琉球大学+長崎大学の森直樹氏による論文捏造の追及ブログ

琉球大学大学院医学研究科及び長崎大学熱帯医学研究所における論文捏造・研究不正の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文部科学省への申立書(琉球大学関連)

2011-05-22 | 文部科学省への申立書2(琉球大学関連)
平成 23年 5月 22日



文部科学省科学技術・学術政策局調査調整課競争的資金調整室 御中


琉球大学 公益通報窓口 御中


連絡先: 別紙に記載する(秘)
氏 名: 別紙に記載する(秘)
_________________________________________________________________________________
※ 氏名の秘匿を希望します。申立者の個人情報は、琉球大学の公益通報窓口のみでの取り扱いとしてください。被申立者らや調査委員会のメンバーなどに公開されることのないよう注意して下さい。特に、被申立者の一人である岩政輝男学長や、被申立者らと関わりの深い佐藤良也理事などの医学部・医学研究科関係者に、私の個人情報が漏れてしまわないように注意してください。_________________________________________________________________________________


「琉球大学における公的研究費の不正に係る調査の手続き等に関する取扱規程」の第3条の規定に基づき,下記のとおり申立てを行います。





1 公的研究費の不正の疑いに係る研究者(被申立者)

被申立者1(不正に関わる公的研究費の研究課題代表者)
氏名:森直樹(モリ ナオキ)
所属:琉球大学大学院医学研究科
旧所属:長崎大学熱帯医学研究所

被申立者2(不正に関わる公的研究費の研究課題代表者)
氏名:岩政 輝男(イワマサ テルオ)
所属:琉球大学学長

被申立者3(不正に関わる公的研究費の研究課題代表者)
氏名:富田真理子(トミタ マリコ)
所属:琉球大学大学院医学研究科




2 疑われる不正行為の態様等及び事案の内容(捏造,改ざん)

2-I 「疑われる不正行為の態様の概要について」
申立者は、琉球大学大学院医学研究科および長崎大学熱帯医学研究所での公的研究費を用いた研究において、「捏造および改竄したデータを用いた論文投稿」を確認しています。被申立者に対する琉球大学及び長崎大学における研究不正の疑義は、40報の論文にわたります。不正行為に関連する公的研究費は、13つの研究課題にわたります。被申立者は、公的研究費を用いた研究課題の研究業績報告書に上記の不正論文を業績として記載していた森直樹 氏と、岩政輝男 氏と、富田真理子 氏です。森直樹氏と富田真理子氏は、公的研究費を用いた研究課題の研究計画調書の研究業績欄にも上記不正論文を記載しており、公的研究費の不正申請が行われた可能性があります。また、森直樹氏はこれらの不正が疑われる論文の筆頭著者でもあります。これらの不正が疑われる40報の論文のうち、19報の論文については既に撤回されていますが、残り21報の論文については未だ撤回されていません。さらに、不正に関わる13つの公的研究費が琉球大学から返還されたとの公式発表は未だありません。よって、研究不正に対するこれまでの琉球大学の調査や措置が不十分であることは明らかです。よって、申立者は琉球大学に対し、更なる厳正な調査を要望します。調査により不正行為が行われたと新たに認められた場合、その不正に係る論文の撤回や、関連する公的研究費の返還についても要望します。また、森直樹氏が、長崎大学で発表した不正が疑われる論文の研究業績をもとに琉球大学の教授として採用されていないかどうかについての調査についても要望します。もし、不正に基づく研究業績をもとに採用されていたことが判明した場合、厳正な措置が行われるよう要望します。



2-II 「不正が疑われる論文について」
添付資料(論文リスト)に記載している森直樹氏が発表した99報の論文(論文#1~#99)のうち、
論文#8, #10, #11, #14, #17, #23, #24, #30, #31, #37, #38, #39, #41, #49, #51, #58, #60, #82, #83 の
19報の論文は既に撤回済みですが、
これらの撤回論文と同様に、データ流用の不正が疑われる論文#12, #15, #16, #18, #21, #27, #28, #33, #46, #56, #61, #63, #67, #69, #71, #72, #73, #75, #76, #77, #79 の21報の論文については未だ撤回されておらず、琉球大学による不正の有無の調査および論文撤回の勧告が必要であると考えられます。
以下、データ流用の研究不正に関わる論文についてのみ列挙します。

論文#8 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Inhibition of Akt/GSK3beta signalling pathway by Legionella pneumophila is involved in induction of T-cell apoptosis.
Takamatsu R, Takeshima E, Ishikawa C, Yamamoto K, Teruya H, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N.
Biochem J. 2010 Mar 15;427(1):57-67.

論文#10 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Aberrant expression of the transcription factor Twist in adult T-cell leukemia.
Tanji H, Ishikawa C, Sawada S, Nakachi S, Takamatsu R, Matsuda T, Okudaira T, Uchihara JN, Ohshiro K, Tanaka Y, Senba M, Uezato H, Ohshima K, Duc Dodon M, Wu KJ, Mori N.
Blood. 2010

論文#11 (流用・転用画像掲載: 既に論文撤回済み)
Overexpression of caveolin-1 in adult T-cell leukemia.
Sawada S, Ishikawa C, Tanji H, Nakachi S, Senba M, Okudaira T, Uchihara JN, Taira N, Ohshiro K, Yamada Y, Tanaka Y, Uezato H, Ohshima K, Sasai K, Burgering BM, Duc Dodon M, Fujii M, Sunakawa H, Mori N.
Blood. 2010 Mar 18;115(11):2220-30.

論文#12 (流用・転用画像掲載、2009年7月19日に投稿, 2010年1月5日にAccept及びpublish)
Molecular characterization of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in T cells.
Takamatsu R, Teruya H, Takeshima E, Ishikawa C, Matsumoto K, Mukaida N, Li JD, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N.
BMC Microbiol. 2010 Jan 5;10:1.

論文#14 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Epstein-Barr virus-encoded latent membrane protein 1 activates beta-catenin signaling in B lymphocytes.
Tomita M, Dewan MZ, Yamamoto N, Kikuchi A, Mori N.
Cancer Sci. 2009 May;100(5):807-12.

論文#15 (流用・転用画像掲載、2008年8月26日に投稿, 2008年12月23日にAccept)
Overexpression of Aurora A by loss of CHFR gene expression increases the growth and survival of HTLV-1-infected T cells through enhanced NF-kappaB activity.
Tomita M, Toyota M, Ishikawa C, Nakazato T, Okudaira T, Matsuda T, Uchihara JN, Taira N, Ohshiro K, Senba M, Tanaka Y, Ohshima K, Saya H, Tokino T, Mori N.
Int J Cancer. 2009 Jun 1;124(11):2607-15.

論文#16 (流用・転用画像掲載、2008年9月13日に投稿, 2009年2月12日にAccept)
NF-kappaB activation by Helicobacter pylori requires Akt-mediated phosphorylation of p65.
Takeshima E, Tomimori K, Kawakami H, Ishikawa C, Sawada S, Tomita M, Senba M, Kinjo F, Mimuro H, Sasakawa C, Fujita J, Mori N.
BMC Microbiol. 2009 Feb 12;9:36.


論文#17 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Helicobacter pylori-induced interleukin-12 p40 expression.
Takeshima E, Tomimori K, Teruya H, Ishikawa C, Senba M, D'Ambrosio D, Kinjo F, Mimuro H, Sasakawa C, Hirayama T, Fujita J, Mori N.
Infect Immun. 2009 Apr;77(4):1337-48.

論文#18 (流用・転用画像掲載、2008年9月17日に投稿, 2009年1月16日にAccept)
Anti-adult T-cell leukemia/lymphoma effects of indole-3-carbinol.
Machijima Y, Ishikawa C, Sawada S, Okudaira T, Uchihara JN, Tanaka Y, Taira N, Mori N.
Retrovirology. 2009 Jan 16;6:7.

論文#21 (流用・転用画像掲載)(恣意的なデータ選択がなされている?)
Human T-cell leukemia virus type I infects human lung epithelial cells and induces gene expression of cytokines, chemokines and cell adhesion molecules.
Teruya H, Tomita M, Senba M, Ishikawa C, Tamayose M, Miyazato A, Yara S, Tanaka Y, Iwakura Y, Fujita J, Mori N.
Retrovirology. 2008 Sep 22;5:86.

論文#23 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Anti-adult T-cell leukemia effects of a novel synthetic retinoid, Am80 (Tamibarotene).
Nakazato T, Okudaira T, Ishikawa C, Nakama S, Sawada S, Tomita M, Uchihara JN, Taira N, Masuda M, Tanaka Y, Ohshiro K, Takasu N, Mori N.
Cancer Sci. 2008 Nov;99(11):2286-94.

論文#24 (流用・転用画像掲載: 既に論文撤回済み)
A modified version of galectin-9 induces cell cycle arrest and apoptosis of Burkitt and Hodgkin lymphoma cells.
Makishi S, Okudaira T, Ishikawa C, Sawada S, Watanabe T, Hirashima M, Sunakawa H, Mori N.
Br J Haematol. 2008 Aug;142(4):583-94.

論文#27 (流用・転用画像掲載、岩政輝男学長が共著の論文、2007年9月20日に投稿, 2007年10月26日にon line 出版)
Downregulation of citrin, a mitochondrial AGC, is associated with apoptosis of hepatocytes.
Sawada S, Kinjo T, Makishi S, Tomita M, Arasaki A, Iseki K, Watanabe H, Kobayashi K, Sunakawa H, Iwamasa T, Mori N.
Biochem Biophys Res Commun. 2007 Dec 28;364(4):937-44.

論文#28 (流用・転用画像掲載:2007年7月7日に投稿, 2007年11月22日にAccept)
Mechanisms of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in human lung epithelial cells.
Teruya H, Higa F, Akamine M, Ishikawa C, Okudaira T, Tomimori K, Mukaida N, Tateyama M, Heuner K, Fujita J, Mori N.
BMC Microbiol. 2007 Nov 22;7:102.

論文#30 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み、2007年5月30日に投稿, 2007年7月31日にRvision版投稿, 2007年8月16日にAccept )
Helicobacter pylori induces CCL20 expression.
Tomimori K, Uema E, Teruya H, Ishikawa C, Okudaira T, Senba M, Yamamoto K, Matsuyama T, Kinjo F, Fujita J, Mori N.
Infect Immun. 2007 Nov;75(11):5223-32.

論文#31 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Activation of hypoxia-inducible factor 1 in human T-cell leukaemia virus type 1-infected cell lines and primary adult T-cell leukaemia cells.
Tomita M, Semenza GL, Michiels C, Matsuda T, Uchihara JN, Okudaira T, Tanaka Y, Taira N, Ohshiro K, Mori N.
Biochem J. 2007 Sep 1;406(2):317-23.

論文#33 (流用・転用画像掲載、2006年7月25日に投稿, 2006年11月21日にRevision版がAccept)
A modified version of galectin-9 suppresses cell growth and induces apoptosis of human T-cell leukemia virus type I-infected T-cell lines.
Okudaira T, Hirashima M, Ishikawa C, Makishi S, Tomita M, Matsuda T, Kawakami H, Taira N, Ohshiro K, Masuda M, Takasu N, Mori N.
Int J Cancer. 2007 May 15;120(10):2251-61.

論文#34 (流用・転用画像掲載:オリジナル論文か?、2006年7月1日に投稿, 2006年9月19日にRevision版がAccept)
Inhibition of heat shock protein-90 modulates multiple functions required for survival of human T-cell leukemia virus type I-infected T-cell lines and adult T-cell leukemia cells.
Kawakami H, Tomita M, Okudaira T, Ishikawa C, Matsuda T, Tanaka Y, Nakazato T, Taira N, Ohshiro K, Mori N.
Int J Cancer. 2007 Apr 15;120(8):1811-20.

論文#37 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Human T-cell leukemia virus type 1 tax dysregulates beta-catenin signaling.
Tomita M, Kikuchi A, Akiyama T, Tanaka Y, Mori N.
J Virol. 2006 Nov;80(21):10497-505.


論文#38 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Curcumin targets Akt cell survival signaling pathway in HTLV-I-infected T-cell lines.
Tomita M, Matsuda T, Kawakami H, Uchihara JN, Okudaira T, Masuda M, Ohshiro K, Mori N.
Cancer Sci. 2006 Apr;97(4):322-7.

論文#39 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Inhibition of constitutively active Jak-Stat pathway suppresses cell growth of human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines and primary adult T-cell leukemia cells.
Tomita M, Kawakami H, Uchihara JN, Okudaira T, Masuda M, Matsuda T, Tanaka Y, Ohshiro K, Mori N.
Retrovirology. 2006 Apr 9;3:22.

論文#41 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み、2005年8月31日に投稿, 2005年10月25日にAccept)
Transactivation of CCL20 gene by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1.
Okudaira T, Yamamoto K, Kawakami H, Uchihara JN, Tomita M, Masuda M, Matsuda T, Sairenji T, Iha H, Jeang KT, Matsuyama T, Takasu N, Mori N.
Br J Haematol. 2006 Feb;132(3):293-302.(論文中では2005年となっている)

論文#46 (流用・転用画像掲載、2005年5月23日に投稿, 2005年9月12日にAccept)
Curcumin suppresses constitutive activation of AP-1 by downregulation of JunD protein in HTLV-1-infected T-cell lines.
Tomita M, Kawakami H, Uchihara JN, Okudaira T, Masuda M, Takasu N, Matsuda T, Ohta T, Tanaka Y, Mori N.
Leuk Res. 2006 Mar;30(3):313-21.

論文#49 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Dengue virus-induced apoptosis in hepatic cells is partly mediated by Apo2 ligand/tumour necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand.
Matsuda T, Almasan A, Tomita M, Tamaki K, Saito M, Tadano M, Yagita H, Ohta T, Mori N.
J Gen Virol. 2005 Apr;86(Pt 4):1055-65.

論文#51 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Resistance to Apo2 ligand (Apo2L)/tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL)-mediated apoptosis and constitutive expression of Apo2L/TRAIL in human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines.
Matsuda T, Almasan A, Tomita M, Uchihara JN, Masuda M, Ohshiro K, Takasu N, Yagita H, Ohta T, Mori N.
J Virol. 2005 Feb;79(3):1367-78.

論文#52 (流用・転用画像掲載:オリジナル論文か?、2004年6月1日に投稿, 2004年9月22日にRevision版がAccept)
Transactivation of the CCL5/RANTES gene by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1.
Uchihara JN, Krensky AM, Matsuda T, Kawakami H, Okudaira T, Masuda M, Ohta T, Takasu N, Mori N.
Int J Cancer. 2005 May 1;114(5):747-55.

論文#56 (流用・転用画像掲載)
Elevated expression of CCL5/RANTES in adult T-cell leukemia cells: possible transactivation of the CCL5 gene by human T-cell leukemia virus type I tax.
Mori N, Krensky AM, Ohshima K, Tomita M, Matsuda T, Ohta T, Yamada Y, Tomonaga M, Ikeda S, Yamamoto N.
Int J Cancer. 2004 Sep 10;111(4):548-57.

論文#58 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Apoptosis induced by the histone deacetylase inhibitor FR901228 in human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines and primary adult T-cell leukemia cells.
Mori N, Matsuda T, Tadano M, Kinjo T, Yamada Y, Tsukasaki K, Ikeda S, Yamasaki Y, Tanaka Y, Ohta T, Iwamasa T, Tomonaga M, Yamamoto N.
J Virol. 2004 May;78(9):4582-90.

論文#60 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Helicobacter pylori induces RANTES through activation of NF-kappa B.
Mori N, Krensky AM, Geleziunas R, Wada A, Hirayama T, Sasakawa C, Yamamoto N.
Infect Immun. 2003 Jul;71(7):3748-56.

論文#61 (流用・転用画像掲載)
Repression of Smad-dependent transforming growth factor-beta signaling by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 through nuclear factor-kappaB.
Mori N, Morishita M, Tsukazaki T, Yamamoto N.
Int J Cancer. 2003 Jul 10;105(5):661-8.

論文#63 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metalloproteinase-9 through activation of nuclear factor kappaB.
Mori N, Sato H, Hayashibara T, Senba M, Geleziunas R, Wada A, Hirayama T, Yamamoto N.
Gastroenterology. 2003 Apr;124(4):983-92. Erratum in: Gastroenterology. 2010 Oct;139(4):1424.



論文#67 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Activation of cyclin D1 and D2 promoters by human T-cell leukemia virus type I tax protein is associated with IL-2-independent growth of T cells.
Mori N, Fujii M, Hinz M, Nakayama K, Yamada Y, Ikeda S, Yamasaki Y, Kashanchi F, Tanaka Y, Tomonaga M, Yamamoto N.
Int J Cancer. 2002 May 20;99(3):378-85.

論文#69(流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Human T-cell leukemia virus type I Tax transactivates the matrix metalloproteinase-9 gene: potential role in mediating adult T-cell leukemia invasiveness.
Mori N, Sato H, Hayashibara T, Senba M, Hayashi T, Yamada Y, Kamihira S, Ikeda S, Yamasaki Y, Morikawa S, Tomonaga M, Geleziunas R, Yamamoto N.
Blood. 2002 Feb 15;99(4):1341-9.

論文#71(流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Expression of survivin in HTLV-I-infected T-cell lines and primary ATL cells.
Mori N, Yamada Y, Hata T, Ikeda S, Yamasaki Y, Tomonaga M, Yamamoto N.
Biochem Biophys Res Commun. 2001 Apr 20;282(5):1110-3.

論文#72 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Human T-cell leukemia virus type I oncoprotein Tax represses Smad-dependent transforming growth factor beta signaling through interaction with CREB-binding protein/p300.
Mori N, Morishita M, Tsukazaki T, Giam CZ, Kumatori A, Tanaka Y, Yamamoto N.
Blood. 2001 Apr 1;97(7):2137-44.

論文#73 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Constitutive expression of the cyclooxygenase-2 gene in T-cell lines infected with human T cell leukemia virus type I.
Mori N, Inoue H, Yoshida T, Tanabe T, Yamamoto N.
Int J Cancer. 2001 Dec 15;94(6):813-9.

論文#75 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Human T-cell leukemia virus type I tax protein induces the expression of anti-apoptotic gene Bcl-xL in human T-cells through nuclear factor-kappaB and c-AMP responsive element binding protein pathways.
Mori N, Fujii M, Cheng G, Ikeda S, Yamasaki Y, Yamada Y, Tomonaga M, Yamamoto N.
Virus Genes. 2001 Jun;22(3):279-87.

論文#76 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Constitutive activation of transcription factor AP-1 in primary adult T-cell leukemia cells.
Mori N, Fujii M, Iwai K, Ikeda S, Yamasaki Y, Hata T, Yamada Y, Tanaka Y, Tomonaga M, Yamamoto N.
Blood. 2000 Jun 15;95(12):3915-21.

論文#77 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Human T-cell leukemia virus type I tax activates transcription of the human monocyte chemoattractant protein-1 gene through two nuclear factor-kappaB sites.
Mori N, Ueda A, Ikeda S, Yamasaki Y, Yamada Y, Tomonaga M, Morikawa S, Geleziunas R, Yoshimura T, Yamamoto N.
Cancer Res. 2000 Sep 1;60(17):4939-45.

論文#79 (流用・転用画像掲載)
Helicobacter pylori induces matrix metall
Expression of human inducible nitric oxide synthase gene in T-cell lines infected with human T-cell leukemia virus type-I and primary adult T-cell leukemia cells.
Mori N, Nunokawa Y, Yamada Y, Ikeda S, Tomonaga M, Yamamoto N.
Blood. 1999 Oct 15;94(8):2862-70.

論文#82 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Induction of monocyte chemoattractant protein 1 by Helicobacter pylori involves NF-kappaB.
Mori N, Ueda A, Geleziunas R, Wada A, Hirayama T, Yoshimura T, Yamamoto N.
Infect Immun. 2001 Mar;69(3):1280-6.

論文#83 (流用・転用画像掲載:既に論文撤回済み)
Activation of intercellular adhesion molecule 1 expression by Helicobacter pylori is regulated by NF-kappaB in gastric epithelial cancer cells.
Mori N, Wada A, Hirayama T, Parks TP, Stratowa C, Yamamoto N.
Infect Immun. 2000 Apr;68(4):1806-14.




2-III 「不正行為に関連する公的研究費について」
被申立者である森直樹氏や岩政輝男学長や富田真理子氏は、研究代表者として
11つの研究課題(公的研究費No.1~No.11)の研究業績報告書において、データ流用が疑われる論文を業績として記載しています。さらに、森直樹氏や富田真理子氏は、研究代表者として5つの研究課題(公的研究費No.8, No.9, No.11, No.12, No.13)の研究計画調書において、データ流用が疑われる論文を業績として記載しています。

公的研究費No.1
日本学術振興会の科学研究費補助金の奨励研究(A)の
研究課題番号:10770510(HTLV-I感染によるiNOS遺伝子発現誘導機構の解析)
「1999年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/10770510/1999/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#79において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。

公的研究費No.2
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)
研究課題番号:12670995(ヒトT細胞白血病ウイルスI型TaxによるTGF-βシグナル伝達の抑制)の
「2001年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/12670995/2001/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#72と論文#71と論文#75と論文#73と論文#69と論文#67において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。

公的研究費No.3
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)の
研究課題番号:14570988(PI3K-Akt経路の活性化による成人T細胞白血病発症の分子機構)の
「2002年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/14570988/2002/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#67と論文#69と、
「2003年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/14570988/2003/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#56と、論文#58において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。

公的研究費No.4
文部科学省の科学研究費補助金の特定領域研究の
研究課題番号:15019092(デングウイルス感染により誘導される肝細胞アポトーシスの分子生物学的機序と病原因子)の
「2003年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15019092/2003/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#56、論文#58において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。

公的研究費No.5 (研究代表者: 岩政 輝男)
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)の
研究課題番号16590285:(頭頸部重複癌の発生-特にウイルス感染やミスマッチ修復遺伝子等の関与について-)の
「2004年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16590285/2004/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#58と、
「2006年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16590285/2006/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#38と、論文46において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性が高いです。

公的研究費No.6
文部科学省の科学研究費補助金の特定領域研究の
研究課題番号:16017289(蚊媒介性熱帯性ウイルス感染による神経・肝細胞死制御機構)の
「2004年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16017289/2004/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#49と論文#56と論文#58と、
「2005年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16017289/2005/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#51において
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。
(論文#49は、2005年度の研究実績報告書にも記載されています。)

公的研究費No.7
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)の
研究課題番号:16590951(HTLV-1の発がん機構とWntシグナル伝達経路との関連)の
「2004年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16590951/2004/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#58と論文#52と論文#51と、
「2005年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16590951/2005/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#38において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。
(論文#51は、2005年度の研究実績報告書にも記載されています。なお、論文#52は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)

公的研究費No.8
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)の
研究課題番号:19591123(カベオリンによるHTLV-Iの発がん分子機構)の
「2007年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19591123/2007/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#31と論文#24と論文#34と、
「2008年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19591123/2008/3/ja )
論文#23と論文#21と論文#15と論文#18において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。
(なお、論文#34は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)
さらに、この研究課題の研究計画調書の研究業績欄に記載の、論文#34, #37, #38, #39, #46, #51, #56, #58, #67, #69において、画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。(なお、論文#34は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)

公的研究費No.9
文部科学省の科学研究費補助金の特定領域研究の
研究課題番号:20012044(HTLV-1の発がん機構における遺伝子編集酵素AIDの関与)の
「2008年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20012044/2008/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#23と論文#21と論文#15と論文#18において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。
さらに、この研究課題の研究計画調書の研究業績欄に記載の、論文#31, #33, #34, #37, #38, #39, #46, #51, #56, #58において、画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。(なお、論文#34は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)

公的研究費No.10
日本学術振興会の科学研究費補助金の若手研究(B)の
研究課題番号:17790654(新規成人T細胞白血病治療の分子標的としてのHSP90)の
「2005年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/17790654/2005/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#46と論文#38と論文#51において、
「2006年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/17790654/2006/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#37と論文#39と論文#34と論文#33において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。

公的研究費No.11
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)の
研究課題番号:19591122(HTLV-I感染によるM期チェックポイント異常とATL治療への応用)の
「2007年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19591122/2007/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#27と論文#31と論文#33と論文#34と、
「2008年度 研究実績報告書」( http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19591122/2008/3/ja )
に発表文献として記載の、論文#15と論文#14と論文#16と論文#21と論文#23において、
画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。
(なお、論文#34は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)
さらに、この研究課題の研究計画調書の研究業績欄に記載の、論文#34, #37, #38, #39, #41, #46, #49, #51, #56において、画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。(なお、論文#34は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)

公的研究費No.12
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)の
研究課題番号:21591211(ATF3による成人T細胞白血病細胞運命制御)の
研究計画調書の研究業績欄に記載の、論文#21, #23, #31, #33, #34, #37, #38, #39, #46, #51, #56, #58において、画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。(なお、論文#34は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)

公的研究費No.13
日本学術振興会の科学研究費補助金の基盤研究(C)の
研究課題番号:21591212(成人T細胞白血病におけるマイクロRNAmiR-146aおよびmiR-155の役割)の
研究計画調書の研究業績欄に記載の、論文#21, #23, #27, #31, #33, #34, #37, #38, #39, #41, #46, #49, #51, #56において、画像の流用(捏造・改竄)の研究不正行為が行われた可能性があります。(なお、論文#34は流用画像の流用元論文であり不正ではない可能性があります。)



2-IV「不正行為の種類について」
本件の疑義は、 電気泳動像の「流用」 の研究不正行為に対するものです。
「流用」とは、一つの実験データまたはオリジナル画像を複写し、別の目的のためにデータや画像として使用することであり、「捏造」と「改竄」及びそれらの複合に当たります。本件においては、画像サイズ、コントラスト、縦横比などが異なる場合があるものの、泳動像の歪み、各レーンのバンド画像の位置関係、バックグラウンドの汚れ等が複数の画像で酷似しています。仮に、これらの類似が極めて低い確率で偶然に生じ得るとしても、それが一つの画像のみならず複数の画像で同時に生じること、また、複数の論文に跨って生じることは極めて不自然であり、合理的な説明は不可能です。さらに、複数の画像において、切り貼りなどの加工・編集をした痕跡も確認できます。これらのことから、本件は、一つの実験データ・画像を複数の実験図で流用したものと判断されます。




3 不正とする科学的合理的理由

(省略)
関連記事参照 → 琉球大学での研究不正についての全指摘項目






関連書類
資 料 番 号 資   料   名
1 論文リスト(99論文)
2 研究実績報告書の写し

3 研究計画調書の写し
(研究計画調書は日本学術振興会や文部科学省へ情報公開請求し取得した。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加