西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

GODZILLA ゴジラ  監督/ギャレス・エドワーズ

2014年07月27日 18時38分23秒 | 西京極シネマ
【出演】
 アーロン・テイラー=ジョンソン
 渡辺 謙
 エリザベス・オルセン
 ブライアン・クランストン

【ストーリー】
1999年、日本。原子力発電所で働くジョーは、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラを亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォードは、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。

【西京極の評価】
ゴジラ生誕60周年となる2014年の今、ゴジラが観られただけで満点評価!スクリーンに初めてゴジラが現れ、咆哮を上げるシーンでは本当に身ぶるいしました。曰く「水爆実験に対する批判精神がない」だの「ゴジラの出番が短過ぎる」だの、世間では賛否両論ある様ですが…ゴジラファンにとってみれば、そんなのは些細な事です。ゴジラという存在そのものが脅威であり、その存在感を再現出来ていれば満足です。監督のギャレスは、間違いなく日本の特撮映画に対してリスペクトしてくれているので、そこも日本のファンとして嬉しかった。欲を言うとラストのスタッフクレジットで伊福部ゴジラのテーマをワンフレーズだけでも流して欲しかった…けど、それも許す!今回は2D字幕で観たので、もう一回3D吹替えで観ようと思います。

※今回の評価はフィルターがかかってますが、そこはご容赦あれ(^^)

【総合評価】 ☆☆☆☆☆(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像/特撮 ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/26 第23節 アビスパ福岡... | トップ | 若さに走り負け… »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴジラ。 (しげもり)
2014-07-28 08:33:28
西京極紫さん、こんにちは。

私もゴジラ、期待していきました。
ゴジラは、日本人の文化ですよね。
ハリウッドで、再リメイクは誇りです。

ゴジラが颯爽と現れて、敵を退治して、颯爽と帰っていった・・・。ゴジラ、かっこいい!

好評で続編の噂もあるんですね。
ガメラ (たまちゃん)
2014-07-28 13:12:49
西京極紫さん初めまして、最新ゴジラ大変高く評価してらっしゃるようですが、このゴジラだめですよ、興行成績NO1だろうが世界が絶賛しようが、少なくともゴジラファンは、こんなゴジラ望んでないと思いますよ、ゴジラファンの為のマニアックなゴジラと言う事でははなく、第1作品を踏まえた内容にしてほしいと言う事です、最強最悪なゴジラであってヒーローゴジラは要らないんです、故円谷英二監督も好きでヒーローにしていったんではなくそういう時代だったんですから、だからなおさらゴジラを知らない世代に恐怖なゴジラを継承していかなければ行けないんです、最後にゴジラ続編決定と言うことで、キングギドラ、モスラ、ラドン登場、キングギドラを倒してラストは、ゴジラが海に帰りゴジラありがとうですか? 【終】







コメントありがとうございます (西京極 紫)
2014-07-28 23:47:10
しげもり様>
ゴジラは日本の文化…ご尤も。
それをどうハリウッドが料理してくるか、そこが注目でしたが、
思いの外無難にまとめてきたなというのが僕の感想です。
やはり海外ではゴジラは「力」の象徴なのでしょうね。
強かったし、デカかった。

ギャレス監督のコメントでは、続編ではキングギドラとラドンとモスラを出すそうなので「三大怪獣地球最大の決戦」のリブートでしょうか?
いずれにしても楽しみです。

たまちゃん様>
はじめまして。
今回の設定については賛否両論あるとは思いますが、
そこまで全否定されるのであれば、少々反論させてもらいます。
一応僕も四十数年ゴジラファンですから。

僕もゴジラが正義の味方、人間の味方という扱われ方は好きではありません。
僕の中でゴジラは“怒れる神”であるべきで、人間はその怒れる神の前ではただただ無力である事を思い知らせる…そうでなければならないと思っています。
その意味では今回のゴジラはその役割を果たしているし、それだけの怖さを表現していたと思っています。(そう感じるかどうかは個人差はあるでしょうが…)
もちろんツッコミどころはありますが、個人的には満足しています。

そんな考えのゴジラファンがいてもいいのではないでしょうか?
TBありがとうございます (淀の刺客)
2014-07-30 07:52:37
西京極紫さん、はじめまして。
TBありがとうございました。

今作のハリウッド版ゴジラは良かったです。

色々なゴジラファンがいるので否定的な意見もありますし、
そういったファンの人々を完全否定する事もしませんが、
ゴジラ映画に対して「意味」を追求しすぎのような気がします。

正直ゴジラ映画の中で、
「何を訴えかけているか」という風に考えさせるような作品は、
僕が感じた中では「初代」と「対ヘドロ」ぐらいなもの。
後は娯楽作品としてのゴジラです。

そのほとんどの作品が大衆娯楽だったゴジラが全世界に受けたわけですから、
何も考えずに、今作も娯楽作品として見るのが1番だと思うのです。

前作ハリウッド版のように、
「ゴジラ」そのものに手を加えすぎてしまうのではなく、
あくまで現在の撮影手法でゴジラを作ったら、こうなりました。
という風に。

まぁ、監督が初代の1954年度版を意識して作ったと、
語っていたので、そういう「意味」を追求した方にとっては、
残念に思うのも分かりますが。

次作も決定したようですし、
今度は『三大怪獣 地球最大の決戦』を
現在の時代背景や撮影手法ですると、こうなります。
みたいな感じで良いと思います。

東宝が作らないのであれば、
ゴジラファンは、ハリウッド版に期待するしかなく、
その期待に応えてくれるであろう力を感じた、
今作だったと思います。

西京極紫さんは否定されるかもしれませんが、
個人的にはスーパーX(Ⅱも好き)が大好きなので、
今作では邪魔以外の何物でもなかった人類側もガンバレ。(笑)
淀の刺客サマへ (西京極 紫)
2014-07-30 21:52:40
はじめまして、西京極です。
なにやら物騒なハンドルネームですね~(笑)

淀の刺客さんも、僕と同じく今回の『GODZILLA』肯定派ですか。
今だからこそ反核・反原発と結び付けたい気持ちも解りますが、
原爆投下終戦の傷まだ癒えぬ54年当時の日本とは違いますから、
たぶんそれをアメリカ資本の映画で訴えかけられても僕らには響かない気がします。
「お前らに何が解る」とか
「お前らに云われと~ないわ」とか云いそうです(苦笑)

おっしゃるように今の日本のCG技術では
なかなかこのクオリティは再現出来ないでしょう。
白組・山崎貴監督くらいがやっと対抗出来るのでは…と。

それからスーパーX、否定なんてしませんよ。
僕はスーパーXIIの方が好きですけどね。
今作ではリアル軍隊VSゴジラでしたけど、
次回作ではメ―サー戦車とか海底軍艦とか
センス・オブ・ワンダーな兵器を登場させてもらいたいです!
TBありがとうございます (shinob_2005)
2014-08-04 21:12:07
再度のトラックバックありがとうございました。
今回の『GODZILLA』はなかなか良かったです。時代が違うとは言え、ストーリーにしろスケールにしろ、日本の1984年版『ゴジラ』がちゃちく思われるほど。東宝もガンバってほしいところ。
ところで京都サンガは今7位ですか。いずれJ1に昇格して、我らがエスパルスと再び戦えますよう。(とは言えエスパが降格する可能性も、無きにしもあらず…)
shinob_2005様へ (西京極 紫)
2014-08-05 00:45:19
1984年版の『ゴジラ』、警備員の武田鉄也が腰抜かしながらゴジラに「でっかい図体してエラそうにしてんじゃないよ!このバカチンが!」と悪態つく、アレですよね?(かなりいい加減な記憶ですw)
あの時のゴジラは三白眼でかなり悪そうな顔つきでしたけどね。
あの時も原発の放射能をすべてゴジラが吸収したので、
全然怖くなかった。
それに比べたら今回の『GODZILLA』の方がテーマあると思います。
東宝特撮陣、もっと頑張れ!

話は変わってJリーグの話題。
エスパルスもゴドビ解任、大榎監督就任でどうですか?
やはり生え抜き監督だと応援する方も気持ち入りますよね?
サンガも早くJ1復帰したいのですが…J2は甘くないっす。
エスパルスも絶対落ちちゃダメですよ。
ホント、大変っすから…
ゴジラ復活 (iina)
2014-08-08 08:14:48
>ゴジラが観られただけで満点評価!
 まぁ、そんなイメージでした。

さいきん、ガザやウクライナが爆撃されて噴煙を上げる様は、ゴジラのような怪獣が暴れまわっているように見れます。

iinaさんへ (西京極 紫)
2014-08-08 23:56:45
コメントありがとうございます。

>さいきん、ガザやウクライナが爆撃されて噴煙を上げる様は、ゴジラのような怪獣が暴れまわっているように見れます。

確かにあの街の破壊されっぷりといったら、
怪獣の仕業と見紛いますね。
普通に怖い…

それに比べると、僕はゴジラを怖いと思った事は
子供時代も含めてなかったな、と。

最初に観たのがリバイバルの『モスラ対ゴジラ』で、
怪獣よりも、後半に佐原健二と田島義文が殴り合いのケンカになって
佐原健二が鼻血を出していたのが怖かった…(笑)

怖い怪獣っていったらゴジラより
大魔神とギャオスとかギロンですね。

そういう意味では今回の『GODZILLA』は
圧倒的な大きさで“怖っ!”と思いました。
こんばんは (楽母)
2014-08-16 20:39:17
TBありがとうございました。
賛否いろいろあるのかもしれませんが、私はとても
楽しめました。
次回作も期待しています!
楽母サマへ (西京極 紫)
2014-08-16 23:53:18
こちらこそ、コメントありがとうございます。

次回作、どうやら2018年6月らしいです。
まだかなり先ですね。
期待して待ちましょう!
トラックバックありがとございました。 (池窪弘務)
2014-08-19 07:45:44
トラックバックありがとございました。
私もゴジラに再会出来てとても楽しかったですよ。
池窪弘務サマへ (西京極 紫)
2014-08-20 00:35:34
こちらこそ、コメントありがとうございました。

「ゴジラFINAL WARS」より10年ぶり、
フルCGゴジラが登場した「続・三丁目の夕日」からも7年ぶりですから、
ゴジラが大スクリーンで観られただけで満足です。
造形的にも僕個人としては満足しています。
きっとブルーレイ出たら買っちゃうんだろうなぁ…(苦笑)
TBありがとうございます (かず4)
2014-08-30 01:34:50
TBありがとうございました。
ジャパンプレミアでゴジラ初登場シーンでゴジラファンから歓声と拍手が沸き起こっていました。そしてゴジラファンと思われる方々がたくさんいらしていて、(賛否両論はあるとはいえ)一定日本のゴジラファンにも受け入れられたのだと感じました。監督も制作側も、制作される時代も違うのでオリジナルファン全ての期待に沿う作品ではなかったかもしれませんが、彼らのリスペクトは十分感じられる作品でしたよね。次回作も謙さん出演されたら見ようと思います。
かず4サンへ (西京極 紫)
2014-08-30 23:43:04
こちらこそ、コメントありがとうございました。

かず4サンは、渡辺謙さんのファンなんですね。

渡辺謙さんが演じた芹沢博士は、昔、平田昭彦さんが演じた芹沢博士というより、志村喬さんが演じた山根博士に近かったですね。
ゴジラに対する考え方からして。

色んな意味で東宝のゴジラシリーズのエッセンスがそこここに散りばめられていました。
僕は2D字幕と3D吹替えの2回観ちゃいました(^^)

次回作にも謙さん出ますかね~?
TBありがとうございます。 (ねす)
2014-09-26 13:04:45
たくさんのコメントを見ると賛否両論ですが、それだけ多くの人に熱く語られるゴジラという存在は、日本の誇りですね。
先頭のコメントの方が日本の文化、と書かれていましたがまったく同感です。
続編も製作されるそうですが、自分としては日本オリジナルのほうにも頑張ってほしいと願ってます。
東宝はもう続編は製作しないんでしょうかね?
海外でこれだけのド迫力ゴジラを作られたら、やっぱし対抗せにゃならんだろ~って思ってしまいます(笑)
ねすサマへ (西京極 紫)
2014-09-27 00:02:07
コメントありがとうございます。

ほんと、この映画にはたくさんの方からコメント頂きました。
それだけ注目されているってことですね。

“ゴジラは日本の文化”、その通りだと思います。
その日本の文化を外国人の視点で表現してみる、
これも一興だと思いますし、そこにリスペクトがあれば
受け入れられると思います。
今作にはそのリスペクトを感じました。

さて翻って東宝が新作ゴジラを作れるのか…
正直ここまでのクオリティを見せられると、厳しいかな、と。
それでもやってくれるなら絶対観に行きますけどね、僕は!
どうもありがとうございました (会長)
2016-05-24 19:30:19
トラックバックどうもありがとうございました。

わたしのくだらない感想文をご覧下さり大変恐縮です...汗
会長サマへ (西京極 紫)
2016-05-24 21:08:14
こちらこそコメントありがとうございます。

>わたしのくだらない感想文をご覧下さり大変恐縮です...汗

とんでもないです!
僕の様なゴジラ好きにとってはゴジラの新作映画が観られるってだけで幸せです。
今年は庵野秀明監督の「シン・ゴジラ」楽しみにしています!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

67 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
GODZILLA ゴジラ (Akira's VOICE)
ガメラ好きとして満足です!(え?  
GODZILLA ゴジラ(2014) (佐藤秀の徒然幻視録)
これは詐欺、もうハリウッドはゴジラ作らんでいい 公式サイト。原題:Godzilla。ギャレス・エドワーズ監督。アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリ ...
『ゴジラ/GODZILLA』 2014年7月10日 東京国際フォーラムAホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゴジラ/GODZILLA』 をジャパンプレミアで観賞しました。 東京国際フォーラムの試写会は気持ちが高ぶるのもあるけど 落ち着かない...途中退出者や途中携帯見たりするのがいるから。 人数が多いからそういうのが居る可能性が高くなるよね 本日の登壇は、渡辺謙、波留、...
GODZILLA ゴジラ (2014) 123分 (極私的映画論+α)
   やはり「GOD」ZILLAでした(笑)
GODZILLA ゴジラ (いやいやえん)
原爆と核実験の象徴から、善悪を超越した存在として描かれている、ゴジラ。ただの大怪獣でもない。 前情報がでてから、ゴジラのビジュアルと設定がとかく気にかかっていました。前作・ハリウッド版の「GODZILLA」は、単なる怪獣映画と化してしまっていたので。日本人...
GODZILLA / GODZILLA (勝手に映画評)
1954年の日本映画『ゴジラ』のリメイク。 う~ん、これは何とも・・・。間違いなく、ゴジラ映画です。かつて、1998年に、マシュー・ブロデリックとジャン・レノの出演により作成された『GODZILLA ゴジラ』は、“ゴジラ”と言うよりも、巨大なトカゲと言って良いような姿...
GODZILLA ゴジラ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・....
GODZILLA ゴジラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11)(14) 字幕版は前半の数箇所で、変な日本語に思いっきり白けた^^;
GODZILLA ゴジラ (ひびレビ)
「GODZILLA ゴジラ」(2D、字幕版)を観賞してきました。 2014年、軍で爆発物処理担当に当たっていたフォード・ブロディは、父であるジョーが日本で捕まったとの連絡を受ける。1999年、ジョーが日本の原子力発電所で働いていた時、謎の揺れと崩壊事故により妻を亡くして...
『GODZILLA ゴジラ』 (2014) (相木悟の映画評)
神々しき新生ゴジラの咆哮を見届けよ! まさに夏休みの娯楽!色々と口を挟みたいこともあるが、ひとまず最強に面白い怪獣映画であった。 日本が世界に誇るスーパースター、ゴジラ。誕生から60年、シリーズ28作という長い歴史を紡ぎ、核兵器、戦争、自然災害、はた....
『GODZILLA』 (時間の無駄と言わないで)
話が最高に盛り上がったところで、焦らしに焦らしてゴジラの全身初登場からの咆哮。 この流れは余りに最高過ぎて目頭が熱くなった。 そこまでだけでもチケット代の元は取れた気が ...
「GODZILLA」人類破壊兵器の脅威の前に現れた人類が作り上げたゴジラという怪獣 (オールマイティにコメンテート)
「GODZILLA」は日本版ゴジラをハリウッド版として制作された作品で、放射能を持つゴジラと放射能を餌とする怪獣が人類を巻き込んで戦いストーリーである。人類はこういう怪獣に対し ...
『GODZILLA』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
日米合作で「ゴジラ」の3D映画の企画が持ち上がってると聞いたのはいつ頃だっただろうか。『ゴジラ対ヘドラ』をベースにした一種のリメイク・ストーリーということもあって期待度は低く、そもそも実現性も高くないだろうと静観を決め込んでいたが、その企画が廻りまわっ...
GODZILLA ゴジラ(2014) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GODZILLA】 2014/07/25公開 アメリカ 123分監督:ギャレス・エドワーズ出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、CJ・アダムズ、カーソン・ボルデ、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・...
GODZILLA  ゴジラ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
日本人の記憶にあるゴジラの面影を残しつつ最新技術で映像化した姿は、迫力満点だった。もう大満足の展開だった。自然界の頂点にたつ存在ゴジラは、人間が太刀打ちできない。大自然の脅威をゴジラが再現してくれているようで、人間のちっぽけな存在に恐れおののく想いがし...
「GODZILLA ゴジラ」:かっけー! でっけー! (大江戸時夫の東京温度)
映画『GODZILLA ゴジラ』を3D字幕版で観ました。3Dを意識した絵作りをし
[『ゴジラ(2014)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは王道のゴジラです!  面白いです。  全くのけれん味なく、気負いもなく、堂々と世界ナンバー1のモンスターを撮りあげております。  まさか、ゴジラの「敵怪獣」が出てくるとは、本当に考えもしなかった。  この作品の、まさに特筆は、つがいでゴジ...
[映画『ゴジラ(2014)』二観目] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・我慢できなくて、また観た。  うん、やっぱ、面白い^^v  批判している方もいるが、「うは、そんな観点で見たら、物語と言うもの自体を否定していることになるじゃん。なんで、リアルな物語の致命的な矛盾については許して、エンターテイメントの荒唐無稽さ...
GODZILLA ゴジラ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 ゴジラVSムートーの戦いに時々人間が絡
映画「GODZILLA ゴジラ」(3D・吹替)感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ゴジラ、ちょっと見ない間に太った?w 1998年のローランド・エメリッヒ版の時はちょろちょろヒョロヒョロとトカゲ丸出しだったのに。今度はアメリカ滞在中にジャンクフードでも食べ過ぎたのか、かなりのメタボになって登場。浦沢直樹の日本版のポスターに比べると...
映画「GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 1999年、科学者・芹沢博士(渡辺謙)らはフィリピンの鉱山で謎...
ゴジラ(2014) (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、2D、吹き替え  時間の都合で吹き替えで観てきました。  98年のハリウッド版「GODZILLA」通称エメリッヒ版とは違い、今回のゴジラは恐竜の亜種ではありません。重大なネタバレですが言います。  今回のゴジラ、  アザラシです!!!...
GODZILLA ゴジラ(2014) IMAX-3D/アーロン・テイラー=ジョンソン (カノンな日々)
日本が世界に誇る怪獣映画『ゴジラ』のハリウッドによる再リメイク作品です。ローランド・エメリッヒ監督が手がけた1998年の『GODZILLA』があまりに酷い出来で失望させらましたが、今 ...
「GODZILLA ゴジラ」(1回目) (或る日の出来事)
あまりのカッコよさに泣いた!
GODZILLA ゴジラ 続編制作正式決定 (n-zenの葉酸ってなに)
ハリウッド版『GODZILLA』にモスラ、ラドン、キングギドラ登場!続編制作が正式決定!【コミコン2014】 私だ [シネマトゥデイ映画ニュース] ハリウッドで製作された、 日本を代表する特撮映画の最新作『GODZILLA ゴジラ』の続編制作が現地時間26日、 米サンディエゴで開...
GODZILLA ゴジラ (花ごよみ)
  日本が作り出した怪獣『ゴジラ』を、 ハリウッドで映画化。 監督はギャレス・エドワーズ。 出演はアーロン・テイラー=ジョンソン、 ブライアン・クランストン、 渡辺謙も参加。 渡辺謙はゴジラ』の魂を知る 科学者を演じます。 今から15年前、 日本の原子力発電...
『GODZILLA ゴジラ』をトーホーシネマス六本木6で観てあれあれピンと来ないよふじき★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
こんなんネタバレなしではよう語れん。 という事でこの後、バリバリネタバレします。 五つ星評価で【★★特撮は良い。話は適当】   だが、この特撮は割と見る所があるのに話 ...
『GODZILLA ゴジラ』もう一言(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
書き忘れです。 ・今回のゴジラの脚はサリーちゃん足だ。 ・そう言えば前回のゴジラは脚長だった。  脚長だと逃げ脚も速いからダメなのか。 ・じゃあ、次はもっと足がない蛇み ...
タイトルデザイン_44. PROLOGUE FILMS(Kyle Cooper)『GODZILLA ゴジラ』ギャレス・エドワーズ監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『GODZILLA ゴジラ』監督 : ギャレス・エドワーズアーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙エリザベス・オルセンブライアン・クランストン、ジュリエット・ビノシュ、他
GODZILLA ゴジラ (あーうぃ だにぇっと)
GODZILLA ゴジラ@東京国際フォーラム
映画:ゴジラ Godzilla ホノルル、ラスベガス他を破壊し尽くす原子力パワー... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本から輸出企画の最新版。 ちなみにITC(NYの渋い映画専門館)では、オリジナル版1954 を上映中だった。 言うまでもない、原子力生まれの怪獣ゴジラ。 そして過去にないデカいサイズ。ハンパない。 海に背ビレだけが出し、周りの駆逐艦をビビらせながら進むサマが....
GODZILLA ゴジラ 3D (そーれりぽーと)
『ゴジラ』60周年にハリウッドによる二度目の映画化。 今度はマトモなのを作ってくれたの?『GODZILLA ゴジラ』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ★5つ振り切る勢いの、大・満・足! いかにもオリジナルを理解した人が作った、オリジナルの精神をバンバン感じるモ...
GODZILLA ゴジラ/GODZILLA(2D字幕) (我想一個人映画美的女人blog)
1954年。日本の「ゴジラ」誕生からちょうど60年。 そのキャラクターに基づいた2014年版アメリカ制作のSF怪獣映画であり、「ゴジラシリーズ」のリブート。 アメリカ資本で『ゴジラ』が製作されるのは「GODZILLA」(1998年)以来2作目。 このローランド・エメリッヒ....
『GODZILLA ゴジラ (2014)』はゴジラシリーズの集合体。 (デタうま)
皆様、いかがお過ごしでしょうか。 宝塚記念後、ブログ更新をお休みしていましたが、 僕は(マズマズ)元気です。 夏の間は、本当に自信のあるレースに厳選して競馬をしているので、 ハンデ戦の多い重賞レースは、あまり買う気がしないので、 連れてブログ更新もお休み....
GODZILLA ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって面白かった。
「GODZILLA ゴジラ(2014)」 ゴジラっていうよりガメラな感じ (はらやんの映画徒然草)
海外で「ゴジラ」が映画化されるのは、ローランド・エメリヒッヒが監督した1998年
映画『GODZILLAゴジラ』★vs●●!?核々シカジカ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161570/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     水爆実験の申し子のようなゴジラを、最初は、人の手で葬っていたものが やはり、大きな者は大きな者に任せよう、というスタ...
『GODZILLA (2014)』(3D)ネタバレ注意 (まっきいのつれづれあれこれ)
あの水爆実験は、実は彼を倒すためだった… 日本では彼を「GODZILLA」と呼ぶ
GODZILLA ゴジラ ジャパンプレミア (風に吹かれて)
ゴジラの咆哮で拍手が 公式サイト http://www.godzilla-movie.jp7月25日公開 監督: ギャレス・エドワーズ  「モンスターズ/地球外生命体」 1999年、フィリピンの採鉱場
GODZILLA ゴジラ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ギャレス・エドワーズ 【出演】 アーロン・テイラー=ジョンソン/渡辺謙/エリザベス・オルセン/ブライアン・クランストン/ジュリエット・ビノシュ/サリー・ホーキンス/デヴィッド・ストラザーン 【公開日】2014年 7月25日 【製作】アメリカ 【ストーリ...
『GODZILLA ゴジラ』 渡辺謙しか口にできないこと (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「ゴジラはアンチヒーローなんだ。善玉じゃないけれど、悪の化身でもない。」  ゴジラとは何か?  ゴジラ映画を撮る際に作り手が最初に悩むであろうこの質問に、『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督は上のように答えている。 ...
GODZILLA ゴジラ (心のままに映画の風景)
1999年、フィリピン。 採掘現場の調査にやって来た芹沢博士(渡辺謙)とグレアム博士(サリー・ホーキンス)は、謎の巨大生物の痕跡を発見。 同じ頃、日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われ、科学者のジョー(ブライアン・クランストン)は、放射能事故で妻サン...
GODZILLA 2014 (映画の話でコーヒーブレイク)
「GODZILLA」最新作を3Dで見てきました。 先週金曜日から公開。NHKではゴジラ特集を組み、渡辺謙さんがプロモーション活動で各局に登場、 夏休み中だしこりゃきっと混んでるんだろうっと、用事を済ませて1時間前にネット予約をしたところ… あれっ、かなり空いている。ま...
ゴジラ(3D 日本語吹替え版 2014 US版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ギャレズ・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、デヴィッド・ストラザーン 【解説】 怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出....
「Godzilla ゴジラ」、ゴジラと怪獣の対決です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 1954年に東宝が製作・公開した日本の特撮怪獣映画の金字塔「ゴジラ」を、ハリウッドで新たにリメイク。 さすがアメリカ、その特撮シーンは、見るべきもの満載。やはり「パシフィックリム」といい、3Dシーンの迫力は、最近のCGにならされていても...
「GODZILLA」ハリウッドリメイクでも東宝映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
往年のゴジラの血が脈々と受け継がれている、ハリウッド版でもしっかり東宝映画なのが嬉しい見事な作品。 3Dとしては、トランスフォーマーが凄かったこともあって、川崎IMAXで観てもさほど3Dを感じなかったけど、そんなことどうでもいいの。 3Dが凄くても私は...
「GODZILLA」みた。 (たいむのひとりごと)
日本が誇る特撮怪獣映画の金字塔『ゴジラ』をハリウッドで新たにリメイク。1998年のハリウッド版『Godzilla』は、”怪獣”というより”恐竜”っぽい造形でファンから随分とダメ出しを食らっていたように
GODZILLA ゴジラ (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) まぁ、説明不要、怪獣映画の最高峰・・の2度目のハリウッド版で御座います。 ぶっちゃけ・・いや、ぶっちゃけなくても、前の『GODZILLA』が酷い・・いやまぁ、残念な出来だったので、今回はどーかなぁ~と...
『GODZILLA』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「GODZILLA」 □監督 ギャレス・エドワーズ□脚本 マックス・ボレンスタイン□キャスト アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、      ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デビッド・...
「GODZILLA ゴジラ」 (セレンディピティ ダイアリー)
この週末に公開された怪獣映画、「GODZILLA ゴジラ」(Godzilla)を
GODZILLA ゴジラ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ギャレス・エドワーズ 【出演】 アーロン・テイラー=ジョンソン/渡辺謙/エリザベス・オルセン/ブライアン・クランストン/ジュリエット・ビノシュ/サリー・ホーキンス/デヴィッド・ストラザーン 【公開日】2014年 7月25日 【製作】アメリカ 【ストーリ...
■GODZILLA ゴジラ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第353回「原点回帰・・・という意味では良かったけど。」 更新が滞ってしまっています。たまに訪れる「倦怠期」とでもいいましょうか。これといって観たい映画がなかったのもあるのですが、ブログに対する意欲が減退していました。で、久しぶりに観た映画だったので、....
GODZILLA (映画と本の『たんぽぽ館』)
今だからできる味付けのリメイク * * * * * * * * * * 1954年に第一作で誕生したゴジラ。 60年を経てハリウッドでリメイク。 近頃このようなCGたっぷりのSFアクション作品が苦手になってきている私ですが、 こればかりはやはり期待して見てしまい....
GODZILLA (映画的・絵画的・音楽的)
 『GODZILLA ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました(3D日本語吹替版)。 (1)怪獣映画ファンでもないのでパスしようと思っていたものの、余りにPRが凄いものですから(注1)、それならと映画館に出かけてみた次第です。  本作のはじめの方では、1999年、研究機関モナ....
GODZILLA ゴジラ (もののはじめblog)
ゴジラは、ゴリラとクジラをあわせた名で、GODZILLAにはGODが冠せられ神がかりしている。 ゴジラ生誕60周年ということで、第1作がテレビで放映されたので見たところ、幼いころに見たと思っていたのは思い違いで、2作目のアンギラスと闘う『ゴジラの逆襲』を見たに過ぎ....
映画「GODZILLA ゴジラ」 IMAX3D、字幕版 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/7/27、109シネマズ木場。 スクリーン2はIMAXシアター。 良い席はすべて満杯でH列を選択した。 結構な入りで、年配の客の比率が高いように思えた。 ** 渡辺謙、アーロン・ジョンソン、ブライアン・クランストン、エリザベス・オルセン * 19...
「GODZILLA ゴジラ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Godzilla)98年に作られたローランド・エメリッヒ監督版よりもかなりマシな仕上がりで、観ている間は退屈しない。しかし、設定や作劇に不十分な箇所も目立つことから、諸手を挙げての高評価は差し控えていただく。  筋書きにおいて一番驚いたのが、ゴジラ....
GODZILLA (とつぜんブログ)
監督 ギャレス・エドワーズ 出演 アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、ブライアン・クランストン 客を満足させる映画を創るのはたいへん難しい。映画の客はわがままで勝手だ。小生も、そんな映画の客である。 1998年のローランド・エメリッヒの「ゴジラ」も公開....
GODZILLA ゴジラ (みすずりんりん放送局)
 『GODZILLA』を観た。  【あらすじ】  1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット...
GODZILLA ゴジラ (Some Like It Hot)
■「GODZILLA ゴジラ/Godzilla」(2014年・アメリカ) 監督=ギャレス・エドワーズ 主演=アーロン・テイラー・ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン サリー・ホーキンス  昔からリアルタイムで観ている世代か、「東宝チャンピオンまつり」世代か、平成ゴ...
「GODZILLA ゴジラ」 (Mr.Bation)
「GODZILLA ゴジラ」 1999年、日本。原子力発電所で働くジョーは、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラを亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員....
映画『ゴジラ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-64.ゴジラ■原題:Godzilla■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:123分■料金:1,100円■鑑賞日:8月1日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ギャレス・エドワーズ◆アーロン・テイラー=ジョンソン◆渡辺謙◆ジュリエット・ビノシュ◆サリー・ホー...
【映評】GODZILLA ゴジラ [監督:ギャレス・エドワーズ] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
76点(100点満点) 2014年8月15日、シネマサンシャイン池袋にて鑑賞 思い返せば84年版『ゴジラ』以来、VSビオランテを除いて全てのゴジラ映画を映画館で観ている。自分で思っている以上に敬虔なゴジラ信者だった僕。そのくせ作品的に満足感じたの2~3しかないのだ。何度....
またも米でゴジラが! (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「GODZILLA ゴジラ」を鑑賞しました。 アメリカ爆発物処理班の隊員であるフォードは日本にいる父ジョーを元を訪ねる ジョーは19年前の原発崩壊事故の原因を調べようと躍起になっており 2人は侵入禁止区域に足を踏み入れ そこで思いも寄らぬ光景を...
GODZILLA ゴジラ(2014) (銀幕大帝α)
GODZILLA 2014年 アメリカ 123分 アクション/アドベンチャー/SF 劇場公開(2014/07/25) 監督: ギャレス・エドワーズ 『モンスターズ/地球外生命体』 出演: アーロン・テイラー=ジョンソン:フォード・ブロディ 渡辺謙:芹沢猪四郎博士 エリザベス・オ....
GODZILLA ゴジラ (Godzilla) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギャレス・エドワーズ 主演 アーロン・テイラー=ジョンソン 2014年 アメリカ/日本映画 123分 アクション 採点★★★★ ゴジラが原爆や空襲の恐怖を具象化した存在だってことは、今更言うまででもないことですよねぇ。そう考えると、人がどう足掻こうと太刀...
『GODZILLA ゴジラ』ゴジラ2014 (@KOBAのムービー!ムービー! )
『GODZILLA ゴジラ』GODZILLA(2014年アメリカ) 監督        ギャレス・エドワーズ 脚本        マックス・ボレンスタイン 原案        デヴィッド・キャラハム 出演        アーロン・テイラー=ジョンソン         ...