みけん・み~すけのやさしい技術士ブログ

あなたと、技術プロフェッショナルな人々をリンク! みけん、み~すけのコラボレーション・ブログは技術士への扉です!

「食メディア」&「食とバーチャルリアリティ」&「パーソナル感性分析」のセミナー

2017-05-02 05:19:03 | 国際連携

デジタル&IoTに関する斬新な切り口のセミナーが開催されます。 

まずは、「食メディア」&「食とバーチャルリアリティ」&「パーソナル感性分析」
といった、ユニークなキーワードで織りなす新しい食の世界のご紹介です。

講師は、テレビ東京のワールドビジネスサテライト、「トレンドたまご」などでも
斬新な発想とプロダクトを紹介されている、明治大学の宮下芳明先生、
バーチャルリアリティの世界で不思議で魅惑的な研究をしておられる
鳴海先生をはじめ、気鋭の研究者が講演されます。
_____________________________________■

 ■"未来へのバイオ技術" 勉強会「デジタル&先端メディアと人工知能が拓く新しい食の世界」

 本セミナーでは、デジタル&先端メディア&人工知能をフィールドとして、感性に基づいた創造的社会の実現を目指し多様な活動を行っておられる研究者をお招きし、食の世界に新しい風を吹かせたい。

2017年6月20日(火) 14:00~17:00 終了後、交流会あり

会場(一財)バイオインダストリー協会 会議室 (地下鉄日比谷線「八丁堀駅」下車すぐ)

定員 60名

主催 (一財)バイオインダストリー協会

協力・協賛 (一社)情報処理学会、NPO法人日本バーチャルリアリティ学会、

(一社)人工知能学会、(公社)日本生物工学会(いずれも予定)

 

「食の世界に先端メディアサイエンスは何をもたらすか」

宮下 芳明氏(明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 教授・学科長)

演者は、先端メディア・コンテンツ表現を探求し、社会を変容する多様な研究を進め

ている。本講演では、そのうち、飲食コミュニケーション、電気味覚による味覚変化

と視覚コンテンツの連動、食メディアにおける味情報提示手法、調理レシピプログラ

ミング言語、など、食と五感に関わる新しい試みを中心に紹介いただく。

 

「クロスモーダルデザインで広がる食と香りとバーチャル世界」

鳴海 拓志氏(東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 講師 )

演者は、バーチャルリアリティや拡張現実感の技術と認知科学・心理学の知見を融合

し、限られた感覚刺激提示 で多様な五感を感じさせるためのクロスモーダルインタフェ

ース、五感に働きかけることで人間の行動や認知、 能力を変化させる人間拡張技術

等の研究に取り組んでいる。 拡張満腹感、Meta Cookie、おばけジュース、視嗅覚ディ

スプレイシステムなどユニークな食の研究のほか、クロスモーダル知覚を生かしたもの

づくりやサービスデザインの方向性について紹介いただく。

 

「食分野に活用 人工知能「SENSY」の可能性」

渡辺 祐樹氏(カラフル・ボード株式会社 代表取締役CEO/人工知能科学者)

演者は、慶應義塾大学、千葉大学を共同研究パートナーとし、「感性」を学習する

人工知能「SENSY」を開発。SENSYが持つ「パーソナル感性分析」のアプローチを

味覚に応用することで、ユーザーレビュー(飲食後の感想)からひとりひとり異なる

味覚をデジタル化して捉える。これにより、個々人がまだ食したことのない食品で

あっても、味覚を予測して提案することが可能になる。

この技術を活用し、三菱食品と提携し、酒類におけるアプリケーションとして

「SENSYソムリエ」を開発した。

 

講演会参加費    JBA法人会員:無料、協賛学会会員:無料

JBA個人会員(アカデミア所属):無料

但し、JBA法人会員でない企業(事業者)に所属する個人会員は5,000円(税込)

非会員:10,000円(税込)

<https://ssl.alpha-prm.jp/jba.or.jp/pc/activitie/tip_biotechnology/guidance/002559.html>

うまく表示しない場合は、

<http://www.jba.or.jp/pc/activitie/event/> からお申込みいただけます。

 

_____________________________________■

 

■"未来へのバイオ技術" 勉強会「デジタルとIoTが広げる新たな食の可能性」

デジタル&IoTをフィールドとして、新たな食の可能性を追求したい。

 

2017年6月 2日(金)14:00~17:00 終了後、交流会あり

会場(一財)バイオインダストリー協会定員 60名

主催 一財)バイオインダストリー協会

協力・協賛

(一社)情報処理学会、(公社)日本生物工学会、(公社)日本農芸化学会(予定)

 

「食品工場の更なる安心・安全に向けたIoTソリューション」

黒沢 潤 氏(横河ソリューションサービス(株) インダストリアルソリューションセ

ンター2部 Gr長)

 食品製造業においては「品質確保」「コスト削減」が課題であり、両者を実現する

ことで食の安心安全を支える環境が生まれる。IoTの技術を活用することで、食品製

造現場でどのような取り組みが可能かを、事例を含めて紹介する。

 

「食品用3Dゲルプリンタを用いた個別化メニューの提供 ~高齢者や嚥下障害の方に

食べる楽しみのある未来を」

古川 英光 氏(山形大学大学院理工学研究科 教授)

 演者らは、食品用3Dプリンタを用いて、個人ニーズに対応したオーダーメイド食の

創成を目標とし、ゼリー食用の様々なフードインクを開発した。温度制御によってゾ

ル-ゲル変化を制御できるように、寒天とゼラチンを用いる。納豆インクから納豆

を、米粉インクからご飯を、そしてピザやハンバーグを作るためのピザインクや、ハ

ンバーグインクも作り、メニューごとにインクカートリッジを作って、3Dプリンタに

セットすればよい。

 実際に、高齢者や嚥下障害の方に食べる楽しみを届けるために、見た目も美しい3D

ゼリー食品も開発した。体調や好みにあった硬さ、形状、食感、見た目の食品を、介

護施設や家庭で気軽に作ることができれば、その方に合ったパーソナルメニュー、個

別化メニューを提供できるようになると期待される。

 

「生鮮食品のフードバリューチェーンを強化するIoTソリューション」

橋本 司 氏((株)スカイディスク 最高経営責任者CEO)

 契約農家などの生産者から一般家庭やレストランなどの消費者までの生鮮食品物流

品質をIoTで監視し、情報を可視化して人工知能で生鮮食品を管理するシステムを開

発した。物量においてはトラック内の環境を温湿度、衝撃、GPSでの位置情報などを

リアルタイムに可視化する。農業においてはビニールハウス内で、温湿度、照度、

CO2センサなどを用いてビニールハウスの環境を可視化し、見回り頻度の最適化や

データ蓄積による育成予測などを行う。農業&物流における鮮度管理を行うことで、

生鮮食品の破棄率の低下などが期待される。

申し込みは

<https://ssl.alpha-prm.jp/jba.or.jp/pc/activitie/tip_biotechnology/guidance/002551.html>

うまく表示しない場合は、<http://www.jba.or.jp/pc/activitie/event/>

からお申込み下さい。

コメント

4月20日BSプレミアム 美と若さの新常識~カラダのヒミツ~ に益崎先生ご出演?!

2017-04-19 06:19:17 | 美味しいバイオ

琉球大学の益崎先生がテレビの取材を受けられたそうです。

番組は、明日の夜9時から、BSプレミアムだそうです。

2017年4月20日(木曜日)午後9時00分~10時00分

再放送:(翌水曜日)午後6時00分~7時00分

 http://www4.nhk.or.jp/beautyscience/

NHKBSプレミアム   美と若さの新常識~カラダのヒミツ~

「スリムボディの近道 “舌”に注目!」

 スリムな体型は食生活が肝心。ならば、食生活を左右する、舌の味覚を逆手にとって、痩せやすい体質へ誘導できないか注目を集めている。こってり味や甘い味を好むと体重増加傾向に(疫学研究)。動物性脂肪を好むと食欲中枢のブレーキが利かなくなる(脳科学)等、太りやすい味の正体が明らかにされる一方、ある味覚が、脳や腸のスイッチを入れダイエットに利用できることもわかってきた。おいしく食べて痩せられる新健康術に挑む。

※具体的に商品のご紹介はないと思います(だってNHKだから)。

でも、もしかしたら注文が殺到するかもしれません!今日のうちに注文しておかねば。

http://www.aizu-tenpo.co.jp/list-genmai.html

コメント

食べる藻ん。

2017-03-01 06:27:35 | 美味しいバイオ

会津天宝醸造の「玄米オリザーノ」のファンになって3ヵ月。朝に毎日飲んでいます。

やさしいダイエットパートナーです。 腸内フローラも綺麗になるとか。

今、研究中のようですね。

http://www.aizu-tenpo.co.jp/list-genmai.html 

 

一食置き換えにはもってこいで、甘酒といっても玄米の粒が残っていて、飲むよりは食べるという感じです。

それとは別に、アサイーグラノーラも腸内フローラを改善するとのことです。

https://www.frutafruta.com/

アサイージュースは甘いのですが、アサイーは実はけっこう酸味があるのですね。

アサイーグラノーラもそれほど甘くはなかったです。

タイトルの食べる藻ん。ですが、ちとせ研究所の「タベルモ」をヨーグルトと一緒に食べる、

ってのをやってみました。

http://www.tavelmout.jp/

白いヨーグルトにアサイーの赤紫、「タベルモ」の緑をかけて食べるのも綺麗で美味しいし、

玄米オリザーノとのコラボもいいかも。

「タベルモ」はアイスクリームも出ているのですが、

これは色がすごい深みがあって、小学校の図工の筆洗いの水の色を思い出してしまいました!!

うう。

ごめんね、食べる藻ん。

 

コメント

あけましておめでとうございます。

2017-01-01 09:13:33 | 国際連携

おだやかなお正月を迎えることができました。

今年はIOTに注目しようという流れに、乗りたいと思います。

色々と、勉強していきます。

今年もよろしくお願いします。

コメント

「青藍(あい)の時代:色素が癒やす腸疾患」

2016-12-26 07:07:26 | 国際連携

昔のお昼のドラマみたいなタイトルですが。

「青藍(あい)の時代:色素が癒やす腸疾患」

漢方薬の青黛(せいたい)は、消解毒、涼血などの効能があるが、主成分は色素のイ
ンジゴである。はじめに、牛田教授からインジゴをバイオの観点を含めて分かり易
く、続いて金井教授から青黛の潰瘍性大腸炎に対する臨床研究の現状を紹介する。

開催日時 2017年1月12日(木) 15:00~17:00 終了後、交流会あり

会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 60名
主催 (一財)バイオインダストリー協会

協力・協賛:日本植物細胞分子生物学会、日本生物工学会、日本農芸化学会(いずれも予
定)
17:00~18:00 交流会

プログラム

15:00~16:00
「藍染めの概要とインディゴ系色素の挙動」
牛田 智 氏(武庫川女子大学 生活環境学部 生活環境学科 教授)
 藍は最も身近な天然染料で、その青色色素(インジゴ)は、緑色の藍植物に含まれる
無色の成分から生じ、染色する場合は、酸化還元が関与する。そのちょっと不思議な
世界を演示実験を交えながら解説する。

16:00~17:00
「青黛と潰瘍性大腸炎」
金井 隆典 氏(應義塾大学医学部 内科学(消化器) 教授 )
 中国でも近代化に伴い潰瘍性大腸炎の患者が増加している。中医学では潰瘍性大腸
炎に、'熱'を抑えるさまざまな生薬の混合剤Xilei Sanが用いられる。我々は、
Xilei San中の藍から抽出される生薬青黛(Qin-Dai)に注目し、既存治療に抵抗する潰
瘍性大腸炎患者を対象にQin-Dai内服カプセルを開発し臨床試験を開始した。

講演会参加費
講演会参加費:JBA法人会員:無料、協賛学会会員:無料
JBA個人会員(アカデミア所属):無料
 但し、JBA法人会員でない企業(事業者)に所属する個人会員は5,000円(税込)
 非会員:10,000円(税込)

交流会参加費 無料
http://www.jba.or.jp/pc/activitie/tip_biotechnology/guidance/002402.html
よりお申し込みください。
または
http://www.jba.or.jp/pc/activitie/event/
からお申し込みください。

 

コメント

最終案内「次世代機能性農林水産物・食品の開発」公開シンポジウム~夢の進展と社会実装

2016-12-02 06:58:24 | 美味しいバイオ

内閣府SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)

次世代農林水産業創造技術「次世代機能性農林水産物・食品の開発」

公開シンポジウム~夢の進展と社会実装 は

12月5日(月)13時~18時

有楽町朝日ホールにて開催されます。

お早めにお申し込み下さい。

お申し込みは

https://goo.gl/9R4LHN

からお願いします。

 最新の分析機器の展示、研究成果を実証した試供品の配布等も行われるようです。       

★web申し込みが間に合わない場合は、直接会場にお出かけください。   

コメント

バイオエンジニアリング研究会公開講演会「再生医療のエンジニアリング」

2016-11-03 20:24:31 | バイオ

バイオエンジニアリング研究会公開講演会「再生医療のエンジニアリング」

 

開催日時 2016年12月13日(火) 10:30~17:35 終了後、交流会あり

会場 東京大学 先端科学技術研究センター(駒場IIキャンパス) 3号館南棟1階 ENEOSホール

定員 170名

主催 (一財)バイオインダストリー協会

共催 (一社)再生医療イノベーションフォーラム

協力・協賛 日本化学会、日本生物工学会、化学工学会バイオ部会、日本動物細胞工学会(予定)

備考 ※終了後、交流会を行います(18:00~19:30)

場所:東京大学 駒場IIキャンパス 生産技術研究所 AN棟1階

    「オーガニック レストラン アーペ (ape cucina naturale)」

 

開会挨拶 関 実 氏(千葉大学副学長 教授/バイオエンジニアリング研究会 会長)

 

講演

1.「アカデミア」 再生医療製品の製造についてアカデミアの立場から

【基調講演1】

・紀ノ岡 正博 氏(大阪大学工学研究科生命先端工学専攻 教授)

 

2.「産業界」  製造時の苦労や工夫を中心に

使用者

・糠谷 育衛 氏(タカラバイオ(株))

「遺伝子・細胞治療のエンジニアリング」

・菅原 桂 氏((株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング再生医療事業(軟骨領

域)開発最高責任者)

「自家培養軟骨ジャックの開発と製品化への道のり」

 

製造者

・竹内 誠亮 氏(ニプロ(株))

「閉鎖系自動培養システム:CELLAFORTE」

・五十嵐 聡 氏(ザルトリウス・ステディム・ジャパン(株))

「再生医療に向けたハード面(機器/容器)のアプローチ」

 

業界団体

・(一社)再生医療イノベーションフォーラム

 「(仮題)FIRM ガイド(輸送、自動培養装置開発)、およびCPC事例集」

 

3.「規制側」

【基調講演2】 最新のレギュレーション動向

・渡邉 可奈子 氏 ((独)医薬品医療機器総合機構(PMDA) 再生医療製品等審査部 審査

専門員)

「再生医療等製品の審査について」

 

パネルディスカッション  

司 会: 菅谷 和夫((株)IHIプラントエンジニアリング顧問/バイオエンジニアリ

ング研究会 副会長)

パネル: 講演者

 

お申込みは

https://ssl.alpha-prm.jp/jba.or.jp/pc/activitie/tip_biotechnology/guidance/002341.html

うまく表示しない場合は

http://www.jba.or.jp/pc/activitie/event/

からお願いします。

コメント

深海の微生物

2016-10-20 06:36:10 | バイオ

深海の微生物に興味のある方にぴったりのセミナーです。

「深海・深海微生物のポテンシャル
~JAMSTEC深海サンプル提供事業のご紹介」

(国研)海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、有人調査潜水船「しんかい6500」に代表される世界有数の深海調査・研究能力を活用して収集した10,000を超える菌株や環境ゲノム情報等、深海微生物に関する世界有数のリソースを保有しています。今年度より、オープンイノベーション体制によってこの膨大なリソースを経済・社会に有用な形で利活用するための新たな取り組み「深海サンプル提供事業」を試験的に開始しました。
事業の本格展開を前に、皆様に深海および深海微生物のポテンシャルをご紹介し、さらには本オープンイノベーション事業の可能性について忌憚なきご意見を頂戴したく、セミナーを開催いたします。

https://ssl.alpha-prm.jp/jba.or.jp/pc/activitie/tip_biotechnology/guidance/002335.html

2016年10月28日(金)
14:00~16:40
終了後、交流会あり
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 60名

 

コメント

玄米オリザーノにはまった。

2016-10-19 07:13:06 | 国際連携

玄米オリザーノ、バイオジャパンから毎日飲ませていただいております。

適度な甘みによる充足感で、間食を欲しない自覚はものすごくあります。

どろどろのお粥に近い形状であることも良いのか、お腹にたまる感じで、

しっかり食べた感があります。

ダイエットをしている、という物足りなさが「ありません」。

朝食置き換えをしていますが、既に、はまっています。

 

コメント

美味しかった!! 玄米オリザーノ

2016-10-15 13:41:06 | 美味しいバイオ

会津天宝醸造(株)では、琉球大学大学院 益崎裕章先生と協同で、日本古来のスーパーフードの機能を解明し、健康寿命増進に活かす研究成果を発表されました。
玄米に含まれるγ-オリザノールは、視床下部小胞体ストレス亢進を抑制して、動物性脂肪に対する依存性を緩和します(特許公開番号: 2013-144656)。
福島県ハイテクプラザとともに、会津産ひとめぼれ玄米を使用し、砂糖無添加、ストレートタイプの甘酒「玄米オリザーノ」として製品化、各地で試飲を行っています。
バイオジャパン2016では、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)次世代農林水産業創造技術「次世代機能性農林水産物・食品の開発」において実施された研究成果が紹介され「玄米オリザーノ」の試飲も行われました。

ほんのり甘く、アルコール度はなくお子様でも妊娠中の方でもお飲みいただけます。
甘すぎず、何杯でも飲めそうです。間違いなく美味しいですよ。
ダイエットのパートナーに、一食置き換えに、食事の改善にいかがでしょう。
http://www.aizu-tenpo.co.jp/dietpartner.html

 

コメント