琉球大学+長崎大学の森直樹氏による論文捏造の追及ブログ

琉球大学大学院医学研究科及び長崎大学熱帯医学研究所における論文捏造・研究不正の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

琉大論文流用 学長ら給与一部返納

2011-03-24 | 琉球大学の事件に関する報道・ニュース
琉大論文流用 学長ら給与一部返納
2011年3月9日

琉球大学大学院医学研究科で起きた論文データ流用問題に関連し、琉大は8日記者会見を開き、懲戒解雇処分とした50代の男性教授と和解したことを発表するとともに、結果として誤った処分をした責任を取り、岩政輝男学長と理事4人が給与の一部を自主返納したと明らかにした。問題になっている卒業生の学位も、本年度中で解決する意向を示した。
 和解は4日付。男性教授は6月24日から復職する。
 会見で岩政学長は謝罪した上で「弁護士の強い勧めもあって裁判所の決定に従った。昨年8月の評議会の決定は撤回せず、教育研究機関としては(懲戒解雇)処分が適当だったと思っている」とした。また「裁判所の判断は処分が重すぎるというだけ。(論文の結論は変わらないとする)男性教授の主張が認められたわけではない」と反論した。
 処分については「評議会で議長である私の責任となった」とし、岩政学長と大城肇氏、親川兼勇氏、新里里春氏、平啓介氏の4理事が2月の給与の一部を自主返納したとした。また「教員の勉強会などを通し再発防止に努めたい」とした。

http://megalodon.jp/2011-0324-2341-29/ryukyushimpo.jp/news/storyid-174389-storytopic-1.html

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-174389-storytopic-1.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉大、教授の解雇撤回 論文... | トップ | 琉大医学研、論文訂正なら学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事