読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・舟を編む

2013年05月02日 | 映画(国内)

 

2013年 日本

 

ほぼ三浦しをんさんによる原作通りでした

 

主人公の馬締(松田龍平)は原作から自分が想像していたよりさらに風変わり

一生懸命な人間が見せる滑稽さ、でもカッコイイ

真面目な馬締は松田龍平以外では誰が演じられるか、と思うくらい嵌まっていました

 

西岡(オダギリジョー)は映像でも相変わらずのチャラ男ぶり

プラス、原作では印象の薄かった西岡の彼女・麗美(池脇千鶴)が存在感を増していました

一見軽めの女の子なのだけれど西岡の良いところも悪いところも全部受容れてて、上手く手のひらで転がされているのは西岡のほうなのですね

 

馬締と香具矢(宮あおい)は原作とは少々違い完全にプラトニックに描かれていました

その分を西岡&麗美が補っていたかな

 

村越局長(鶴見辰吾)が「自分の給料分くらいの稼ぎを出せ」と馬締と西岡に厳しく言うところでは、夢を追っているだけでは企業は成り立たないという現実を観客にも伝えてくれます

 

辞書「大渡海」の編集から完成までには長い時間がかかります

馬締が辞書編集に携わり始めた時にアパート近くにあった公衆電話ボックスが12年後には姿を消していました

他にもPHSやパソコン、ファッション、ヘイスタイルなど時のながれを感じさせるものが色々と出てきてよく計算されていました

 

 

脇を固めるベテラン俳優陣も良かったです

加藤剛さん、随分お年を召されましたが美形ですね

 

エンドロールで麻生久美子さんの名前を見て、他の方の記事を思い出したのですが後の祭り

子供を抱いた全体像をボンヤリと覚えている程度で…残念

 

馬締が大量の辞書を買って帰宅するシーン

あれだけの辞書を一重の紙袋2つでは無理でしょう

絶対破れますよ、あれは (^_^;)

 

文字、言葉そして人への愛が描かれた素敵な映画でした

 

 

公開から直ぐ観なかったのは宮崎あおいさんの香具矢にギモンがあったから

鑑賞後の印象は

スクリーンに香具矢という女性は登場したが、宮崎あおいさんはいたのか、です

昔の「青い車」という映画のときの宮あおいさんが思い出されて仕方なかったのは何故かなぁ

よくわからないや

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画・ハッシュパピー バスタブ... | トップ | 肌寒いですね »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
辞書 (narkejp)
2013-05-02 20:44:22
『新明解』が話題になったときは、面白がって引きましたが、生涯、最も多く引いた辞書は、英和辞典だと思います。残念ながら、国語辞典はそれほど引いておりません。さて、辞書を作るとなると、こんなふうな地味な作業になるのでしょうね。知らない職場をのぞきみる面白さがありました。
役者さんは、「大岡越前」の加藤剛をのぞきほとんど知らない人ばかりですので、どなたもみな新鮮でした。こういうところは、ほとんどテレビを見ないで○十年の仙人生活のメリットでしょう(^o^)/
narkeipさん (こに)
2013-05-03 13:56:55
辞書つくり、地味ですが大切なお仕事ですね。
私も英和辞典が一番かな。
「憮然」「右」を我が家の国語辞書(岩波)で調べました。
ナルホド、映画とはまた違う表現がされていました。(^_^;)

渡辺美佐さんや八千草薫さんもご存じないとは本当に仙人ですよ!
BSプレミアムで放送されている東山紀之版「大岡越前」を一回だけ見たのですが加藤剛版をそのまま持ってきた感じで、国営放送が民営の脚本をそのまま流用しているかと疑いたくなる内容でした。
今さらヒガシで放送しなくても加藤剛さんので充分でしょう、なんて思いましたよ。
かぐや (latifa)
2013-05-07 13:27:37
こにさん、こんにちは!
そうですよね・・・私もあおいちゃんは別に嫌いじゃないけれど、ちょっと最近、出過ぎかな・・・と思ったりもします。
彼女じゃなくても、もっと別の女優さんでも良いんじゃないのかな・・・?って役でも、出てたりするから・・・。

青い車、むかーし見たんですが・・・
途中で寝ちゃって・・・・
そのまま返却しちゃった映画でした・・・
宮さん (latifaさん)
2013-05-09 14:52:26
あっちでもこっちでもお顔拝見だし、似たりよったりだしね。

「青い車」
寝てしまったのですか。
分る気もします。
淡々と流れる物語でしたものね。
そういえばその時のお姉さん役は麻生久美子さんでしたよね!
Unknown (タケヤ)
2014-02-08 16:21:00
激しい感動作!という感じでは
ありませんが胸の奥からくる(じわあ~)
って感じが素敵な作品ですよね。

辞書作り・・・僕は無理だなあ(笑)
馬締役は松田龍平すっごくハマッて
いたかと思います。

ところで・・・宮崎あおいさんを見ると
どうしても幸薄い印象が否めないのは
僕だけでしょうか?
タケヤさん (こに)
2014-02-10 12:24:28
>激しい感動作!という感じでは
ありませんが胸の奥からくる(じわあ~)
って感じが素敵な作品ですよね。

そうそう、そうなんです!
邦画のこういうところが大好きです。

宮あおいさん
ハチャメチャに明るい役とか無いですねぇ。
どの作品の、どの役を演じても同じに観えてしまいます。
それって、まだ若くて将来のある女優さんにとって良いことなのかしらねぇ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
舟を編む (あーうぃ だにぇっと)
舟を編む@東商ホール
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが... 【ストーリー】  玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配...
舟を編む (だらだら無気力ブログ!)
辞書作りって大変なんだな。
『舟を編む』 (こねたみっくす)
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...
舟を編む (悠雅的生活)
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。
舟を編む~言葉の光と影 (佐藤秀の徒然幻視録)
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
『舟を編む』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月...
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 (はらやんの映画徒然草)
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
舟を編む  監督/石井裕也 (西京極 紫の館)
【出演】  松田龍平  宮崎あおい  オダギリジョー 【ストーリー】 玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ...
辞書を作ろう! (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・ 辞書編集をテーマにしたドラマ  ...
「舟を編む」小説と映画ちょっと比較 感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
松田龍平はもちろんのこと、西岡役のオダギリジョーがとても良かった!
舟を編む ★★★★ (パピとママ映画のblog)
2012年本屋大賞で大賞を獲得し、2012年文芸・小説部門で最も販売された三浦しをんの『舟を編む』(光文社・刊)。 言葉の海を渡る舟ともいうべき存在の辞書を編集する人々の、言葉と人に対する愛情や挑戦を描いた感動作を、「剥き出しにっぽん」で第29回ぴあフィルムフェ...
「舟を編む」 (元・副会長のCinema Days)
 新時代の“サラリーマン映画”であり、評価できる。特に昨今の就職難で、ようやく正社員として採用されたはいいが、居場所が見つからずに悩んでいる若い社会人に奨めたい。  90年代、大手出版社に勤める若手社員の馬締光也は学生時代に言語学を専攻していたことも...
舟を編む (単館系)
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? (映画のブログ)
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切...
舟を編む (いやいやえん)
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集...
舟を編む (タケヤと愉快な仲間達)
監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、小林薫、加藤剛 【解説】 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が....
舟を編む (映画と本の『たんぽぽ館』)
いざ、言葉の大海原へ * * * * * * * * * * 本作は、三浦しをんさんの原作を非常に面白く読んだので、 見るまでもないと思い、見ていなかったのですが、 日本アカデミー賞受賞作となればやはり見ないわけにも行きますまい・・・。 玄武書房の営...