神幸記 ~西野神社神職のみこしブログ~

神輿渡御奉仕記録 & 神輿関係・神社関係情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成20年 西野神社神輿渡御(後編)

2008年09月14日 | 西野神社 例祭神輿渡御
以下、前編の続きです。

下の写真は、平和第二会館に着く直前の様子と、同会館に着いた時の様子です。ここからは、宮入りまで後もう少しです。
2枚目の写真は、お稚児さん達に囲まれて大人気の御獅子です(今年の御獅子は、新川皇大神社の新皇会の方が奉仕して下さいました)。
3枚目の写真は本神輿と猿田彦奉仕者で、4枚目の写真は同会館前で斎行された御旅所祭にて巫女さん二人が豊栄舞を奉納している様子です。

 

 

以下の写真は、神幸行列に参列・奉仕した全員が、徒歩にて神社まで参進している様子です。
神社(宮入り)近くになると、それまで各車両に乗って巡行していた宮司・巫女、伶人(楽の演奏者)達、総代さん達、各町内会長さん達、お稚児さ達んは、全員トラックを降りて神社まで歩きます。

 

 

 

 

宮入りする直前の御神輿です。
3枚目の写真は、宮出しの時からずっとトラックの荷台に固定されて神幸していた本神輿で、神社前に着くとトラックから降ろされ、境内では人に担がれて神輿殿前へと移動します。

 

 

以下の写真はいずれも担ぎ神輿が宮入りをしている様子です。
大多数の日本人が思い描く「これぞいかにも日本のお祭り」というイメージを象徴するような勇壮且つ壮麗な光景が、午後4時過ぎ頃に拝殿前にて展開されました。

 

 

 

 

 

以下の写真は、宮入りの後、当社境内(土俵周辺)にて開かれた直会の様子です。
わざわざ当社まで奉仕に来て下さった他会の皆様方、どうもありがとうございました!
また、今日の渡御や直会のためにいろいろと準備をして下さった神力会の皆様方、どうもありがとうございました!

 

西野神社の大神様の御加護の下、本年の渡御も滞る事なく無事に終了致しました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成20年 西野神社神輿渡御(... | トップ | 平成20年 西野神社 子供神輿渡御 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL