どこかで見た覚えがある
それもそのはず、数年前に見た映画だった
ストーリーもキャストも何もかも忘れていた

女中頭への淡い想いを捨て
愚直なまでに名門に使える男の
再会を果たし雨の中の別れのラストシーンは
哀しみを誘う
モノクロを思わせるイギリス映画は何処までも静寂に描かれる




コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

野菜が高くて財布の紐は締まる

2018-01-09 18:29:06 | 雑感
野菜が高値になって
無性にホウレンソウのおひたしが食べたくなりました
行きつけの無人販売所へ出かけて見ると
通常の半分ぐらいの大きさのホウレンソウが並んでいました
こちらもご多分に漏れず全て値上げされています
一握りぐらいの小さな束が一把130円
一把では茹でたら一口で終わりそう
でもオカカをたっぷり乗せたおひたしが食べたい
思い切って二把選んで小銭入れにチャリーン、チャリーン
このところの悪天候でホウレンソウだけでなく
野菜全般の生育が悪いと農家さんは嘆いています
折角買い物カートを引っ張って行ったのに
今日は買いたいものはなし

その足でスーパーへ廻りました
ふと目についたインスタントコーヒー、
あれ?、よくよく見ると容量が減っています
最初は250グラム入りが230グラムになったまでは知っていましたが
今度は200グラムになっています
値段は据え置き

次は野菜ジュース
900m入りのボトルが小さくなっています
こちらも容量は720mになって
値段は同じく据え置き

ホウレンソウはとみると一把300円、、、、
無人販売所と量的には大して変わらないけれど
あちらの方が新鮮な分だけ安いかなと納得させました
ラジオ深夜便の本を一冊買って
暮れから冷凍してある野菜類を片付けなければならない
ブロッコリー大根もホウレンソウもキノコも
肉類も魚も冷凍してある
結局買い物カートは邪魔になっただけ
まあ、散歩と思えばちょうどいい距離かと
帰ってからの昼食は早速のおひたしと
暮れからの冷蔵庫の残り物整理でポトフ風
あゝ、満腹満腹  ”腹の皮が張ると目の皮が弛む”


コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

百四歳の年賀状

2018-01-06 17:48:52 | 無題
百四歳の女性は
亡き夫が母とも慕ったお方
書を嗜んで95年余
ご家族の見守りの中
今も日に一度は筆を取り
静かな余生を送っています
全て自筆で今なお数十枚書かれているようです




実は私、
ある方に言われて気がついたのですが
いつの間にやら七回目の歳女(歳婆)とやらになりました
これを機に今年から年賀状を欠礼することにしましたが
100歳を幾つも越した人生の大先輩からの年賀状に
私などが”歳をとったからごめんなさい”では申し訳ないことと
下手な自筆で一枚だけ新年のご挨拶を書きました
尊敬する方の一人であり
ここまで矍鑠としていることに感嘆しますが、
私には真似も見習うことも出来ないこと
今年もマイペースで生きることになりそうです

       ❀ ❀ ❀ ❀ ❀

 友人が写真を送ってくれました
鎌倉円覚寺の白梅がほころび始めたようです
元旦にはまだ蕾が硬かったのですが





昔、母が歌いながら草を刻んでいたことを
思い出しました
ブログ検索でヒットしましたので追加アップしました

『七草なずな 唐土の鳥が 日本の国へ 渡らぬ先に ストトントン』



コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

2018年 春

2018-01-02 16:06:36 | 鎌倉
明けましておめでとうございます
穏やかな新春を迎えました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

富士山は新春を寿ぐかのように凛々しい姿を現しました


河津サクラでしょうか
近くの公園に開き始めました


             ❍❍❍❍❍

元旦の初詣は北鎌倉へ

早い時間の円覚寺は大変静かであります


浄智寺の蝋梅


東慶寺の十月桜
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

年の暮れ

2017-12-29 22:03:15 | 言葉
年の瀬だというのに
突然パソコンが開かなくなったのです
わがままパソコンは
寒いので動くのが嫌になったのかも知れません
さて困った、どうしようかと悩んで
スタートボタンから拾い出してあちこち触っていると
あら、ふしぎ!治ったのですよ
正月休みでみてくれる人もなく
何とか使えればこれ以上無闇な弄り回しは
止めることにしました

これで今年最後の更新とします
気まぐれブログ更新にお付き合いくださいまして
ありがとうございました
来年もどうぞよろしくお願い致します
皆さまよいお年をお迎えください



  
   
   神奈川新聞 『ことばの四季』より










我家のお正月は三が日が過ぎてからになりますから
ゆっくり箱根駅伝の旗振りに出かけようと思っています




コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

江戸の笑い話を読む講座

2017-12-27 17:19:15 | 講座
暮れの忙しい中、
今年最後の市文化講座に参加しました


以前にも聞いたことがある講師は
中高校の愉快な現役教師
落語好きで学生時代は落研で芸を磨いたとか
驚いたことは
お馴染み「饅頭怖い」などが
明末時代の随筆とのこと(1779年)
江戸落語の多くが中国伝来と聞き
”へえ~、そうなの?”
講義の中ほど聴講生が飽きた頃を見て
講師自ら「まんじゅうこわい」を一席
年の暮れにゆったりとした講座を受けました

うきうきと帰る途中、ヒメリンゴの花を見つけました




夜、近くの友人から”千両”が届き
久しぶりに気分良い日を過ごしました


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイブの日はよく働いて

2017-12-24 21:36:36 | 雑感


古い家具の廃棄と新しい家具の設置でボランテイアセンターへ
依頼していた
初老の男性二人が来てくれた
「これ捨てるんですか」
「はい狭い部屋に邪魔になるので処分します」
「もったいないなあ」と云いながら
大型ごみ所定の場所へ運んでくれた
聞くところによると使える物は
リサイクルセンターで修理して安価で
市民に還元されるという
私が支払う利用料金は二人分600円
高いという人もいるけれど女一人の力で
どうにもならないことを
手助けしてもらえるのは本当にありがたい
これからはますますお願いすることになっていくと思う

一時間ほどで終わったので
厚手のカーテンの洗濯にかかる
その間、台所の換気扇フィルターの掃除をした
序に網戸は先日済ませたばかりなのに
結構汚れている
もう2,3日延ばそうか
でも気が向いた時にやっておかなければ
年越してしまいそうと頑張って
午前中は終わり

午後から無人販売所の野菜を買い出しに行く
スーパーの高値の野菜に手が出ない
ホウレンソウ一把300円 大根一本200円
ブロコリー250円
呆れるのはサラダ菜の高値
出回っていた頃19円だった物が今や199円
サラダ菜を食べなければ死ぬということもなかろう
安くなったら買えばいいこと

無人販売所はこの貧乏人にはありがたい存在だ
安売り八百屋などものの比ではない
大根100円食べ切れない大根は冷凍室へ
かぶも赤カブも100円新鮮な葉っぱは漬物や炒め物に
枯れた葉以外は捨てるところはない
ホウレンソウ、ブロッコリーなどは冷凍食品で間に合わせる
後は野菜ジュースで何とか栄養を補うこと

先日漬けた赤カブがきれいなピンクにに染まった


家事が終わりお茶飲みながら見た空は
沈みかける夕日が輝いていて明日も晴れが続きそうだ


コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加