ママひろば

子育てママたちに、さまざまなお役立ち情報を提供します。

Facebook 田舎体験ハウス蛍雪寮

乳児にはハチミツを与えてはいけません !

2017-04-07 23:36:00 | ヘルスケア

今日、生後6か月の赤ちゃんが乳児ボツリヌス病で
死亡したとのニュースがありました。
死亡事例は国内初だそうですが、離乳食として与えられていた
ハチミツが原因のようです。

ボツリヌス菌というのは、私たちの環境の中に普通に存在していますが
何らかのきっかけで食品と一緒に体内に入ってきて中毒を起こすとのこと。

ボツリヌス菌は芽胞という細胞 (種子のようなもの)を持っていて、
体内に入り、水分と栄養があり酸素がない状態となると強力な毒素を
作り出すとのこと、 

この毒素は80℃で30分間程度煮沸すると死滅するようですが
芽胞の形だと、とても強く数時間煮沸しても死なないそうです。

そして、ハチミツはボツリヌス菌の芽胞が含まれている可能性が高いので
2歳未満の小児には与えないとしています。日本では1才未満としている。

出典はMSD(世界4位の製薬会社)の医学百科、
このサイトでは「メルクマニュアル医学百科」としてブックマークしてあります。

乳児ボツリヌス中毒の乳児の90%では、便秘が最初の症状で
その後筋肉の麻痺が起きるそうです。

その他下記のことも注意喚起されています。
・ニンニクやハーブのオイル漬けは冷蔵保存する
・アルミホイルで包み焼きしたジャガイモは保存する直前まで保温しておく

出典:
http://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0
で「ボツリヌス中毒」をご覧ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜が咲いている夕暮れ近い郊外の駅

2017-04-06 19:58:00 | Weblog

夕暮れ近い中途半端な時間帯、強い風の一日

でも、未だしっかり花弁がついていました。

郊外の駅の風景、、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エピペン 自主回収 ファイザー「エピペン®注射液 0.3 ㎎」

2017-04-05 12:00:10 | ヘルスケア

ファイザー(株)のエピペン「エピペン®注射液 0.3 ㎎」
が対象製造番号を追加しての自主回収が4/3に発表されました。

注射器部分が正常に作動しない恐れがあるそうです。

http://www.epipen.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乳がん検診と乳腺密度(濃度)

2017-03-22 17:21:33 | ヘルスケア

この3月21日に、乳癌検診学会・日本乳癌学会・日本乳がん検診精度管理中央機構
の三者連名で「対策型乳がん検診における高濃度乳房問題の対応に関する提言」
というものが発表されました。

http://www.jabcs.jp/pages/dbwg.html

対策型乳がん検診とは、国の健康行政の一つとして実施する健診で、日本では
40才以上の女性に対して、補助をだして受診をすすめていますね。ちなみに
対策型の反対語は任意型、つまり自分の都合で受けに行くもの。

いま、乳がん検診には以下のものがあります。
マンモグラフィ検査(X線撮影)
乳房は主として脂肪と乳腺で出来ています。乳腺とはお乳を分泌する組織。
乳腺は20、
30代が多く40歳を過ぎると少なくなってくると言われています。
マンモグラフィはX線なので、乳腺のなかに徐々に沈着するカルシウムが見えたり
乳がん細胞の一部やがん細胞の周囲の壊死によっておこる石灰化を見つけること
ができます。この石灰化の発見ががんの早期発見です。

一般的に40代にはいると乳腺密度が下がり、腫瘍(かたまり)が見つけやすく
なりますが、40歳を過ぎても密度が高いままの人が日本人は多いそうです。
つまり、密度が高いと、X線が乳腺のカルシュウムに反応して、腫瘍のかたまり
なども一緒くたになり、腫瘍があるかどうかわかりづらくなるようです。

超音波検査
ご存知のように超音波を部位にあて反射した音波の差異を再編集して画像化
するもので、これだとしこりの内部組織の透過率の違いによりそれぞれ独特の
濃淡で現れるためしこりの様子がわかるというものです。

X線ではないし、乳腺の密度が高い乳房にも対応するため、妊娠中の人や30代
以下の若い世代は超音波検査がいいと言われています。
ただ、マンモグラフイもそうですが、特にこの超音波画像の読影(画像を見ての判断)
は、キャリアというか場数というか結構経験がいりますから、
医者次第のところもあるかも・・・ 

話は戻って、今回の提言をよく読むと、、、
1. 現時点で科学的根拠のある乳がん検診方法はマンモグラフィのみである。
2. 高密度乳房に対して超音波検査は国が政策的に行うにはまだまだ体制が整っていない。
3. 従って政策型のマンモグラフィ検診の時に乳房密度がどの位なのかを伝えない。
4. だけども、今後こうした諸点(高密度乳房関連)についてどうするのか早く
  体制や方針を固める必要がある。

乳房密度が高いか低いかはマンモグラフィ検査で分かります。

要は、国(各自治体)で行っている検診で、密度まで通知すると、そのあとの対策が
まだできていない(?)ので、密度は伝えない。(一部自治体では伝えているようですが)
ただ、個人の権利でもあるので聞かれたときの通知方法なども研究するべきと
いうものですね。

積極的に自分で定期的にマンモグラフィ検査+超音波検査の組み合わせで
受診した方がよいですよね。

ちなみに、自分で受けるときは、検査は治療ではないので全額自己負担。
マンモグラフィで5,000円位、超音波検査で4,000円位 ?

病院によって違いますけど・・・ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕映えの冬の富士山

2017-02-03 01:33:15 | Weblog

山梨県の韮崎市の台地からみた冬の富士山。

昨日は良い天気で、空が澄み渡り素敵な富士に出会いました。

 

 

足元の沼の表面には氷、空の色が映えていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こども食堂 どこにある?

2017-02-01 16:58:46 | Weblog

おもに、経済的な理由から、家で満足な食事を取れない子どもに暖かい
食事を提供する、料金は無料だったり低料金であったりの民間の取組み
の総称で、2012年頃から始まったとのことです、
特に決まった定義はなく各地で様々な同種の取組みがあるようです。

東京のこども食堂を手掛けている人達がつくったポータルサイトがありました。
「こども食堂ネットワーク」というもので、こども食堂を探す、手伝う、作りたい
という項目別のテーマが掲載されています。

もちろん、このネットワークに参加している食堂以外にも同じような取組みも
多くあると思います。

http://kodomoshokudou-network.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

港区の大使館巡り

2017-01-18 13:07:41 | Weblog

今年もまた、港区の大使館周遊スタンプラリーが始まりました。
正式には「港区ワールドフェスティバル2017」といい次のような内容です。

 港区ワールドフェスティバルパスポートを手にすれば、普段は入ることが
できない大使館等を特別に訪問できる「港区大使館等周遊スタンプラリー」や
港区内商店街で買い物をすることで、港区内に大使館がある国の情報が
載ったカードがもらえる「港区商店街ワールドカードラリー」・・・

といったものです。東京の港区は各国の大使館が固まって数多くあります。
このポスポートがあれば、期間中このフェスティバルに賛同した36か国の
大使館を見学できます。

専用ホームページが開設されていて、ポスポートの配布場所や注意事項、
その他のイベント情報が記載されています。
お台場のアクアシティーにも配布場所がありますよ。 

せっかくの機会ですから、色々な国を訪問してみては・・・!?

実施期間は1月13日~3月26日

http://www.world-festival.jp


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年おめでとうございます。

2017-01-01 22:06:42 | Weblog

東京は晴れて暖かいお正月となりました。

今年、良い年になるといいですね。

それと、空気が乾燥するといろんなウィルスが活発になります。

湿度50%維持は必須ですよ!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月の突然の雪に見た風景

2016-11-25 02:02:54 | Weblog

11月に雪とは驚きました。

でも、とても美しい風景を切り取れました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿が残っていました

2016-11-05 12:55:15 | Weblog

山梨県北杜市に行きました。

一つだけ残された柿が青い空の中に、、、やっと晩秋の風情。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加