琉球大学+長崎大学の森直樹氏による論文捏造の追及ブログ

琉球大学大学院医学研究科及び長崎大学熱帯医学研究所における論文捏造・研究不正の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

琉大医学研、論文訂正なら学位取り消さず

2011-03-24 | 琉球大学の事件に関する報道・ニュース
大医学研、論文訂正なら学位取り消さず
2011年3月23日 10時02分

琉球大学大学院医学研究科は、論文不正問題で懲戒解雇となった元男性教授(6月に復職)の指導を受けた元大学院生の学位(博士)について、論文を訂正し提出すれば取り消しをしないことを決めた。22日に開かれた、同大の最高意思決定機関の「教育研究評議会」で報告された。

 関係者らによると、同科は、元男性教授が論文を指導した元大学院生を対象に、不正の度合いに応じ訂正を求め、論文をあらためて提出させるという。19日の教授会で「院生が不利となる状況にしてはいけない」と判断され、学位についての取り扱いが決定されたという。

 同問題で、元男性教授による実験データの使い回しが確認された論文は38編で、そのうち責任著者となった元大学院生の論文は11編。11編中、昨年12月時点で4編は学術誌が不適切として論文を取り消し、2編についても取り消しに向けた手続きが進められていた。

 同科はこれまで、学位について、学術誌での論文掲載が審査基準の一つとなっているため、学術誌が論文を取り消せば、通常は学位も取り消されると説明していた。

 元男性教授は今月4日に同大と和解が成立し、6月から復職する。

http://megalodon.jp/2011-0324-2339-07/www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-23_15770/

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-23_15770/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉大論文流用 学長ら給与一... | トップ | 卒業生学位は維持 琉大、デ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む