読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・ハッシュパピー バスタブ島の少女

2013年04月30日 | 映画(海外)

 

原題 BEASTS OF THE SOUTHERN WILD

2012年 アメリカ

 

 

地球温暖化により水没の危機に瀕している「バスタブ島」

手つかずの自然に囲まれた島で父親と二人で暮らす6歳のハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)

彼女は「この自然界は繊細な仕組みを持ちながら、命を持ち、呼吸をし、息吹いている。そして宇宙にあるすべてのものがうまく収まっているのだ。」と信じています

いつも酔っぱらってバカ騒ぎにうつつを抜かしている父親(ドゥワイト・ヘンリー)はあまりハッシュパピーの世話をしてくれないが多くの動物たちと自由気ままに暮らす日々は楽しいものだった

貧しく教育も受けられないハッシュパピーですが、彼女は自分を可哀相だとも不幸だとも思っていないし島民たちも彼女の自立を見守っています

ところが百年に一度という大嵐がバスタブ島を壊滅状態にしてしまう

生き残った島民たちは生まれ育った土地を離れようとはしないが、政府により居住禁止区域に指定され強制的に施設に運ばれてしまう

施設の生活に馴染めないハッシュパピーや父親を始め島民たちは脱走を図り、無事「故郷」に戻ることが出来たのだが…

『遥か昔氷河に閉じ込められた動物オーロックスが大規模な気象変動によって生き返りバスタブに現れる』

という神話が現実のものになり、バスタブ島に戻ったハッシュパピーの目の前にそれは現れます

彼女はどんな生き物より強いというオーロックスにどのように対峙するのでしょう

 

現実的な地球温暖化や生態系の変化の問題に民話的な要素を盛り込んで、主人公の少女が生き延びるために勇気や精神力を身に着けていく心の変遷を描いています

 

オーディションで選ばれたというクヮヴェンジャネちゃんの演技が実に自然体でドキュメンタリー映画のようでもありました

父親役のドゥワイト・ヘンリーもオーディションで選ばれたそうですが全くワイルドそのもの、お見事でした。

 

 

自然の猛威により自分たちが住んでいる場所が一瞬でなくなることもある

そこは危険な場所だから、と強制的に移住させられることもある

文化や故郷もなくなってしまう

東日本大震災を経験した日本人には、よく理解できることだと思います

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画・天使の分け前 | トップ | 映画・舟を編む »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドキュメント&ファンタジー (たんぽぽ)
2013-04-30 22:00:20
こにさん、こんばんは。
本当に、ドキュメンタリーのようでありながら、オーロックスのシーンは幻想的でファンタジーのようでもあり、映画の持つ表現の可能性をまた、改めて認識しました。
始め、目も当てられないような極貧生活・・・と、思えたし、これはネグレクトではないのかとさえ思えたりもしたのですが、見ているうちに彼女の住む世界の豊穣さを強く感じるようになって行きました。物質の豊かさと心の豊かさは全くの別物ですね。
たんぽぽさん (こに)
2013-05-01 19:50:08
ウィンクの教育は、そりゃヒドイものですが「ハッシュパピーが生き抜くためにはどうすべきなのか」はきちんと教えようとしていたし強い絆がありましたね。

>物質の豊かさと心の豊かさは全くの別物
仰る通りです。
あんな生活…、と思うのはこちらの傲慢でしかありませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハッシュパピー~バスタブ島の少女~ (佐藤秀の徒然幻視録)
地球温暖化のティッピングポイント 公式サイト。Beasts of the Southern Wild ルーシー・アリバー原作、ベン・ザイトリン監督、クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー。本作で史 ...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (あーうぃ だにぇっと)
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~@スペースFS汐留
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (映画と本の『たんぽぽ館』)
“ヒト”が太古から生活してきたそのままに             * * * * * * * * * 無名新人監督によるインディペンデント作品ですが、一躍脚光を浴び、 当時6歳のクワベンジャネ・ウォレスが 史上最年少アカデミー主演女優賞にノミネートされ...
映画:ハッシュパピー バスタブ島の少女 Beasts of the Southern Wild  尽きない生命力を体感せよ!  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
どんな時代なのか(現代? 未来?) どこなのか(アメリカなのはわかるけど、いったいここはどこ?) そんなことさえ全くわからないまま、6才の少女から語られる今。 何はともかく、恐ろしく強力に「生命力」に溢れる。 凄いパワー! これに圧倒されているうちに、す....
「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 たくましく生きろ! (はらやんの映画徒然草)
無名の監督、そして6歳の少女の主演であるにもかかわらず、アカデミー賞にノミネート
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 雰囲気は『ジェヴォ-ダンの獣』&『ヴィレッジ』?
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (心のままに映画の風景)
6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘン...
ハッシュパピー バスタブ島の少女/BEASTS OF THE SOUTHERN WILD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 劇場で予告篇何度も観ちゃってて、それでも惹かれなかったんだけど アカデミー賞作品賞など、主要4部門でのノミネートというわけで 一応観なくちゃってことで、時間も合ったのでみてきました~ 若干29歳...
ハッシュパピー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などで高く評価されたということで映画館に行ってみました。  本作は、水没の危機に瀕した島で暮らす父娘の物語です。  主役は、6歳の女の子のハッシュパ....
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (とりあえず、コメントです)
2012年度のアカデミー賞を賑わした少女クヮヴェンジャネ・ウォレス主演のファンタジックなドラマです。 あの世界の全てを睨みつけるような表情に惹かれてチャレンジしてみました。 予想以上に過酷な運命の中で真っ直ぐに前を向く彼女の姿に、大きな何かを貰った気持ちにな...
他にない力強さ! (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女」を鑑賞しました。 6歳の少女ハッシュパピーは、“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで父親のウィンクと暮らしていた 閉鎖的な場所であったものの穏やかな日々を送っていたが、ある晩嵐が全てを奪い去って...
ハッシュパピー バスタブ島の少女 ★★.5 (パピとママ映画のblog)
昨年のサンダンス映画祭で上映されて以来、新人ベン・ザイトリン監督によるこの低予算の映画は、数多くの賞賛を受けていた。サンダンスではグランプリと撮影賞を受賞。カンヌ国際映画祭にも招かれ、カメラドール、国際批評家連盟賞など四冠に輝き、もしかしてアカデミー賞...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (悠雅的生活)
地球とおしゃべり。目覚めたオーロックス。小さなかけら。
映画『ハッシュパピー、バスタブ島の少女』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-37.ハッシュパピー、バスタブ島の少女■原題:Beasts Of The Southern Wild■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:93分■観賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円□監督・脚本:ベン・ザイトリン□脚本:ルーシー・アリバー◆クゥヴェ...
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (いやいやえん)
海に浮かんだ小さな島通称バスタブに、父と暮らす少女ハッシュパピー。 しかしある晩襲ったハリケーンにより、島は海水にのみこまれてしまう…。 てっきり南太平洋かどこかの島だろうと思っていたのですが、舞台はアメリカの南部らしいですね。なんだかそれだけでも...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BEASTS OF THE SOUTHERN WILD】 2013/04/20公開 アメリカ 分監督:ベン・ザイトリン出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー ウィンク あたしは強くなる [Story]長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ...