琉球大学+長崎大学の森直樹氏による論文捏造の追及ブログ

琉球大学大学院医学研究科及び長崎大学熱帯医学研究所における論文捏造・研究不正の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

琉球大学での発表論文リスト

2011-12-25 | 琉球大学での発表論文リスト
⇒ 琉球大学での発表論文リスト(論文#1~#65)
⇒ 長崎大学での発表論文リスト(論文#66~#83)
⇒ 産業医科大学での発表論文リスト(論文#84~#99)



論文#1
Effects of AZD1152, a selective Aurora B kinase inhibitor, on Burkitt's and Hodgkin's lymphomas.
Mori N, Ishikawa C, Senba M, Kimura M, Okano Y.
Biochem Pharmacol. 2011 Mar 1. [Epub ahead of print]

論文#2
Anti-adult T-cell leukemia effects of Bidens pilosa.
Nakama S, Ishikawa C, Nakachi S, Mori N.
Int J Oncol. 2011 Apr;38(4):1163-73.

論文#3
Human T-cell leukemia virus type 1 Tax transactivates the matrix metalloproteinase 7 gene via JunD/AP-1 signaling.
Nakachi S, Nakazato T, Ishikawa C, Kimura R, Mann DA, Senba M, Masuzaki H, Mori N.
Biochim Biophys Acta. 2011 Feb 17. [Epub ahead of print]

論文#4
Effects of hippuristanol, an inhibitor of eIF4A, on adult T-cell leukemia.
Tsumuraya T, Ishikawa C, Machijima Y, Nakachi S, Senba M, Tanaka J, Mori N.
Biochem Pharmacol. 2011 Mar 15;81(6):713-22. Epub 2011 Jan 8.

論文#5
Fucoxanthin and its deacetylated product, fucoxanthinol, induce apoptosis of primary effusion lymphomas.
Yamamoto K, Ishikawa C, Katano H, Yasumoto T, Mori N.
Cancer Lett. 2011 Jan 28;300(2):225-34.

論文#6
Activation of AID by human T-cell leukemia virus Tax oncoprotein and the possible role of its constitutive expression in ATL genesis.
Ishikawa C, Nakachi S, Senba M, Sugai M, Mori N.
Carcinogenesis. 2011 Jan;32(1):110-9. Epub 2010 Oct 25.

論文#7
Aurora A selective inhibitor MLN8237 suppresses the growth and survival of HTLV-1-infected T-cells in vitro.
Tomita M, Mori N.
Cancer Sci. 2010 May;101(5):1204-11.

論文#8 (流用・転用画像掲載:Retracted
Inhibition of Akt/GSK3beta signalling pathway by Legionella pneumophila is involved in induction of T-cell apoptosis.
Takamatsu R, Takeshima E, Ishikawa C, Yamamoto K, Teruya H, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N.
Biochem J. 2010 Mar 15;427(1):57-67.

論文#9
Aurora kinase inhibitor AZD1152 negatively affects the growth and survival of HTLV-1-infected T lymphocytes in vitro.
Tomita M, Tanaka Y, Mori N.
Int J Cancer. 2010 Oct 1;127(7):1584-94.

論文#10 (流用・転用画像掲載:Retracted
Aberrant expression of the transcription factor Twist in adult T-cell leukemia.
Tanji H, Ishikawa C, Sawada S, Nakachi S, Takamatsu R, Matsuda T, Okudaira T, Uchihara JN, Ohshiro K, Tanaka Y, Senba M, Uezato H, Ohshima K, Duc Dodon M, Wu KJ, Mori N.
Blood. 2010

論文#11 (流用・転用画像掲載: Retracted)
Overexpression of caveolin-1 in adult T-cell leukemia.
Sawada S, Ishikawa C, Tanji H, Nakachi S, Senba M, Okudaira T, Uchihara JN, Taira N, Ohshiro K, Yamada Y, Tanaka Y, Uezato H, Ohshima K, Sasai K, Burgering BM, Duc Dodon M, Fujii M, Sunakawa H, Mori N.
Blood. 2010 Mar 18;115(11):2220-30.

論文#12 (流用・転用画像掲載、2009年7月19日に投稿, 2010年1月5日にAccept及びpublish)
Molecular characterization of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in T cells.
Takamatsu R, Teruya H, Takeshima E, Ishikawa C, Matsumoto K, Mukaida N, Li JD, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N.
BMC Microbiol. 2010 Jan 5;10:1.

論文#13
MicroRNA miR-146a is induced by HTLV-1 tax and increases the growth of HTLV-1-infected T-cells.
Tomita M, Tanaka Y, Mori N.
Int J Cancer. 2009 Dec 16. [Epub ahead of print]

論文#14 (流用・転用画像掲載:Retracted
Epstein-Barr virus-encoded latent membrane protein 1 activates beta-catenin signaling in B lymphocytes.
Tomita M, Dewan MZ, Yamamoto N, Kikuchi A, Mori N.
Cancer Sci. 2009 May;100(5):807-12.

論文#15 (流用・転用画像掲載、2008年8月26日に投稿, 2008年12月23日にAccept)
Overexpression of Aurora A by loss of CHFR gene expression increases the growth and survival of HTLV-1-infected T cells through enhanced NF-kappaB activity.
Tomita M, Toyota M, Ishikawa C, Nakazato T, Okudaira T, Matsuda T, Uchihara JN, Taira N, Ohshiro K, Senba M, Tanaka Y, Ohshima K, Saya H, Tokino T, Mori N.
Int J Cancer. 2009 Jun 1;124(11):2607-15.

論文#16 (流用・転用画像掲載、2008年9月13日に投稿, 2009年2月12日にAccept)
NF-kappaB activation by Helicobacter pylori requires Akt-mediated phosphorylation of p65.
Takeshima E, Tomimori K, Kawakami H, Ishikawa C, Sawada S, Tomita M, Senba M, Kinjo F, Mimuro H, Sasakawa C, Fujita J, Mori N.
BMC Microbiol. 2009 Feb 12;9:36.

論文#17 (流用・転用画像掲載:Retracted
Helicobacter pylori-induced interleukin-12 p40 expression.
Takeshima E, Tomimori K, Teruya H, Ishikawa C, Senba M, D'Ambrosio D, Kinjo F, Mimuro H, Sasakawa C, Hirayama T, Fujita J, Mori N.
Infect Immun. 2009 Apr;77(4):1337-48.

論文#18 (流用・転用画像掲載、2008年9月17日に投稿, 2009年1月16日にAccept)
Anti-adult T-cell leukemia/lymphoma effects of indole-3-carbinol.
Machijima Y, Ishikawa C, Sawada S, Okudaira T, Uchihara JN, Tanaka Y, Taira N, Mori N.
Retrovirology. 2009 Jan 16;6:7.

論文#19
An HIV protease inhibitor, ritonavir targets the nuclear factor-kappaB and inhibits the tumor growth and infiltration of EBV-positive lymphoblastoid B cells.
Dewan MZ, Tomita M, Katano H, Yamamoto N, Ahmed S, Yamamoto M, Sata T, Mori N, Yamamoto N.
Int J Cancer. 2009 Feb 1;124(3):622-9.

論文#20
Human T-cell leukemia virus type I-mediated repression of PDZ-LIM domain-containing protein 2 involves DNA methylation but independent of the viral oncoprotein tax.
Yan P, Qu Z, Ishikawa C, Mori N, Xiao G.
Neoplasia. 2009 Oct;11(10):1036-41.

論文#21 (流用・転用画像掲載)(恣意的なデータ選択)
Human T-cell leukemia virus type I infects human lung epithelial cells and induces gene expression of cytokines, chemokines and cell adhesion molecules.
Teruya H, Tomita M, Senba M, Ishikawa C, Tamayose M, Miyazato A, Yara S, Tanaka Y, Iwakura Y, Fujita J, Mori N.
Retrovirology. 2008 Sep 22;5:86.

論文#22 (Fig4,5 actin同じ:実験条件は同じ)
Anti-adult T-cell leukemia effects of brown algae fucoxanthin and its deacetylated product, fucoxanthinol.
Ishikawa C, Tafuku S, Kadekaru T, Sawada S, Tomita M, Okudaira T, Nakazato T, Toda T, Uchihara JN, Taira N, Ohshiro K, Yasumoto T, Ohta T, Mori N.
Int J Cancer. 2008 Dec 1;123(11):2702-12.

論文#23 (流用・転用画像掲載:Retracted
Anti-adult T-cell leukemia effects of a novel synthetic retinoid, Am80 (Tamibarotene).
Nakazato T, Okudaira T, Ishikawa C, Nakama S, Sawada S, Tomita M, Uchihara JN, Taira N, Masuda M, Tanaka Y, Ohshiro K, Takasu N, Mori N.
Cancer Sci. 2008 Nov;99(11):2286-94.

論文#24 (流用・転用画像掲載: Retracted)
A modified version of galectin-9 induces cell cycle arrest and apoptosis of Burkitt and Hodgkin lymphoma cells.
Makishi S, Okudaira T, Ishikawa C, Sawada S, Watanabe T, Hirashima M, Sunakawa H, Mori N.
Br J Haematol. 2008 Aug;142(4):583-94.

論文#25
Rearranged NF-kappa B2 gene in an adult T-cell leukemia cell line.
Isogawa M, Higuchi M, Takahashi M, Oie M, Mori N, Tanaka Y, Aoyagi Y, Fujii M.
Cancer Sci. 2008 Apr;99(4):792-8.

論文#26
Legionella pneumophila infection induces programmed cell death, caspase activation, and release of high-mobility group box 1 protein in A549 alveolar epithelial cells: inhibition by methyl prednisolone.
Furugen M, Higa F, Hibiya K, Teruya H, Akamine M, Haranaga S, Yara S, Koide M, Tateyama M, Mori N, Fujita J.
Respir Res. 2008 May 1;9:39.

論文#27 (流用・転用画像掲載、岩政輝男学長が共著の論文、2007年9月20日に投稿, 2007年10月26日にon line 出版)
Downregulation of citrin, a mitochondrial AGC, is associated with apoptosis of hepatocytes.
Sawada S, Kinjo T, Makishi S, Tomita M, Arasaki A, Iseki K, Watanabe H, Kobayashi K, Sunakawa H, Iwamasa T, Mori N.
Biochem Biophys Res Commun. 2007 Dec 28;364(4):937-44.

論文#28 (流用・転用画像掲載:2007年7月7日に投稿, 2007年11月22日にAccept)
Mechanisms of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in human lung epithelial cells.
Teruya H, Higa F, Akamine M, Ishikawa C, Okudaira T, Tomimori K, Mukaida N, Tateyama M, Heuner K, Fujita J, Mori N.
BMC Microbiol. 2007 Nov 22;7:102.

論文#29
Recent change of the antigenicity and genotype of Japanese encephalitis viruses distributed on Okinawa Island, Japan.
Saito M, Taira K, Itokazu K, Mori N.
Am J Trop Med Hyg. 2007 Oct;77(4):737-46.

論文#30 (流用・転用画像掲載:Retracted、2007年5月30日に投稿, 2007年7月31日にRvision版投稿, 2007年8月16日にAccept )
Helicobacter pylori induces CCL20 expression.
Tomimori K, Uema E, Teruya H, Ishikawa C, Okudaira T, Senba M, Yamamoto K, Matsuyama T, Kinjo F, Fujita J, Mori N.
Infect Immun. 2007 Nov;75(11):5223-32.

論文#31 (流用・転用画像掲載:Retracted
Activation of hypoxia-inducible factor 1 in human T-cell leukaemia virus type 1-infected cell lines and primary adult T-cell leukaemia cells.
Tomita M, Semenza GL, Michiels C, Matsuda T, Uchihara JN, Okudaira T, Tanaka Y, Taira N, Ohshiro K, Mori N.
Biochem J. 2007 Sep 1;406(2):317-23.

論文#32
Interferon-gamma reverses the evasion of Birc1e/Naip5 gene mediated murine macrophage immunity by Legionella pneumophila mutant lacking flagellin.
Akamine M, Higa F, Haranaga S, Tateyama M, Mori N, Heuner K, Fujita J.
Microbiol Immunol. 2007;51(3):279-87.

論文#33 (流用・転用画像掲載、2006年7月25日に投稿, 2006年11月21日にRevision版がAccept)
A modified version of galectin-9 suppresses cell growth and induces apoptosis of human T-cell leukemia virus type I-infected T-cell lines.
Okudaira T, Hirashima M, Ishikawa C, Makishi S, Tomita M, Matsuda T, Kawakami H, Taira N, Ohshiro K, Masuda M, Takasu N, Mori N.
Int J Cancer. 2007 May 15;120(10):2251-61.

論文#34 (流用・転用画像掲載:オリジナル論文か?、2006年7月1日に投稿, 2006年9月19日にRevision版がAccept)
Inhibition of heat shock protein-90 modulates multiple functions required for survival of human T-cell leukemia virus type I-infected T-cell lines and adult T-cell leukemia cells.
Kawakami H, Tomita M, Okudaira T, Ishikawa C, Matsuda T, Tanaka Y, Nakazato T, Taira N, Ohshiro K, Mori N.
Int J Cancer. 2007 Apr 15;120(8):1811-20.

論文#35
Bisphosphonate incadronate inhibits growth of human T-cell leukaemia virus type I-infected T-cell lines and primary adult T-cell leukaemia cells by interfering with the mevalonate pathway.
Ishikawa C, Matsuda T, Okudaira T, Tomita M, Kawakami H, Tanaka Y, Masuda M, Ohshiro K, Ohta T, Mori N.
Br J Haematol. 2006 Feb;136(3):424-32.

論文#36
Potential role of natural killer cells in controlling growth and infiltration of AIDS-associated primary effusion lymphoma cells.
Dewan MZ, Terunuma H, Toi M, Tanaka Y, Katano H, Deng X, Abe H, Nakasone T, Mori N, Sata T, Yamamoto N.
Cancer Sci. 2006 Dec;97(12):1381-7. Epub 2006 Sep 21.

論文#37 (流用・転用画像掲載:Retracted
Human T-cell leukemia virus type 1 tax dysregulates beta-catenin signaling.
Tomita M, Kikuchi A, Akiyama T, Tanaka Y, Mori N.
J Virol. 2006 Nov;80(21):10497-505.

論文#38 (流用・転用画像掲載:Retracted
Curcumin targets Akt cell survival signaling pathway in HTLV-I-infected T-cell lines.
Tomita M, Matsuda T, Kawakami H, Uchihara JN, Okudaira T, Masuda M, Ohshiro K, Mori N.
Cancer Sci. 2006 Apr;97(4):322-7.

論文#39 (流用・転用画像掲載:Retracted
Inhibition of constitutively active Jak-Stat pathway suppresses cell growth of human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines and primary adult T-cell leukemia cells.
Tomita M, Kawakami H, Uchihara JN, Okudaira T, Masuda M, Matsuda T, Tanaka Y, Ohshiro K, Mori N.
Retrovirology. 2006 Apr 9;3:22.

論文#40
NIK-333 inhibits growth of human T-cell leukemia virus type I-infected T-cell lines and adult T-cell leukemia cells in association with blockade of nuclear factor-kappaB signal pathway.
Okudaira T, Tomita M, Uchihara JN, Matsuda T, Ishikawa C, Kawakami H, Masuda M, Tanaka Y, Ohshiro K, Takasu N, Mori N.
Mol Cancer Ther. 2006 Mar;5(3):704-12.

論文#41 (流用・転用画像掲載:Retracted、2005年8月31日に投稿, 2005年10月25日にAccept)
Transactivation of CCL20 gene by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1.
Okudaira T, Yamamoto K, Kawakami H, Uchihara JN, Tomita M, Masuda M, Matsuda T, Sairenji T, Iha H, Jeang KT, Matsuyama T, Takasu N, Mori N.
Br J Haematol. 2006 Feb;132(3):293-302.(論文中では2005年となっている)

論文#42
Potential mechanism of resistance to TRAIL-induced apoptosis in Burkitt's lymphoma.
Tafuku S, Matsuda T, Kawakami H, Tomita M, Yagita H, Mori N.
Eur J Haematol. 2006 Jan;76(1):64-74.

論文#43 (Fig2,3のactin調査中)
Efficient intervention of growth and infiltration of primary adult T-cell leukemia cells by an HIV protease inhibitor, ritonavir.
Dewan MZ, Uchihara JN, Terashima K, Honda M, Sata T, Ito M, Fujii N, Uozumi K, Tsukasaki K, Tomonaga M, Kubuki Y, Okayama A, Toi M, Mori N, Yamamoto N.
Blood. 2006 Jan 15;107(2):716-24.

論文#44 (Figure3Bの類似Actin群は同一条件だが画像コントラストが互いに異なるものもある)
Curcumin (diferuloylmethane) inhibits constitutive active NF-kappaB, leading to suppression of cell growth of human T-cell leukemia virus type I-infected T-cell lines and primary adult T-cell leukemia cells.
Tomita M, Kawakami H, Uchihara JN, Okudaira T, Masuda M, Takasu N, Matsuda T, Ohta T, Tanaka Y, Ohshiro K, Mori N.
Int J Cancer. 2006 Feb 1;118(3):765-72.

論文#45
Transactivation of the ICAM-1 gene by CD30 in Hodgkin's lymphoma.
Uchihara JN, Matsuda T, Okudaira T, Ishikawa C, Masuda M, Horie R, Watanabe T, Ohta T, Takasu N, Mori N.
Int J Cancer. 2006 Mar 1;118(5):1098-107.

論文#46 (流用・転用画像掲載、2005年5月23日に投稿, 2005年9月12日にAccept)
Curcumin suppresses constitutive activation of AP-1 by downregulation of JunD protein in HTLV-1-infected T-cell lines.
Tomita M, Kawakami H, Uchihara JN, Okudaira T, Masuda M, Takasu N, Matsuda T, Ohta T, Tanaka Y, Mori N.
Leuk Res. 2006 Mar;30(3):313-21.

論文#47
Fucoidan extracted from Cladosiphon okamuranus Tokida induces apoptosis of human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines and primary adult T-cell leukemia cells.
Haneji K, Matsuda T, Tomita M, Kawakami H, Ohshiro K, Uchihara JN, Masuda M, Takasu N, Tanaka Y, Ohta T, Mori N.
Nutr Cancer. 2005;52(2):189-201.

論文#48
Elevated expression of CD30 in adult T-cell leukemia cell lines: possible role in constitutive NF-kappaB activation.
Higuchi M, Matsuda T, Mori N, Yamada Y, Horie R, Watanabe T, Takahashi M, Oie M, Fujii M.
Retrovirology. 2005 May 6;2:29.

論文#49 (流用・転用画像掲載:Retracted
Dengue virus-induced apoptosis in hepatic cells is partly mediated by Apo2 ligand/tumour necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand.
Matsuda T, Almasan A, Tomita M, Tamaki K, Saito M, Tadano M, Yagita H, Ohta T, Mori N.
J Gen Virol. 2005 Apr;86(Pt 4):1055-65.

論文#50 (Figure6 切貼りの痕跡:調査中)
Transcriptional activation of survivin through the NF-kappaB pathway by human T-cell leukemia virus type I tax.
Kawakami H, Tomita M, Matsuda T, Ohta T, Tanaka Y, Fujii M, Hatano M, Tokuhisa T, Mori N.
Int J Cancer. 2005 Jul 20;115(6):967-74.

論文#51 (流用・転用画像掲載:Retracted
Resistance to Apo2 ligand (Apo2L)/tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL)-mediated apoptosis and constitutive expression of Apo2L/TRAIL in human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines.
Matsuda T, Almasan A, Tomita M, Uchihara JN, Masuda M, Ohshiro K, Takasu N, Yagita H, Ohta T, Mori N.
J Virol. 2005 Feb;79(3):1367-78.

論文#52 (流用・転用画像掲載:オリジナル論文か?、2004年6月1日に投稿, 2004年9月22日にRevision版がAccept)
Transactivation of the CCL5/RANTES gene by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1.
Uchihara JN, Krensky AM, Matsuda T, Kawakami H, Okudaira T, Masuda M, Ohta T, Takasu N, Mori N.
Int J Cancer. 2005 May 1;114(5):747-55.

論文#53
Methylation analysis of the adenomatous polyposis coli (APC) gene in adult T-cell leukemia/lymphoma.
Yang Y, Takeuchi S, Tsukasaki K, Yamada Y, Hata T, Mori N, Fukushima A, Seo H, Koeffler HP, Taguchi H.
Leuk Res. 2005 Jan;29(1):47-51.

論文#54
Human T cell leukemia virus type I-infected patients with Hashimoto's thyroiditis and Graves' disease.
Matsuda T, Tomita M, Uchihara JN, Okudaira T, Ohshiro K, Tomoyose T, Ikema T, Masuda M, Saito M, Osame M, Takasu N, Ohta T, Mori N.
J Clin Endocrinol Metab. 2005 Oct;90(10):5704-10.

論文#55
The Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus K-bZIP protein represses transforming growth factor beta signaling through interaction with CREB-binding protein.
Tomita M, Choe J, Tsukazaki T, Mori N.
Oncogene. 2004 Oct 28;23(50):8272-81.

論文#56 (流用・転用画像掲載)
Elevated expression of CCL5/RANTES in adult T-cell leukemia cells: possible transactivation of the CCL5 gene by human T-cell leukemia virus type I tax.
Mori N, Krensky AM, Ohshima K, Tomita M, Matsuda T, Ohta T, Yamada Y, Tomonaga M, Ikeda S, Yamamoto N.
Int J Cancer. 2004 Sep 10;111(4):548-57.

論文#57
Tax-independent constitutive IkappaB kinase activation in adult T-cell leukemia cells.
Hironaka N, Mochida K, Mori N, Maeda M, Yamamoto N, Yamaoka S.
Neoplasia. 2004 May-Jun;6(3):266-78.

論文#58 (流用・転用画像掲載:Retracted
Apoptosis induced by the histone deacetylase inhibitor FR901228 in human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines and primary adult T-cell leukemia cells.
Mori N, Matsuda T, Tadano M, Kinjo T, Yamada Y, Tsukasaki K, Ikeda S, Yamasaki Y, Tanaka Y, Ohta T, Iwamasa T, Tomonaga M, Yamamoto N.
J Virol. 2004 May;78(9):4582-90.

論文#59 (Fig4 切貼りの痕跡:調査中)
Human T-cell leukemia virus type 1 Tax oncoprotein induces and interacts with a multi-PDZ domain protein, MAGI-3.
Ohashi M, Sakurai M, Higuchi M, Mori N, Fukushi M, Oie M, Coffey RJ, Yoshiura K, Tanaka Y, Uchiyama M, Hatanaka M, Fujii M.
Virology. 2004 Mar 1;320(1):52-62.

論文#60 (流用・転用画像掲載:Retracted
Helicobacter pylori induces RANTES through activation of NF-kappa B.
Mori N, Krensky AM, Geleziunas R, Wada A, Hirayama T, Sasakawa C, Yamamoto N.
Infect Immun. 2003 Jul;71(7):3748-56.

論文#61 (流用・転用画像掲載)
Repression of Smad-dependent transforming growth factor-beta signaling by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 through nuclear factor-kappaB.
Mori N, Morishita M, Tsukazaki T, Yamamoto N.
Int J Cancer. 2003 Jul 10;105(5):661-8.

論文#62
Rapid tumor formation of human T-cell leukemia virus type 1-infected cell lines in novel NOD-SCID/gammac(null) mice: suppression by an inhibitor against NF-kappaB.
Dewan MZ, Terashima K, Taruishi M, Hasegawa H, Ito M, Tanaka Y, Mori N, Sata T, Koyanagi Y, Maeda M, Kubuki Y, Okayama A, Fujii M, Yamamoto N.
J Virol. 2003 May;77(9):5286-94.

論文#63 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metalloproteinase-9 through activation of nuclear factor kappaB.
Mori N, Sato H, Hayashibara T, Senba M, Geleziunas R, Wada A, Hirayama T, Yamamoto N.
Gastroenterology. 2003 Apr;124(4):983-92. Erratum in: Gastroenterology. 2010 Oct;139(4):1424.

論文#64
Expression of the c-Met proto-oncogene and its possible involvement in liver invasion in adult T-cell leukemia.
Imaizumi Y, Murota H, Kanda S, Hishikawa Y, Koji T, Taguchi T, Tanaka Y, Yamada Y, Ikeda S, Kohno T, Yamamoto K, Mori N, Tomonaga M, Matsuyama T.
Clin Cancer Res. 2003 Jan;9(1):181-7.

論文#65
Possible involvement of aryl hydrocarbon receptor (AhR) in adult T-cell leukemia (ATL) leukemogenesis: constitutive activation of AhR in ATL.
Hayashibara T, Yamada Y, Mori N, Harasawa H, Sugahara K, Miyanishi T, Kamihira S, Tomonaga M.
Biochem Biophys Res Commun. 2003 Jan 3;300(1):128-34.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#1(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#1 Mori N, Ishikawa C, Senba M, Kimura M, Okano Y. Effects of AZD1152, a selective Aurora B kinase inhibitor, on Burkitt's and Hodgkin's lymphomas. Biochem Pharmacol. [Epub ahead of print] [Epub ahead of print] 2011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#2(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#2 Nakama S, Ishikawa C, Nakachi S, Mori N. Anti-adult T-cell leukemia effects of Bidens pilosa. Int J Oncol. 38(4) 1163-73 2011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#3(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#3 Nakachi S, Nakazato T, Ishikawa C, Kimura R, Mann DA, Senba M, Masuzaki H, Mori N. Human T-cell leukemia virus type 1 Tax transactivates the matrix metalloproteinase 7 gene via JunD/AP-1 signaling. Biochim Biophys Acta. [Epub ahead of print] [Epub ahead of print] 2011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#4(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#4 Tsumuraya T, Ishikawa C, Machijima Y, Nakachi S, Senba M, Tanaka J, Mori N. Effects of hippuristanol, an inhibitor of eIF4A, on adult T-cell leukemia. Biochem Pharmacol. 81(6) 713-22 2011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#5(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#5 Yamamoto K, Ishikawa C, Katano H, Yasumoto T, Mori N. Fucoxanthin and its deacetylated product, fucoxanthinol, induce apoptosis of primary effusion lymphomas. Cancer Lett. 300(2) 225-34 2011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#6(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#6 Ishikawa C, Nakachi S, Senba M, Sugai M, Mori N. Activation of AID by human T-cell leukemia virus Tax oncoprotein and the possible role of its constitutive expression in ATL genesis. Carcinogenesis. 32(1) 110-9 2011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#7(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#7 Tomita M, Mori N. Aurora A selective inhibitor MLN8237 suppresses the growth and survival of HTLV-1-infected T-cells in vitro. Cancer Sci. 101(5) 1204-11 2010
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#8(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#8 Takamatsu R, Takeshima E, Ishikawa C, Yamamoto K, Teruya H, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N. Inhibition of Akt/GSK3beta signalling pathway by Legionella pneumophila is involved in induction of T-cell apoptosis. Biochem J. 427(1) 57-67 2010


指摘項目No.1 (琉球大学)
論文#8のFigure5Bの右側のパネルのβ-actinの4レーン分の画像(MOI 0,1,10,100)は、
同論文#8のFigure6Bの一番右側のパネルのβ-actinの4レーン分の画像(MOI 0,1,10,100)や、
論文#11のFigure5Eのβ-actinの4レーン分の画像(TNF-α 0,1,2,4h)と類似しています。
上記2つのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#9(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#9 Tomita M, Tanaka Y, Mori N. Aurora kinase inhibitor AZD1152 negatively affects the growth and survival of HTLV-1-infected T lymphocytes in vitro. Int J Cancer. 2010 1584-94 127(7)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#10(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#10 Tanji H, Ishikawa C, Sawada S, Nakachi S, Takamatsu R, Matsuda T, Okudaira T, Uchihara JN, Ohshiro K, Tanaka Y, Senba M, Uezato H, Ohshima K, Duc Dodon M, Wu KJ, Mori N. Aberrant expression of the transcription factor Twist in adult T-cell leukemia. Blood Prepublished online January 13, 2010 Prepublished online January 13, 2010 2010 Retracted


指摘項目No.2 (琉球大学)
論文#10のFigure2Dのβ-actinの4レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から3,4,5,6レーン目(B-ALL1~B-ALL4)の画像と類似しています。
論文#10のFigure1Aのβ-actinの7レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Cのβ-actinの左側7レーン分の画像と類似しています。
さらに、この論文#10のFigure1Cのβ-actinの8レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から2,3,4,5,6,7,8,9レーン目の8レーン分の画像と類似しています。
また、論文#10のFigure2Cのβ-actinの5レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左側5レーン分の画像(左から1,2,3,4,5レーン目の画像)と類似しています。
また、論分#10のFigure6Cのβ-actinの2レーン分の画像は、
論分#10のFigure7Dのβactinのの2レーン分の画像と同一であり、
これらの二つの画像は、論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から5,6レーン目の画像と類似しています。
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像は、10レーン目の画像(T-ALL2)と11レーン目の画像(ATL93)の間が不連続であり、
二つの異なる画像を結合したものと考えれます。
また、この論文#10のFigure1Dのβ-actinの左側10レーン分の画像(左から1,2,3,4,5,6,7,8,9レーン目の画像)は、
論文#17のFigure6Dのβ-actinの10レーン分の画像や、
論文#30のFigure2CやFigure8Bのβ-actinの10レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの10レーン分の画像の左側9レーン分の画像は、
論文#11のFigure1Aのβ-actinの9レーンの画像や、
論文#11のFigure6Aのβ-actinの9レーンの画像や、
論文#17のFigure3Aのβ-actinの9レーンの画像に類似しています。
さらに、この9レーン分の画像の左側8レーン分の画像は、
論文#12のFigure2Aの最下段のβ-actinの8レーン分の画像や、
論文#16のFigure6Aのβ-actinの8レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの8レーン分の画像の左側7レーン分の画像は、
論文#28のFigure2のdotO mutantのβ-actinの7レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの7レーン分の画像の左側4レーン分の画像は、
論文#17のFigure8Aの上段のパネルのβ-actinの4レーン分の画像と類似しています。
さらに、上記の論文#11のFigure1Aのβ-actinの左側3レーン分の画像が、
論文#11のFigure1Cのβ-actinの3レーン分の画像と類似しています。
さらに、この論文#11のFigure1Aのβ-actinの左側2レーン分の画像が、
論文#11のFigure5Cのβ-actinの2レーン分の画像と類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#11(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#11 Sawada S, Ishikawa C, Tanji H, Nakachi S, Senba M, Okudaira T, Uchihara JN, Taira N, Ohshiro K, Yamada Y, Tanaka Y, Uezato H, Ohshima K, Sasai K, Burgering BM, Duc Dodon M, Fujii M, Sunakawa H, Mori N. Overexpression of caveolin-1 in adult T-cell leukemia. Blood 115(11) 2220-30 2010 (Retracted)


指摘項目No.1 (琉球大学)
論文#8のFigure5Bの右側のパネルのβ-actinの4レーン分の画像(MOI 0,1,10,100)は、
同論文#8のFigure6Bの一番右側のパネルのβ-actinの4レーン分の画像(MOI 0,1,10,100)や、
論文#11のFigure5Eのβ-actinの4レーン分の画像(TNF-α 0,1,2,4h)と類似しています。
上記2つのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.2 (琉球大学)
論文#10のFigure2Dのβ-actinの4レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から3,4,5,6レーン目(B-ALL1~B-ALL4)の画像と類似しています。
論文#10のFigure1Aのβ-actinの7レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Cのβ-actinの左側7レーン分の画像と類似しています。
さらに、この論文#10のFigure1Cのβ-actinの8レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から2,3,4,5,6,7,8,9レーン目の8レーン分の画像と類似しています。
また、論文#10のFigure2Cのβ-actinの5レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左側5レーン分の画像(左から1,2,3,4,5レーン目の画像)と類似しています。
また、論分#10のFigure6Cのβ-actinの2レーン分の画像は、
論分#10のFigure7Dのβactinのの2レーン分の画像と同一であり、
これらの二つの画像は、論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から5,6レーン目の画像と類似しています。
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像は、10レーン目の画像(T-ALL2)と11レーン目の画像(ATL93)の間が不連続であり、
二つの異なる画像を結合したものと考えれます。
また、この論文#10のFigure1Dのβ-actinの左側10レーン分の画像(左から1,2,3,4,5,6,7,8,9レーン目の画像)は、
論文#17のFigure6Dのβ-actinの10レーン分の画像や、
論文#30のFigure2CやFigure8Bのβ-actinの10レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの10レーン分の画像の左側9レーン分の画像は、
論文#11のFigure1Aのβ-actinの9レーンの画像や、
論文#11のFigure6Aのβ-actinの9レーンの画像や、
論文#17のFigure3Aのβ-actinの9レーンの画像に類似しています。
さらに、この9レーン分の画像の左側8レーン分の画像は、
論文#12のFigure2Aの最下段のβ-actinの8レーン分の画像や、
論文#16のFigure6Aのβ-actinの8レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの8レーン分の画像の左側7レーン分の画像は、
論文#28のFigure2のdotO mutantのβ-actinの7レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの7レーン分の画像の左側4レーン分の画像は、
論文#17のFigure8Aの上段のパネルのβ-actinの4レーン分の画像と類似しています。
さらに、上記の論文#11のFigure1Aのβ-actinの左側3レーン分の画像が、
論文#11のFigure1Cのβ-actinの3レーン分の画像と類似しています。
さらに、この論文#11のFigure1Aのβ-actinの左側2レーン分の画像が、
論文#11のFigure5Cのβ-actinの2レーン分の画像と類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.3 (琉球大学)
論文#11のFigure1Bのβ-actinの左側10レーン分の画像(Normal1~ATL8の画像)は、
論文#30のFigure1Aのβ-actinの10レーン分の画像や、
論文#27のFigure2Aのβ-actinの10レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側9レーン分の画像が、
論文#24のFigure2のACTBの9レーン分の画像や、
論文#33のFigure1dの右側のパネルのβ-actinの9レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側8レーン分の画像が、
論文#12のFigure2Aの上から6パネル目のCorbyのβ-actinの8レーン分の画像や、
論文#34のFiguer1bのβ-actinの8レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側6レーン分の画像が、
論文#30のFigure7Cのβ-actinの6レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側4レーン分の画像が、
論文#17のFigure1Aのβ-actinの4レーン分の画像や、
論文#23のFigure3(d)のβ-actinの4レーン分の画像や、
論文#33のFigure3dのβ-actinの4レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側2レーン分の画像が、
論文#11のFigure5Cの下段パネル(LLnL)のβ-actinの2レーン分の画像や、
論文#11のFigure7CのC5/MJのβ-actinの2レーン分の画像と類似しています。
これらのβ-actin、ACTBの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.4 (琉球大学)
論文#11のFigure5Dのβ-actinの2レーン分の画像(MT-2の、Cont.とp65の画像)は、
論文#11のFigure7Cのβ-actinの2レーン分の画像(SLB-1の、Cont.とCav-1の画像)と類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.5 (琉球大学)
論文#11のFigure3Cのβ-actinの5レーン分の画像は、 論文#27のFigure3Aのβ-actinの5レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左4レーン分のアスペクト比を変更して、わずかに反時計回りに回転させたものに、
論文#12のFigure2Bの上段パネルのAA100jmのβ-actinの画像や、
その下段パネルのCorbyのβ-actinの画像や、
論文#17のFigure6Bのβ-actinの画像や、
論文#17のFigure7Aの左のパネル(Jurkat)のβ-actinの画像と類似しています。
また、これらのβ-actinの右3列分の画像が、
論文#17のFigure8Cのβ-actinの3レーン分の画像に類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#12(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#12 Takamatsu R, Teruya H, Takeshima E, Ishikawa C, Matsumoto K, Mukaida N, Li JD, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N. Molecular characterization of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in T cells. BMC Microbiol. 10 1 (18pages) 2010


指摘項目No.2 (琉球大学)
論文#10のFigure2Dのβ-actinの4レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から3,4,5,6レーン目(B-ALL1~B-ALL4)の画像と類似しています。
論文#10のFigure1Aのβ-actinの7レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Cのβ-actinの左側7レーン分の画像と類似しています。
さらに、この論文#10のFigure1Cのβ-actinの8レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から2,3,4,5,6,7,8,9レーン目の8レーン分の画像と類似しています。
また、論文#10のFigure2Cのβ-actinの5レーン分の画像は、
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左側5レーン分の画像(左から1,2,3,4,5レーン目の画像)と類似しています。
また、論分#10のFigure6Cのβ-actinの2レーン分の画像は、
論分#10のFigure7Dのβactinのの2レーン分の画像と同一であり、
これらの二つの画像は、論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像の左から5,6レーン目の画像と類似しています。
論文#10のFigure1Dのβ-actinの画像は、10レーン目の画像(T-ALL2)と11レーン目の画像(ATL93)の間が不連続であり、
二つの異なる画像を結合したものと考えれます。
また、この論文#10のFigure1Dのβ-actinの左側10レーン分の画像(左から1,2,3,4,5,6,7,8,9レーン目の画像)は、
論文#17のFigure6Dのβ-actinの10レーン分の画像や、
論文#30のFigure2CやFigure8Bのβ-actinの10レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの10レーン分の画像の左側9レーン分の画像は、
論文#11のFigure1Aのβ-actinの9レーンの画像や、
論文#11のFigure6Aのβ-actinの9レーンの画像や、
論文#17のFigure3Aのβ-actinの9レーンの画像に類似しています。
さらに、この9レーン分の画像の左側8レーン分の画像は、
論文#12のFigure2Aの最下段のβ-actinの8レーン分の画像や、
論文#16のFigure6Aのβ-actinの8レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの8レーン分の画像の左側7レーン分の画像は、
論文#28のFigure2のdotO mutantのβ-actinの7レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの7レーン分の画像の左側4レーン分の画像は、
論文#17のFigure8Aの上段のパネルのβ-actinの4レーン分の画像と類似しています。
さらに、上記の論文#11のFigure1Aのβ-actinの左側3レーン分の画像が、
論文#11のFigure1Cのβ-actinの3レーン分の画像と類似しています。
さらに、この論文#11のFigure1Aのβ-actinの左側2レーン分の画像が、
論文#11のFigure5Cのβ-actinの2レーン分の画像と類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.3 (琉球大学)
論文#11のFigure1Bのβ-actinの左側10レーン分の画像(Normal1~ATL8の画像)は、
論文#30のFigure1Aのβ-actinの10レーン分の画像や、
論文#27のFigure2Aのβ-actinの10レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側9レーン分の画像が、
論文#24のFigure2のACTBの9レーン分の画像や、
論文#33のFigure1dの右側のパネルのβ-actinの9レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側8レーン分の画像が、
論文#12のFigure2Aの上から6パネル目のCorbyのβ-actinの8レーン分の画像や、
論文#34のFiguer1bのβ-actinの8レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側6レーン分の画像が、
論文#30のFigure7Cのβ-actinの6レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側4レーン分の画像が、
論文#17のFigure1Aのβ-actinの4レーン分の画像や、
論文#23のFigure3(d)のβ-actinの4レーン分の画像や、
論文#33のFigure3dのβ-actinの4レーン分の画像と類似しています。
これらのβ-actin、ACTBの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。


指摘項目No.5 (琉球大学)
論文#11のFigure3Cのβ-actinの5レーン分の画像は、 論文#27のFigure3Aのβ-actinの5レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左4レーン分のアスペクト比を変更して、わずかに反時計回りに回転させたものに、
論文#12のFigure2Bの上段パネルのAA100jmのβ-actinの画像や、
その下段パネルのCorbyのβ-actinの画像や、
論文#17のFigure6Bのβ-actinの画像や、
論文#17のFigure7Aの左のパネル(Jurkat)のβ-actinの画像と類似しています。
また、これらのβ-actinの右3列分の画像が、
論文#17のFigure8Cのβ-actinの3レーン分の画像に類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.6 (琉球大学)
論文#12のFigure2Cのβ-actinのパネルのSize Markerの画像と、β-actinのCorby-とCorby+の2レーン分の画像は、
論文#16のFigure7の右パネルのβ-actinのパネルのSize Markerの画像と、β-actinのControl-とControl+の2レーン分の画像とに、類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.7 (琉球大学)
論文#12のFigure2Dのβ-actinのパネルのSize Markerの画像とβ-actinの左側4レーン分の画像は、
論文#16のFigure7の左パネルのβ-actinのパネルのSize Markerの画像と、β-actinの4レーン分の画像とに、類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.8 (琉球大学)
論文#12のFigure9Bのβ-actinの6レーン分の画像は、
論文#17のFigure2Cのβ-actinの6レーン分の画像や、
論文#16のFigure2Bのβ-actinの6レーン分の画像に類似しています。
(また、これらの画像は、論文#37のFigure2Bのβ-actinの6レーン分の画像を左右反転させたものとも類似しています。)
また、これらの画像の左5レーン分の画像が、
論文#30のFigure2Aの右パネル(MKN28)のβ-actinの左5レーン分の画像に類似しています。
また、これらの画像の左4レーン分の画像が、
論文#12のFigure3Aのβ-actinの画像や、
論文#17のFigure7Eの左パネル(Jurkat)のβ-actinの画像に類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

指摘項目No.9 (琉球大学)
論文#16のFigure2Aのβ-actinの10レーン分の画像は、
論文#30のFigure2Cのβ-actinの10レーン分の画像と類似しています。
さらに、これらの画像の左側8レーン分の画像が、
論文#12のFigure2Aのβ-actinの8レーン分の画像と類似しています。
これらのβ-actinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#13(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#13 Tomita M, Tanaka Y, Mori N. MicroRNA miR-146a is induced by HTLV-1 tax and increases the growth of HTLV-1-infected T-cells. Int J Cancer. [Epub ahead of print] [Epub ahead of print] 2009
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論文#14(琉球大学)

2011-03-25 | 琉球大学での発表論文リスト
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#14 Tomita M, Dewan MZ, Yamamoto N, Kikuchi A, Mori N. Epstein-Barr virus-encoded latent membrane protein 1 activates beta-catenin signaling in B lymphocytes. Cancer Sci. 100(5) 807-12 2009 Retracted

指摘項目No.10 (琉球大学)
論文#14のFigure3(C)の349ΔのActinの画像は、
その右隣りのΔ194-386のActinの画像と類似しています。
これらのActinの画像群は、互いに異なるサンプルを測定したものであるにも関わらず、
互いに類似しているということは、極めて不自然です。
よって、データの流用(捏造・改ざん)が疑われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加