神幸記 ~西野神社神職のみこしブログ~

神輿渡御奉仕記録 & 神輿関係・神社関係情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成20年 西野神社神輿渡御(前編)

2008年09月14日 | 西野神社 例祭神輿渡御
西野神社例祭日の今日、午前7時50分から社殿にて例祭が執り行われ、例祭終了後、直ちに渡御の準備が進められ、ほぼ定刻通り午前9時頃に、本神輿(京神輿)と担ぎ神輿(江戸神輿)の二基の御神輿を中心とした神幸行列が、当社を出発致しました(子供神輿の宮出しは午後1時半です)。

なお、例年、本神輿には宮司が、担ぎ神輿には松澤権禰宜もしくは私のどちらかが付いて渡御をしているのですが、昨年は私が担ぎ神輿に付いたため、今年は松澤権禰宜が担ぎ神輿に付いて御神輿と一緒に各地域を周る事になり、私は、御神輿が神社に還ってくる午後4時過ぎ頃まで神社で留守番をさせて頂きました(そのため今回の渡御の様子を写した写真の大半は、私以外の人達が撮影し、提供して下さったものです)。

以下の写真4枚は、いずれも担ぎ神輿が神社を出御する直前の様子で、1枚目の写真は、宮出しに先立って松澤権禰宜が担ぎ神輿と、その御神輿を担ぐ担ぎ手の皆さん方をお祓いしている様子です。
2枚目の写真は、神力会の佐藤会長(黒い半纏を着ている人)が宮出しの合図をしている所(拍子木を叩いている所)で、この直後、担ぎ神輿は担ぎ手の皆さん方に担がれて神社を出発しました。

 

 

以下の写真は、担ぎ神輿が神社を出る所(これから鳥居をくぐって境外に出る所)と、神社を出た所(鳥居前の石段を下り切って車道に出た所)です。
これから御神輿は、夕方まで当社氏子区域を巡行します。

 

以下の写真はいずれも、神社を出てから、先ず最初に立ち寄る御旅所である「敬老園」という老人ホームに向っている途中で撮られたものです。
1枚目の写真は本神輿で、この御神輿は宮入りする時まで人が担ぐ事はなく、ずっとトラックの荷台に載せられた状態で神幸します(この荷台に本神輿と一緒に乗っているのは猿田彦奉仕者です)。
4枚目の写真はお稚児さんの乗ったトラックで、お稚児さんのトラックは全部で4台出ました。

 

 

 



以下の写真は御旅所で神事を行なっている様子で、1・2枚目は敬老園で、3・4枚目は「ラッキー」というスーパーで御旅所祭(駐輿祭)を斎行している所、5枚目はラッキーを出発する所です。

 

 



以下の写真は、今年の渡御で初めて立ち寄った、株式会社クリーンリバーさん(今年当社に神輿殿を御奉納して下さった会社です)の本社社屋前で、1・2枚目の写真に写っている方々はクリーンリバーの役員さん達です。

 



以下の写真は、神幸行列奉仕者の皆さん方がお昼の休憩をとる西野福祉会館に到着する直後と、会館に到着して休憩をしている様子と、休憩を終えて会館を出発する所をそれぞれ写したものです。
5枚目の写真で、先頭で担ぎ神輿を担いでいる、白い半纏を着ている方は、日頃何かとお世話になる機会の多い新川皇大神社の宮司さんです。今日は当社の御神輿を担いだ後、夕方から石狩市内の神社にも御神輿を担ぎに行くそうです。

 

 



以下の写真は、西野福祉会館から福井方面に向っている最中に撮った写真です。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ明日、御神輿が出渡... | トップ | 平成20年 西野神社神輿渡御(... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL