豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『ココ・アヴァン・シャネル』

2009-09-29 23:04:09 | 映画
『ココ・アヴァン・シャネル』
誰もが知っているあの有名ブランド「シャネル」を作った女性
ココ・シャネルの物語。


今の仕事をする以前はアパレルに勤めていたので
かなり興味を持って観て来ました。


ココを演じるのは『アメリ』の印象が強いオドレイ・トトゥ。

実物シャネルそっくりの見せ方に思わず鳥肌が・・・
ラストのショウのシーンでは
思わず涙がこみ上げてしまいました。



今でこそ、バッグのイメージが強くなってしまった「シャネル」
けれど、彼女がファッション界に革命をもたらした事は
とてもすごい事ばかり。
女性をコルセットから解放し
ジャージー素材を婦人服地として始めて取り入れたり。
今では当たり前の「黒」も喪服から
ファッションとしてのカラーに変えたのも彼女。
イミテーションのアクセサリーを身に付け始めたのもそう。

ファッション史からすると彼女の果たした影響は
とてつもなく大きいのです。


が、この映画では彼女のセンスこそ見せ付けてくれるけれど
デザイナー・ココとしてより
一人の女性としてのココを見せ付けています。

当時、女性が仕事を持つ事は無かった時代に
孤児として育った彼女がなぜデザイナーになっていったのか。
女としての幸せをつかもうとしても出来なかった。
デザイナーとして頂点を極めた裏に
こんな切なすぎる物語があった事が驚きでした



クラシックなファッションに興味は無くても
強烈な人生を生きた一人の女性の物語として観てみて下さい




シャーリー・マクレーンが演じるもう一つの
『ココ・シャネル』もすごく気になる~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日のトド | トップ | 姫りんご »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。