松風Ⅱ

茅ケ崎の風日記Part2

買ってしまった

2017-02-17 10:12:27 | 雑感


きつドライアイの上、老眼が進み更に乱視というガチャ目の持ち主は

最近細かな文字が見え難くなってきた

メガネレンズを変えるために眼鏡店で検査しても前回と同じ

レンズの度を上げるとますます見難くなるということなので

そのまま使うことにする

眼科でも眼鏡店でも細かな手仕事は勿論パソコン、携帯なども

出来るだけ使わないようにと言われるが

生活している以上はそうもいかない

パソコンはなくてもいいじゃないかと言う人も居るが

今や私には必需品、止めるわけにはいかない


市から偶に届く書類はどうして文字が小さいのか

高齢者社会の今 

大切な書類のフォントは

読みやすく大きくしてもらいたいとつくづく思う

家電などの取説に至っては拡大鏡を持っても

読めないことがある



頻繁に入るコマーシャルでおなじみの

拡大鏡メガネを思いついた

高い値段に二の足を踏んでいたが

その気になって即買いに出かけた

試着してみると当然ながら大きく見える

商売言葉に乗ってしまった

使い勝手はしばらく時間がかかることだろう


     * * * * *


2月15日海は大変穏やかでありました
 






コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ更新が出来なかった日は

2017-02-13 11:43:01 | 日記
寒い朝のこと
姿は見えずどこで鳴くのか解りませんが
妙な鳥の鳴声がします
耳を澄ますとそれは確かにウグイスの声
寒さに耐えて鳴く声は覚束なく聞きなれた
「ホー、ホケキョ」とはほど遠い鳴声です

さて、しばらくブログ更新を休みましたが
パソコンの修理がようやく終わりました
突然、うんともすんとも言わなくなった W7
ぼつぼつ買い替え時かなと思ってはいますが
もうしばらく様子見とします
休んでいる間、怠けもの私ではありますが
何もせずごろごろしていたわけではありません
結構忙しかったのですよ


先ず2月4日
市民大学最後の講習会
難しい話ながら
何かしら私の脳に刺激を与えてくれたことは確か、
でもこの”もの忘れ”を解決するには至らなかった


2月5日
市福祉課主催の映画を見た(無料)
一般上映中に、評判だけは聞いていたが
前日の講習会で脳の緻密な仕組みと働きを聞いてきたばかりで
ますます脳の不思議を思わずにはいられない
人間の頭の中は一体どうなっているの?
  「博士の愛した数式」


2月7日
昨暮れにご主人を見送って落ち込んでいる友人から
誘いの連絡が入った
電車を乗り継ぎ2時間ほどの家で手作りの食事に
箸をつけながら淋しい話を聞く
それにしてもよくあれだけの食卓を用意したものと
舌を巻いた

2月9日
800人大合唱
会場の市文化会館が改装工事に入るために
今年の合唱は最後になった
出ない声を張り上げる
私はやっぱり人中は苦手と云いながらも
1年半の休みは寂しさを感じる


2月12日
連れ合いの祥月命日
珍しく息子一家と一緒のお墓参りになった
季節柄、毎年の命日は天気に恵まれたことがなかったのに
今年はどうしたことか風もなく快晴で
至極気持ちのいいお墓参りになった
お墓掃除に行くと大抵バッタかチョウが出迎えてくれるが
何故か今回はリスが2匹現れた
昼食をとって解散、若い人たちの休日は忙しい
私はただ疲れた

            *******

2月12日 朝6時45分
富士山の麓に沈みかける月


大山辺り、山肌中央に一直線に引かれた珍しい雲が現れました
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

辛い現実です

2017-02-02 11:23:26 | 高齢
信号が青に変わったので横断道路を渡り始めると
反対側から手押し車を押す老婦人に呼び止められた
「奥さん、これどうしたらいいのでしょう?」
葉書の裏側を見せながら差し出した
細かな字がびっしりと書かれている
”お手紙ですね
あそこにポストがありますよ、
信号が変わりますから車に気を付けていらっしゃい”

老女は不安そうな顏で立ち止まったまま
信号は変わっても
道の真ん中に立ち止まる老女に車は動けない
これはまずい、
私はポスト前まで手を引いて渡った
「お願いです、ポストに入れてくださいませんか」
受け取った葉書の表には宛先も差出人も書かれていない
”お家に戻って宛先を書いて来られた方がいいですよ”
「これでは駄目ですか?」
”そうですね、どなたに届けるのか配達人さんにわからないでしょう
お家は何処ですか”
私は老女を家まで送って行こうと覚悟を決めたが
返事はどうもはっきりしない
困った、最悪の時は交番へと考えていると
近くに住むという女性が声をかけて来てくれた 

言葉使いは丁寧、こざっぱりとした身なりで
外見はごく普通の高齢者に見える
聞けば昼間デイサービスに通うご主人と二人暮らしという
それ以上の事情は聞いてどうなるものでない
私自身が危なくなってきたのだから



















コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

脳が心配になって

2017-01-29 07:59:15 | 講座


最近、
あまりにも物覚えが悪く
もの忘れ頻度は増すばかりで
高齢期症状だろうとは思っているのですが
もしかしたら何か脳に疾患(ボ❍)がきたのではと
少々不安になることもあります

そんな時、
市民による市民のための
≪市民大学講座≫が開かれたのです
「脳と こころと カラダ」 無料 先着順
   レポート提出なし テストなし 
もしかしたらもの忘れの原因を聞くことが
出来るかも知れない
これは参加するいいチャンスと申し込みました
応募者が多く大抵はハズレるのですが
今回は幸いに大当たりです

初回、
司会進行係の話しでは
聴講者の中には医師など医療関係者も参加してるとか
これは私の来る場所ではなかったと後悔しながら
次回からは欠席を覚悟で聞くことにしました
見るからに真面目で科学者然とした講師は
時に専門用語も混じえて
静かに噛み砕くような話し方に一安心
脳の仕組みが半分解ったような
解らないような、、、でも退屈はしません
来週もまた参加しようと思えたのです

第2回
脳とこころ
夢を見ること 
色の不思議 何故美しいと思うのか  
喜怒哀楽の感情
目の錯覚等、、、
 興味ある講義は時間を忘れます
”第3回脳とからだ”が待たれます


民家の屋根はカモメのフンだらけ
屋根掃除が大変でしょう






コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

講座 「文化に触れる」 

2017-01-24 06:38:43 | 言葉
「江戸のユーモア・パロディ―を楽しむ」
こんな面白そうな市主催の講座に参加しました

むかし、男、ありけり、、、、、伊勢物語
をかし、男、ありけり、、、、、仁勢物語



「伊勢物語」は高校生だった頃、
かなり眠い授業を受けた記憶があり
一昨年は公民館講座で「伊勢物語」を再び聞く機会がありました
高校生の時より興味深く理解出来たのですが
学校でも公民館でも「仁勢物語」には触れられませんでした
今回、仁勢物語は伊勢物語をもじったパロディの
仮名草子であると初めて知りました

時々テレビなどで見る「判じ絵」から始まり
伊勢物語から仁勢物語への講義はなかなか面白いもので
江戸時代の人々の暮らしの一部を垣間見る思いです
講師のお人柄から話しは面白く、得意の眠気も起きません

前日、別の講座で聞いた真面目な話で
すっかり硬くなった頭は多少柔らいだかと思えます
















コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ネットスーパー

2017-01-19 10:36:26 | 雑感
徒歩5分足らずの所にショッピングモールが出来ます

買い馴れたスーパーがそこへ移転することになり
その準備のために今月末で閉店のチラシが入りました

3月上旬まで一カ月余りは不便になりそうですが
驚きもせず 
たかだか一人口のこと
なんと云うこともないのです
どうせ四六時中閑をしている人間ですから
少し離れた〇〇―プまで散歩がてら歩けばいいこと
ただ、〇〇―プは生ものがいまいちなのですよ
魚好きには物足りない
やっぱり馴れた所がいいですね


登録したままになっているネットスーパーを
この際、利用してみようかと考えました
今までは品物を選べないという不安が
二の足を踏ませていました
動ける内は使うまいと思っていましたが
やがて外出不自由になる時に備えて
試してみるいい機会になるかもしれない
しかし、
生鮮食料品はやっぱりこの目で見て
買いたいものですね


冷たい風の中に花は咲きます






コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

買い出し

2017-01-16 06:10:31 | 食べる
冷蔵庫の中が空っぽになった。
嫌でも買い出しにいかなければならない
肉魚などの生ものはスーパーで
野菜は無人販売所と八百屋さんへと歩き回る
最後はコンビニのモヤシを買うことを忘れずに
ついでに一口チョコもヨーグルトもと
あれもこれも籠に入る。

コンビニの片隅に積まれたお米があった
まあ~、300g入りが198円だって
これはよさそう、
2合を5~6食分、
1食40円ほどになる

通常は2キロを買っているお米を
食べ終わるのがいつになるのか解らない私には
好都合かも知れない
珍しもの好きは即3個も買った
早速夕食に菜飯を作って見ると
ふっくらと美味しい 
よかった、衝動買いにはならなかった。





       * * * * *


何本買ってもなくなってしまう「新聞クリップ」を
ようやく買った
書店で230円以上だったのが
100均にもあったらしい
早く教えてくれればいいのに
目を通すだけの新聞もこれで散らばらずに済む


コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

百三歳と早咲き桜

2017-01-12 07:32:19 | 
寒さが厳しくなってIさんはどうされているのかと案じていました
かくしゃくとされていても高齢には勝てないこと、
今年の年賀状はいただけないだろうと諦めていました

ところが
サクラの初開花を見た日、届いたのです
百三歳を迎え、今なお年賀状は自筆とか
尊敬出来る方の一人で今は娘さん一家と
長年嗜んでいる書道を続けながら余生を送っているそうです

百三歳の書、鳥の絵以外は自筆です
娘さんの添え書きは
「百三歳を迎えた母がなんとか元気でいてくれることは素直にありがたいと思います」


             

桜が咲いた
日当たりのよい場所に一輪だけ咲きました
早咲き桜の種類も多く名前は解りません
それにしても何と早いこと
うれしい一日でした






コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

寒川神社のねぶた

2017-01-11 07:24:49 | 日記


10日朝、澄みきった富士山に見惚れている時
不意に思いついたのは
”そうだ寒川神社へ行こう”
10年来見続けている「寒川神社のねぶた」
去年は引っ越しの後片付けで行きそびれてしまったのです

9時前なのでまだ空いていることと思ったのに
寒いという天気予報はハズレ
穏やかな日和に境内は結構な人出
突然声をかけてきたご婦人は
池袋から6時台の湘南新宿ラインに乗ってきたといいます
思いつきで行動する私と気が合ったのか
境内はずっと一緒、
あちら様もどうやら一人者らしいのですが
お互い聞きもせず聞かれもせず
他愛ない話をしながら境内を一巡り

干支のねぶたが続き一回りしたところで
その後は古事記を題材に作られています
今年は「稲羽の素菟」
見た限りではよく解りませんでした
作られたねぶたは 
はるばる青森から運ばれ神門を飾ります








途中、農家の庭に毎年楽しませてもらう紅梅が今年も咲きました

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

二年目も咲いた

2017-01-08 07:37:41 | 


昨年、花が終わって友人に預けてあったシクラメンが
暮れに戻ってきた
2年目なのにどうしたらこんなにきれいに再生するのか
サボテンを枯らすという鉢植え物失格者の私を見兼ねて
Aさんは持ち帰り丹精してくれていた
預けた方はすっかり忘れていたことだった



その時一緒に持ってきてくれたのは
これもまたAさん宅の2年目のヒヤシンス
なかなか色が付かず心配していたが
ここにきてようやく咲き始めた
Aさんは薄桃色と云っていたのに紫色だ

       ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「NHKみんなの体操」

(写真はネットから拝借しました)

昨夜で我が家の正月も終わった
暮れからずっとさぼっていた「みんなの体操」
七草の日から始めた
10日ほど間が空いただけなのに
体中の関節が油切れのようにぎしぎしするも
ふらつきもなく5分間は終わった
この調子でいけば元に戻るのも早いかもしれない
さすが80代(悲笑)

何をやっても長続きしないのにこの体操だけは
平成11年以来よく続いているものだと我ながら驚く
後どのくらい続くのか
先細りになるのは確実だが
出来るところまでやってみよう

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加